Top > doo-bop : Tsukamoto

inkの洋服。

こんばんは。

今夜はinkの洋服。

 

img_5802

 

お客様の反応を店頭で見ていると、ヴィンテージに精通している方から、逆に古着を着られない方まで、ありがたいことに幅広い年代の方にご支持いただいております。

20代から40代以上の方まで、素直にカッコいいと思っていただける洋服。

そうそうないと思います。

通ってきた青春が違えど、男の人が納得できる面構えがinkにはあると思います。

 

僕自身、デリバリーされる洋服の完成度の高さに毎度驚かされております。

 

例えば

 

img_5788

 

この袖のカーブライン。

縫い線ひとつで大きく印象が変わることをあらためて感じました。

 

そして資材ごとに異なる微妙なオリーブの違い。

白や黒のようにハッキリと言いきれない中間色の醍醐味です。

オリーブの出すグラデーションが新鮮でありながら、心に響きます。

 

img_5811

ink AEROSMITH – M-65 Riders Blouson L size

 

M-65を解体、再構築したエアロスミス。

元のベースは映画『タクシードライバー』でロバートデニーロが着用していたモデルです。

戦闘服ですので、機能性を考慮してアーム等は太めに設定されていたのですが、しっかりとシャープなサイジングにすることで、日本の街にも馴染みます。

 

img_5808

(174cm 64kg サイズL)

 

南出体型の方ですと、喜んでいただけるサイズ感です。

 

img_5817

ink SPEED STAR – US tent Trial Master – S size

 

塚本体型の方には、こちらのスピードスターをオススメします。

ベルスタッフの名品番からインスパイアされたモデル。

配置されたポケットの数、そして枯れた色合いのオリーブが目を引くのではないでしょうか。

1950年代のUSテント地のヴィンテージファブリックは、ステンシルや汚れもデザインの一部です。

 

img_5814

塚本(164cm 57kg サイズS)

 

経過した年月から生み出される説得力のある素材とinkのパターンワーク、カッティングをお楽しみください。

 

 

ミリタリー物の洋服を使用することで、世界が平和になるように。

「戦争へのアンチテーゼ」の込められた、静かながら意志の強いメッセージの込められたinkの洋服。

背景を大事に考えて着用する洋服はクローゼットにありますか。

 

ご好評につき各々のモデルはラスト1点となりました。

サイズの合われそうな方、お袖を通してみてください。

 

【Roots】

WILLY CHAVARRIA.

0

 

INCOTEX.

brand_20304-1

 


エアロスミス。

こんばんは。

 

本日は現在進行形のWBCキューバ戦ですね。

決勝ラウンド進出へ鍵となる試合ですが、アメリカで行われているもう一方の2次ラウンドではとにかくドミニカ共和国のオーダーが凄すぎます。

前評判から予想はしておりましたが、野手陣は普通にMLBオールスターよりも上ではないでしょうか。

走攻守・ベテランと若手のバランス共に、戦力は頭1つ抜けていると思います。

何よりあの真剣度と母国への誇り持ちながら全員で楽しんでいる姿を見ると、心動かされます。

もちろん日本も負けておりませんので、是非決勝ラウンドでドミニカと熱戦を演じることを願っております。

 

さて本日は、こちらのリメイクアイテムを。

 

image5

 

ink : AEROSMITH – M-65 Riders Blouson M size / 41,040 YEN

ink : AEROSMITH – M-65 Riders Blouson L size  / 41,040 YEN

 

inkのAEROSMITH – M-65 Riders Blouson。

早速ご好評をいただき、誠にありがとうございます。

まだ各サイズ残っておりますが、1点1点個体がとなるためオンラインアップは1点づつとなっております。

ご要望等々がございましたら画像をお送りさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

昨日ショップブログにてご紹介させていただきましたが、本日はスタイリングをメインにご紹介します。

 

image2

 

shirt : Engineered Garments : Work Shirt – Big Plaid – Olv/Nvy

bottoms : INCOTEX : Slim Fit S100’S Tropical Wool One Pleated Pants

shoes : HEINRICH DINKELACKER

 

一つ目のスタイルは今季当店がお勧めするINCOTEXのスラックスに、ミリタリーアイテムを合わせたスタイリング。

カジュアルなテイストのトップスに、綺麗めなスラックスを取り入れることでギャップのある印象に仕上がります。

自分自身リメイクアイテムを取り入れる際は、こてこてになりすぎないことを意識しています。

上手く足し引きができたときの楽しさを感じていただけるスタイリングです。

 

続いて、

 

image1

 

cutsewn : JOHN SMEDLEY : AYDON – DARK LEATHER

bottoms : TEATORA

shoes : GERMAN TRAINER : 1183 GERMAN TRAINER

 

