Top > doo-bop : Nakajima

謝謝 Dragon Tee

本当に謝謝、ありがとうございます。

どうなるものか?と思いながらリリースしたDragon Tee動いてます。

仲のいい常連さんが、気をつかって買ってくれるかな?と

淡い期待とは裏腹に、onlineでも。

全く女子ウケしないだろうし、一歩間違えると非常に危ないのに。

僕は、本気でイイと思ってますけどね。

 

 

 

 

image3

 

 

 

ちょっと裏話を。

このTシャツで、一番時間と費用が掛かった「謝謝」のフォント(文字の形状)になります。

そこそこできるグラフィックデザイナーにお願いしたのですが

なかなかしっくり来ず、やり直す事5回。

1謝謝につき、採用不採用はさておきデザイン料がかかるのでほどほどにしておかなくちゃと

思いながらも、ついつい5回ですわ。

ですので、この謝謝は当店オリジナルになります。

 

 

 

image1

 

 

 

白ボディに、紫と赤のプリント色。

勝手ですが、僕の中で中国らしい配色にしてます。

意外とないんですよ、この3色使い。

そして、使用したボディはご覧の通り一度洗うとネックヨレヨレ。

そうコレコレって感じで探したんです。

クオリティが高いTシャツは、沢山あるのですが

探すと、古き良きアメリカを感じるこんなTシャツが、なかなか見つからなくなっている今日この頃。

ちょっと気にしてくれてると嬉しいです!

 

 

 

 

image2

 

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


Vol.3938【PROTOTYPE:Dragon T】

 

『niboshism』というインスタグラムのアカウントをご存知でしょうか。

その名の通り?毎日煮干しの写真を投稿し続けています。

最初は何だこれはと思いましたが、気が付くとフォローしていました。

祝日には鯛の煮干しが登場するそうで、このGW期間中は鯛が整然と並んでいます。

 

さて、このTシャツも何だこれはと思っていただけたでしょうか。

連休最後の目玉としてご用意させていただいた、Dragon T。

赤い『謝謝』という文字が個人的に気に入っています。

 

PROTOTYPE:Dragon T

dscf5969

 

 

どこか間抜けな表情をした下手うまなドラゴンのイラストに、

「ありがとう」という意味の「謝謝」。

(ちなみに正しい発音は『シェイシェイ』ではなく『シエシエ』だそうです)

中国の土産物屋に置いてありそうなTシャツをイメージして作りました。

 

ボディに使用しているものは、アメリカ軍などへの支給品として作られているもので、

ファッションとは全く無縁のもの。

このプリントを乗せるのであれば上質なモノではなく、

チープなTシャツというイメージがしっくりきたのでこちらが選ばれました。

 

もちろん今の時代に合う様なシルエットではないですし、

タフな生地の割に首元はすぐによれてしまったりと、雑な作りが目立ちます。

ですがそこが良いと言いますか、「出来の悪い子ほどかわいい」といった様な、

こういったTシャツにしかない魅力というのも確かに存在します。

 

 

dscf5964

 

 

 

 

 

dscf5963

 

 

トラックパンツを穿いてDragon T。

もちろん足元はサンダルにアンクレットで。

今年の夏はこれで決まりでしょう。

 

 

 

【Roots】

PROTOTYPE:Dragon Tee ~謝謝~

1

 

 

【Event】

GW Event Vol.3【WALTZING MATILDA & Rheet Lewis】

4

 

 

【Event】

GW Event Vol.2【ayame:Bright Color Collection】

2

 

 

【Event】

GW Event Vol.1【HURRAY HURRAY & super Nova. S/S collection】

1

 

 

【New Arrivals】

PROTOTYPE:Dragon T – White / 6,480 YEN

Needles:Mini Book Bag – Nylon Tussore – Dk.Brn,Nvy / 5,832 YEN

Needles:Mini Book Bag – Nylon Tussore – Red,Sm.Pnk / 5,832 YEN

 

 

 


PROTOTYPE:Dragon Tee ~謝謝~

 

 

これまで仕掛けてきた別注品やオリジナルアイテム

『格好良い洋服を着て、1日良い気分で過ごしてほしい』

『5年、10年先にも選んで良かったと思っていただけるものを』

当店なりの想いと拘りを込めて、提案してきました

 

ですが今回制作したモノは、それらとは全く異なる、素直な動機で出来上がったもの

『オーナー中島のなかで、昨年の夏あたりから中国ブームが来ていた』

それ以上でも以下でもなく、ただそれだけの理由で完成しました

面白おかしく、ちょっとしたお土産感覚で手に取ってみてください

 

 

