Top > doo-bop : Tesima

Eddie Scott Kohtalawvaの作品を是非ご覧ください。

こんばんは。

 

昨日からスタートしたIndian Jewelry Fair

たくさんの方にご来店をいただき、誠にありがとうございました。

ご遠方からの初来店や、いつもオンラインショップからご購入いただいているお客様の来店もあり、大変充実した時間を過ごさせていただきました。

フェアーは7/9(日曜日)まで。

是非、この機会にしかご覧いただけない素晴らしい作品が揃いますので、明日からも皆様のご来店をお待ちしております。

 

image1

 

Eddie Scott Kohtalawva : Lone Mountain Turquoise Multistone Inlay Ring / 213,840 YEN

 

個人的にお勧めのアーティストは、しつこいようですがEddie Scott Kohtalawvaの作品です。

こちらのリングは、中央にローンマウンテン、サイドはマルチインレイとオーバーレイが施されたアシメントリーデザイン。

 

image3

 

サイドに施されたインレイはターコイズ・ラピス・コーラルと様々な鉱石が配されており鮮やかでピースな印象を与えます。

 

image2

 

その逆サイドに配されたオーバーレイデザインは、贅沢にゴールドのサンフェイスが描かれた仕様。

ターコイズ、ゴールド、インレイ、オーバーレイと、様々な技法において高い技術とそれらを組み合わせる能力に長けたエディならではの仕上がりです。

 

image4

 

右 : Eddie Scott Kohtalawva : Cloud Overlay Bracelet / 105,840 YEN

左 : Eddie Scott Kohtalawva : Waterwave Bracelet / 37,800 YEN

 

エディは、インレイのほかオーバーレイを使用した作品も得意とします。

通常のオーバーレイより厚みのあるシルバーを使用することで、くっきりと鮮明な印象に仕上がったブレスレットも今フェアーでは2本入荷しております。

 

image5

 

Eddie Scott Kohtalawva : Multistone Inlay Bracelet / 216,000 YEN

 

更に、中央にインレイ、サイドにオーバーレイを施した1本も入荷。

バランスのとれた作品です。

貴重な小振りサイズになりますので、サイズが合う方がいらっしゃいましたら是非。

 

 

フェアー中しかご覧いただけないEddie Scott Kohtalawvaのアートワーク。

 

ジュエリーからにじみ出る温かみをご体感ください。

 

 

それでは、本日もありがとうござました。

 

 

 


doo-bop Indian Jewelry Fair 2017 Vol.5

 

 

 

 

dsc_0257

 

 

1

 

 

doo-bop Indian Jewelry Fair 2017 Vol.5

 

Eddie Scott Kohtalawva(エディー スコット コウタロウヴァ)

 

氏がジュエリー作りを行う際に使用する工具のほとんどは、

父親から譲り受けたもので、70歳を目前にした今尚、

制作意欲を持ち続け、独自の活動を行っている。

 

“It took many good thoughts to put in this bracelet u are the right spirit.”

 

Eddieが作るブレスレットに込められた想い。

限られたジュエラーのみが取得できるチャネルインレイ。

散りばめられたターコイズや鉱石には、

生活や心を豊かにする願いが込められています。

 

 

【ロングブランチ 森田 洋司 氏 による販売サポートとスペシャルトークの実施】

 

・販売サポート

7/1(Sat)AM 11 : 00 ~ PM 20 : 00

7/2(Sun)AM 11 : 00 ~ 18 : 00 頃(予定)*時間の変動有り

 

・スペシャルトーク

7/1(Sat)PM 14 : 00

 

フェアー初日と2日目は開催にあたりご協力いただく、

ロングブランチ 森田 さんに店頭立ちを行っていただきます。

また、4年振りとなる講演会を上記日程で開催させていただきます。

 

アメリカ現地について、

アーティスト秘話、

歴史や技法のこと、

etc

 

現地で買付をなされている森田さんから直接お話をいただける、

大変貴重な機会を設けさせていただきました。

*質疑応答の時間もございます。

 

この機会に普段疑問に思っていたことや、

ご相談等ございましたらお気軽に。

 

その他、書籍や鏨(たがね)の展示。

3万円以上のジュエリーをお買い上げの方にノベルティ配布と、

よりネイティブアメリカンの世界観をご堪能いただけるイベントです。

 

是非、お誘いあわせの上皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております。

 

 

 

 


今年のIndian Jewelry Fairは、7月1(土曜)~9日(日曜)まで!