太目のパンツを合わせたスタイルです。

穿いているパンツは、昨年の春夏で大変ご好評いただいた、TEATORAのIndex Pants LAB – ASH NAVY。

足元はTEATORAと相性抜群のGERMAN TRAINER。

インナーはJOHN SMEDLEYのVネックを着用しており、落ち着いた雰囲気になりますが、

Schiesserのヘンリーネックを合わせていただくとよりラフな印象に仕上がるかと思います。

こちらはテイストの異なるアイテムのミックス感を意識して組みました。

 

 

そして、

 

image3

 

tops : TEATORA : Souvenir Hunter Packable – SLATE GREEN

bottoms : AURALEE : STAND – UP EASY PANTS – BLUE GRAY

shoes : Tricker’s

 

今の時期にお勧めしたいAEROSMITHをインナーに合わせたスタイル。

シャープなシルエットだからこそできるレイヤードです。

素材感、襟元の雰囲気共に今までに無い新鮮で迫力のある見え方を提案します。

 

image4

 

スタイリングのメインとしても、インナー使いとしても、スタイリングにおいて抜群の存在感を放つ、AEROSMITH – M-65 Riders Blouson。

 

是非1度お試しください。

 

それでは、本日もお疲れ様でした。

 

 

 

【Event】

MOJITO 2017 A/W Pre-Meeting. 3/18(Sat)~3/20(Mon)

1

【Roots】

INCOTEX.

brand_20304-1

MOJITO × doo-bop Exclusive ABTHINTH SHIRT Bar.2.0.

2


vol.3270【変幻自在のライダースブルゾンをinkより。】

こんばんは、手島です。

いつも当店Shop Blogをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

 

昨日の侍ジャパンの熱戦で、週明けより寝不足の方も多かったのではないでしょうか。

一言、『ナイスゲーム!』でした。

 

さて、本日は2017 S/S inkより渾身のリメイクライダースブルゾンをご紹介します。

日中は随分日も長くなり、春の訪れを前に今すぐ着用したいタイミングでの入荷です。

 

dsc_1778-4

dsc_1540-6

 

ink : AEROSMITH – M-65 Riders Blouson M size / 41,040 YEN

ink : AEROSMITH – M-65 Riders Blouson L size  / 41,040 YEN

 

「タクシードライバー」では、ロバート・デ・ニーロ。

「ランボー」では、シルベスタ・スタローン。

「クレイマー、クレイマー」ではダスティン・ホフマンが着用していたことでも知られる、M65 フィールドジャケットを解体・再構築した1着。

以前は古着屋でもよく見かけていたM65 フィールドジャケットも、近年はまだまだ見かけるものの、状態の良いものは枯渇の一途を辿っております。

そのため資材の確保も難しくようやくこの度リリースされた、AEROSMITH – M-65 Riders Blouson。

 

dsc_1535-5 dsc_1585-9

dsc_1551-7

 

本来戦闘服としてのリアルな機能性に富む、M65 フィールドジャケットのディティールを余すことなく自在に取り入れております。

ベースとなる形は、M65 フィールドジャケットのフロントに配された4つポケットをそのまま生かした、3ポケットスタイルのライダースブルゾン。

inkチームは、自分たちがよいと思った箇所にパーツを配置する作業を1点1点パズルのように心を込めて作り上げていきます。

濃淡の異なる個体同士が元々あったかのような位置に配されるため、微妙な塩梅で生地のコントラストが生まれ、独特の迫力とオーラが備わります。

 

dsc_1490-3

dsc_1760-3

dsc_1499-4

 

元々備わっていたフロントジップ(*個体によりアルミやブラスジッパーで色味が異なります。)もそのまま活かし、シングルライダーススタイルへと落とし込み、

アームもシャープなシルエットを出すため、1点づつ異なるパーツ配置やダーツ処理を行い極めて高いデザイン性と着用感を維持。

 

dsc_1475-2

 

身頃の裏地は、独特の柄が印象的なデッドストックのアフガンストールを。

アームにはサテン地の裏地を配し、着心地と袖通しの良さを実現しております。

 

中島(168cm 56kg サイズM)

dsc_1707-1

 

cardigan : JOHN SMEDLEY : WHITCHURCH – BRUNEL BEIGE

cutsewn : Schiesser

botoms : TEATORA : Wallet Pants CARGO FULL FLAT- CARBON GRAY

shoes : Alden

 

手島(180cm 65kg サイズL)

dsc_1798-5

 

inner : Needles : Gathered Jean Jacket – 4.5oz C/Tn Denim

cutsewn : BLURHMS : Re-Twist Standard Circle V-neck Tee L/S – Off

bottoms : INCOTEX : Regular Fit Cotton Stretch Chino Pants – Smokey Gray

shoes : Alden : 54316 doo-bop Exclusive ALGONQUIN OX – Kid Carf

 