PROTOTYPE:Dragon Tee ~謝謝~

1

 

 

 

 

【Date】

05.05 (Sun) On Sale

 

 

【Specification】

 

ボディに使用したのは、アメリカにおいて軍などに支給されている

コットン製のクルーネックTシャツ

そこにパープルの「ドラゴン」、レッドの「謝謝」をプリント

中国で昔ながらの商店街にある土産物屋に並んでいそうな

そんなTシャツをイメージしました

 

全体として「made in USA」らしいラフな仕上がり

生地や縫製、細部に拘ったものはもちろん素晴らしいですが

それだけではつまらない

色々なモノが混ざり合うことではじめて

味わい深いクローゼット、スタイリングへと流れ着くのではないでしょうか

くたびれた首元や、少しぎこちないサイズ感

それでいいんです

 

 

 

 

 

dscf6023

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

dscf5994

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


COLINA Brownie 2。

特別な思いを込めたニットが到着です。

 

img_4966

COLINA  Brownie 2 – Khaki

 

従来のメンズウェアには無いような柔らかな1着をつくってみたい。

そういった着想からイメージを広げました。

 

目を引く後ろ身頃のギャザーは自由なドレープを描き、

とてもユニークなパターンは良い意味の違和感をつくり出します。

フェミニンな要素を取り入れながらも、カラーリングや細かなバランス調整により、

男性がファッションとして着れるニットに仕上がったと思います。

 

img_4964

 

それはCOLINAのパターン、素材があってこそ実現できました。

前作でもご好評いただきましたウォッシャブルウールは、

名前の通り、洗濯機で洗っていただけるウールです。

 

気楽に扱えて、素肌に着てもチクチク感のない肌触り。

そして、軽くてあったかい、ホントに素晴らしい素材です。

 

春夏はタンクトップの上から着ていただくと、

想像以上に快適で涼しいですよ。

 

img_4929

 

スタイリングは色々と試していただきたいのですが、

mandoのパンツとは相性抜群だと思います。

今までお選びいただいた方、イメージしてみてください。

 

トップスのギャザーとパンツのゆったり感。

ウエスト周りに重点をおいたスタイリングは、

新鮮に映し出すはずです。

 

img_4957

 

インナー使用時のプレーンさも大切なポイントです。

主張する後ろ身頃とは対象的に控え目な前身頃。

アウター着用時、しっかりと黒子に徹します。

主役も脇役もこなす幅の広さも特長です。

 

ご興味ございましたら、ROOTSページもご覧ください。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 

 


Vol.3843【PROTOTYPE:Brownie Ⅱ】

 

前作から15カ月、PROTOTYPEの新作が生まれました。

 

圧倒されるバックスタイル。

『COLINA』との共同制作による、春の訪れが楽しみになるニットウェアです。

 

PROTOTYPE:Brownie Ⅱ

dscf0765

 

 

スタッフ塚本がデザインを担った今回のアイテム。

ラグランともまた違う背面の独特の袖パターンは、彼らしくミリタリーウェアに由来するデザイン。

そこにメンズの洋服ではまず見かけない、たっぷりのギャザーを合わせました。

 

生地にはスーパー100’sの上質なニットを。

17.5ミクロンの極細繊維を織り上げた生地は、速乾性に優れ蒸れにくいという機能を持ちます。

本格的な夏が始まるまで、長い期間着用していただくことが出来るニットです。

またご家庭の洗濯機で洗っていただけるのも、大きなポイントになるかと思います。

 

 

dscf0757

 

 

フロントはあえてシンプルにすることで、

背面に集約したデザインとのギャップを作りだしました。

ここまで二面性のある洋服、そうは無いのでは。

 

比較的ゆったりとしたサイズ感ですので、

インナーにシャツを合わせてみるのも良いかと思います。

パンツにはミリタリーパンツからスラックスまで。

自由な組み合わせをお楽しみください。

 

 

dscf0754

 

 

本日更新した【Roots】でもご紹介させていただいておりますので、

よろしければ併せてご覧ください。

 

 

 

【Roots】

PROTOTYPE:Brownie Ⅱ

8

 

 

【Roots】

mando × doo-bop:Exclusive Geometric Sarrouel Pants

1

 

 

【Roots】

Alden × doo-bop:5-eye P-Toe ox

2

 

 

【New Arrivals】

PROTOTYPE:Brownie 2 – Khaki / 19,440 YEN

 

 

 

 

 


PROTOTYPE:Brownie Ⅱ

 

 

 

 

春風に踊るフェミニンなギャザー

 

生地のスペシャリスト『COLINA』との共同制作による当店オリジナルニットウェア。

メンズウェアの概念にとらわれない、新たな可能性を感じる1枚です。

 

