Top > doo-bop : Nakajima

祝10周年NORIEI

今年で10周年を迎えたNORIEIおめでとうございます!

当店ではこの秋からは品番を増やし、その世界観を少しでも感じていただけるように

していこうと考えてます。

先ずは、手始めにローファーを2色展開にして

サイズを揃えたので気にしていた方は

ぜひ、足入れしに来てくださいね。

 

 

image0

 

 

このモデルの作りこみに関しては

この記事からお願いします。(必読でお願いしまーす)

それにしても奥が深い。

知れば知るほど、NORIEIチームの掘り下げには

尊敬と感動があります。

 

 

image3

 

 

ふとディレクター高梨さんの言葉を思い出しました。

「こんなに真摯に靴と向かい合っている人達がいるなんて思いもしなかった

、少しでもこの靴を広めたいと思って」

すげーイイよ、そーいうの大好き!

人を動かす原動力って、たぶん感動からだから。

たぶんね。

 

 

image4

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


NORIEI : PENNY LOAFER

 

カジュアルとエレガントの共存

そして誰かの真似事ではないオリジナリティ

NORIEIのローファーに対して抱く感想です

この革靴に、あらためてフィーチャーしてみました

 

 

NORIEI : PENNY LOAFER

1

 

 

 

デザイン面でみるNORIEIらしさとは、何といってもぽってりとした顔つきです

ブランドが違っても、理想の形を追い求めた結果どうしても似通ってしまうのがローファーという靴

しかしこのモデルには、例え100足のローファーの中に埋もれていたとしても

一目でNORIEIだと判断できるオリジナリティがあります

 

使用されているスウェードは艶やかで品があると同時に、肉厚でもっちりとした革質からカジュアルな雰囲気が漂い

1枚革を摘まみ上げてアッパーを形成することで、クードゥーだからこそ表現できるボリュームが生まれます

返りの良さや快適さを考慮してシングルレザーソールを採用しながらのこの迫力

これこそが唯一無二の魅力です

 

 

 

DSCF0356-2

 

 

 

紐を縛ることによる繊細な調整が出来ない以上

適正なフィットや歩きやすさという面において、全ての人に合った靴を作ることは不可能です

それでもNORIEIが大切にする『歩ける革靴』というテーマに向けて

実に30以上のサンプルを経てこの靴は今並んでいます

 

例えばそれはベルト部分

アッパーに縫い付けてしまうと裏に覗くステッチによって甲に負荷がかかるため

縫い付けず独立した構造にすることで、足が感じることになるであろう違和感を取り除きました

しかしそうしたことにより次に問題となったのがホールド力

ベルトが独立していて動くということは、それだけ歩行時にズレが生じてしまいます

それに対し試行錯誤のうえ見つけた答えが、ベルトのサイドに入ったスクエアステッチです

恐らくほとんどの方は、この僅かなステッチに注目することはないでしょう

しかしこれがあるとないとでは、履き心地に明確な差が生まれるのです

 

 

 

2

 

 

 

また例えばそれはヒールの深さ

紐無しの靴を脱げないようにするためには、踵部分の収まりが重要なポイント

浅すぎると歩くたびに踵が抜け、深くしすぎると今度はくるぶしに当り靴擦れの原因となってしまいます

だからこそ深さに大きさ、パイピングの幅など、特に何度も修正を加えたのがヒール部分でした

さらにデザイン的な面においても、このセンターの縫い合わせを見せない作りは品があり

カジュアルとエレガント両方の顔を持つという点において、まさに裏の顔と言えるでしょう

 

 

 

5

 

 

 

しかしここまで考え抜いて出来上がった靴であっても

合う人、合わない人がいるのがローファーの宿命です

ですがそれすらも乗り越えようと、NORIEIで唯一となるDとEの2種類のワイズで展開をしており

また実際に履いていくうちに出てきた問題に対するアフターケアにも積極的です

(タン裏の当て革や甲部分の伸ばし加工など)

 

 

 

DSCF0351

 

 

 

このローファーがあなたにとって、つい手に取ってしまう良きパートナーとなってくれれば

それほど嬉しいことはありません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Vol.4229【NORIEI:BALMORAL C.T.】

 

本日ご紹介するのはNORIEIのBALMORAL C.T.。

1年ほど履いてきて、かなり味わい深いエイジングを遂げました。

 

NORIEI:BALMORAL C.T.

