Top > doo-bop : Nakajima

GWイベント④ Waltzing Matilda

クラフト感。

寂しいことに、そう感じる商品がドンドン減ってきているのが現実ですね。

最近のことだとArrow Moccasinが廃業したとか。

今回、ご紹介するWaltzing Matildaもおそらく。

と言いますのは、オフィシャルHPで売りに出されてる模様、理由は知らないけどホント残念。

最初で最後の入荷になるであろうWaltzing Matildaのhandmade sandal、

見てあげてください。

 

 

 

image1

 

 

 

全米をエアーストリームで移動しながら、制作・販売をしていたデザイナー・マイク。

そのスタイル・発想がカッコイイ、正直憧れる。

現代版ヒッピーになる彼は、何を見て何を考えているのだろう?

見える情報(sandalやエアーストリーム)から想像すると

道具や素材に拘る職人気質ぽい、

使用しているレザーは、北米最古のタンニン鞣しタンナーWICKETT&CRAIGの極厚レザーで

あるとか、納品前に「アウトソールが変更になるがイイか?」とか

聞いてきてくれた。

 

 

 

image2

 

 

 

明日3日から販売します。

使用している革の厚みや表情、

そしてハンドメイドならではのカッティング。

大量生産には、絶対に出せないそのクラフト感にヤラレてください。

 

 

 

image3

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


GWイベント③ ayame

GW楽しんではりますか?

当店、GW中は金曜日(5/3)も営業しますので、

本気で遊びに来てくださいね。

さて、3つ目のイベントは色メガネです。

ちょいちょいayameのpop upをさせていただいているのですが

今回は、当店が激オススメするモデル(MANRAYとOCTA)に指定したレンズカラーを

入れていただきました。

 

 

 

image1

 

 

 

何故、この2型(MANRAYとOCTA)にしたのか?

両型に共通するのはメタルフレーム、実際にayameのメタルフレームを

手にすると、その軽さ・繊細さにハッ!!として、

いざ掛けてみると、全く掛けている感じがしない。

普段セルフレームをご使用の方なら、その軽さ、掛け心地に感動するほどです。

 

 

 

image3

 

 

 

そしてレンズカラー。

どれもご覧の通り、攻めたカラーになります。

紫外線対策以上に、ファッションを楽しみたい方に向けた別注品です。

夏、白Tにこのサングラスを掛けるだけで

去年とは、違う自分になれるほどではないでしょうか。

 

 

 

image2

 

 

 

発売は、5/3から。

本数限定になりますので、気になる方はお早めに!

令和元年の夏、攻めましょう!

 

 

 

image4

 

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


GWイベント② superNova

カッコイイを突き詰める。

昨日の展示会で、デザイナーが発した言葉。

以前から彼と面識があり、経歴を知っているだけに重みと本気度にピリときた。

あの会社を辞めて独立する勇気と行動。

どのデザイナーもなにかを突き詰めているんだろうけど、

僕のなかでは、彼は異質。

 

 

 

image2

 

 

 

万人受けなんて、はなっから考えてない。

そうじゃなかったら、このようなシルエットのシャツは作らないだろし

気だるい雰囲気がするコレクションには仕上げないはず。

彼の思うカッコイイをカタチにするとこうなるのです。

それに賛同するから、展開をはじめました。

 

 

 

image1

 

 

 

秋冬のコレクションも良かった。

彼の世界観を覗きに来てください。

GW初日から、お披露目します。

 

 

 

image3

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


GWイベント① HURRAY HURRAY

とりあえず100枚入れといたから。

厳密には112枚、実際にその物量を見るとビビるTシャツの山

よろしくお願いしますね。

112枚、全てが一点物に当然なるのですが

これだけあると有難みというか一点物感を感じなくなる、不思議なもんです。

 

 

 

image1

 

 

 

去年のGWでは、非常に好評で一人で4枚買ってくれた人が

いたけど、今年はどうなんだろう?

「お一人10枚まで」ってシバリもイイかなって思ったんだけど

10枚も買ってくれる人がいたら、僕笑っちゃよ。

 

 

 

image2

 

 

 

画像は載せてないけど、新作の一番Tすごくイイよ。

ギリギリっていうかアウトじゃないかな。

今までリリースされてるモデルを含め、コレ大丈夫か?ってこちらが不安になるものを

作ってしまうデザイナー一平が好き。

僕が知ってる一平は、常識人なんだけど本当はどうなんだろう?

