Top > doo-bop : Nakajima

NORIEIのDERBY シューズ。

こんばんは。

お盆休み満喫されましたか?

僕は、もっと「いらっしゃいませ~」と言いたかったんですけどね。

そうは甘くないですね、もっと努力しないと。

さて、今夜は姫路産のこちらを。

 

 

image1

 

 

 

NORIEIを展開した理由は、いままで足入れしたWORKBOOTと履き心地があまりに違ったからです。

僕は背が低く痩せ型の為、重くて頑丈なインポートのWORKBOOTを一日履くと「あ~しんど」っいうのが本音でした。

そんなこんなで店で展開しないようになっていたのですが、心の底には

WORKBOOT展開したいし、履きたい!

でも展開するなら、楽じゃないとお勧めしたくないと思っているときに出会っちゃたんです。

 

 

 

image2

 

 

 

ぼくと同じような理由で、WORKBOOTを履かないようになられた方いらっしゃたら

一度、足入れしてこの感触、試してみてください。

またWORKBOOT履きたくなるかも知れませんから。

 

 

 

image3

 

 

 

本日のチラ見せ!

 

 

image4

 

 

下も入ってるよ。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 


NORIEI 姫路で出会ったシューメーカー

昨日ご紹介した工房は、株式会社 律栄というシューメーカーだ。

半世紀以上こだわりの靴作りを続けてこられ、

近年はオリジナルブランドにも注力されている。

それがNORIEI。

 

dsc_0564

 

内面からかもしだされる機能美とでもいうのだろうか、

非常にナチュラルなラインについつい見入ってしまう。

足を入れたくなる衝動が湧きあがる、そういう美しさだ。

 

dsc_0663

 

縁あってdoo-bopで初めて扱わせていただくことになった。

落ち着いた存在感を持った2足。

継続品番であるDERBYという名を冠してはいるが、

アウトソールとアッパーレザーの変更で全く違うものに見える。

日本人の足に合いそうな、丸みをおびたシルエット。

そして一目で堅牢だとわかるステッチ。

 

dsc_0579

 

DERBY (CORDOVAN)
Unfinished Died Cordovan Upper, Horse Hide Lining
Grey
Single Leather Sole

 

マットな表情が非常に印象的な素上げのコードバン。

この革は最終工程の染色、磨き上げをしていない。

履き込み、ケアをすることで色の変化や光沢を楽しめる。

 

dsc_0599

 

DERBY (SUEDE)
Vegetable Tanned Suede Upper, Horse Hide Lining
Black
Dinite Sole

 

dsc_0628

 

1940~50年代に近い製造工程で作られた肉厚のスエード。

姫路のタンナーの協力のもと、独自開発されている。

ダイナイトソールで、急な天候の変化にも対応できる。

 

dsc_0644

 

余談ではあるが、シューズの外箱の遊び心が嬉しい。

このようにNORIEIの型押しが入ったプルタブがついている。

長く大事に履きたくなる、そんな仕掛けかもしれない。

 

 

 


アーカイブ

doo-bop Ameba Blog