全体的にシャープに構築されたシルエットは、スラックスからワイドめなパンツまで。

当店としてのお勧めは、カットソーの上にカーディガンや薄手のブルゾンを取り入れたスタイリングです。

おろそかになりがちなミドルアウターのインナー使いにレイヤードをすることで、奥行きのある印象に仕上がります。

 

dsc_1752-2 dsc_1812-6

 

武骨な印象のM65 フィールドジャケットを、手間暇をかけ洗練されたシルエットへと昇華したリメイクウェアの素晴らしさを感じていただける1着です。

ブランド創設10年目を迎え、原点回帰としてこれまで以上に資材への拘りと、一手間も二手間もかけて構成されるディティールやシルエットは、

単に過去の資材を再構築した表面的なリメイクでは無く、1点1点に幾多の人が加わることで生まれる凄みをご体感いただける仕上がりとなっております。

是非、inkのリメイクウェアをご体感ください。

 

 

dsc_7295-1

 

Whitehouse Cox Archive collection. 3/11(Sat)~3/20(Mon)

 

また、本日最終日となっておりました、Whitehouse Cox Archive collectionですが、ご好評のため3/20(Mon)まで延長開催をさせていただくことが決定いたしました。

引き続き開催しておりますので、是非この機会にご覧になってください。

 

 

それでは、本日もお疲れ様でした。

 

 

 

【Event】

MOJITO 2017 A/W Pre-Meeting. 3/18(Sat)~3/20(Mon)

1

【Roots】

INCOTEX.

brand_20304-1

MOJITO × doo-bop Exclusive ABTHINTH SHIRT Bar.2.0.

2

【New Arrival】

HURRAY HURRAY : コンビネーションTee – Size 0 Type A,Type B,Type C / 10,800 YEN

dsc_1195-1

HURRAY HURRAY : コンビネーションTee – Size 1 Type A,Type B,Type C / 10,800 YEN

dsc_1232-1

 


INCOTEXの魅力。

こんばんは。

更新が滞っておりまして、誠に申し訳ございませんでした。

毎週末のイベントやROOTS更新と、慌ただしい毎日を送らせていただいております。

そして!いよいよWBCが始まりました。

野手陣は各試合でまんべんなくポイントとなる選手が出ており、今後も期待が膨らみます。

課題となる投手陣は、やはり思い切った継投策が必要でしょうか。

 

 

さて先週より発売させていただきました、INCOTEX(インコテックス)

自分自身、初めて手にとったのは20代前半。

その当時憧れていた、ALDENの革靴、JOHN SMEDLEYのニット、インバーアランのケーブルニット、INDIVIDUALIZED SHIRTSのボタンダウンB.D等、INCOTEXのスラックスもその中の一つとして憧れをもっていました。

どのアイテムも背伸びをするような感覚で購入しましたが、当時は着こなしの幅も狭く持て余していたように思います。

 

image1

 

INCOTEX

 

こちらはその時購入したINCOTEXの私物です。

年齢を重ねるにつれ今では着用回数も増えてきました。

特に感じるのは、シルエットの良さと耐久性です。

代名詞である綺麗なラインを描くテーパードシルエット。

 

image2

image3

 

コットン100%の生地ながら5.6年着用しても色抜け・色褪せしない厳選された生地。

股からヒップ、腰回りの耐久性は、高度な裁断縫製技術をもつブランドならではの特長。

これから迎える卒業や入学シーズンにおいてもジャケットと併用していただくことで、様々な場面でご愛用いただけます。

インポートの専業ブランドの魅力。是非、ご堪能ください。

 

 

image3

 

ink : AEROSMITH – M-65 Riders Blouson

 

個人的にはinkやHURRAY HURRAYのリメイクアイテムを合わせ、アメカジをベースとした、スタイリッシュなスタイリングを今季もお勧めさせていただきたいと思います。

今季のinkのデリバリーは、こちらのライダースからスタート。

是非、今週末ご覧になってください!

 

image1

image2

 

また現在inkさんは、京都伊勢丹様にて関西を拠点に活動するブランドさんと共催で、ポップアップストアイベント”My Way”を開催されております。

昨日お邪魔させていただきましたが、このイベントのために作られたスペシャルなリメイクアイテム、コラボアイテムも素晴らしい仕上がりでした。

期間は、京都伊勢丹6階エスカレーター横、3/8(水曜日)〜14(火曜日)の10:00〜20:00時までとのことですので、是非近くにお越しの際は必見です!

