Top > doo-bop : Nakajima

別注ABSINTHE SHIRT Bar.2.0

こんな事になるとは、思ってもいませんでした。
ご来店いただいてご購入頂けなかった方々申し訳ございませんでした。
7月末から、ド暇だったのでこの週末の賑わいにはビックリしました。
mojitoの2023ss受注会と重ねたのが、良かったのかも知れませんが
みんなストレス溜まってるんでしょうね。





明日まで、 mojitoの2023ss受注会はやってますが
早閉めする可能性ありますので、もしご来店をお考えいただいているようでしたら
店舗077-562-4121まで、お電話ください。





台風にて、被害が出ない事を願います。


doo-bop Shop Blog

週2更新(週央と日曜)です。是非ご覧ください。


MOJITO


皆様、こんばんは。
MOJITOより新作が続々と到着しております。


ABSHINTH SHIRT Bar.2.0/china button

モールスキンのような厚みのあるコットン素材にチャイナボタンを搭載。
襟がレギュラーカラーであることで、可愛らしすぎず、
カバーオールの安心感とシャツの気軽さのいいところを味わえます。

Needles / Track Pant – Poly Jq. – Navy

シンプルながら存在感のある一着は、Needlesのトラックパンツとの相性が良く、
マットなトップスの素材感と、ジャージ素材の光沢感が互いを引きたてます。


ABSHINTH SHIRT Bar.2.0/corduroy dot

アブサンシャツの新柄も届きました。コーデュロイ素材に大きめのドットの組み合わせ。
MOJITOでは定期的にリリースされるドット柄。
初めての方は、柄が目立ち過ぎないこちらからチャレンジしていただけると幸いです。



アブサンシャツ+アブサンシャツのコーディネートです。
それぞれデザインは効いていますが、色を抑えておりますので、
絶妙に男らしさを漂わせながら、洒脱な雰囲気を感じさせます。


開催中の23SS MOJITO Pre-Meetingにて、デザイナーの山下様に初めてお会いしました。
MOJITOの洋服に感じる格好良さと、一度着用すると手放せなくなる着心地の優しさと同様に、
強さと気遣いを持ち併せたお人柄が魅力的で、やはり想いを込めて作製されているブランドは、
デザイナーの方の性格が反映されるのだと改めて感じ入りました。


