Top > doo-bop : Tsukamoto

MOJITO db Exclusive GULF STREAM PANTS Bar.4.0。

9月22日からの3連休doo-bopは皆さまにお楽しみいただける企画でお待ちしております。

 

まずNorwegian Rain:2018 aw Trunk Show

本格的なコートをご検討いただいていらっしゃれば、素直にお勧めさせていただきます。

スーツ時のドレスアップから日常の洋服とも馴染む、オンオフ両場面のイメージが広がるアウターです。

 

そしてOMERSA Trunk Show

レザーでつくられた可愛い動物たちをご覧ください。

今回は小さなサイズもご用意しておりますので、はじめてのOMERSAにもよろしいかと思います。

 

最後に別注GULF STREAM PANTSの発売。

今回も素晴らしい出来に仕上げていただきました。

 

今夜のブログはこちらのパンツにフューチャーしてご紹介してまいります。

 

img_2908

 

『無骨なイメージのオリーブを洗練された品のある表情で楽しむ』

使用されたウールサージはどこか品格漂う素材感です。

軍物でよく使用されるコットンやナイロンじゃないところがポイントです。

シュッと穿けるオリーブパンツって中々新鮮だと思います。

 

img_2935

 

仕様の変更は最小限に。

しっかりと作り込まれたGULF STREAM PANTSです。

完成度の高さは言うまでもありませんが、

そこをdoo-bop流に少しの味付けをさせていただきました。

 

img_2903

 

凹凸のあるミリタリー感じるスナップ式ボタン。

男くさいディティールが着用を繰り返す毎に、嬉しくなっていただければと思います。

 

img_2900

 

そして左バックポケットのみフラップ付き。

分かりづらいアシンメトリーが日常の動作で意外性を生み出します。

 

また今までに比べて股下を長く設定しましたので、

長身の方からたっぷりレングスで楽しみたい方まで喜んでいただけるかと思います。

もちろんスッキリ派の方はお気軽にお申し付けくださいませ。

しっかり補正させていただきます。

 

img_2372

MOJITO  NORMANDY SMOCK – O.D

 

こういったディティールを参考にさせていただいたのは、

コレクションで発表されていた、こちらがとっても良かったから。

併せてご覧いただけますと幸いです。

 

img_2941

 

GULF STREAM PANTSにNORIEIのバランス。

お勧めです。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


Martin Faizey 1 inch Quick Release。

定番でお取り扱いしておりますMartin Faizey。

ブライドルレザーの確かな品質、安心感。

そして秀逸なデザインのバックル形状が特長のベルトです。

 

数本所有されている方もいらっしゃるベルトですが、

今夜はいつもより細めの幅でのご紹介です。

 

img_2834

Martin Faizey 1 inch Quick Release – Black×Pewter

 

一見すると???となられた方も多いはずです。

単品でご覧いただくと細さ、コンパクトさが伝わりにくいですね。。

定番1.25inchと見比べていただくと、見えてくるかと思いますので、

比較しながらご紹介してまいります。

 

 

img_2829

 

上部が1.25inch、太さにして6~7mmの違いなのですが、

この微妙な差がファッションでは大切かと思います。

 

 

img_2823

 

バックルも気持ち小振りに設計されているところもニクいんです。

ですが、機能性はまったく劣りませんので、ご安心ください。

使いやすくて、カッコいいMartin Faizeyの良さはしっかりとご堪能いただけます。

 

1inchのナロー幅はスラックス等のキレイ目パンツに相性良しです。

繊細なパンツの表情を損なうことなく映し出します。

 

img_2812

Martin Faizey 1 inch Quick Release – Red×Brass

 

先日ご紹介しましたmnadoやINCOTEXのボトムとはバッチリだと思いますし、

MOJITO GULF STREAM PANTSともよろしいかと思います。

 

いつものカジュアルだけでなく、華やかなお祝いの席でも良い意味で印象を変えていただけると思います。

少しの変化と拘りのつまったベルトです。

 

img_2819

 

ちなみに赤色は使い込むと色味が落ち着き、味わい深い表情を見せてくれます。

(左は僕の私物で2年以上使用しております)

 

定番BlackとアクセントカラーRedの2色展開です。

1.25inchと併せてご覧くださいませ。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 


mando Polyester Sarrouel Pant。

1本所有すると、素材やカラー違いでも気になるパンツが到着です。

 

