Top > doo-bop : Fujii

Tricker’sから別注のCHURCHILLが。

先週末、イベントに来ていただいた皆様、誠にありがとうございます。

旅する移動式型 CULTURES SHOPの船出に立ち会えたことを嬉しく思います。

そして1週間経った今も、なんだか台風が去った後のような静けさが感じられます。

いわゆる”余韻”です。

PANTHER MARKETの時もそうでしたが、やはりお祭り感覚のイベントはいくつになっても良い物です。

毎年の恒例行事にでもなったらな。

そう思えるほど密度の濃い3日間でした。

 

Tricker’s:CHURCHILL

img_6829

 

さて、こちらもジワジワと気になりだしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

当店では10年近く続けているTricker’sのCHURCHILL。

今年の別注は2色展開でご用意しております。

ブラックベロアのボディーにブラックスカルの刺繍をのせたものは去年と変わらず。(ライニングは別)

パープルベロアのボディーにライオン刺繍のものは新たな提案です。

一癖も、二癖もある靴ですので、決して万人に受け入れられるものではないでしょう。

ですが、どことなく愛嬌のある刺繍が良い意味での癖だと思います。

 

img_6826

 

履き心地に関しましては、あくまでも主観にはなりますが良いとは言えません。

ですが悪いとも言えないといった具合です。

履き心地やクッション性の高さを求めるならスニーカーを。

安心感を求めるならば革靴を選択するのが間違いないかと思います。

私たちがこの靴に求めるのはもっと別のところで、自己満足やエゴといった類になるのではないでしょうか。

また”特色”といった意味でも他の靴とは一線をなしたものがあります。

この点が見えづらく、分かりにくい。そこが良いところだとも思います。

ついつい履きたくなるのは、なんでも履き心地の良いものや、格好良いものだけではないということです。

この靴にしかない”色”を是非探してあげてください。

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


Tricker’s 別注CHURCHILL。

やりたいようにやった。

そう断言できる一足。

db Exclusive CHURCHILL – PURPLE VELVET/GOLD LION – Purple

売れ目線一切なし、店頭で販売員がいくらヤーヤー言っても

ピンとこない方には、絶対に売れない。

靴100足持ってるマニアでも、難しいかも。

それでいいの、変態は必ずいるから。

その証拠にPANTHERは、購入するか本気で迷ってる。

買っちゃえ、買っちゃえ。

 

 

 

image1

 

 

 

この別注、実は一つ妥協したんだよね。

Lionの舌を長くできないか?って聞いたんだけど、

その時の担当者の顔、忘れられねぇなぁ。

意味があるとかないとか、そんなんじゃないの。

出来るならそうしたいだけなんだけど。

 

 

 

image2

 

 

 

どうしても、刺繍やベルベットの素材感に目がいくんだけど

プリっとしたヒールもイイ。

色気あるお尻してんだよな、CHURCHILL。

色んな角度から、見てあげて!

 

 

 

image3

 

 

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


Vol.3781【Tricker’s:db Exclusive CHURCHILL】

 

今週末は旅する移動式型ショップにサイレントライブ、カレーにワインと楽しみが盛りだくさんです。

さらにこちらの別注品も販売開始となりますので、店頭にお越しの際はぜひチェックしてみてください。

 

Tricker’s:db Exclusive CHURCHILL

dscf6423

 

 

この佇まいに魅力を感じ、10年近く展開を続けている『CHURCHILL』。

ここ2、3年でようやく気にしてくださる方が増えてきた気がします。

 

ベルベットのスリッポンというだけでもかなりの曲者。

さらにそこに上手いのか下手なのかよく分からない、絶妙なデザインの刺繍が乗ります。

人によっては全くのスルーでしょうが、私たちはこの靴が好きで続けています。

 

 

dscf6454

 

 

今年はパープルベロアにライオン(波打っている舌がポイントです)のモデルと、

ブラックベロアにブラックスカル(前回と異なりライニングがレッドに)の2色展開。

 