 

 

 

 

8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5

 

 

 

 

 

 

ポイントはデザインを集約させたバックスタイル。

袖先から首元まで、1つなぎで描かれた独自の袖パターン。

スウェーデン軍のサーマルから着想を得たものです。

そこに大きく分量を取った生地を宛がい、迫力あるギャザーを生み出しました。

 

この高いデザイン性を活かすために選んだのは、

エクストラファインメリノウールを原料とした、非常に繊細な糸によって織り上げられたニット。

上品な光沢と滑らかさを備え、尚且つ機能性にも優れた『COLINA』ならではの特別な生地です。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7

 

 

 

 

 

 

後身頃とは対照的に、ミニマムさを追求したフロントデザイン。

浅めのVネックによるすっきりとした首回りに、リブを取り除いた開放的な裾。

生地の良さで語りかけてくる、静かな面持ちです。

 

 

 

 

 

 

6

 

 

 

 

 

 

性別やジャンルを越えた、自由に着ていただきたいニットです。

袖を通すたびに訪れる気持ちの昂りを、ぜひ味わってみてください。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

【Online Shop】

PROTOTYPE:Brownie Ⅱ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


バイプレイヤー。

こんばんは。

 

暖かくなったり、寒くなったり

落ち着かないですね。

 

さっと羽織る事のできるアウターもいいですが

最近はこの辺りの商品が気になります。

 

 

image2image3

 

Karl-Heinz Shirt 1/1 button tape – White

程よい力の抜け具合と肌触りの良さが絶妙です。

ヘンリーネックの首元が前あきのスタイルのインナーのアクセントに最適です。

もちろん一枚で着てもとても良いシルエットです。

 

次はこちら。

image1

 

Brownie – Olive

持ってらっしゃる方も多いかと思いますが

タイトすぎず、ゆるすぎないシルエットで寒い時期は

インナーとして、これからの季節はさらっとカットソー感覚で。

 

どちらもとても着心地もよく、シンプルで大人っぽい。

あまり目立ちはしないですがいい仕事してるんです。

 

なので様々なスタイリングで長いシーズン使える

ユーティリティなアイテムです。

普段は名脇役なポジションですが、一枚で十分主役にも。

 

 

まるであの俳優さんのように。

 

 

気になった方は一度手に取ってみてください。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


Vol.3465 【PROTOTYPE:BYRD 】

 

ジャズトランぺッター、ドナルドバード。

時代に先駆けて様々なスタイルを取り入れた音楽は、

今なお色褪せない魅力を放ちます。

 

そんな彼から命名した、PROTOTYPE初のレザーアイテム。

同色異素材を革で表現した、特別な1着が仕上がりました。

 

PROTOTYPE:BYRD

20171022-dsc_9805

 

 

パーツごとに異なるレザーが見せる、複雑な表情。

時が経つにつれ、それぞれの革は違う変化を遂げていきます。

10年後、どのような姿になっているのか、楽しみでなりません。

 

アウターとインナー、両方に使っていただけるように設定したシルエット。

形の通り、カーディガン感覚でさらっと着てみてください。

 

 

20171022-dsc_9824

 

 

大きなポイントの1つである、アンティークボタン。

1着ずつ種類の異なるボタンを取り付けることで、

「代わりの効かない洋服」として、所有することへの満足感を。

 

本日から販売を開始させていただき、

ありがたいことに早速動き出しています。

 

実際に見て、触れていただきたい洋服です。

 

また本日更新の【Roots】で、より詳細を記載させていただいております。

宜しければ併せてご覧くださいませ。

 

【Roots】

PROTOTYPE"BYRD"

5

 

 

【Column】

【Trojan Horse】10年目の挑戦

20170317-dsc_3811

 

 

【New Arrival】

PROTOTYPE:BYRD – Black / 149,040 YEN

ink:HARVEST – Hunting Vest – Black – Type A / 24,840 YEN

ink:HARVEST – Hunting Vest – Black – Type B / 24,840 YEN

 

 


PROTOTYPE"BYRD"

 

"10年目の挑戦"

 

想いを形に、出来上がったのは多種革使いのカーディガン。

 

1着ずつ異なる表情は、所有することに確かな喜びを。

 

 

 

5

 

 

 

 

『PROTOTYPE』

 

 

"BYRD"

 

 

 

 

20171018-dsc_8949

 

 

 

 

"レザーの多種類使い"

 

ホース、ディア、キップ。身頃に使用された3種類のレザー。

作り手の技術が詰まった、薄く剝かれた革。

初めて袖を通した瞬間から、柔らかな着心地を感じて頂けます。

 

