Top > doo-bop : Tsukamoto

オールドHOPIジュエリーたち。

インディアンジュエリーを好きになっていくと、自分好みの作風、方向性が見えてくると思います。

そういったモノを見て、集めていくと知らない間に「スタイル」が確立していくような気がします。

 

今イベント中、そういったスタイルを確立されている方から良い反応をいただいております「オールドHOPI」。

今夜はこちらのジュエリーにフォーカスしてご紹介していきます。

 

img_0336

 

オールドというだけあって、数十年前に制作されたジュエリー。

くすんだシルバーが過ぎた時間を教えてくれます。

 

いわゆるヴィンテージピースです。

2019年現在、その多くはもう既に亡くなってらっしゃるアーティストによって手掛けられています。

Lewis LomayVictor・Coochwytewaと今では会うこともできないレジェンドと通じ合うことができるのも何だか素敵です。

 

img_0338

 

技術や効率は今の方が上かもしれませんが、その時代に精一杯考えられ、制作されたジュエリーは感慨深いもの。

オーバレイ部と余白のコントラストは日本の美意識「詫び寂び」に近いと感じます。

シンプルで力強い黒色と銀色がつくりだす世界が印象的です。

 

オールドHOPI、最大の特徴はダイナミックで余白を多くとられた構図。

現在のHOPIジュエリーはシルバープレートにぎっちりとオーバレイを施されたものが多く、

見比べると対照的なことをご理解いただけます。

 

先日ロングブランチ森田様にお越しいただいた際、現在のオーバレイ技法との違いを教えていただきました。

気になればお気軽におっしゃってください。

 

img_0341

 

当時の製作者の意図を拾っていく。

見つめるとインディアンジュエリーの世界がもっと楽しくなる気がします。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


Vol.3987【Indian Jewelry:Hopi Overlay Rings】

 

本日【Roots】を更新しました。

ショップブログと並行してアーティスト毎にジュエリーを紹介していきますので、

宜しければ併せてチェックしてみてください。

またOnline Shopのイベント特設ページも更新しております。こちらもぜひご覧ください。

 

今週末から始まるインディアンジュエリーフェアー。

気にしてくださっている方も多くいらっしゃるかと思います。

イベント期間中は800を超えるジュエリーが店頭に並ぶので、

ぜひその物量に圧倒されに来てください。

 

ですが例年、初めてジュエリーを選びに来たという方は、

多すぎてよく分からなくなってしまう場合も。

スタッフも一緒に選ばせていただくので、悩んだ際にはお気軽に声を掛けてください。

今回のブログではこの辺りはどうかなと思った、インディアンジュエリーの入り口として

お勧めのリングをいくつかご紹介します。

 

Indian Jewelry:Hopi Overlay Rings

dsc_3773

 

 

これらはインディアンジュエリーを作る代表的な4大部族の1つ、

ホピ族のアーティストが制作したリングになります。

2枚のシルバーのうち1枚を『切り絵』の様に切り出し、

それをもう1枚のシルバーに貼り合わせてデザインを浮かび上がらせる『オーバーレイ』。

ホピ族の作品に多く見られる、伝統的な技法です。

 

また動物をモチーフにした作品が多いのも特徴で、

それぞれの動物にはきちんと意味が込められています。

 

 

dsc_3777

 

 

こちらは「Lucion Koinva」というアーティストの作品。

中央には『父なる空からの伝達者』、イーグルが翼を広げて鎮座しています。

イーグルの羽根には大きな力が宿るとされ、

部族の中でも許された人物しか拾うことができないそうです。

 

 

dsc_3794

 

 

ホピ族のベテラン、「Alvin Taylor」によって作られたリング。

彼の作品には生まれ育った土地の動植物が描かれることが多く、こちらも同様です。

 

端に見えているのはウサギ。多産や豊かさを象徴する動物であると同時に、

『脅威から逃れる』といった意味を持ちます。

またこのリングの反対サイドにはイーグルがウサギを追いかける形で描かれており、

さらにウサギが走る先には『知恵』の象徴であるコヨーテが待ち構えています。

小さなリングの中で自然界のストーリーが展開されている、面白い作品です。

 

 

dsc_3793

dsc_3804

 

 