 

 

それでは、本日もありがとうございました。

 

 

 

【Event】

Whitehouse Cox Archive collection. 3/11(Sat)~3/13(Mon)

dsc_7295-1

【Roots】

INCOTEX.

brand_20304-1

MOJITO × doo-bop Exclusive ABTHINTH SHIRT Bar.2.0.

2

【COLUMN】

ink.

dsc_5111-5


【COLUMN】ink

 

 

2005年デザイナー、岡田 真幸氏により始動開始。

大阪発のリメイクブランド、インク / ink。

 

リメイクの域を超えた、ひとつのアートをプロダクトする、解体と、再構築。

国内外よりピックアップした様々なミリタリーや、

ヴィンテージウェアを解体し、デザイン性と、機能性を高めるべく、

オリジナルパターンに再構築された洋服は、一点物の風合いながら、

全く新しい価値観を持ち、生まれ変わります。

 

今シーズンは別注でベドシャツを作っていただき、

今後も当店のセレクトの一端を担うブランドとして皆様にご紹介していきたいと思っています。

この度、私達もinkというブランドをより認知し、理解するべく、

プレスの尾崎さんにインタビューを行いました。

 

①inkの誕生

②取り扱いのきっかけと、リメイクができるまで

③inkのセールスポイント、別注べドシャツについて

④今後の展望と、直営店”PERK”

 

上記4項目でインタビューを行いましたので、是非ご一読いただけましたら幸いです。

 

dsc_5129-6

 

 

①inkの誕生

中島 : それでは本日はよろしくお願いします。

尾崎 : よろしくお願いします。

中島 : 早速ですが、inkが誕生するまでの経緯をお教え願いますか。

尾崎 : はい。まず、90年代に遡りますがデザイナーの岡田が働いていた古着屋チーズのオーナーから服飾学校に通っていた経験から、洋服を作ってみないかという話になり、私物の古着を解体し、パンツからトップス、トップスからパンツを作ったのがきっかけです。岡田自身ヨーロッパの古着が好きだったこともあり、それらを資材としてリメイクアイテムを作っていて、古着屋でもめちゃくちゃ売れていたみたいなんですよ。その後、新品を扱うマリジュアンに勤務した後、現在も大阪に店舗を構えるカモフラージュさんの立ち上げの際、オリジナルブランドとして本格的にキャリアをスタートさせます。その後、独立の際にinkが生まれ、今年で12年目を迎えました。

中島 : そうなんや。始めはそんな経緯があったんや。

尾崎 : そうなんです、当時『HEALTH』のリメイクラインとして生まれた『Made by HEALTH』を手掛けていた際に、現在はHURRAY HURRAYのデザイナーを務める古谷さんに岡田のリメイク技術が継承されました。

中島 : なるほどねぇ~師弟関係なんや。

尾崎 : その繋がりで、『HEALTH』『TATA』等、大阪ブランドが集まる合同展示会に参加し、クライアントとのお取引が始まりました。その当時は、解体・裁断・縫製まで岡田が一人で全部をこなし、時には作業が深夜まで及ぶこともあったそうです。

 

dsc_5098-4

dsc_5047-2

 

②取り扱いのきっかけと、リメイクができるまで

中島 : 実際なぜオファーをしていただいたんですか?

尾崎 : 以前からコンセプトがしっかりされて、とにかくカッコいいという印象でオファーさせていただきました。

中島 : ありがとうございます。僕らも何かリメイクブランドの取り扱いをしたかったことと、御社の洋服を以前から好きだった手島がいたことも大きかったと思います。

尾崎 : 僕らとしても他のリメイクブランドを置いているショップとお取引をさせていただき、同じフィールドで勝負したい気持ちがありました。その中で自分たちの商品をバイヤー様はもちろんのこと、接客の中で実際にご購入いただいたお客様自身が実際に着用し感じたことがその人の色になる=inkというブランド名に繋がります。やはり長く着用していただきたいですし、もし服が破れたり修理が必要であれば自分たちで直し、愛着をもって着ていただきたいと思って物作りをしています。

中島 : 実際パンツからトップス、トップスからパンツを作るところから始まり、あれだけのリメイクをどのように発想し、デザインして作られるのですか?

尾崎 : まずはコレクションを作るにあたって資材調達から始まります。例えばM-47がたくさんあると分かれば調達を開始し、資材を集めた上で逆パズルのように組み立てていきます。資材に関してはパンツであれば用尺が広いので、上物のパターンにはめやすかったり、逆にトップスは後ろ見頃のみしか用尺が広くとれないので考えさせられます。後は、パタンナーさんともこんな洋服が作りたいと毎回打ち合わせをするのですが、岡田自身自分の意志は100%を伝えるのではなく、50%程を伝え、残りの50%はパタンナーさんに任せるようにしています。決して責任逃れではなく、1つの洋服に対してたくさんの人や手、意見が加わり自分達の良さが出ると思っています。

中島 : 今でも資材はご自身達で解体されているのですか?

