Top > doo-bop : Tsukamoto

JOHN SMEDLEY SHIPTON。

いきなり気温が下がり、寒さに体がついていかないこの頃です。

体調管理が難しい季節ですね。

 

今夜はJOHN SMEDLEY。

今期も良いカラーでのご紹介です。

 

img_3353

JOHN SMEDLEY SHIPTON – Mystic Purple

 

色物なのにしっかりと気品を感じるのは、長年の積み重ね。

見惚れるほどに美しいカラーはネーミングも素敵。

『Mystic Purple』はぴったりの名前です。

 

img_3344

JOHN SMEDLEY SHIPTON – Bordeaux   Hepburn Smoke

 

染色も自社工場で糸の段階から行われている為、 色合いに深みを感じていただけるはずです。

Bordeaux、Hepburn Smokeと今期は3色でのご提案です。

 

使用されたメリノウールはニュージーランド産。

なんでも飼育されている羊たちは1頭づつ名前が決められているそう。

それだけ大切に扱われていることの裏付けだと思います。

 

もちろん素材だけでなく、形も素晴らしいんです。

 

img_3355

 

浅めのVネックに注目です。

品よくまとめられたスッキリ襟元は、シンプルに1枚でも美しく。

やらし過ぎない深さが、適応シーンの広さを物語ります。

 

img_3351

 

個人的には春夏に引き続き、アンサンブルが気になります。

こういったメンズスタイルもいいのではないでしょうか。

 

JOHN SMEDLEYのモノづくりに共感できる方、お待ちしております。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 


Vol.3764【JOHN SMEDLEY:PETWORTH】

 

先日、住んでいる部屋の中を久しぶりに水拭きしました。

掃除機ではとれない汚れもあるので、定期的にしなければなと改めて。

ですがそんな日にかぎって生卵を落下させるという失態。そんなものです。

 

そういえば日本で卵が食べられるようになったのは、江戸時代に入ってからなんだそうです。

ですが当時はなかなか手が出ない高級品。長い年月をかけてスーパーで1パック100円になったようです。

 

そんな江戸時代は後期、イギリスではJOHN SMEDLEYが創業しました。

今シーズンも、良い色のニットが並んでいます。

 

JOHN SMEDLEY:PETWORTH

dsc_8245

 

 

質の良いメリノウールを使用した、カーディガンとVネックセーター。

流行りなどとは無関係のややタイトなフィット感は、着ると「これこれ」と。

 

癖のある柄物やルーズシルエットのものを持ってきても何故かうまくまとめてくれる。

長い歴史を持つブランドならではの包容力。

Needlesやink、KLASICAの洋服と合わせたスタイリングもお勧めです。

 

 

dsc_8248

 

 

上品なニットをさらりと着る。

最高の贅沢だと思います。

 

 

 

【Column】

MOJITO 別注パンツ制作について

1

 

 

【New Arrivals】

 

 

 


アーカイブ

doo-bop Ameba Blog