最後は女性らしい柔らかなデザインが魅力的な、「Dorothy Kyasyousie」作のリング。

植物の中を進むのはウォーターバード。

生物にとって欠かすことの出来ない、『水』の場所へと導いてくれる生き物として大切にされています。

 

 

dsc_3808

 

 

イベントで好みのデザインのジュエリーがあれば、

どういった意味合いのモチーフなのかも気にかけてみてください。

きっと更にインディアンジュエリーというものを、楽しく身に着けていただけるはずです。

 

 

 

【Event】

doo-bop Indian Jewelry Fair 2019

1

 

 

【Roots】

Indian Jewelry:Howard Nelson

2

 

 

【Roots】

Indian Jewelry:Marco Begaye

dsc_7635

 

 

【Column】

【AUBERGE】LEVIS Custom

dscf8681

 

 

【New Arrivals】

 

 


Vol.3468 【Philbert Poseyesva:Overlay Pendant】

 

ホピ族のベテランアーティスト、Philbert Poseyesva(フィルバート ポセイェステワ)。

40年以上にわたりシルバージュエリーを作り続ける氏の作品は、

滑らかな曲線美を感じる作風が特長です。

 

Philbert Poseyesva:Overlay Pendant

20171025-dsc_0996

 

 

氏の作品はデッサンや型紙等を使用せず、直接シルバーにデザインを描いていきます。

このスタイルは、ホピ族の天才と称される、Glenn Lucas(グレン ルーカス)から継承しており、

同じくホピ族のベテランアーティスト、Jason Takala(ジェイソン タカラ)もこれを応用し、使用しています。

高い技術と想像力が必要とされるスタイル。

そう言われて見てみると、よりこのジュエリーの魅力が増してくる気がします。

 

 

20171025-dsc_0967

 

 

インレイワークを用いた作品は、選定する石のグレードにも一切妥協しません。

胸元に輝く紅いコーラル。強い意思を感じさせる深みがあります。

 

近代的なホピ族の作品は、構図、オーバーレイ共に複雑な物が主流となります。

しかし彼が作るのは、削ぎ落とされた構図の中に奥ゆかしさを感じさせる、オールドホピスタイルと呼べる作品。

身に付けるほどに愛着の沸く、長く付き合えるジュエリーです。

 

 

【Roots】

PROTOTYPE"BYRD"

5

 

 

【Column】

【Trojan Horse】10年目の挑戦

20170317-dsc_3811

 

 

【New Arrival】

Philbert Poseyesva:Overlay Pendant / 10,800 YEN

SBTRACT:DUO – CREW NECK TEE SHIRTS – White / 8,424 YEN

SBTRACT:DUO – CREW NECK TEE SHIRTS – Navy / 8,424 YEN

SBTRACT:DUO – CREW NECK TEE SHIRTS – Black / 8,424 YEN

 


可愛いホピブレスレット。

こんばんは。

先週の土曜日から開催しているIndian Jewelry Fair 2016、たくさんのご来店いただきましてありがとうございます。

次の日曜日までになりますので、ご興味ございましたら是非。

本日までの印象は、種類が多すぎて選ぶのがしんどいんだろなぁ~と思う方を多く見受けましたので

見やすいように調整しました。

たくさんあればイイというものでもないとは重々承知なのですが、怖がりなのでついつい。

 

さて、今夜は最近気になるホピの可愛い作品をご紹介しますね。

 

 

IMG_3018

 

 

作者はRaymond & Dorothy Kyasyousie(レイモンド & ドロシー キョショーシー)。

夫レイモンド、嫁ドロシー、合作でジュエリー制作をする事もあるようですが、基本的には別々になります。

ですのでホールマークは別々、仲がいいのか悪いのか?

共通しているのは、2人の作品はどことなく愛嬌があり可愛らしい。

 

 

 

IMG_4532

 

 

動物、昆虫、植物モチーフの作品が多く、

曲線が丁寧且つ柔らかく仕上げられてます。

どの子も表情豊かで、シルバージュエリーなのに温かみを感じます。

 

はい、僕買っちゃいました。

 

 

IMG_4534

 

 

 

 

本日のチラ見せ!

 

 

IMG_4536

 

 

フェティッシュ、お守り(置物)です。

集めようかなぁ~。

 

doo-bop Shop Blog

毎日更新中です。是非ご覧ください。

 


25日土曜日11:00a.m. Indian Jewelry Failr 2016 開幕です!