尾崎 : はい。全部自分たちで解体し、基本的に裁ちばさみは使用せず、僕らの仕事七つ道具のリッパーで処理を行います。

 

 

0

 

 

尾崎 : リッパーで全部糸をほどくことで、生地の縫い代約1cm分まで余すことなく資材を確保することができます。これが実は大事なポイントで、実際に縫製する際パターンに入るか入らないかが決まったります。

中島 : 大変やな~地味やな~。(笑)

手島 : 別注のM-47の解体は大変だっだんじゃないんですか?

尾崎 : めちゃくちゃ大変です。いや~47の生地は硬いので、二人して手を痛めながらやっていました(苦笑)

 

dsc_5111-5

 

③inkのセールスポイント、別注べドシャツについて

中島 : これまでブランドの経緯や、リメイクの過程を教えていただきましたが、inkとして大事になされていること、セールスポイントはどういった部分ですか?

尾崎 : 最後の最後、自分達が手の届くぎりぎりのところまでやることがみそだと思います。例えば今回別注で作らせていただいたテント地の資材は、1点1点ステンシルや落書きがあります。特にリメイクにおいては、ステンシルや落書きに付加価値が出るので、資材のこの箇所は製品のこの部分に使う等、お客様が喜ばれるような位置にパーツ配置をする。自分たちが資材を用意することで操作できる点です。

中島 : お客様が喜んでくれるであろう点を自分たちで見極めながら最後まで物作りをする。細かいところまでお客様のことを思い物を作る。ほんとに大事なことですよね。

尾崎 : はい。特に 今回別注で作ったM-47のヒップポケットをフロントポケットに使ったり、テント地のアジャスターを胸の位置に配す等、資材の良さをしっかり把握し、本来の魅力を最大限に生かすことを前提に物作りを行っていますし、岡田も得意とするところです。

中島 : 今回実際に別注で作って難しかったことはありますか?

尾崎 : 特にありません。

中島・手島 : えーーーー!(笑)

尾崎 : 今回の別注に関しまして、テント地は私たちが支給させていただきましたが、M-47は生地の魅力が素晴らしかったですし、1着につき2本使用しているので色味の違いも組みやすく、特に苦労は無かったですね。

中島・手島 : こちらとしてもそれはありがたいです。本当にありがとうございます。

中島 : ちなみに刺繍も1点1点表情が違ったりするのですか?

尾崎 : そうですね。全て手ぶりになるので多少の風合いの違いは出ると思います。ちなみに阪神タイガースの法被の刺繍も手掛けている工場で行っていますよ。

中島 : 今回の別注に関しては、ありがたいことにここまで作りこんだ別注は初だとお聞きしたのですが、あまりそういったアイテムは作られていなかったのですか?

尾崎 : そうなんです。今回は手島君の熱意もあり、やらせていただきました!

手島 : 本当にありがとうございます!

中島 : 僕が手島にしつこくこついていましたからね。

尾崎 : いえいえ(苦笑)僕たちも楽しくやらせていただきました。袖のイーグル刺繍は酉年にかけて選ばれてるんですよね?(笑)

手島 : そうなんです。後付け感が半端ないですが、、、イーグル刺繍は酉年にかけて、ドラゴン刺繍は自分の干支にかけています(笑)

中島 : 売れるにこしたことはないけど、たまには面白いものもやらな。

手島 : はい。刺繍自体はお二人ともお好きなんですか?

尾崎 : そうですね。実際に刺繍のモチーフは岡田が所有しているヴィンテージのベドジャンからとっています。

中島 : 今回の別注は、好きな人に長く着ていただきたいです。

尾崎 : 僕らとしても好きで定番で展開しているベドジャンシリーズなのでお好きな方に着ていただきたいと思っています。

手島 : inkさんが作るミリタリーアイテムは戦争へのアンチテーゼが込められているのですか?

尾崎 : はい。資材としてミリタリー物を多く使用する理由としては、ミリタリーウェアを僕らがリメイクし、たくさん作ることでミリタリーウェアが無くなり、平和になって欲しい気持ちは心の隅に残しておきながら物作りを行っています。以前モッズコートを様々な国のアイテムで作り、みんなが一つになる願いを込めて作ったこともありますね。

 

dsc_5142-1

dsc_5172-2

 

④今後の展望と、直営店”PERK”

中島 : 2017S/Sのコレクションは、ヨーロッパの資材を多く使用されていた印象です。

尾崎 : はい。2017S/Sは、ヨーロッパの資材を中心に使ってリメイクしています。やはりヨーロッパウェア特有のディティールがinkの発想や物作りと合うと思いますし、その辺りは是非注目していただきたいですね。

中島 : 今後の展望をお聞きしてもよろしいでしょうか?