袖の切り替えしにはゴートレザー。

複雑なパターンで立体的に仕上げられた肩回り。

革が馴染むにつれ、より快適でストレスの無いフィット感へと。

 

前立てのホーススウェードにポケット口のゴートスウェード。

優しく起毛したレザーは光を吸収し、表革とのコントラストを演出します。

 

 

5年後、10年後、パーツごとに異なる変化を遂げたレザーは

果たしてどのような表情を見せるのでしょうか。

 

 

 

 

3

 

 

 

 

"ディティール

 

「らしい」ペイズリー生地での総裏仕様。

ウールのニットや起毛した洋服の上から着た場合でも、

滑らかな袖通りを提供してくれる上質なキュプラ。

 

 

 

 

2

 

 

 

 

断ち切りで仕上げた袖口。

捲ることが可能な厚さを実現させるために。

1折りしてインナーの袖を覗かせる、

ちょっとした印象の変化を楽しんでいただけます。

 

 

「1点もの」をテーマにした、アンティークボタン。

100年以上の時を超えてきた、1着ずつ異なる小さなパーツ。

世界中のどこにもない、自分だけの洋服へ。

 

 

 

 

20171018-dsc_8867

 

 

 

 

"インナー使い

 

 

 

 

20171018-dsc_9045

 

 

 

 

コートにパンツ、同色でまとめたコーディネイト。

そこに奥行きを与える、レザーの艶めかしい光沢。

その存在感に思わず引き付けられます。

 

 

Vゾーンの深さや前立ての幅、

インナーとして着用した際にも納まりの良い着丈。

試行錯誤を繰り返し、ここまでたどり着きました。

 

 

 

 

4

 

 

 

 

「どう着ようか」

 

理想の答えを追い求め続けて。

 

 

 

 

 

 


茶色のニットが好きです。

こんばんは。

暖かくなったり、寒くなったり忙しい季節ですね。

皆さん、春のイメージカラーといえば、どんな色を思い浮かべますか。

爽やかで明るい色という方が多いと思いますが、個人的に今からの季節、ブラウンが気になります。

不思議なのですが、逆行している様に感じるカラーってカッコいいと思います。

今夜は、ブラウンニットをご紹介させていただきます。

 

まずは、今時期最適なコットンニット。

JOHN SMEDLEYよりAYDONを。

 

img_5933

JOHN SMEDLEY AYDON – DARK LEATHER

 

この深い色出しが魅力のDARK LEATHER。

シーアイランドコットンの素晴らしい着心地に加え、浅めのVネックが上品な仕上がりです。

今だけでなく、数年後もワードローブに残る洋服だと思います。

 

img_5931

shirts :ink CHANGE chino – Chinos Fatigue Sharts jacket With Apron M – size

bottoms : Levi’s 501

shoes : Alden

 

デニムにさらっと合わせるのは、とても自然体なスタイルではないでしょうか。

上質なニットとフェードしたデニムは、僕自身好きなバランス感です。

上着とのグラデーションでまとまり良く。

GWくらいですと、足元はサンダルも良さそうですね。

 

image1

PROTOTYPE Brownie – Brown

 

そしてPROTOTYPEよりBrownie。

こちらは、ウールになるのですが、実は今からの時期にもご着用いただけます。

タンクトップをインナーにすると涼しく、ロンT、サーマルですとあたたかい素材です。

インナーの選び方で、真夏以外着用いただける着用期間の長さも魅力です。

また、色抜けしにくく、ご家庭の洗濯機で洗っていただけるお取り扱いが楽なニットになります。

 

img_5936

bottoms : Engineered Garments Fatigue Short – 14W Corduroy – Khaki

shoes : Hender Scheme manual industrial products 08

 

お洋服好きな方は、そろそろ意識されているショーツとのスタイルにもバッチリとハマります。

Tシャツとのコーディネイトと比較すると、グッと大人ぽい印象に。

ふんわりとした身幅により、空気が循環することで、非常に快適です。

 

今夜はベージュトーンでのスタイルでご紹介しましたが、ネイビー、ホワイト、オリーブとも好相性なブラウン。

いつもと違うカラーを選ぶことで、新鮮に感じていただけるのではないでしょうか。

 

キッチリ着たい方へはJOHN SMEDLEY、程良くゆったりがお好きな方へPROTOTYPEをオススメさせていただきます。

春夏の茶色が良いんです。

 

【COLUMN】

MARQUEE PLAYER

0

 

【Roots】

WILLY CHAVARRIA.

0

INCOTEX.

brand_20304-1


アーカイブ

doo-bop Ameba Blog