Top > doo-bop : Fujii

AURALEE:WOOL SILK TROPICAL SHIRTS JACKET

続々と春夏が立ち上がる中で、このブランドからも良い品が届きました。

AURALEEからWOOL SILK TROPICAL SHIRTS JACKET

昨年も同品番がリリースされていましたが、個人的にかなりお勧めできる品番です。

 

というのも昨年リリースされたOliveカラーのものを購入し、春夏と活躍してくれました。

シャツジャケットという名ではありますが、ボタンレス仕様のまさに“羽織る”シャツ。

その軽さと、ゆるいフォルムによって、蒸し暑い夏でもストレスを感じることなく着用いただけます。

昨年の春夏は本当によく着ていました。

 

img_0262

 

やはり素材なのでしょうか。

これだけゆったりとしたシルエットでありながら、ここまで上品に仕上がるのは。

サイズのバランス感、生地の光沢感、デザインのミニマムさ。

どこを取っても惚れ惚れするような品番です。

 

img_0257

 

今期はTop BeigeTop Chacoalといったカラー展開。

良い意味でらしくないのが後者のTop Chacoal。

ブラックやネイビーはよく見ますが、意外とこういった色味を出されていなかったように思います。

春夏に着るダークカラー。

生地の良さも相まって、少し大人な雰囲気にまとまります。

 

img_0260

 

また前者のTop Beigeは当店では珍しい色味のチョイス。

パンツにはオリーブのショーツや、ナイロン素材のもので変化をつけても面白いかもしれません。

 

春先から夏の終わりまでをイメージとして。

少し早めの春支度にどうでしょうか。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 

 


Hender Scheme:kinchaku

またまた面白いものが届きました。

最近では、少し見る機会も増えた巾着バッグ。

Hender Schemeの解釈で作られた巾着はぽってりとしていて、愛らしいフォルム。

 

個人的にですが、巾着は馴染みあるもの。

というのも所属しているサークルで大会に参加すると、荷物は最小限でいいわけです。

財布に、携帯、あとは小物を少々。

これくらいの荷物なら巾着はかなり便利かと。

 

cid_6a0633c6-8e4f-454f-918f-75195d886c29

 

僕が使っていた巾着はボロボロの布切れのものですが、

Hender Schemeから届いたkinchaku はオイルを含んだしっとりしたカウスエード。

優しい顔立ちに、ソフトな肌触り。

内にライニングを付けず、裏表のない素直な感じ。

どの角度からみても愛着を持って頂ける可愛さだと思います。

 

cid_b3d6a218-4fa4-40b1-b3a6-f3fcdb47e9d4

 

また先程も記述しましたが、ちょっと出かける際のバッグはこれくらいが丁度良いかと。

必要最小限の荷物は入りますし、手にもっていてもさほど重さを感じない。

開口部はコードで絞れるため、荷物が落ちる心配もない。

巾着ではよく見られるデザインですが、ちょっとした気の利かせ方が嬉しいところ。

サイズのミニマムさを活かして、バッグインバッグも良いでしょう。

カラーも4種類ございますので、見比べて選んであげてください。

 

男性、女性問わず、ご使用いただけるかと思います。

プレゼントとしてもいかがでしょうか。

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今年もよろしくお願い致します。

新年明けましておめでとうございます。

先の年末年始をみなさまはどうお過ごしでしたでしょうか。

僕は地元の友達と会っては、食っちゃ寝の生活。

毎年同じことの繰り返し。

一年に一回の特別な時間がどうも人をダメにするみたいです。

でもこういう時もたまには必要ですよね。

 

さて、新年が明け、当店では1月4日から(金)1月8日(火)までセールを開催しております。

残り2日となりましたが、お時間がある際にお立ち寄り頂けたらと思います。

なかなかのラインナップを揃えております。

その中から僕なりにピックアップしてご紹介させて頂きます。

 

cid_99715bef-bb86-4733-bf4d-5e3579f42b2c

KLASICA:GRIOTTE-bc – Dark Olive

 

昨年の秋冬から取り扱いを始めさせて頂いたKLASICAから。

そのデザイン性もさることながら、全てオリジナルの生地で生産されているという拘りぶり。

中でも僕たちが惚れ込んだ生地が高密度バフクロスというもの。

この生地を使用したGRIOTTE-bc は生地のハリ感、タフさも相まって立体的なシルエットに見せます。

ワイドパンツがトレンドとされる今日ですが、これだけしっかり太さが出るパンツもそう見かけません。

コットン素材で、肌に触れる面積も少ないため、この冬が明けても春夏と履いて頂けます。

これが1点目。

 

cid_22e8d3ec-bcd5-4972-bbbb-50bb97e8f448

KLASICA:PEDAL- HB – Black

 