doo-bop Shop Blog

週2更新(週央と日曜)です。是非ご覧ください。


Vol.4963【MOJITO:db Exclusive ABSHINTHE SHIRT】


【Event】ページ【Roots】ページを更新しています。

『MOJITO Pre-meeting 2023S/S』は明日まで。

台風が心配ではありますが(琵琶湖線が午後6時に運休するので、

電車でのご来店を予定されている方はご注意ください)、

最後までMOJITOのディープな世界をお楽しみいただけると幸いです。


別注のアブサンシャツ、おかげさまで大変好評です。

『男の服』といったイメージのあるMOJITOの洋服ですが、

今回はあえて女性にさらりと着てもらいました。

それによってまた違った側面が見えてくるのではないでしょうか。


MOJITO:db Exclusive ABSHINTHE SHIRT






白いタンクトップに色落ちしたリーバイス。

誤魔化しの効かないスタイリングも、シャツの雰囲気によって説得力がぐんと増します。

刻まれるシワや陰影1つ1つに魅力が宿る様に、

大人のカジュアルスタイルとはこういうものかと。












自然な気持ちで、沢山着たいと思えるシャツです。

後悔はさせません。












【Event】

MOJITO Pre-meeting 2023S/S



【Roots】

doo-bop Exclusive:ABSINTHE SHIRT Bar.2.0 / buffalo plaid



【New Arrivals】

TUITACI:New Arrivals


Vol.4962【MOJITO Pre-meeting 2023S/S】


【Event】ページ【Roots】ページを更新しています。

9月19日までの3日間、MOJITOのディープな世界をお楽しみください。


本日より始まりました、『MOJITO Pre-meeting 2023S/S』。

初日から多数のご来店、ありがとうございました。

デザイナーの山下さんには明日もお越しいただきますので、

こういったタイミングでしか聞くことの出来ない貴重なお話をぜひ。


MOJITO Pre-meeting 2023S/S






2023SSコレクションはチェックやストライプといった落ち着きのある柄に加え、

春夏らしい激し目のパターンも。

そのどれもがMOJITOらしい雰囲気に落とし込まれており、見応えのあるラインナップに。

個人的にはスリーピングシャツや半袖のアイテムが気になります。











また別注のアブサンシャツも本日より並んでいます。

生地の風合いがとにかくたまらない1枚。

ブルーのバッファローチェックは懐かしさがありつつも新鮮で、

秋から春にかけて、スタイリングのアクセントとして活躍してくれます。

ぜひご覧になってください。


それでは明日もお待ちしております。









【Event】

MOJITO Pre-meeting 2023S/S



【Roots】

doo-bop Exclusive:ABSINTHE SHIRT Bar.2.0 / buffalo plaid



【New Arrivals】

MOJITO:db Exclusive ABSHINTHE SHIRT Bar.2.0/buffalo plaid – Blu

Needles:Narrow Track Pant – C/Pe Velour – Navy

South2 West8:L/S Turtle Neck Tee – Smooth Jersey – Bordeaux


Blue

皆様、こんばんは。

昔から青色が好きで、洋服や身の周りの物など青を選ぶことが多いです。
きっかけは小学生のころ、TVの5色戦隊モノの「ブルー」が好きになったことだと記憶しています。
そこから、野球やサッカーのチームを応援するのも、まずはユニフォームが青のチームを贔屓にしてきました。

洋服に興味を持ちだしてからは、青い服はデニムを穿くと全身真っ青になってしまったりと、
案外組み合わせるのが難しいのかな、と思い、青ばかりではなく、合わせやすい色目や
バランスを考えて購入するようになりました。

30代~40代にかけて、服以外にも食べ物や音楽など、色々経験してきましたが、
年々、好きなものは子供のころからあまり変わらないな・・と感じるようになり、
近頃では「大人だから」や「バランス」というのは気にせず、純粋に好きなものを身の回りに揃えています。


前置きが長くなってしまいましたが、そんな懐かしさをくすぐるシャツが到着しました。
好きな色なのは勿論、素材のフワッと柔らかい感触が、まるで何年も共にしてきたかのような
安心感があります。


こちらは、SO FUCK RECORDSの長袖Tシャツですが、偶然にもプリントカラーが
ブルーでまとめられていて、強く惹かれました。プリントに関しても、一時は無地を
着ることに落ち着きを感じておりましたが、最近は専ら昔から好きなカルチャーや
アートを感じるプリントを着たい衝動に駆られます。

この画像には alt 属性が指定されていません


一般的なお洒落や、トレンドとは相容れないスタイルかもしれませんが、
直感で好きなものを素直に着る。そんな洋服との気軽な付き合い方も
良いのかもしれません。

db Exclusive ABSHINTHE SHIRT Bar.2.0/buffalo plaid
ご紹介させていただいたシャツは、今週末17日から店頭に並びます。
着心地、素材の雰囲気含め、是非袖を通し体感していただきたい一着です。


doo-bop Shop Blog

週2更新(週央と日曜)です。是非ご覧ください。


MOJITO受注会と別注ABSHINTH SHIRT

ずっーとバイニングしてる。
もう25年ぐらいやってる、自分なりのピックができるようになり
それは、洋服だけではなくアクセサリーや眼鏡、陶器、スツールまで
多岐にわたる、失敗だらけだけどスタッフが訳のわからないものまで
販売してくれるから、どうにか今もしてる。
後は、偉大なデザイナーとの出会いがあり
成長させていただいてる。
国内の展示会で、深く印象に残ってるのが
現MOJITOデザイナー山下さんとの出会い。

アポの時間は19時なのに、電話にて20時は確実に過ぎるので
日を改めますと伝えたところ、何時でも大丈夫なので待ってますとの事。
到着したのは、20時半ごろ
強面の山下さんとの初対面だった。
とっくに勤務時間は終わっているはず、
でも俺も仕事で来てるから、やることはやる。
結局終わったころには、日は変わっていた。
もう、電車は走ってないし、どうやってホテルまで帰ろうかな?
と思っていたら、山下さんから
「ホテルどこですか?送っていきますよ」
なんて人だよ、アポには遅れるわ、バンバン残業されられても親切にしてくださった。
当時山下さんが乗っていたのは、ベンツのワゴン、カッコよかった。
ベンツなんて乗ったことなかったから、スゲー特別だった。
しかも都内、なんか映画の中に入ったような気分だった。
車内で俺の腹が、グーって鳴った。
山下さんは、聞き逃さない。
「うどんか、なんか食べますか?」
泣きそうになった。
ありがたくて、ありがたくて。