DSCF0770

 

 

新品時の起毛したマットな質感も好みで、

最初はその状態を出来るだけキープしつつエイジングさせようとしていました。

ですがハンドグレージングしたサンプルを何度も見ているうちに我慢出来なくなり、3カ月も経たずに毛を寝かせることに。

ちなみにこのグレージングという作業、なかなか大変ですが徐々にツヤが出てくる過程はとても面白いので、

興味のある方は出来れば自身の手でやってみることをお勧めします。

 

そうしてコードバンならではの光沢を持った靴へと変化したのですが、

綺麗に履くのではなく、雨や汚れを気にせずに履くよう意識してみました。

朝から雨が降っていてもあえて選んでみたり、水しぶきがかかってもそのまま放置してみたり。

革の扱いとしては本来良くないことですが、この素上げコードバンがどうなるのかという好奇心が勝っていました。

 

 

DSCF0776

 

 

そうやってタフに履いてきたのですが、写真を見ても分かる通り、意外なほど綺麗な状態です。

というのもシミや汚れが付いたまま放置していても、少しクリームを入れてブラッシングすれば

ほとんど分からないくらい簡単にピカピカになります。

自分の手で起毛した状態から寝かせたからかは分かりませんが、

ここまで手入れが簡単であることに驚きました。

 

丸みのあるフォルムは愛らしく、ブラックではない独特のグレーの色味も気に入っています。

正直自分の足型にはAldenのモディファイドやミリタリーラストの方が合っているのですが、

それでも確かに歩きやすく、またスタイリングに幅を持たせてくれる1足です。

 

 

DSCF0785

 

 

そんなNORIEIの靴、皆さんも是非試してみてください。

 

 

 

 

【Event】

superNova. Pop Up Store

1

 

 

【Roots】

MOJITO × doo-bop:GULF STREAM PANTS

6

 

 

【New Arrivals】

superNova.:Utility trouser – windowpane – Black / 24,200 YEN

superNova.:Utility trouser – Gabardine – Brown / 24,200 YEN

superNova.:Utility trouser – Gabardine – Black / 24,200 YEN


NORIEI BALMORAL C.T. – CORDOVAN。

今年は暖冬といわれるだけあり、雪を見る機会が少ないですよね。

通勤途中に見る遠く琵琶湖バレイのうすく積もった雪景色、それを寂しく眺めています。

 

雪が少ないからこそ、例年この時期、出番の減りがちなコードヴァンシューズを楽しんでみるのはいかがでしょう。

 

img_3858

NORIEI   BALMORAL C.T. – CORDOVAN – Grey

 

My NORIEI、BALMORAL C.T. 。

約1年半の付き合いになる相棒は、良い感じの面構えに育ってきました。

伝わりづらいですが、屈強なダブルレザーソールも馴染み、より快適なフィッティングに。

 

img_3862

 

頑張って履くと減るところは減るものです。

 

横着して履いてしまっていたので、ゴム部分がなくなり、レザー部分に差し掛かるまでとなっていたのですが、

京都は凛靴さんにお願いし、綺麗に補修いただきました。

 

もちろん早めの方が価格的にも良いのですが、もし悩んでらっしゃる一足がございましたら、

無理かもとあきらめる前に凛靴さん、またはdoo-bopまでお持ちください。

 

しっかりとサポートさせていただきます。

 

img_3867

M.MOWBRAY  Sole Moisturizer

 

せっかくなんで、レザーソールに栄養を。

栄養が入ることで、アウトソールのヒビ割れを防ぎ、

柔らかなフィッティング、減り自体の進行もゆっくりになって、良いことづくめ。

 

いつもの一足ですが、リペア、ケアをすることで愛着が増すと思います。

年末お手入れをちょいと先延ばしにされていましたら、

状態チェックしてあげてください。

 