 

何はさておき、GWいろいろやり散らかすから来てね。

 

 

 

image3

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


MOHEDA 失敗と成功。

たまにはありますよ。

俗にいうオーダーミスってやつですわ。

パッと見では、違いが分らず同じに見えるようです。

確かに同じですね、でも違うんですよ。

左が表革のblkで、右がヌバック(表革の起毛)のblkになります。

まぁ、blkのレザー違いってだけですね。

 

 

 

image1

 

 

 

一目で見分けるには、履き口をチェック。

表革の方は、染まりきらないので切り口のbrnがチラって見えます。

ヌバックは、しっかり染まるようなので切り口も真っ黒。

なぜ、染まりきらないのかは知りませんので代理店の真壁部長に聞いておきます。

レザーのクオリティーは、表革の方がいいようです。(真壁部長談)

 

 

 

image2

 

 

 

話は変わりますが、下記画像は同一モデルになります。

右が私物(表革)で、左が表革の新品。

毎日のように調子よく履いていると、若干色抜けして左右で箇所によってbrnぽくなってきたので

手入れをしたわけです。

そうすると、鏡面仕上げのようにテカッたのです。

全く別モンに見えますが、同一モデルです。

お買い上げいただいた方で、色抜けしてヤダーって方はお気軽に

「テカテカに手入れしてくれ」と言ってください。

5分から10分で、テカテカです。

 

 

 

image3

 

 

 

おかげ様で、MOHEDA好調です。

有名じゃないから、通販ではほぼ売れてないけど店頭ではサクサクと。

まぁ、常連さん中心ですがかなりイイ感じ。

最初はみんな「コレですか?マジでー」って言ってるのに買ってくれて

次回ご来店時は、しっかり履いてくれている、本当にうれしいありがとう!

口を揃えて言ってくれるのが

「コレ楽だし、コレばっかり履いちゃうわ」だって。

調子乗って、秋冬別注ほりこみマス!!

 

 

 

 

image4

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


NORIEI & SOAK IN WATER

沢山のご来店、受注ありがとうございました。

お披露目となったベルト専業ブランドSOAK IN WATER、

見たことがないバックル形状なので、どのようにしてベルトを留めるのか?

不思議そうな顔になる方、多数。

そして、プライスを聞いてびっくりエエ顔。

人間の表情って、何通りぐらいあるだろうと全然違う事考えながら接客してました。

すいません。

 

 

 

image1

 

 

 

デザイナー角本さんが、一人で悩み一人で考え一人で作りあげたバックル、ベルト達

シンプルだからこそ、オリジナリティを出すのが難しいアイテムになるベルト。

お客さんにご紹介したいものが見つかり、ホッとしたのが本音です。

メンズのベルトって、ほんとにないんですよ、イイのが。

 

 

 

image2

 

 

 

NORIEIに関しましては、以前から気になされていた方々が

このタイミングで決めてくれた。

値上げ告知タイミングにしかり,今回のイベントにしかり、

卸先であるリガメントの誠実さからきているのかも知れませんね。

(NORIEI、SOAK IN WATERのメーカーさん)

チャンスタイムは、5/10までですよ。

 

 

 

image3

 

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


今週末はNORIEIとSOAK IN WATER。

ナイスフライング。

そういうの好きよ。

勘違いして先週末に、NORIEI目当てでご来店いただいた方

ありがとうございました。

NORIEI & SOAK IN WATER Order Fairは、今週末の13,14日になりますので。

さて、価格改定前イベントどうなるでしょうね?

そりゃ、沢山オーダーいただければ嬉しいのですが

いくら高級靴でもラストが合わなければ、なんのことやら。

NORIEIの代表ラスト(NO-10ラスト)は、幅広・甲高の方にかなり合うフィッティングになります。

当店取り扱い靴でいうと、Parabootのシャンボードが合う方なら申し分なしです。

逆に合わないのは、AldenのVチップなどのモディファイドラストを好まれる方です。

ご自身の足型に合うのか?

しっかりフィッティング・アドバイスさせていただきますのでご心配なく。

合わなかったら、売らないよ。

 

 

 

image1

 

 

 

そして、ベルトの専業ブランドSOAK IN WATER

こちらは、サイズやフィッティングの心配はないですよね。

腹周り100cmの方でも、角さんが対応してくれるはずです。

なんせフルハンドメイドになりますので、革の全長さえあれば。

 

 

 

image2

 

 

 

あ、そうそう角さんイベントに向けてかなりテンション高く

己を仕上げにかかっているらしく、店内でベルト作りの工程デモンストレーションや

持ち込みのベルトも修理しますよとご連絡いただきました。

みんなで角さんに無理を言う2日間にしましょう!