こんばんは☆

 

店内スタッフだけにとどまらず

気にしてくださっているお客さまより

お問い合わせなど、たくさんいただきまして、

ざわついております。

さて、今夜はホピ族。

 

ベテランアーティストはフィルバート ポセイェステワ/Philbert Poseyesva

彼の作品を紹介させてください。

 

image2

 

フィルバート ポセイェステワ/Philbert Poseyesva

彼は、わずか13歳で、ホピ族の天才と称されていた、グレン ルーカス / Glenn Lucasよりその技術を学び、

1973年に独立してシルバーワークを始めています。

約43年もの経験はその作品が物語ります。

 

image6

 

ご覧のようなジオメトリック(幾何学模様)をモチーフにオーバーレイ技法にて製作されたブレスレト。

シンプルな作品こそが、その人の技術をハッキリと映し出してくれます。

デザインは、型紙などに起こすことなく、直接シルバーに描き作られているんですよ。

 

image5

 

磨けばより一層輝きを増してくれるシルバーは

これからの季節、女性の腕にも大変おススメですよ♪

 

image8

 

土曜日から始まるジュエリーフェアでは、

Online掲載以外の同アーティスト作品も数多く並びます。

これは、とにかくご自身の目で見て、肌で感じていただきたい

そんなイベントになります。

 

Accessはこちらです。

 

関西圏はもちろん、岐阜や愛知、三重からもお越しいただいております。

イベントは7月3日の月曜日までです。

 

ぜひ、お誘いあわせの上doo-bopへ足をお運びくださいませ。

 

みな様のご来店を心よりお待ちいたしております。

 

image7

 

そして、最後にお知らせです。

明日24日金曜日は、当店舗の定休日となります。

 

誠に恐れ入りますが、本日15時以降、明日のオンライン販売につきましては、

即日発送が出来かねます。

最短で25日土曜日の発送となります事、あらかじめご了承願います。

 

今夜も最後までありがとうございました。

 

doo-bop Shop Blog

毎日更新中です。是非ご覧ください。

1

Indian Jewelry Fair 2016

 2016.6.25~2016.7.3

 


『Hopi Hear No Evil, See No Evil, Speak No Evil 』

こんばんは☆

今日はアチコチで運動会!だったみたいですね~(*^_^*)

お天気が良すぎて大変だった~なんて声も♪

雨はイヤですけど、一応初秋ですしねぇ・・・

もうちょっと過ごしやすいと良いのに~。。。

 

さて、今夜はそんな気候とは関係ないのですが

当店中島のアメリカ買い付けの一部を私からも紹介させていただきます☆


IMG_0845.JPG

 

日本で言う 『見ざる 言わざる 聞かざる』

人にはありますよね・・・

私もあありますよ。。。

知らない方が良かったこと。

 

きっと誰でもあることなんだと思いますが^_^;

 

そんなクラウンドール、こちらのモデルは

大好きなスイカも一緒♪

表情が何とも言えませんね☆

遊び心も交えながら、核心に迫ります。

そんな現地の空気を直接感じられるモノや

今回は女性にも嬉しいペンダントトップもたくさん有るんですよ~!

IMG_0864.JPG

今回は一つだけ

こちらにフューチャー☆

キューブ型になっていて、両サイドを除いて4面の加工がされています

IMG_0862.JPG

 

各面、色見が変わっているので

動くたびに表情も変えますが、

わりと小さめですので、控えめな品を感じます♪

 

IMG_0861.JPG

 

 

Blogを綴りながら欲しくなります・・・(#^.^#)

IMG_0863.JPG

 

他にもたくあんあるので、ぜひお店にも見に来てくださいね!

IMG_0858.JPG

 

ビーズのアクセサリーなんかもオススメですよ!

IMG_0859.JPG

3パターン置いてあります!

IMG_0860.JPG

 

重ねて着けていただくのもいいですね♪

 

プライスゾーンも手の出しやすいところですので

ちょっとしたギフトにもオススメです!!

doo-bop 洋服だけではございませんよ!

楽しめるものも、たっくさんございますので、

ぜひ、秋の行楽シーズン

関西へ、京都へ、滋賀県は南草津へ、doo-bopへお越しくださいませ♡

 

みな様のご来店を心よりお待ち致しております♪

 


アーカイブ

doo-bop Ameba Blog