スタンバイが整ったら、あとは履いて楽しむ。

 

img_3870

 

本日の僕の足元です。

Greyカラーのグラデーションが好きなんです。

なかなかレザーシューズで見かけないカラーだからこそスタイリングが楽しいです。

 

img_3874

 

藤井はこのような感じ。

スッキリとまとめたい派はDERBYで。

DB Fatigueとも良いですね。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


Vol.4115【NORIEI:BALMORAL C.T. – Aging Samples】

 

12月に入ったこともあり、夜に街を歩いているとイルミネーションが目立ちます。

当店から車で15分ほどの大津市青山の住宅街はそんなイルミネーションで有名で、

この季節になると色鮮やかな電飾で楽しませてくれるそうです。

車の中からであれば寒くないかと思うので、よければ見に行ってみてください。

 

さて、今日も革靴です。

流石にそろそろ靴以外が来るだろうと思っていた方もいらっしゃるでしょうが、

MOTO、PARABOOT、Aldenと来たらNORIEIは外せません。

 

NORIEI:BALMORAL C.T.

dscf4108

 

 

『エイジングサンプル』ということで、塚本と谷中の私物をご用意しました。

きちんとサンプルとして役立つように、それぞれ違った方向性で勧めているエイジング。

将来像をより具体的に描いていただけます。

 

塚本は『素上げのコードバン』という、NORIEIだけの、他にはない特徴を残すためのケアを続けています。

雨によるシミが出来たり、履いていて擦れてしまった部分には目の細かなサンドペーパーをあて、

素上げのマットで微起毛した状態をキープ。その上から栄養・防水スプレーを吹きかけることで、

新品時の面影を残したまま、深みのある表情へと変化しています。

 

対して谷中はクリームを入れ、ハンドグレージングを行うことで、コードバンらしい艶やかな表情へと育てています。

1度のケアではなかなか変わり切りませんが、回数を重ねるにつれ、黒く鈍い輝きが出てきます。

所有者1人1人の手によって将来の姿を決めることが出来るというのが、この靴の魅力の1つです。

 

 

dscf4123

 

 

2年前の記事でこのNORIEIのコードバンについて語っているので、

よろしければそちらもチェックしてみてください。

 

 

 

【Roots】

THE INOUE BROTHERS…

1

 

 

【New Arrivals】

Hender Scheme:mini purse – Natural / 28,600 YEN

Hender Scheme:mini purse – Black / 28,600 YEN

Hender Scheme:mini purse – Navy / 28,600 YEN

Hender Scheme:mini purse – Brown / 28,600 YEN

 

 

 


Vol.4098【NORIEI:Shoe Care】

 

最近続けて履いていたNORIEIのバルモラル

ふと見ると全体的にキズや汚れが目立ってきていたので、ケアをしつつ少し表情を変えてみました。

 

NORIEI:Shoe Care

dscf1326

 

 

新品をおろしたてのときにはキズが付かないようにと気を付けて履くのですが、

何故かいつの間にか付いている身に覚えのないキズ。

そして良い意味でどうでもよくなって、ガンガン履くようになるのがいつものパターンです。

 

 

dscf1331

 

 

まずは馬毛のブラシでホコリや細かな砂粒を払い、

ステインリムーバーを沁み込ませた柔らかい布で靴の汚れを落としていきます。

この汚れや余分な油分が綺麗に取れた、すっぴん状態の革を見るのも何気に好きです。

 

 

dscf1337

 

 

そして水牛の角で作られたスティックを使用します。

初めて見たときは座薬にしか見えませんでしたが(今でもそう見えます)、

シューケア、特にコードバンのケアにおいては非常に役立つアイテムです。

クリームを塗って力強く擦りつけることで、革に付いた水染みを消し、

細かなキズや凹凸を滑らかに整えていきます。

 

 

dscf1342

 

 

最後に再びブラッシングをすることで浮かび上がる美しいツヤ。

何度靴を磨いていても、テンションの上がる瞬間ではないでしょうか。

 

 

3

 

 