当店ではここ数シーズン、スタイリングの要として、

たくさんの方々へご提案させていただいております『mando 』

 

綺麗なラインとたっぷりの股上による不良感。

それらが同居するからこそ様々なトップスと楽しんでいただけると思います。

 

img_2772

mando Polyester Sarrouel Pant – D gray

 

はじめての1本をご検討いただいている方へは、後染めのグレーカラーをお勧めします。

意外とカジュアルで穿けるグレーのボトムスって少ない気がします。

5ポケットだとしっくりこない、トラウザーだと品よくまとまり過ぎる。。

と言った声はよく耳にします。

 

グレー未体験の方へ、スタイリングを交えてご紹介させていただきますので、

イメージを膨らませてご覧ください。

 

img_2754

 

ブラックとのモノトーンスタイリングは王道ですが、

グレーの色味により柔らかさをプラス。

シンプルなカラーパレットだからこそ、パンツの個性がうまく伝わります。

 

img_2752

 

ビビッドカラーともGOODです。

元気の良い色をグレーが中和します。

 

たとえば、パステルカラーの淡い色目とも好相性かと思いますので、

色物とのスタイリングも前向きにチャレンジしてみてください。

 

img_2758

 

mandoの魅力は穿かれるウエスト位置による二面性。

素直にローウエストで不良っぽく退廃的な雰囲気をお楽しみいただくのも一つですし、

 

img_2770

 

ハイウエスト気味でトラウザーライクにもお試しいただけます。

スタイリングによって、穿く位置を変えていただくと、気分も変わり新鮮かと思います。

 

ご興味もたれた方々、是非ともご覧くださいませ。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


KLASICA LUCAS’42。

今晩のROOTSご覧いただきましたでしょうか。

doo-bop 2018AWより展開いたします『KLASICA

 

緻密なパターン、素材の追求、そしてヨーロッパヴィンテージを感じる背景。

それらにモードのエッセンスを交えて表現されたデザイン。

 

今まで当店で取り扱っておりますブランドとの毛色の違いをご覧いただければ幸いです。

 

 

img_2672

KLASICA LUCAS’42 – Black

 

着たい!

強くそう思ったベストは、見ようによっては前衛的。

巷に存在しているモノとは一線の違いを感じるはずです。

 

img_2674

 

だからこそ楽しくイメージしたいのです。

フロントのファスナーは若干斜めに配置され、ライダースジャケットのような面構え。

白い綿テープがしっかりと印象に残ります。

どう着ようかというワクワクが止まりません。

ダブルジップになっておりますので、着こなしの幅も広がるかと思います。

 

img_2684

 

先日、ご紹介しましたCagoule Shirt

そしてNORIEIと実はKLASICAに合わせたくて選んでいました。

 

KLASICAのコレクションを見て、秋冬に黒色が着たいと数年ぶりに思いました。

日常的に洋服と向き合っていると、どうしてもルーティンになってしまう部分があるのですが、

忘れちゃならない初期衝動を思い出させてくれたブランドです。

 

img_2677

 

裏面での着用も想像力を掻き立てられます。

 

img_2682

 

誰かがつくった安心感じゃなく、

これを着て自分自身の気分が上がるという高揚感が詰まっています。

ご興味もたれた方々、是非ともご覧くださいませ。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


Engineered Garments Cagoule Shirt。

 

遅れながら秋冬1発目のトップスを決めました。

 

img_2606

 

プルオーバー大好きなので、贔屓目で見ているかもしれませんが、

とってもカッコいい品番だと思います。

ミリタリーエッセンスの入り方が絶妙で、

服好きのアンテナも思わず反応するのではないでしょうか。

 

img_2612

 

シャツ地でフード付きっていうのもとっても新鮮です。

スウェットやウールニットと異なる魅力に気付いた時にはCagoule Shirtの虜。

 

新鮮なだけでなく、しっかりとスタイリングに幅を持たせて取り入れていただけるのが魅力です。

 

img_2618

Engineered Garments Cagoule Shirt – Brushed HB – Grey

 

トラックパンツとの組み合わせもカッコいいのではないでしょうか。

カットソーとのスタイリングイメージが湧きやすいアイテムだからこそ、

シャツと合わせるのも楽しいと思います。

 

img_2615

Engineered Garments Cagoule Shirt – Big Plaid – Red/Black

 