こんばんは。

 

本日は7/1(土曜)〜7/9(日曜)の9日間開催させていただく、インディアンジュエリーフェアーのイベントページを更新しております。

 

8

doo-bop Indian Jewelry Fair 2017 Vol.1

 

詳しい内容は、これから約1ヵ月間をかけイベントページ内にて更新させていただきます。

今年もアーティスト別に更新させていただきますので、是非ご期待ください!

 

image1

Eddie Scott Kohtalawva : Multistone Inlay Bracelet / 354,240 YEN

 

自分自身インディアンジュエリーにより深い興味をもったのがこのフェアーです。

その中でも個人的にも思い入れが強く、お勧めするアーティストを質問されると、Eddie Scott Kohtalawva(エディー スコット コウタロウヴァ)の作品を自分はお勧めさせていただきます。

Eddieが作る作風のルーツは縁戚にあたる伝説のジュエラー、Charles Loloma(チャールズ ロロマ)からくるもので、一般的なHopi属のジュエラーとは異なり多彩な素材を使用します。

深く鮮明なオーバーレイや、ターコイズを使用した作品も制作しておりますが、Eddieが作るインレイブレスレットは格別です。

 

image5

image6

(チャールズ・ロロマ : 参考写真)

 

たくさんの素材は、まずどの素材をどの位置に配置するのかをデザインし、そこから一つ一つ削り出します。

そのため、小さすぎても大きすぎてもサイズが合わなければ作り直す作業を行うため、とてつもない労力と技術が要求されます。

70歳に近い年齢になりながらも、現在は小学校の教師としての仕事をこなす傍ら体の調子が良いときにジュエリー制作を行っているそうです。

 

image2

 

また、Eddieに惹かれる一番の理由は、人間性です。

ジュエリーフェアーを開催する際にはいつも温かなメッセージをくれたり、自分の誕生日メッセージまで、実際にまだ会ったことのない僕にまで気を使ってくれます。

 

フェアー中は、インレイバングルとリングが揃います。

国内でご覧いただける機会は早々ございません。

 

是非、この機会にお試しください、

 

 

それでは、本日もありがとうございました。

 

 

 

【Event】

INDIVIDUALIZED SHIRTS TRUNK SHOW 2017.6.24(Sat)~6.26(Mon)

0


本日より個人ブログスタートです!!!

こんばんは。手島です。

本日より個人ブログを開設させていただきましたので、よろしくお願いいたします。

 

image1

 

改めまして自己紹介をします。

2014年1月入社、佐賀県出身の28歳です。

元々は前職の関係で滋賀県にやってきまして、以前はお客さんとして店に通っておりましたが、気づけば入社2年と半年。

長らくショップブログを担当させていただきましたが、本日より個人ブログでも商品の紹介や趣味等を綴らせていただきます。

 

好きなカテゴリーは、帽子・カバン・リメイクアイテム・インディアンジュエリー・vintage&usedアイテム。

好きなアイテムはデニム、エディ・スコット・コウタロウヴァのジュエリー、シャンブレーシャツ。

好きな素材は、天然繊維。

好きなことは、メジャーリーグ・カメラ・旅。

身長は180cm65kgの細身体型です。

店頭のお客様とは以前よりお会いさせていただいておりましたが、いつも当店ホームページをご覧の皆様、今後ともよろしくお願いします!!!