合わせやすいブラックか、飛び道具としてのパープルか。

悩ましいです。両色とも欲しいです。

 

ちなみにライニングはブラックがキルティング、パープルがレザーと素材が異なります。

履き心地も変わりますので、履き比べてみてください。

 

 

dscf6460

 

 

物でみると難しいアイテムに見えますが、実際に履くと割と合わせやすいです。

お勧めはMOJITOのガルフストリームパンツや、mandoのサルエルパンツ。

Needlesのトラックパンツとも相性が良いので、合わせる靴のバリエーションを増やしたい方はぜひ。

 

ハイテクスニーカーの様な歩きやすさも、革靴の様な安心感もありません。

ですがこの靴にしか出せない魅力が確かにあります。本当に良い靴です。

 

 

dscf6441

 

 

本日11/1(Thu)16時以降のオンラインショップご注文のメール返信に関しまして、

誠に勝手ながら、明日11/2(Fri)午前中のご対応とさせていただきます。

 

また、明日11/2(Fri)は誠に勝手ながら店休日とさせていただき、

翌11/3(Sat)より通常営業をさせていただきます。

尚、明日のオンラインショップご注文へのご返信・発送に関しましては、11/2(Fri)の13時までは当日対応にて承ります。

それ以降のご注文には、翌日11/3(Sat)よりご対応させていただきます。

皆様にはご迷惑をお掛け致しますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

【Event】

Silent Live:Sangpyung with Kengo & 山田 聡

1

 

 

【Event】

“THE ONE FIN & FOUR WHEELS CLUB”

0

 

 

【Roots】

Tricker’s × doo-bop Exclusive:CHURCHILL

1

 

 

【Column】

『THE ONE FIN & FOUR WHEELS CLUB』とは

dscf6476

 

 

【New Arrivals】

 

 

 

 


別注ロンTと別注チャーチル。

今週末は、時間取っておいてくださいね。

ひいちゃうぐらいの圧を感じる事ってあまりないでしょ?

そんな経験できるかも。

ド真剣に取り組むと、悪気はないけどどうしても圧が出ちゃうPANTHER、

許してやってくださいね。

あまりに感じた際は、私まで!

 

 

 

image1

 

 

 

さて、今回のイベントにあわせて

特別に作ってもらったのが、コチラ。

フロントデザインは、伏せておきますがバックデザインはこんな感じ。

この配色、実はPANTHERが普段使っているトートバッグの配色なんです。

白ボディにハンドルが蛍光のオレンジ、一目見てエエ配色やなと

思ったのを素直に参考にしました。

当店には、馴染がないオレンジですが元気なPANTHERにはピッタリ‼

普段、オレンジを着ない人に手にとってほしいな。

そして、ちょっと元気になってほしいな。

 

 

 

image2

 

 

 

それとコチラ。

たまたまですが、いいタイミングで入ってきた。

継続的に展開して10年ぐらいかな。

やればやるほど、エグイことになってるかも

まぁ、履いてみて、誰も履いてないから。

では、週末‼

 

 

 

image1

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


Tricker’s db Exclusive CHURCHILL。

今週末はTHE ONE FIN & FOUR WHEELS CLUB

飯田さんことパンサーが再びdoo-bopへ!!

独自の審査美で選ばれたアイテムをどうぞご覧くださいませ。

 

土曜日は初の試み、店内でライブをしていただきます。

ルーツレゲエをベースにされた楽曲とのことで、

レゲエ好きの僕も楽しみにしております。

よろしければ、一緒に分かち合いましょう。

 

お酒、ジュースや軽食もご用意していただく予定ですので、

是非お誘いあわせの上、お越しいただけますと幸いです。

 

そしてこちらのシューズが発売開始。

 

img_3695

Tricker’s  db Exclusive CHURCHILL – BLACK VELVET/BLACk SKULL – Black

 