何より醍醐味はフードを活かしたレイヤード。

ジャケットスタイルで意外性を作り出したり、

 

img_2628

Engineered Garments Cagoule Shirt – Cotton Flannel – Black

 

モヘアニットで保温性を高めつつ、ファッション性を意識してみたり。

とこれまでに無かった雰囲気をお楽しみください。

 

3つの素材でのご提案です。

あなた好みを見つけてください。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


POLYPLOID WIDE PANTS 。

2018年始動の新ブランド『POLYPLOID

現代的でクリーンに映し出された洋服たちは、とってもフレッシュでワクワク感が詰まっています。

 

アウター2型とパンツ1型2色でピックアップさせていただきました。

個人的に目を引いたのはパンツ。

 

img_2560

 

ズドンとした迫力のあるワイドパンツ。

たっぷりとした生地分量も手伝ってか、余裕を感じる表情に。

 

しっかりとハリがあり崩れないシルエットが最大の魅力だと思います。

ワイドパンツが蔓延している昨今。

そんな中でもシルエットの美しさに確かな違いを感じていただけるはずです。

 

img_2562

 

それを生み出すのは素材。

ウールとコットン、化学繊維のブレンドにより趣はありながら、

タフに穿いていただけます。

太さをうまく伝達するにはハリコシが絶対的に必要です。

 

 

img_2557

POLYPLOID WIDE PANTS – Green

 

スタイリングはたっぷりとしたトップスと組み合わせて。

上下ともにゆったりが今の気持ちにフィットするのではないでしょうか。

 

軍パンじゃないオリーブカラーがとっても新鮮です。

妙に落ち着く感覚はありながら、

どう穿こう?っていう楽しみも詰まっています。

 

img_2567

POLYPLOID WIDE PANTS – Gray

 

変わってグレー。

同ブランドのPONCHOと併せて世界観を演出してみました。

 

モノトーンからアースカラーのスタイリングまで、あらゆるカラーと実は仲の良いグレー。

スラックスとも違う、カジュアルで穿くグレーの提案です。

 

img_2570

 

丈感も絶妙に設定されていますので、

合わせる足元も楽しく考えてみてください。

 

もちろん丈の調整も可能ですので、

お好みがございましたらお気軽にお申し付けくださいませ。

 

たっぷりボリュームのある下半身が気になる方々、

POLYPLOID』よろしければお試しください。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


PANTHER MARKET with doo-bop friends ~ 最後の『何も言えなくて・・・夏』~。

いよいよ目前に迫りました!

PANTHER MARKET with doo-bop friends ~ 最後の『何も言えなくて・・・夏』~

 

店頭にお越しのお客様からお声をたくさんいただいております本イベント。

初の試みですので、未知の部分がたくさんなのですが、

しっかりと楽しんでいただけるよう準備を進めてまりますので、

迷っていらっしゃれば是非足をお運びいただければと思います。

 

img_2492

 

微力ながら僕の私物も販売いたしますので、お楽しみいただければと思います。

洋服や雑貨、100点程持ってきました。

(全部並べられるか不安ですが。。)

 

img_2496

 

中にはヴィンテージもちょこっと持ってきておりますので、

お好きな方々、そのあたりもご覧くださいませ。

 

img_2498

 

サイズ関係なしの什器や照明も!

 

img_2490

 

洋服以外もあるのも良いかなと思って持ってまいりました。

 

img_2494

 

当日はいつもと違うdoo-bopでお待ちしております!

楽しみましょう!!

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


MOJITO ABTHINTH SHIRT Bar.2.0/dot jacqurd。

昨日から販売開始いたしましたMOJITO。

18AWどうしようかと思案されていましたら、是非ご覧くださいませ。

そんなMOJITOから新たなアプローチのファブリックを使用されたアブサンシャツが届きました。

 

 

img_2438

MOJITO ABTHINTH SHIRT Bar.2.0/dot jacqurd – C.blu

 

大振りのドット柄は、なかなか毒々しい配色。

ベース生地のくすんだブルーは若干の光沢感があり、色気を演出します。

『男の艶』

その言葉に深く頷くことが出来る素材です。

 

img_2441

 

目を引くドット柄ですが、そこはMOJITO。

きっちりと丁寧な柄合わせ。

細かいかもしれませんが、こういったディティールが、

雰囲気をつくりだし、ファンになってしまう所以です。

 

スタイリングは、ベーシックなカラーを用いることで、

シャツがより引き立つと思います。

 

img_2437

 