待ってまーす!

 

 

 

image3

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 

 

 


日本でたった一つ湖に浮かぶ有人島、沖島へ②

やっといたよ。

沖島は、別名猫の島と呼ばれています。

青島ほどではないにしても、猫がうじゃうじゃいるのを期待していたのですが

なかなか発見できずに島内を1時間ほどしてやっと。

探したかいがありました、

気持ち良さそうに日向ぼっこしていたのに、近づくとご覧の通り

善人と嗅覚で分かるんでしょうね。

 

 

image7

 

 

 

非常に人懐っこい猫ちゃんのようです。

会って2分もしないのに、寝そべってお腹は見せるわ

屈むと膝に乗ってくるわ。

可愛くて仕方ない!

 

 

 

image8

 

 

 

そして、なんと歩きだすとついてくる始末。

その行動・しぐさに息子は、可愛いを連発。

そうなんだよ、動物は可愛いんだよ。

バスケと勉強ばっかりしてる息子にこれから、色々なことを伝えなくちゃ。

 

 

 

image6

 

 

 

そしてそして、知らなかったのですが

猫を抱っこしたことがない息子が、初抱っこ、ギコチネ~。

オイ、猫大丈夫かぁ?

もっと優しく抱いてやれよ。

 

 

 

image1

 

 

 

この旅の目的であった猫と触れ合うことで

少しでも何か感じてくれれば嬉しいし、

嫌な事や間違ってると思うことには

はっきり、Fuckと言える人に育ってくれ!

そして野良猫のように、力強く生きてくれ!

 

 

 

image9

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


日本でたった一つ湖に浮かぶ有人島、沖島へ①

出港

昨日の休みに息子とshort trip、向かったのは琵琶湖に浮かぶ沖島。

初上陸なので、ワクワクドキドキ。

堀切港から、定員30名ほどの船に乗っていくのですが、

港が妙に騒がしい、なんでだよ!

せっかくの息子との2人旅なのに。

 

 

 

image1

 

 

 

いつもはガラ空きであろう船内は、かなりのすし詰め状態。

沖島に選挙活動に向かわれる方々と同船、なんてタイミングだよ。

チラチラ見てくるし、そんなに親子で沖島行くの珍しいか?

 

 

 

image2

 

 

 

上陸して、まずバビったのが3輪自転車の数。

沖島は、自動車やバイクがなく移動手段は徒歩か自転車のよう。

なんで3輪ばっかりなのかな?と島を散策すると

なるほど

舗装させている道は、港周辺のみでその他は土や石がむき出しの獣道よろしく状態なので

2輪では、不安定だからかも。

 

 

 

image3

 

 

 

そして、どの3輪もサドルにはご覧の通りのおかきの缶缶が被されている。

おそらく、サドルの劣化を防ぐ為に誰かが始めて島内のスタンダードになったんだろう。

3輪だけでも珍しいのに、この光景に息子はキョトン。

 

 

 

image4

 

 

 

さぁ、このshort tripの目的の一つである探し物を

あてなく、探す。

心なしか息子の背中が逞しく見える。

 

次回に続く!!

 

 

 

image5

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


一部、改装を。

異空間を作らないと。

何年かの周期でやってくる改装願望。

今回は、お客さんにとって非常に大事なアソコの周りを。

handmade家具職人との、ミーティングの為に工房にお邪魔する。

ちなみに当日、寝坊して1時間半ほど遅れましたが

寡黙な職人は、表面上怒っている様子はなかったので

作業の難易度を気にせず、要望言いまくり。

 

 

 

image1

 

 

 

最終finishをどのようにするか? どのあたりで止めるかが今回最大のポイント。

おそらく、塗料を塗って乾くまでに手で磨くこと(ふき取る)になりそうな口振り。

仕上がりサンプルを数パターン作って頂いてたので、イメージは出来ている。

まぁ、イメージ通りいかない方がいいの出来上がったりするんですけどね。

 

 

 

image2

 

 

 

今回、依頼したのはBrooklyn Furniture

どんな感じで仕上げてくれるのか楽しみ。

GWまでには、完成予定。

こちらの工房、ちょくちょくイベントなされているので

チェックしてあげてくださいね。

 

 

 

image3

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


アーカイブ

doo-bop Ameba Blog