ブラックベルベットにブラックスカル。

静かに主張する同色構成、独特のバランス感に心が揺れませんか。

 

ライニングカラーはレッドでチョイス。

プニプニのキルティングが良い履き心地を与えます。

 

img_3697

 

思い切ったデザインだけに、気にされつつも躊躇されていた方々。

足を是非入れてみてください。

比較対象が見つかりづらいからこそ、戸惑うのも当然かと思いますが、

気持ちが確実に上がるのを実感していただけるはずです。

 

img_3699

Tricker’s  db Exclusive CHURCHILL – PURPLE VELVET/GOLD LION

 

もう1色。

初の試み、パープルベース。

良い色しています。

刺繍もはじめて、ライオン!

 

img_3702

 

パープルとゴールドのカラーコントラストに痺れます。

中島はどうやらここを狙っているようです。

こちらはレザーライニングで仕上げていただきました。

レザーのしなやかさが癖になる履き心地です。

 

 

11月3日(土)より発売開始です。

どうぞお楽しみに。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


Tricker’s × doo-bop Exclusive:CHURCHILL

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

足元から感じるのは気品か悪戯か

危いバランスで成り立つ美しさ

 

ルームシューズとして誕生し、英国王室でも長く愛されている『CHURCHILL』

その魅力に心を奪われ早10年

当店では街履きを可能とするためラバーソールを採用し、展開を続けてきました

 

暗闇のなか妖艶に輝くパープル

冷たく、それでいて力強さのあるブラック

今年は2つの色味からお選びいただけます

 

 

 

 

 

 

dscf6190-3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

dscf6212

 

 

 

 

 

 

ライオンとスカル

ベロア地に浮かびあがるアイコニックな刺繍が、

端正な顔つきの靴に生命を吹き込みます

 

所有者の心を昂らせる、ルビー色のライニング

ボディとのコントラストが見せる鮮やかさが、視線を釘付けに

 

 

 

 

 

 

dscf6108

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

dscf6053

 

 

 

 

 

出会ってください、この靴に

 

 

 

 

 

【price】

48,600YEN

 

【Delivery】

2018.11.3 (Sat)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Tricker’s Order Fairありがとうございました。

こんばんは。

 

Tricker’s Order Fair、ご来店いただきありがとうございました。

楽しんでいただけましたでしょうか。

 

image3

 

個人的にはとても有意義な2日間でした。

 

 

ゲストで来ていただいていたお二人から様々な話を聞かせていただいたり

いつもとは違った接客であったりと、とても参考になりました。

 

 

シューズのイベントもあって、シューケアの相談やサイズの相談など

オーダーするしないに関わらず

気にしていただけたのかなと勝手に嬉しく思っています。

 

 

靴を好きになるきっかけであったり

幅を広げるきっかけになれていたらうれしいなと。

 

 

image1

 

 

個人的には、新スタッフにシューケアを教えたりと

伝えることの難しさや、イメージを言葉にする難しさを

改めて実感しました。

 

 

イベントを通して、強く思ったのは

イベントってただオーダーするから行く

しないから行かないではなくて、行くことが凄い重要かなと思いました。

 

 

僕がアナログな人間なのかもしれないですが

色々な話が聞けたり、いつもと違う感じで会話が出来たりと

人との関わりを感じれて、その時間やその物が印象に残ったりと。

 

 

 

この二日間を通してそこを強く感じました。

 

 

 

よければ皆さんも一度体験しに来てください。

 

 

image2

 

今度この2足、買います。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


Tricker’s STOW。

Tricker’s Order Fairお越しいただきました方々、誠にありがとうございます。

出来上がりまでイメージを膨らませて楽しみにお待ちください。

 

昨晩のSHOP BLOGはご覧いただきましたでしょうか。

お手伝いいただきましたお二方のTricker’sへの思いを是非ご一読くださいませ。

 

img_0812

Tricker’s STOW – BOX CALF – Dainite Sole – Black

 