Wallet Pants RESORTと合わせることで、ナチュラルなグラデーションに。

ポイントは素材の意外性です。

ナイロンなのにマットに仕上げられたパンツ、

コットンなのに微量の光沢感があるシャツ、

素材のもつイメージとのギャップが良いのではないでしょうか。

 

img_2431

 

ネイビーとも好相性です。

Bedford Jacketの素材はウールサージ。

起毛した素材とのギャップもよろしいかと思います。

柄だけじゃなくて、素材の組み合わせを考えると、

コーディネイトがもっと楽しくなるのではないでしょうか。

 

最後に開襟シャツ全般によくいただく質問で、

インナーをどうしたら良いのかわからないとよくお声をいただきます。

 

img_2443

Schiesser Friedrich Josef shirt 1/2 v-neck

 

そういった方はこちらをお勧めします。

素直にタンクトップ、そしてVネック。

双方ともに、首回りをすっきり見せていただけます。

 

素材に拘られたアブサンシャツ。

インナーも着心地、フィット感に拘ってお選びいただくことで、

より楽しく向き合っていただけるはずです。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 


MOJITO NORMANDY SMOCK。

本日は台風接近に伴いまして、18時閉店とさせていただきます。
ご迷惑をお掛けしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
 
 
Rootsページでもご紹介しておりますが、明後日8月25日よりMOJITO 2018 aw始動です。

カッコいい、気になると感じられた方々、お待ちしております。

 

今夜はそんなMOJITOよりこちら。

 

img_2372

MOJITO  NORMANDY SMOCK

 

今期からの新品番となりますNORMANDY SMOCK。

ミリタリー色感じるウールサージの素材感が絶妙です。

生地の厚みもほどほどですので、早めからお楽しみいただけますし、

寒くなれば、こちらの上からコートやベストをレイヤードしてみてください。

 

img_2374

 

立ち襟のプルオーバー、それもアウターとひも解いて見ると、トリッキーなのですが、

そこは山下さん、きっちりバランスを整えられています。

 

また凹凸のあるボタンがミリタリーの雰囲気を助長し、より無骨な印象に仕上げられています。

襟裏はコーデュロイを当てて、不快なチクチク感のない着心地です。

こういった気遣いに惹かれます。

 

img_2377

 

気遣いはこちらにも。

着脱をスムーズにしていただけるサイドのファスナー。

こちらを開けることで、プルオーバーあるあるの脱着のし難さを解消されています。

 

img_2382

 

それは時としてファッションとしても役立つはずです。

ファスナーを全開にして、中に柄物を着てみても良いと思います。

動きに合わせて見え隠れするインナーの意外性をお楽しみください。

 

今まで手持ちにないアイテムをご検討いただいていらっしゃれば、

NORMANDY SMOCKを選択肢に入れていただいても良いのではないでしょうか。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


Engineered Garments MED Shirt。

最近、夜になると少し涼しく感じるようになってきました。

日毎に日の沈みも早く感じますし、ゆっくり秋に近づいているのを実感します。

 

今夜は当店初展開となります品番、Engineered Garmentsよりこちら。

 

img_2318

Engineered Garments MED Shirt – Big Plaid – Red/Black

 

Engineered Garments、18AWを代表するレッド×ブラック。

力強い配色は、オーセンティックでどこか懐かしい温かな色使い。

乾いたコットン素材は、昔からの洋服好きにも納得していただけるはずです。

 

img_2311

 

肝はボタンの留め方で変わる表情です。

 

img_2316

 

全てを留めることで、クルーネックのような雰囲気になり、

従来のシャツで味わうことのない襟元が特長的です。

不思議と可愛い感じが出て、素材のギャップに惹かれます。

 

img_2315

 

ボタンを外すと、ヘンリーネックのようなラフな印象をお楽しみいただけます。

ですが肌を露出するわけではございませんので、ご安心を。

日常ではこういった着こなしも良いのではないでしょうか。

 

img_2308

Engineered Garments MED Shirt – Brushed HB – Grey

 

そしてもう一色、渋い表情の細めのヘリンボーン。

派手さはないのですが、何か妙に気になる素材です。

玄人受けしそうないぶし銀、その存在感に惹かれます。

 

いつもと違う洋服選びがスタイルの幅を広げます。

クローゼットを見返すと、似たアイテムだと感じている方へご提案したい1着です。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


アーカイブ

doo-bop Ameba Blog