尾崎 : はい。今後は一つ一つのアイテムに対して、より付加価値を強めていきたいです。あくまでも現段階のイメージですが、展示会でコレクション以外で岡田が作りたい1点物のリメイクをずらっと並べ、早いもの勝ちでバイヤー様にみていただくような展示会がいつかできればと思っています。

中島 : いいじゃないですか。不可能なことではないと思うので。陰ながら応援させていただきます。

尾崎 : そうですね。その際は是非よろしくお願いします!(笑)

手島 : 最後に直営店PERKのことについて教えてください。

尾崎 : はい。実は現在PERKは、8割が女性のお客様になります。商品構成もレディースのユーズド7割、キッズ1割、ink2割の商品構成になるので、今後は現在模索中ですがinkの商品、セレクト、ヴィンテージとメンズの比率も高めていきたいと思っています。あとは、何かのカテゴリーに特化した、例えばミリタリーフェアー等のイベントを積極的に開催していきたいと思っています。

手島 : 直営店限定のinkのリメイクも展開されていますよね?

尾崎 : そうなんです。 直営店限定のリメイクウェアも展開しておりますので、是非大阪にお越しの際は、遊びにいらしてください!!

中島・手島 : それでは、本日はありがとうございました!

尾崎 : こちらこそありがとうございました!

 

dsc_5134-7

 

doo-bop Exclusive US Tent Vietnam Shirt

 

 


vol.3239 【ink尾崎さんご来店。】

こんばんは、南出です。

いつも当店Shop Blogをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

 

昨日更新いたしましたEventページは、ご覧いただけましたでしょうか?

今の季節から春夏にかけて活躍する帽子の数々、

COMESANDGOES(カムズアンドゴーズ)より入荷しております。

dsc_2314-8

クラシックとモダン。

ベーシックながら、時代の空気を感じる丁寧な物作りを手掛けるCOMESANDGOES(カムズアンドゴーズ)の帽子。

どうぞお試しください。

 

 

日中は暖かく小春陽気を感じる一日でしたね。

節分も過ぎれば季節は少しずつ春に近づいていきます。

本日はそんな中、inkの尾崎さんがご来店くださいました。

 

 

dsc_5198-1

年明けの別注Vietnam Shirt(ベトナムシャツ)が記憶に新しい、大阪発のリメイクブランド、ink(インク)

ファッションシーンでも浸透し定着したリメイクですが、

数あるリメイクブランドと比較しても、圧倒的な作り込み、世界観、発想の柔らかさと、逸脱したプロダクトを続けています。

 

 

 

せっかくですので、ink尾崎さんのスタイルをご紹介。

dsc_5204-2

ink : GRIFFIN – Eagle Embroidery MA-1 Blouson

ドイツ軍のランドリーバックを解体し、再構築した1着。

モールスキンのように、微起毛が特長となり、

柔らかくしっとりとした肌触りは、どこか角が取れたビジュアルを演出する生地感です。

M-65ライナーを裏地に配置したリバーシブルアイテム。

 

 

 

続いて下半身は、

dsc_5241-3

ink : SPLOTCH – Hand Embroidery Camouflage Pants

ベトナム戦争時のM-65 Pantがベース。

迷彩柄にある黒色部分を所々、手刺繍にて白く刺繍を施してデザインに。

本来迷彩柄は、森に溶け込み目立たなくする為の柄。

そこに刺繍を施しアクセントに。ミリタリーパンツの意味合いに対してのリメイクする独特の視線が感じられる1本です。

足元には、RED WING(レッドウィング レッドウイング)のLOGGER BOOTS(ロガーブーツ)を合わせた、

無骨な印象に。

 

 

 

そしてインナー。

dsc_5273-4

こちらのスウェットもink(インク)の物。

エスカルゴスエットと呼び、袖近辺に大きなツイストを施しデザインとしています。

少し前のコレクションだそうですが、全く廃れることなくマッチしています。

流行り廃りという言葉を度外視し、ひとつのプロダクト、物作りを様々な角度から見るink(インク)の洋服。

インナーは、古着のバンドTとリメイクアイテムと、ユーズドを組み合わせたスタイル。

 

 

ワークやミリタリーアイテムが資材としては中心に集められますが、

1つ1つを選ぶ基準、目線は本当に厳しく選ばれているなと感じます。

 

 

その分、ink(インク)のアイテムが持つ生地感、表情は現代では表現しえない物ばかり。

 

 

店頭でもご紹介させていただきますので、

どうぞお試しください。

 

 

それでは、本日もありがとうございました。

 

【Event】

COMESANDGOES.