2点目にご紹介するのが同じくKLASICAのPEDAL- HB

ヨーロッパビンテージをベースに形取ったかのようなディテールに、

こちらもオリジナルのウールリネン素材で織られたヘリンボーン生地。

表面にはリネン特有の風合いを残しながら、

袖を通すとふわっとした柔らかく、優しい着心地。

アルチザンな印象ではありますが、MOJITOやmando 、軍パン等、幅広くスタイリングにハマってくれます。

この機会に一度袖を通して頂きたい1着です。

 

何かと忙しい年始ではありますが、お体にお気をつけてお過ごしください。

それでは今年も元気にお待ちしております。

今年もよろしくお願いいたします!

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 

 

 

 


2018年、お世話になりました。

2018年もあと数時間後には終わりですね。

いつものように一日またぐだけなのに、明日から2019年とはどことなく違和感を覚えます。

 

さて、今年4月からここdoo-bopで働いていますが、

お客様に、メーカーの方々、イベントに協力してくださった方など、沢山の方とお会いすることのできた年でした。

来年もより多くの方々とお話できる機会を頂けたらなと。

来年、2019年は1/4(金)からの営業させて頂きます。

お時間ありましたら、お気軽にお立ち寄りください。

簡単ではありますが、僕からの挨拶とさせて頂きます。

 

cid_7552b22f-a95a-4a3c-9e35-92cdd8396f18

 

地元石川に帰り、美味しい蟹に、自家製のお餅を頂くとします。

それではまた来年度もよろしくお願いいたします。

良いお年を!

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 

 


今年最後の買い物は?

今年の個人ブログも今回含め、残り二回となりそうです。

年々時間の流れが早くなるものだと、よく聞きます。

皆さまもそういった風に感じられているでしょうか。

一説によれば、歳を重ねるごとに得られる刺激が減るからだとか。

 

今年は僕にとってたくさんの人、洋服に出会い、多くの刺激を得た年でした。

洋服を買った数、着た数に関しては、生まれて21年。

過去一だと断言できます。

時間の流れは相変わらず早かったですけどね。

 

cid_4d46bc25-62f3-48ef-a885-dfa434421a3a

 

 

さて、洋服はたくさん買いましたが、ここ最近、口酸っぱくオーナー中島に言われること。

「靴下、ベルトを買え」と。

確かにここ長らくはこういった小物・雑貨に手を出していませんでした。

ということで、今回はベルトをピックアップ。

成人式も近づいてきましたので、そろそろ考え始めていらっしゃる方もいるのでは。

カラーリングが豊富に揃うMartin Faizeyから、変わったものに惹かれるという方にはBALLERI

またよりフォーマルなシーンで使用したい方にはWhitehouse Coxをお勧めします。

 

cid_93753114-ce24-4bcd-9dd0-d9ec91a9633d

 

じゃあお前なら何を買うんだと。

はい、僕ならここを選びたいと思います。

Martin Faizeyの1 inch Quick Release 。

一本目としても良いですし、同ブランドの1.25 inch Quick Releaseを持たれている方にも気にして頂いています。

幅でいうと、1cmの差もありませんが、全く別の見え方をします。

裾からみえる時のボリュームしかり、巻いた際の印象しかり。

華奢のように思えますが、スタイリングを組んだ際に絶妙な幅だと思います。

そろそろ僕も手に入れたい一本です。

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 


クリスマスプレゼントにいかがですか?

クリスマスは何だか特別な日。

「僕たちはキリスト教じゃない。」なんて野暮なことは言いたくありません。

一年の中にそういうイベントが一度や二度あっても良いのではないでしょうか。

“普段あげないようなもの、しないこと”をできる良い機会です。

とはいいつつ僕がイベント好きなだけかもしれません。

 

さて、前回に続いてクリスマスプレゼント用にという内容です。

ただ今回は完全に僕の主観になります。

月並みな表現にはなりますが、おすすめのクリスマスプレゼントといったところです。

そして結論から申しますと、ご紹介するのは“マフラー・ストール”になります。

 

img_6959

 

なぜクリスマスプレゼントにマフラーなのか。

その理由はその種類の豊富さにあると思います。

カラーから、素材、長さなど様々な種類がありますが、その選びやすさが一つポイントです。

選びやすいというと語弊があるかもしれませんが、決められないという事態にはなりにくいです。

相手の服装、好み、はたまたご自身が身に付けて欲しいカラーを選んであげても良いかもしれません。

 