履けば履くほど馴染む、元来革靴とはそういったところも魅力です。

Tricker’sは特にそうだと思います。

 

履きはじめは固く、返りも付きにくいのは正直なところ。

『5年くらいは履いてから実感を持てる』という奥秋さんの一言は、

Tricker’sを熟知されているからこその言葉です。

 

img_0814

Tricker’s STOW – Dainite Sole – Acorn

 

真価が分かるまでに時間はかかるのですが、

ゆっくりと確実に自身の足に馴染んでいく感覚はすごく特別。

どんどん魅力がわかる『スルメ』みたいな靴です。

だから引き込まれるんでしょうね。

 

個人的には初めての方には、こちらのカントリーブーツ型、

もしくはBURTONを強くお勧めします。

代表するウイングチップ。

分かりやすいかもしれませんが、Tricker’sを履く上で、

その醍醐味を素直に味わっていただけるはずです。

 

img_0817

 

シューレースを締め上げるのも、お出かけ前のひとつの儀式。

一つ一つのアイレットを見つめると、しっかりと気持ちを高めてくれます。

 

不変的な1足を長い年月をかけて楽しんでください。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


Vol.3643【Tricker’s:CHURCHILL】

 

不思議なシューズです。

元々は室内履きとしての靴を、外履き用として提案させていただいて早7年。

ドレスにも合えばショーツやワイドパンツ等のカジュアルな装いにも。

ここまで幅広いコーディネイトに合わせられる靴はそうそうありません。

 

Tricker’s:CHURCHILL

dsc_6441

 

 

Tricker’sがロイヤルワラント(英国王室御用達)の紋章を獲得するきっかけとなったのが、

実はこちらのCHURCHILL。

室内履き、いわゆるスリッパであるにも関わらずこの佇まい。

 

 

dsc_6407

 

 

上品なベルベットの生地に洒落っ気のあるドクロ刺繍。

キジやライオン、王冠など様々なデザインがありますが、

やはりこちらは安定の格好良さです。

 

「少しえぐいかな?」と思われるかもしれませんが、

実際に履いてみるとなんてことはありません。

ワンポイントとして、足元からキラりと見守ってくれます。

 

 

dsc_6418

 

 

英国が誇るシューズブランド。

その遊び心を感じてください。

 

 

本日【Event】ページを更新しております。

下記リンクからご覧いただけます。

 

 

【Event】

MIRKO BUFFINI Trunk Show 2018

2

 

 

【Roots】

AMIACALVA × doo-bop Exclusive Waist Pouch

1

 

 

【New Arrivals】

Tricker’s:CHURCHILL – Black Velved / Silver Skull / 48,600 YEN

Tricker’s:CHURCHILL – Black Velved / 45,360 YEN

Tricker’s:CHURCHILL – Navy Velved / 45,360 YEN

 

 

 

 


Vol.3642【Tricker’s Order Fair 開催中です】

 

明日までの開催となっております、Tricker’s Order Fair

本日はシューアドバイザーとしてお越しいただいている、

正規代理店の奥秋さんと兵頭さんに、改めてトリッカーズの魅力を伺いました。

 

 

dsc_5930

 

 

中島:よろしくお願いします。

まずはそうですね、トリッカーズを好きになったきっかけって何でした?

 

 

奥秋:出会いは大学生のときでしたね。今から20年くらい前。

当時はアメカジブームで、僕もレッドウィングやラッセルモカシンといったアメリカの靴を履いていました。

そんなときに原宿を歩いていると、トリッカーズのウィングチップブーツが置かれているのがたまたま目に入って、本当に衝撃を受けたんですよ。

当時のインポートと言えばほとんどがアメリカもの。ファッションマーケットではヨーロッパものはまず見かけないといった時代で、

そこ対してトリッカーズのウィングチップの衝撃たるや否や。一目惚れに近かったですね。

 

 

中島:最初はフォルムというか、独特のコバであるとか、深いメダリオンといったところに惹かれたんですね。

トリッカーズというとカントリーブーツということで、ドレスでもワークでもなく、属するとしたらどこに属するんですか?