0

 

【Roots】

2017 S/S TEATORA.

6

【COLUMN】

Chambers

20161213-dsc_1540

 

【New Arrival】

COMESANDGOES : NAME CAP – Black / 9,720 YEN

dsc_4462-3-01

 

COMESANDGOES : NAME CAP – Navy / 9,720 YEN

dsc_4406-1

 

COMESANDGOES : NAME CAP – Beige

dsc_4361-4

 

COMESANDGOES : NAME CAP – Khaki / 9,720 YEN

dsc_4341-1-01

 

COMESANDGOES : LINEN CASQUETTE – Navy / 10,800 YEN

dsc_4315-1-01

 

COMESANDGOES : LINEN CASQUETTE – Black / 10,800 YEN

dsc_4290-1-01

 

COMESANDGOES : DENIM BALLON HAT – Indigo / 10,260 YEN

dsc_4848-1-01

 

COMESANDGOES : DENIM BALLON HAT – Black / 10,260 YEN

dsc_4899-1-01

 

COMESANDGOES : DENIM BALLON HAT – Light Blue / 10,260 YEN

dsc_4948-2

 

DEFY BAGS : VER BOCKEL / 52,920 YEN

dsc_4313-04

 

DEFY BAGS : THE DUDE BELT / 10,584 YEN

dsc_5279-4

 


マニー・ラミレスとベドシャツのススメ。

こんばんは。

 

 

『マニー・ラミレス、契約合意。』

まさかとは思いましたが先日、あのマニー・ラミレスがプロ野球独立リーグ、四国アイランドリーグのplus高知との契約合意が発表されました。

 

(キャリアハイライト動画)

 

デビット・オルティーズと強打の3・4番を形成し、印象的な場面で打ちまくる。

レフトフライを獲った後、観客とハイタッチをしてダブルプレーを完成させる。

観客と一緒になってウェーブを作る。

等、賛否はありましたが自由奔放なドレット姿は、自分の中では強烈に印象に残っています。

個人的にはホームランを打った後のフォロースルーからのしてやっや感のドヤ顔が好きです。

それだけに、まだ本当に日本でプレーするかは分かりませんが、機会があれば観戦に行きたいと思っております。

 

image1

 

ink

 

さて先週より販売をスタートした、inkのExclusive Vietnam Shirt(通称 : ベドシャツ)。

おかげさまでリメイク・ミリタリー好きの方から、リメイク物に初挑戦の方にもご購入いただいたき、大変うれしく思っております。

自分自身、毎日着用しておりますが、生地によって着方も少し異なるのかなと思っています。

 

image3

 

VINCENT ET MIREILLE : CREWNECK SWEATER – BROWN

image4

WESTERN MOUNTAINEERING : FLASH VEST – Black

 

M-47タイプは、テント地に比べ肉厚でややゆとりのあるサイズ感になります。

また、フロントポケットが配されますので、よりジャケット感覚で。

今時期にはインナーにダウンベストやニットを、春先にはカットの上から羽織っていただければと思います。

 

 

image6

 

TEATORA : Souvenir Hunter Packable – SLATE GREEN

 

image5

 

Engineered Garments : CPO Shirt – 20oz Melton

 

続いて、テント地の着用サンプル。

よりシャツのような感覚で。

今時期にはジャケットやコートのインナーに、夏場は近日入荷予定のTEATORAのショーツと相性が良いのかなと思っています。

 

 

店内春物が少しずつ立ち上がっておりますが、即戦力としてお試しいただけるベドシャツ。

是非お試しください。

 

 

それでは、本日もありがとうございました。

 

 

【Roots】

ink × doo-bop Exclusive Vietnam Army Shirts.

0-2

 


2017年は、inkに依頼したベトシャツから。

遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します。

2017年一発目の別注は、手島企画のコチラになります。

2モデル展開になり、似ているようでかなり異なりますのでお好きな方は

是非、両方ご検討くださいね。

手島が喜びますから、僕もですけどね。

 

 

image1

 

 

違いは、大きく3つありまして

1つ目は、ボディの生地になります。

当店持ち込みのDead stock M-47とinkのストックU.S Army Tentです。

2つ目は、袖の刺繍になります。

M-47タイプは鷹(今年の干支にかけたようです)

US Tentは龍(手島の干支らしいです)。

 

 

image2

 

 

そして、3つ目はディテールの違いになります。

M-47タイプには、ウエストポケットとサイドアジャスター

U.S Tentには胸ポケットにハトメ、個体によりますがステンシル付きになります。

もちろん、すべて一点物のなりますのでお早めに。

 

 

image3

 

 

 

2017年、初のチラ見せ!