少し口出しをさせて頂くと、明るめのカラーが良さそうです。

洋服で着ないような色だからこそ、こういったところで取り入れる。

お顔に近いアイテムですので、短く巻いてあげても十分存在感を放ちます。

 

img_6963

 

実はグレーも良いんです。

暗いトーンの洋服にシックな雰囲気がよくハマります。

上品な印象で、男女問わず使って頂けそうです。

 

上記の二枚でご紹介したものがbaje craft

ウールとカシミアをブレンドした素材を使用し、柔らかく、ふわっとした質感です。

カラーバリエーションも多く、価格も手に取りやすいものなので、選んで頂きやすいかと思います。

 

img_6967

 

最後はブランド自体のご紹介にはなりますが、JOHNSTONS OF ELGIN

僕のマフラーの概念を変えたと言ってもいいでしょう。

その心地良さゆえに昨年は毎日のように巻いていました。

ウールのものほど重たくなく、かといって薄っぺらいわけじゃない。

しっかりハリコシがあって、細かい繊維による密度の濃さのが分かります。

その肌触りの良さはもちろんのこと、その温かさとストレスにならない重量感が最高峰と呼ばれる所以なのだと思います。

 

クリスマスまで残り約二週間。

是非、数が揃っている間に見に来てください。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 

 

 


今年も残り一か月。

今年も気づけば残り一か月です。

平成の終わり年という事で、“平成最後の〇〇”といった言葉をよく耳にしました。

年の締めくくりとして、また一つの時代の締めくくりとして、いつもよりちょっと贅沢な買い物も良いのではないでしょうか。

そして来月25日には世間全体がイベント一色に染まります。

大事な方や日頃お世話になっている方、はたまた一年間頑張った自分へのご褒美として。

普段あまり目にいかないところにも、是非注目してみて下さい。

 

img_6900

 

今回ご紹介するのは“財布”。

プレゼントとしてはベタではありますが、普段なかなか目をやる機会も少ないはず。

やはりプレゼントとしてあげられる方が多いのは、もらって喜ばれる方が多い故だと思います。

また自分で買うにしても、タイミングが難しいものではないでしょうか。

「買い直したいけどまだ使える。」

「毎日身に付けるものだから妥協はしたくない。」

これらの感情から見送られる方が多いのも事実でしょう。

こういったイベントに乗じることで一つのきっかけになればと私は思います。

 

img_6896

 

カジュアルからスーツスタイルまでという方にはWhitehouse Cox

柔らかで手に吸い付くような質感のカーフレザーのエイジング。

インサイドとアウトサイドのコントラスト配色による高揚感。

そして幅広いシチュエーションで使用できる汎用性の広さ。

長く向き合って頂けるものをぜひ見つけて下さい。

 

img_6901

 

次にもう少し濃い味付けのものが好きな方へBRU NA BOINNE

クロコ やリザードヌバックなどのエキゾチックレザーを使用したウォレット。

Whitehouse Coxのような安心感ではなく、圧倒的な満足感。

中でもクロコ ウォレットは良いカラーリングのものが揃っています。

値は張りますが、ご褒美としては申し分ないでしょう。

余談ですが、ワニは縁起物としても知られています。

占いや運勢を信じる信じないではなく、そんなことを思いながら使用するだけでも幸せな気がしませんか。

 

img_6907

 

これらでご紹介したものはごく一部。

その他気になるブランド、品番がございましたら店頭にてお出し致しますので、お気軽に申し付けください。

残り約一か月、平成最後の買い物をじっくり考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 

 

 

 

 

 


Tricker’sから別注のCHURCHILLが。

先週末、イベントに来ていただいた皆様、誠にありがとうございます。

旅する移動式型 CULTURES SHOPの船出に立ち会えたことを嬉しく思います。

そして1週間経った今も、なんだか台風が去った後のような静けさが感じられます。

いわゆる”余韻”です。

PANTHER MARKETの時もそうでしたが、やはりお祭り感覚のイベントはいくつになっても良い物です。

毎年の恒例行事にでもなったらな。

そう思えるほど密度の濃い3日間でした。

 

Tricker’s:CHURCHILL

img_6829

 

さて、こちらもジワジワと気になりだしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

当店では10年近く続けているTricker’sのCHURCHILL。

今年の別注は2色展開でご用意しております。

ブラックベロアのボディーにブラックスカルの刺繍をのせたものは去年と変わらず。(ライニングは別)

パープルベロアのボディーにライオン刺繍のものは新たな提案です。

一癖も、二癖もある靴ですので、決して万人に受け入れられるものではないでしょう。

ですが、どことなく愛嬌のある刺繍が良い意味での癖だと思います。

 

img_6826

 