 

 

奥秋:本来であったらカジュアルなんですけど、

本国の、イギリスの直営店なんかでは普通にサラリーマンの方も買われてますね。

カントリーシューズをビジネス用としても実際に着用しているんで。

それは格好いい格好悪いとかは別で、文化に根付いているというか。

たとえば雨の日にも革靴が履きたいとか、頑丈で壊れない靴をと言ったときに、

イギリスではやっぱりトリッカーズというブランドがあがってくるんですよね。

気兼ねなく履けて、更にロイヤルワラント(英国王室御用達)ということで、広く認知されています。

 

 

dsc_5941

 

 

中島:ありがとうございます。

では続いては兵頭さんが感じている、トリッカーズの魅力ってどんなところでしょうか?

 

 

兵頭:堅牢さ、そして変わらないところですね。

定番というものが確立されていて、「自分たちのスタイルはこれだ」という芯がトリッカーズにはあるんですよ。

それがあるメーカーってすごいことだと思います。来年で190周年をむかえるんですが、

それだけ長い間やっているのに、基本的にずっと同じデザインで作り続けているんですから。

 

 

奥秋:あと木型も変わってないんですよ。

今の木型で60~70年くらい使い続けているもので。

ファッション、トレンドっていうものがある以上、普通は新しいものを出さないといけないと考えるはずなんですけど、

70年も同じ木型っていうのは今の時代の中において稀有な存在というか、それだけ完成されているってことですよね。

 

 

兵頭:そうですね、それが変わらない魅力です。

 

 

中島:なるほどですね。

木型の話で思いましたけど、トリッカーズの靴って個人的にヒールが抜ける感覚があるというか、丸みがなくて真っ直ぐじゃないですか。

そういうものなんですか?

 

 

奥秋:あれはイギリスの靴の特徴で、トリッカーズに限ったことじゃないんですよね。

あれがイギリスの靴としての形というか。はじめは履きづらいと感じてしまうかもしれないんですけど、

それでも定期的に履いてしまうのが魅力というか。

 

 

兵頭:たまに気難しい友達と会いたくなるような、そんな感じですよね。

 

 

奥秋:不思議なのが、本当に自分の下駄箱の中からなくならないんです。

履きづらいんだったら、普通は履かなくなるはずなんだけど、時たま履きたくなる。そんな靴って珍しいですよ。

それが歴史ある木型が持っている力というか。だからそこに対しては変える必要もないのかなって思います。

 

 

兵頭:長く続いているメーカーは、変わらないものを持っていることが多くて。

これが自分たちなんだから変えないっていう、そこを貫ける意志の強さと姿勢っていうのはリスペクトするべき点ですよね。

 

 

奥秋:履き心地に関しては、日本人って履いた瞬間に判断しがちだと思います。

けどトリッカーズはその頑丈さから1年じゃ履き味わからないし、最低でも5年くらい履いてから実感を持てる靴なんです。

昔の木型の靴っていうのは履いてすぐその真価が問えないんですよね。

 

 

兵頭:5年、10年、20年と履き続ける靴なので、付き合っていただければと思います。

 

 

中島:修理を繰り返しながら、それこそ一生ものと言える靴ですね。

ありがとうございました。

 

 

dsc_5971

 

 

話は変わりますが、今回のイベントに合わせ、

特別にルームシューズの即売分もご用意させていただきました。

オーダーも良いけど今すぐ履きたいという方へ、ぜひお試しください。

 

それでは明日も、お待ちしております。

 

 

【Roots】

AMIACALVA × doo-bop Exclusive Waist Pouch

1

 

 

【Event】

Tricker’s Order Fair Vol.2

1

 

 

【Column】

NIRVANA Printed T

1

 

 

【New Arrivals】

 

 

 


アーカイブ

doo-bop Ameba Blog