Top > doo-bop : tsukamoto

BRU NA BOINNE フェリシン ビッシュ パンツ OW。

こんばんは。

今夜は6ポケットのパンツをご紹介させていただきます。

と聞くとカーゴパンツ含めた軍パンを連想されるでしょうか。

実はデニムパンツ。

 

image6

BRU NA BOINNE フェリシン ビッシュ パンツ OW

 

皆様のデニム選びの基準は何でしょうか。

例えば、色、シルエット、デザイン性等、様々なところがあると思います。

今、日本のカジュアルシーンで美しいシルエットというと細身のスッキリしたラインというイメージではないでしょうか。

 

image2

 

その路線とはある種、真逆をいく美しいシルエット。

ズドンのストレート。

ワイドのみが持つ領域。

 

image3

 

シルエット持続のカギはワンウォッシュのデニム。

程よくハリがありますので、ヘタレずに。

フェリシンシリーズ、お約束のてんとう虫。

 

image4

 

冒頭でお伝えさせていただきました6ポケットの由来。

通常デニムパンツは、右のポケットのみに小さなポケットが付いていると思います。

こちらは両サイドに。

ですがリベットや補強のカンヌキはございません。

アルはずのものがナイ。

ナイはずのものがアル。

決して直球ではないBRU NA BOINNEらしいディティール。

デザインを伝えること、伝わることの速さより、この違和感を感じる嬉しさを。

 

image5

 

トップスのデザイン性を抑え込むのではなく、助長するフェリシンビッシュ。

ある意味、ジーパン履いておくと安心という概念は、ここにはないのかもしれません。

 

 

image1

 

そう。ゾクゾクする。ワクワクする。

胸躍るデニム。

カラーはワンウォッシュ、ステッチは同色。

あくまでスタートはシルエットをとことん楽しむ。

楽しんでいくと、素材のもつ風合い、色落ちが表れていき、別の楽しみを教えてくれるはずです。

 

image9

 

image8

 

個人的にはシューズはボリュームのあるモノとのコーディネイトが好きです。

パンツの迫力に負けない靴を選んでいただけると鏡の前で頷いていただけると思います。

対極ですが、ローテクのスニーカーでボリュームをなくすという選択もいいと思います。

 

正解はないのが洋服のスタイリング。

答えを見つけながら着ることで。

 

 

 

【ROOTS】

COMESANDGOES(カムズアンドゴーズ) 

1

 

doo-bop Shop Blog

毎日更新中です。是非ご覧ください。