履き心地に関しましては、あくまでも主観にはなりますが良いとは言えません。

ですが悪いとも言えないといった具合です。

履き心地やクッション性の高さを求めるならスニーカーを。

安心感を求めるならば革靴を選択するのが間違いないかと思います。

私たちがこの靴に求めるのはもっと別のところで、自己満足やエゴといった類になるのではないでしょうか。

また”特色”といった意味でも他の靴とは一線をなしたものがあります。

この点が見えづらく、分かりにくい。そこが良いところだとも思います。

ついつい履きたくなるのは、なんでも履き心地の良いものや、格好良いものだけではないということです。

この靴にしかない”色”を是非探してあげてください。

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


冬支度を着々と。

お久しぶりです。

しばらく更新ができていなかったこと、申し訳ございません。

そうこうしている間に当店の怪物くんもとうとう一匹になりました。

何年か前に流行った”ブサカワ”という言葉がぴったりな顔立ちで、愛くるしい奴なんです。

そんな彼も一匹になり、なんだか少し寂しそうな気もします。

可愛がって頂ける方に引き取ってもらえると信じましょう。

 

img_6556

 

さて、その下に目を向けると、ふわふわのモヘアニットが。

前回が夏休み明けであったことが嘘のような寒さになり、ニット類がリアリティを帯びてきました。

カーディガンやニットをクローゼットから引っ張り出してきた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

僕もその1人。

NeedlesのMohair Cardiganが丁度いい季節です。

 

古着のモヘアカーディガンを探すのはなかなか大変。

気に入ったものでもサイズが合わなかったり、状態が良くないものもしばしばあります。

そんな中、毎シーズン欲しいと思わせるモヘアカーディガンを作ってらっしゃるNeedlesは流石です。

シーズンごとの素晴らしい配色のものに、今期はブロックパターンのものが追加されました。

数ある中からご自身のお好みのカラーや柄、サイズを選択できるのはなかなかの贅沢だと思います。

ちなみに僕はダイアモンド柄のベージュをチョイスしました。

 

img_6544

img_6547

 

また保温性に関しましては、実際に着用してみて分かったことですが、想像以上に温かい。

今時期ですと、夜でもカットソー1枚の上に羽織るだけで問題なく過ごせるほどです。

真冬はジャケットやアウター類のインナーとして十分に活躍してくれそうです。

一部サイズ欠けはございますが、まだ悩んでいただけるだけのご用意はございますので、ぜひ頭を抱えてご検討ください。

 

 

img_6558

 

そしてここにも気になるニット類が。

上質なウール素材のニットも数を揃えて並べています。

店頭にお立ち寄りの際はぜひ探してみてくださいね。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 

 

 


夏休みも明け。

ながいながい夏休みも明けました。

こんなにまとまった時間があるのは今だけと感じつつも踏み出せず終わった8月と9月。

来年の夏は、いや今年の冬にでも自分自身が納得のいく時間を作ろうと考え中です。

そんな中、大学の後輩がおもしろい経験をしていました。

モロッコへ一人旅。

ありがちではありますが、時間があるこの学生のうちに一人で海外にいくことに憧れはあります。

しかもモロッコ。

1週間と短い間ではあったようですが、日本とはまったく異なる環境での生活を体験してきたようです。

 

img_6419

 

僕も興味が湧いたので話を聞いていると、サハラ砂漠へ行ってきたそう。

サハラ砂漠と言えば、聞き馴染みがいいところで思い出したのがトゥアレグ族。

“青の民”としても知られる彼らの民族衣装に、当店でも扱っているトゥアレグシルバー

お店に置かれるものほど、綺麗な状態ではありませんが、その迫力は写真からも見てとれました。

実際に現地へいって見てみたいと思えるほどに。

欲を言えば、現地で作ってる方とのコミニケーションもとってみたいという気持ちもあります。

そうなれば、ジュエリーはなおさら奥深く、魅力的に感じられるのでしょう。

 

img_6426

img_6423

 

さらに、ベルベル族系の伝統的な音楽も聴いてきたそう。

言葉もわからなければ、それが何を意味しているのかも分からないであろうに、

とても興奮してその話をされるんだから、リアルな音楽は凄い。

ご飯はそこそこだったようですが、きっといい経験が出来たのでしょう。

僕もいつか直で見て、聴いて、会話してみたいものです。

周りに同じようなことを経験されている方がいらっしゃれば是非きいてみてください。

ジュエリー一つにしても見え方は変わってくるかもしれません。

 

img_6428

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 


アーカイブ

doo-bop Ameba Blog