 

さて、一発目のブログは何を書こうかと悩みましたが、これに決めました。

 

image6

 

昨日までのIndian Jewelry Fair 2016でもご紹介させていただいていた、Eddie Scott Kohtalawva(エディー スコット コウタロウヴァ)のチャネルインレイブレスレットです。

こちらは一昨年のジュエリーフェアで購入させていただいた私物になるのですが、毎日必ず身に付ける物の中でもとりわけ思い入れが強いので、改めてご紹介します。

 

image3

image2

 

エディの作るチャネルインレブレスレットはまず、設計から作業を始めます。

その後、設計図に当てはまるターコイズや鉱石を削り始めるのですが、その削った物が大きすぎたり、小さすぎるとやり直しになるので、途方も無い労力と技術を要します。

特に石の配置に関しては、現存するアーティストの中でも群を抜く完成度と独創性が備わります。

 

 image5

 

毎日付けているのでいい感じにエイジングが進み、今ではお守りのような感覚で身に付けています。

 

image4

Eddie Scott Kohtalawva : Multistone Inlay Bracelet / 354,240 YEN

 

現在店頭でも1本エディの作品ご覧いただけます。

ターコイズとラピスを中心とした作品は、アーティストの人間性が滲み出る美しさと温もりを感じていただけます。

70歳にしても尚、自信の体調が良ければジュエリー制作活動に励む、心優しきホピ属のレジェンド、Eddie Scott Kohtalawva(エディー スコット コウタロウヴァ)。

 

是非、1度ご覧になってください。

 

エディラバーの手島がお送りしました。

それでは、明日以降もどんどん更新致しますので、宜しくお願いします!!!


70歳を迎えたアーティスト、Eddie Scott Kohtalawva。

こんばんは。

残すところあと2日となったIndian Jewelry Fair 2016

今回のフェアーがきっかけで、当店を知っていただきお会いできた方々に

なにか不思議な縁を一方的に感じます。

たまたまかもしれませんが同い年だったり、以前住んでいた土地(町単位)から

ご来店いただいたりと共通点があまりに多いからです。

ひょっとしたら、そういう事なんですかね。

 

さて、フェアー終盤にご紹介するのはこちら作品です。

 

 

 

IMG_4556

 

 

作者は、Eddie Scott Kohtalawva(エディー スコット コウタロウヴァ)。

一度だけお会いしたのですが、旧友に会ったような感覚になるオープンハートの持ち主です。

教師を兼任でなされているのですが、彼に教わる生徒はさぞ心豊かでやさしい人になるだろうと思います。

 

 

IMG_4557

 

 

さて、肝心のジュエリーはご覧の通りの出来栄えです。

1点を根気よく、丁寧に出来上がりをイメージし続けながら制作なされています。

ターコイズやターコイズ以外の素材を使用することで完成する世界観、素晴らし過ぎます。

現在、彼の作品は所有しておりませんが僕の腕を守ってくれる日は必ずきます。

 

 

IMG_4559

 

 

 

本日のチラ見せ‼

 

 

IMG_0026

 

lunch ご馳走様 Eddie。

 

doo-bop Shop Blog

毎日更新中です。是非ご覧ください。

 


スタッフの欲しいジュエリー。

こんばんは。

 

本日はインディアンジュエリーフェア開催中スタッフが狙っている作品を。

 

 

image3

 

僕はペリーショーティーのチゼルワークブレスレット。

コインシルバーの柔らかい質感にナバホのトラディショナルデザインのチゼル。

シンプルに伝わるインディアンジュエリーの魅力。

金額はするのですが納得出来る素晴らしさ。

 

image4

 

続きまして南出。

ラグーナ族、パットプルイットのブレスレット。

実は去年から虎視眈々と狙っていたようです。

工業用ダイアモンドを使用したこちらの作品はインディアンジュエリーの新たな可能性を感じます。

 

image2

 

手島はエディー スコット コウタロウヴァのブレスレット。

実は彼、すでにエディの作品を所有しているのですが両腕にはめたいとのことです。

作品もですがエディという人物が好き。

このアーティストの創った作品でないと。

大事なことだと思います。

 

image2

 

最後に中島、マルコビゲイのランダーブルーを使用したリング

 

image1

 

それにエディー スコット コウタロウヴァのブレスレット

数多くの作品に触れ、着用してきた中島。

らしいと取るか意外と取るか是非店頭にお越しの際は理由を聞いてみてください。

 

いかでしたでしょうか。

お客様対応しながら一番刺激されているのはdoo-bopスタッフかもしれませんね。

インディアンジュエリーフェアは7月3日(日)まで開催しております。

ご自身にフィットするジュエリー見つけてください。

 

image1

 

 

ブログを書いている途中、中島がまずは購入。

 

 