あれから、25年経つ、今も繋がってる。
教わってばかり、いつか恩返ししないと。


doo-bop Shop Blog

週2更新(週央と日曜)です。是非ご覧ください。


Vol.4959【週末は MOJITO Pre-meeting 2023S/S】


【Event】ページ【Roots】ページを更新しています。

この週末はMOJITOの世界をお楽しみください。


本日はMOJITO2023SSコレクションの受注会に向けて、

一部アイテムをスタイリングベースでご紹介します。


MOJITO Pre-meeting 2023S/S






次のコレクションを初めて見た印象は、軽やかなリゾート感。

全体の色合いや柄、素材使いが繋がっており、

そういった世界観を感じさせます。









MOJITOの洋服はデザインが大きく変わることはありませんが、

だからこそシーズン毎に拘りを持って選ばれた素材の魅力が伝わってきます。

パターンの異なるチェックやストライプ、刺繍や織柄など、今回も見応えたっぷり。










ぜひその目で確かめてみてください。











【Event】

MOJITO Pre-meeting 2023S/S



【Roots】

doo-bop Exclusive:ABSINTHE SHIRT Bar.2.0 / buffalo plaid



【New Arrivals】

CHANGES:New Arrivals


MOJITO Pre-meeting 2023S/S







【Date】

09.17 Sat ~ 09.19 Mon


17日と18日には、デザイナーの山下様にお越しいただく予定です




【Content】

MOJITO 2023S/Sコレクションの受注会を開催いたします

フルラインナップをご覧いただき、1点から個人オーダーが可能です


※当日内金を頂戴いたします

内金は現金とクレジットカードがご利用いただけます

基本的に全額頂戴いたしますが、高額となる場合はご相談ください

(クレジットカードの場合、金額に関係なく全額頂戴いたします。ご了承くださいませ)

コレクション内容に関しましては、後日ショップブログにてご紹介させていただきます

ぜひそちらも併せてご覧ください


※さらに9月17日には、当店別注のアブサンシャツを発売いたします

【Roots】ページにてご紹介させていただいておりますので、併せてご覧ください







doo-bop Exclusive:ABSINTHE SHIRT Bar.2.0 / buffalo plaid



秋の夜道に鮮やかに浮かび上がるブルーのバッファローチェック

アメリカのヴィンテージショップに長く眠っていたかのようなスラブ調のコットン生地は

初めて袖を通したその瞬間から馴染み、寄り添ってくれます

懐かしくも新しい1枚を、手に取ってみてください











クラシックなデザインだからこそ、生地による印象が大きい『ABSINTHE SHIRT』

これまでの別注ではペイズリーやバティックといった『癖』を持たせてきましたが

ここにきて直球とも取れるバッファローチェックで依頼しました

そうして出来上がったのは、どこまでも自然体なシャツ















お気に入りのTシャツの上から軽く羽織る

自然体であるからこそ、それだけで1人1人の個性を反映し、スタイルを確立してくれます


良いですよ、とても














2022.09.17 Sat on sale









Vol.4876【MOJITO:ABSHINTH SHIRT Bar.2.0 / paisley】


本日もMOJITOから、夏の日差しが似合う1枚を。

個性的なペイズリー柄がテンションを上げてくれます。

MOJITO:ABSHINTH SHIRT Bar.2.0 / paisley





ヘミングウェイがよくオープンカラーのシャツを着ていたことから製作された、ブランドを代表するアイテム。

毎シーズン様々な生地でリリースされており、何枚もコレクションしているという方が大勢いる名作です。

程よく開いた襟元に2つの胸ポケット、そしてすっきりとしたボックスシルエット。

リラックスした雰囲気があり、大人の男性が持つ「余裕」を感じさるところが魅力となっています。


そして使用される生地によって見え方が変わってくるのがこのアイテムの面白いところ。

今回はリネン・コットンのガシッとした生地に、

グレーやイエロー、ブラウンで描かれたペイズリーがプリントされています。

MOJITOの中ではやや派手さのある生地が、夏のリゾート感あるスタイルにハマります。









着用と洗濯を繰り返し生地が少し柔らかくなってくることで、

プリントが馴染んでより格好の良い表情へと変化するシャツです。

ぜひお試しください。








※コロナウィルスへの対策といたしまして、ご来店の際はなるべくマスクの着用をお願い致します。

また店内には消毒用のアルコールを設置しておりますので、ご自由にご利用ください。



【Roots】

Jutta Neumann:doo-bop Exclusive









【New Arrivals】

CHANGES:CH4008 Remake Pant


アーカイブ

doo-bop Ameba Blog