今回はトゥ部分、そして羽根から踵部分へかけて、ブラックのクリームを使ってみました。

中央部分だけ元々の青味がかったグレーなので、妙な2トーンに仕上がりました。

新品と比べてみるともはや面影はほとんど残っていませんが、こうやって色々と遊べるのもこの靴の面白さです。

 

 

dscf1367

 

 

次ケアする際には紙やすりも試してみようと思います。

 

 

 

【Roots】

THE INOUE BROTHERS…

1

 

 

【New Arrivals】

MOJITO:PIGGOTT JACKET Bar.3.0 – Black / 97,900 YEN

MOJITO:BIG GAME TOUR JACKET Bar.3.0 – Brn / 53,900 YEN

 

 

 


NORIEI 素上げのコードヴァン

 

 

最近店頭でお声をいただくのがNORIEIの靴。

それも初めてご覧にいただいた方や、オンラインで見たことがあるという方に。

純粋にこのぽってりしたフォルムと、一見なんの革か分からないルックスにやられてるのだと思います。

 

涼しくなり、革靴を前向きに履けそうなこれからの時期。

スタッフ私物を比べながら、ご紹介させていただきます。

 

 

img_5115

 

 

なんといってもこの素上げのコードヴァン。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、実はコードヴァンは裏革(スエード)のような革です。

それをグレージングという工程を踏んで、イメージの強いあの美しい光沢を出すわけですが、

NORIEIの靴では一部それをしていない。

理由は、これからお見せする3つの写真をご覧いただければ納得頂けるかと思います。

 

新品時から1年半ほど履き込んだものがこちら。

 

 

img_5111

 

 

スタッフ塚本のBALMORAL C.Tになります。

まだクリームも入れず、ナチュラルなエイジングを楽しんでいる状態です。

まだまだ素上げコードヴァン特有の起毛感や、グレーの色味が残ってます。

ケアとしては、防水(スエード用)スプレーを定期的に振ってあげるだけ。

それでも、ケアを忘れて水シミが出来てしまった、もしく気分を変えたいという方は次のステップへ。

 

 

img_5110

 

 

次に、半年経ったスタッフ谷中のもの。

素上げのコードヴァンと、グレージング後のコードヴァンの中間的なラインです。

購入してすぐにクリームを2度ほど入れ、レザースティックで毛を潰し、寝かせる。

少しイメージしているコードヴァンに近くなったでしょうか。

黒味が出て、独特の光沢も顔を出し始めています。

この段階になれば、スプレーよりも定期的にクリームを入れてあげてもいいので、シューケア好きの本領発揮です。

 

 

img_5112

 

そして最後にメーカー様よりお借りしているDERBY

もうほぼほぼ完成形だと言っていいと思います。

奥深いブラックに、深く、太く入ったシワがいかにもコードヴァンぽい顔つきです。

 

一度クリームを入れただけではここまでにはなりませんが、

その過程を楽しんでいただけるのがこの革の大きな醍醐味。

まさに、十人十色のエイジングを楽しんでいただけます。

 

経年変化はもちろん、自らの手で変えることのできる1足です。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


三ノ宮散策。

三ノ宮に行くと、必ず立ち寄る喫茶店があります。

sanchikaにあるCATTLEYA、特別変わったお店ではないのですが

最近では、珍しい全席喫煙可能なお店。

強いて言うなら、アイスオーレが上手い。

なんか、こちらのアイスオーレ瑞々しい気がする。

そして、ちょくちょく一誠が出没するらしい。

 

 

 

image1

 

 

 

察しが良い人は、お気づきかも知れませんが

高校時代からの友人が、やってます。

ちょっと景気が悪いようなので、sanchikaでお茶するなら行ってあげてください。

ひょっとしたら、サービスしてくれるかも。

合言葉は、「ショウちゃんに聞いてきた」です。

よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

image2

 

 

 

そして、CATTLEYAから徒歩10分程に位置するこちらにもお邪魔してきました。

NORIEIに興味があるなら、絶対に行くべきONE TENTHさん。

セレクトショップになりますので、SASSAFRASやSOAK IN WATER、OUTIL、Phigvel Makers Co.などなどを

お取り扱いなされてます。

 

 

 

image3

 

 

 

店舗奥のNORIEIコーナーは、圧巻。

これでもか!ってぐらいのNORIEI三昧。

店長の松本さんは、知識人になり拘りがエグそう。

柔らかい雰囲気にあのやさしい口調、コロっといっちゃうぞ。

タイミング良ければ、NORIEIディレクターの高梨さんにも会えるかも。

 

 

 

image4

 

 

 

最終目的地は、ハードル高いぞ!