 

 

image4

 

 

使い方は、あなた次第。

 

doo-bop Shop Blog

毎日更新中です。是非ご覧ください。


ink × doo-bop Exclusive Vietnam Army Shirts。

こんばんは。

改めまして、新年明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

私自身は31日の営業終了後、地元に帰省し、新年はゴッドファーザーとフリースタイルダンジョンの口迫歌合戦で始まりました。

年末をいいことに12月はひたすら食に走った結果、お腹周りが過去最高を記録しておりますので、まず今年は体質改善を目標にしたいと思います。

 

さて先日更新した、ROOTSページはご覧いただけましたでしょうか。

 

image4

 

ink : doo-bop Exclusive Vietnam Shirt

 

inkさんにお願いして作っていただいた、Exclusive Vietnam Army Shirtsの特集ページです。

通称”ベドシャツ”。

 

 

image3

 

ベースとなる形は、US ARMY SHIRTS。

冬場はアウターのインナーに。春はジャケットとして。初夏はショーツに合わせるイメージです。

ベースはシンプルに、inkさんが得意とするベドジャンをモチーフにした刺繍を施していただきました。

生地は、どちらも着用と洗いを繰り返すことで素晴らしいエイジングを遂げる、French Army M-47 Field Pantを2本使用したタイプと、US Tent fabricを使用した2型。

*生地別にアームの刺繍が異なります。

French Army M-47 Field Pan→イーグル(鷲)

US Tent fabric→ドラゴン(龍)

 

image5

 

写真は私物で着用しているもので、1回の洗いと1週間の着用で既にアタリや皺がいい感じに出てきました。

サンプルのため刺繍がドラゴン(龍)になっていますが、私は辰年なのですこぶる気に入っています!

 

 

image1

 

inkさんの手掛けるリメイクアイテムは、抜かりのないパーツ配置に加え、シルエットの良さも魅力だと思います。

やや細めに設定されたパターンは、着用時から体に馴染み、スタイリングに溶け込みます。

個人的にはインナーは白。

パンツはスラックスを合わせた綺麗目なスタイルから、素直にデニムに合わせたスタイリングがお勧めです。

 

 

ヨーロッパミリタリーとアメリカミリタリーの武骨さと、東洋発祥のオリエンタルな刺繍が施された1点物のジャケットは、様々な要素を楽しんでいただける仕上がりです。

今の時代だからこそできる格別な雰囲気が、これまでにないスタイリングを作り上げる自信をもってお勧めする1枚です。

 

数に限りがありますが、是非お試しください。

 

 

 

それでは、本日もありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

【Roots】

ink × doo-bop Exclusive Vietnam Army Shirts.

0-2

 


Needlesからお勧めのパンツを。

こんばんは、お疲れ様です。

本日成人式に参加された方も多いと思います。

 

新成人の皆さま、おめでとうございます。

自分の成人式は、インフルエンザで参加できませんでした。

思い返せばことごとく1月に縁がない僕ですが、皆さまは良い成人式をお迎えください。

 

さてまだまだ寒い日が続いていますが、本日も春の新作、お付き合いください。

 

img_7815

Needles(ニードルズ)の魅力、

デザインや、シルエット等、色々あると思いますが、個人的には素材使い。

70’Sの雰囲気を持たせたデザインに、

化繊や、世界観の強い総柄を合わせる事で、色気を見せる所だと思います。

 

本日ご紹介のパンツもその魅力を感じていただける1本だと思います。

 

img_7813

Needles : Cut-Off Bottom String Easy Pant – W/R/Pe/Pu Tropical

ドストレートのシルエットが新鮮な、イージーパンツ。

艶、落ち感、滑らかな肌触りと、生地使いによって、綺麗な印象に昇華したイージーパンツ。

 

img_7817

裾はカットオフ仕様とすることで、仄かなグランジ感をプラスしています。

一見するとシンプルですが、足を通すと他のパンツが穿けなくなるほど、快適且つ、独自性のある1本です。

カラーはブラウン。

ありそうでなかったカラーの提案。

 

置いていると普通なので、穿いた際の驚きを感じていただければと思います。

 

img_7818

トップスはもちろん、inkの別注Vietnam Shirtで。

 

 

img_7810

乾いた風合いのテント生地と、

艶感のあるパンツとの生地のコントラストをお楽しみください。

 

明日からも冷えるようですが、春物も要チェック、お願いします。

【Event】

SALE

1-2

【COLUMN】

Chambers

20161213-dsc_1540

GERMAN TRAINER

dsc_2169-2

【Roots】

ink × doo-bop Exclusive Vietnam Army Shirts.

0-2

 

 


アーカイブ

doo-bop Ameba Blog