PROTOTYPE McLaughlin

0

【EVENT】

Indian Jewelry Fair

0

 

 


Indian Jewelry Fair 2016 Vol.4 ~Eddie Scott Kohtalawva~

 

 

DSC_3288

 

 

 Indian Jewelry Fair 2016 Vol.4

 

 

【Eddie Scott Kohtalawva(エディー スコット コウタロウヴァ)】

 

1976年より本格的にジュエリー制作活動をスタートさせた、

ホピ族を代表するベテラントップアーティスト、Eddie Scott Kohtalawva(エディー スコット コウタロウヴァ)。

氏の使用する工具は父から譲り受けたもので、

父から受け継いだ伝統的な技術と多彩な素材を用いて作品を作り上げます。

氏を代表するデザインであるチャネルインレイと呼ばれる技法は、

伝説のアーティストであるCharles Loloma(チャールズ・ロロマ)に影響を受けており、

他のホピジュエラーとは一線を画す限られたアーティストによる技術が凝縮されております。

現在はナバホ族の妻と結婚し、小学校の先生として勤務する傍らジュエリー制作を行っております。

 

Charles Loloma(チャールズ・ロロマ)

先住民の装飾品として、儀式やお守りに使用されていたジュエリーを、現代ジュエリーとして価値を高め、

世界に広げた、インディアンジュエリー史に名を残す伝説のアーティスト。

 

 

 

DSC_3302

 

 

 

DSC_3176

 

 

 

DSC_3195

 

 【Channel Inlay Bracelet】

 

ロロマスタイルを継承した、氏を代表するチャネルインレイブレスレット。

近年は生産数自体も少ない中、今フェアーでは新作を含めご用意させていただきます。

ターコイズ・ウッド・コーラル・ラピラズリ・スギライト等、

材質やサイズの異なる鉱石をふんだんに使用しながらも、

1つの作品として成り立つ、ため息が出るほど美しく配置されたインレイワークをご堪能ください。

 

 

 

 


vol.3022 【マイコレクションジュエリー。】

こんばんは。南出です。

いつも当店SHOP BLOGをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

 

 

昨日の天気とは打って変わり、終日雨の南草津。

 

 

なかなか鬱陶しい天気の一日でしたが、

告知しておりますインディアンジュエリーフェアは早くもご好評をいただいております。
僕も撮影用で先着しているジュエリーを少し見たのですが、圧巻です。

 

今までで一番の内容だと思いますので、全国の皆さま、是非この機会に南草津へお越しください。
DSC_2045

そんなフェアに先立ちまして、本日は当店スタッフの私物ジュエリーをご紹介。

(※塚本は休みの為、また個別にお尋ねください。)

 

南出

DSC_1903
Bracelet:Perry Shorty / ペリー ショーティ
Ring : Doran Sehongva / ドーラン セホングヴァ

 

 

DSC_1912
Pendant : Kris Sekaquaptewa / クリス セカクゥアプテワ
Ring : Edison Cummings / エディスン カミングス

ナロータイプのジュエリーが中心ですが、
インレイワークを使用した彩り鮮やかな物もお気に入りです。

 

 

手島

DSC_1919
Bracelet:Edison Cummings / エディスン カミングス
Ring : Edison Cummings / エディスン カミングス

 

 

DSC_1924
Bracelet:Eddie Scott Kohtalawva / エディー スコット コウタロウヴァ
Pendant : Harrison Bitsue / ハリソン ビッツウィ

ナバホ族のEdison Cummings / エディスン カミングスで揃えられた右腕。
左腕にはインレイワークの巨匠、Eddie Scott Kohtalawva / エディー スコット コウタロウヴァの作品を。
部族、作風を超え、主張する両腕は手島スタイルならではないでしょうか。

 

 

中島

DSC_1931
Bracelet:Ernie Lister / アーニー リスター
Ring : Ernie Lister / アーニー リスター

 

 

DSC_1943
Ring : Ruben Saufkie / ルーベン スフキー

 

数多く所有する作品の中でも、最近の両腕はご覧の通りです。
太幅のブレスレットに、左手にはスペシャルオーダーのリング。(マリッジリング)
シンプルなバランスながら、存在感抜群の作品たちを愛用しています。

 

 