18禁では、ないと思うけど。

 

 

 

image5

 

 

 

20代の10年間をほぼNYで暮らし、

古着等のバイヤーなどをなされていた山村さんのお店SPEAKEASY

この重厚な扉を開くと。

 

 

 

image6

 

 

 

はい、激ヤバ。

BARかと思いきや、フレンチヴィンテージ中心に集められたサングラス、眼鏡の数々。

見たことないデザインのものから、「あ、あのデザインの元ネタこれなんや」とわかる

デッドストックのものなど、キョーレツなものばかり。

ほんまに、エグ凄い!

 

 

 

image7

 

 

 

行くと、買ってしまうので遠ざかっていたはずなのに。

インディアンジュエリーに通ずるものが、ヴィンテージサングラス・眼鏡にはある。

凝り性な人は、気を付けて!

この世界も深く、楽しく、狂わせる。

 

 

 

image8

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


NORIEI & SOAK IN WATER

沢山のご来店、受注ありがとうございました。

お披露目となったベルト専業ブランドSOAK IN WATER、

見たことがないバックル形状なので、どのようにしてベルトを留めるのか?

不思議そうな顔になる方、多数。

そして、プライスを聞いてびっくりエエ顔。

人間の表情って、何通りぐらいあるだろうと全然違う事考えながら接客してました。

すいません。

 

 

 

image1

 

 

 

デザイナー角本さんが、一人で悩み一人で考え一人で作りあげたバックル、ベルト達

シンプルだからこそ、オリジナリティを出すのが難しいアイテムになるベルト。

お客さんにご紹介したいものが見つかり、ホッとしたのが本音です。

メンズのベルトって、ほんとにないんですよ、イイのが。

 

 

 

image2

 

 

 

NORIEIに関しましては、以前から気になされていた方々が

このタイミングで決めてくれた。

値上げ告知タイミングにしかり,今回のイベントにしかり、

卸先であるリガメントの誠実さからきているのかも知れませんね。

(NORIEI、SOAK IN WATERのメーカーさん)

チャンスタイムは、5/10までですよ。

 

 

 

image3

 

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


Vol.3919【イベント終了しました】

 

2日間に渡って開催した『NORIEI & SOAK IN WATER Order Fair』、無事に終了いたしました。

多くの方にご来店いただき、心よりお礼申し上げます。

オーダーいただいた方は出来上がりまで、期待してお待ちください。

また残念ながらタイミングが合わなかったという方、

次回の開催を楽しみにしていただければと思います。

 

 

dsc_7799

 

 

NORIEIのディレクターを務める高梨 様、SOAK IN WATERのデザイナーである角本 様、

お二方から今回のイベントを終えて一言ずついただきました。

 

 

高梨 様:

4回目のイベントということでリピートのお客様も増え、色々なお話ができとても有意義な時間でした。

新しい課題なども見つかり、次なる提案に向けて色々と考えていきます。

今後にも是非ご期待下さい。宜しくお願い致します。

 

 

角本 様:

あこがれのお店にて過ごせた2日間は刺激たっぷりでした!

年甲斐もなく誕生日祝っていただきありがとうございます(笑)

 

 

 

 

【New Arrivals】

AURALEE:LIGHT FINX POLYESTER SHORTS – Brown Beige / 25,920 YEN

AURALEE:LIGHT FINX POLYESTER SHORTS – Chacoal / 25,920 YEN

AURALEE:HARD TWIST GABARDINE SHORTS – Black / 28,080 YEN

 

 

 


アーカイブ

doo-bop Staff Blog

doo-bop Ameba Blog