傷や、酸化も特有の経年変化として魅力が増していくインディアンジュエリー。

アクセサリーと言えば、夏のイメージが強いですが、

ある種お守りのような感覚で愛着が沸くインディアンジュエリーは、他のアクセサリーでは味わえない特別な物だと思います。
アーティスト毎の作風、使用される素材、ターコイズの種類、購入したタイミング等、

全てが自分の宝物になるインディアンジュエリー。

6月25日からの1週間、皆様のご来店心よりお待ちしております。

 

 

それでは本日もありがとうございました。

 

 

 

【ROOTS】

COLUMN】Alden

2

PROTOTYPE McLaughlin

0

doo-bop Exclusive MONK STRAP

0

【New Arrival】

HURRAY HURRAY composition : アブストラクトTee – Type A / 9,180 YEN

DSC1256

HURRAY HURRAY composition : アブストラクトTee – Type B / 9,180 YEN

DSC1223

HURRAY HURRAY composition : アブストラクトTee – Type C / 9,180 YEN

DSC1383

HURRAY HURRAY composition : アブストラクトTee – Type D / 9,180 YEN

DSC1348


Multistone Inlay Bracelet【Eddie Scott Kohtalawva】Indian Jewelry★

こんばんは☆

 

季節は寒い方へ向かいますが、当店スタッフらがこよなく愛する

Indian Jewelry★  密かに着々と入荷しているんですよ♪

今夜私が選んだジュエリーは新入荷のモノとは別ですが

カラフルな彩りに誘われ、今夜のBlogにチョイスしました☆

 

P1140044

マルチストーン インレイ ブレスレット/Multistone Inlay Bracelet

 

 

ホピ族を代表するアーティストの一人

エディー スコット コウタロウヴァ/Eddie Scott Kohtalawva 

彼は、伝説のアーティストとも呼ばれるCharles Loloma/チャールズ・ロロマの遠縁でもあり、

こちらのブレスレットの作風は、まるでそれを物語っているようです。

 

P1140052

 

インレイの技法はホピ族には珍しく、彼の作品については特に

『チャンネルインレイ』 と呼ばれる、ターコイズや鉱石等を使用し

立体的に作り上げられています。

 

P1140053

 

ランダムに並べられた美しい石の並び。

これはもはや、美術品です♪

 

P1140046

 

世界で一つだけの自分だけのジュエリー

その特別感が、なんとも嬉しいですね。

確かに、簡単に手が出るプライスではありませんが、

一生モノの自分へのギフトと思えばその価値は生きますね♪

 

P1140048

 

単品使いでも十分すぎる存在感ですが、

シンプルなモノとの重ね付けもおすすめです☆

 

P1140056

 

インディアンジュエリーは、出会った時が運命の時

いつもそう思います。

こちらも、流通自体がそれほど多い作品ではありませんので

もしも、お目に留まりましたらぜひ、Onlineもチェックしてみてくださいね。

その魅力に取りつかれるかもしれません♪

 

今夜も平和を祈って・・・

最後までありがとうございました。

明日もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

doo-bop Shop Blog

毎日更新中です。是非ご覧ください。

 

 


こちらは、美術工芸品です。

こんばんは。

明日で最終日になるインディアンジュエリーフェア、お時間ございましたら

是非、作品を手にとり興味をもっていただけるきっかけになればと思います。

 

本日、ご紹介しますのはジュエリーというより「美術工芸品」という方がしっくりくる作品です。

 

 

IMG_2268.JPG

 

 

Eddie Scott Kohtalawva Multistone Inlay Bracelet

素晴らしい感性とテクニック、根気強さにて製作されたチャネルインレイのブレスレットになります。

 

 

IMG_2269.JPG

 

 

うっとりとする出来栄え、あまりに綺麗過ぎて眺めていると時間をわすれるほどの作品です。

 

 

IMG_2270.JPG

 

昨年のフェアにてスタッフ手島が購入して、その手放せなくなる魅力をしっておりますのでお聞きになってみてください。

 

 

IMG_2271.JPG

 

 

本日のチラ見せ!

 

 

IMG_2272.JPG

 

こちらもどうしても気になる~。

 


アーカイブ

doo-bop Ameba Blog