Top > doo-bop : Nakajima

Philbert Poseyesvaの見せる技術

繊細さで、氏の右に出る者はいないと思います。
細く綺麗な曲線の連続、一目でPhilbert Poseyesvaのものだと分かります。
 Geometric柄を得意とし、本当に下絵なしで直接糸ノコを入れるのが、信じられません。
制作活動を始めて50年ほど脂が乗り切った時期に入ったのではないでしょうか。





ご覧ください、全てデザインは異なるのですが
見事に調和され、これぞフィルのGeometric柄です。
誰も真似できません。

Philbert Poseyesva Overlay Geometric Bracelet




氏ほどのアーティストは、そうそういません。
ご紹介できることが、嬉しく思う反面
今後、氏ほどの技術を持ったアーティストが出てくるのか不安です。
是非、その目でこの技術をご覧ください。


doo-bop Shop Blog


スギライトの魅力。

今年は秋にもう1度インディアンジュエリーフェアを開催します。
ロングブランチ森田さんの3年振りの渡米。
コロナ禍になってから、渇望していました新作をお披露目します。

様々な作品がある中で、印象的に目に留まったのは、
スギライトのパープルカラー。


魅惑的に誘ってくるPhilbert Poseyesvaによる作品たち。
インディアンジュエリー=ターコイズのイメージが強い世界で、
異質で色気を感じる表情に特別感を感じます。

一口にパープルと言っても、画像左のように深い色合いもあれば、
画像右のようにスモーキーな個体がございます。


石のカッティングが変われば、またまた違って見えます。
スクエアに比べて、柔らかな印象の涙型と丸型。

コンパクトなサイズ感は、石付きにチャレンジしたい方へも前向きです。

そしてそして。


Eddie Scott Kohtalawvaのスクエア+力強いオーバーレイのリングも。
パープルのイメージとここまでハマるとは。

シンプルな組み合わせですが、感じる何かがある作品です。

ご覧いただく価値有りです。

8日(土)よりお待ちしております。



doo-bop Shop Blog

週2更新(週央と日曜)です。是非ご覧ください。


Vol.4898【Indian Jewelry:Philbert Poseyesva】


インディアンジュエリーフェアは7月3日の日曜日までとなっています。

最後までじっくりと悩んでみてください。


さて、本日は個人的に紹介しておきたかったPhilbert Poseyesvaのリングを。

優れた感性で自由に描かれる、オーバーレイ技法の1つの到達点。

一度は手に取ってみて欲しい作品です。



Indian Jewelry:Philbert Poseyesva




Philbertの代表的な作品である、ジグザク型のブレスレットやリング。

柔軟な発想と卓越した技術によって生まれた傑作です。

そこに描かれる、幾何学的な模様。

驚くべきことにこれらは全てフリーハンドで描かれており、

彼にしか表現することの出来ない世界観となっています。









また50年近くジュエリー制作を続けているにも関わらず、彼のジュエリーはいまだに進化し続けています。

より美しく、よりクリエイティブに。

生粋の芸術家、そんな言葉がぴったりとくる人物です。







明日7/1(Fri)は店休日となります。

翌7/2(Sat)より通常営業をさせていただきます。

皆様にはご迷惑をお掛け致しますが、何卒よろしくお願い申し上げます。



【Event】

Indian Jewelry & Barro Negro Fair Vol.3



【Event】

Indian Jewelry & Barro Negro Fair Vol.2


【Event】

Indian Jewelry & Barro Negro Fair





【New Arrivals】

Indian Jewelry


塚本おススメIndian Jewelry ~リング~

Indian Jewelry Fairがはじまりました。

今ブログはリングに絞って、僕のお勧め作品を紹介させていただきます。
もちろんフェア中のみ。
こういった機会だからこそご覧いただける作品たちです。

Philbert Poseyesva / Hopi Sugilite Band Ring – 21号


グレーが入り混じったパープルのスギライト。
美しさと妖しさを併せ持ったミステリアスな魅力に、惹きつけられます。
鉱石を引き立てるのは、フリーハンドで表現された両サイドのオーバーレイ。
なんとも禍々しいではないですか。


装着すると、スギライトの色気にゾクゾク。
そこまで重いわけではないですが、スクエアカットのスギライトの重量感にうっとりです。

Philbert Poseyesva / 14K Hopi Zig Zag Ring – 19号


続きましても、同じくPhilbert Poseyesvaです。
お馴染みのZig Zag Ringの素材は14K。
特別感もゴールドの良さ。
煌びやかな指元をお楽しみください。
※フェア中、Zig Zag Ring はシルバーでもご用意しておりますので、
付け比べてみてください。


印象的なデザインだからこそ、ファッション的にも楽しんで。
作風やターコイズ、アーティストと拘るべきポイントは人それぞれですが、
素材に拘るのもジュエリーとの向き合い方の一つです。

Curtis Pete Sugar Skull Ring – 21号


Curtis Peteの作品も久しぶりにご覧いただけます。
氏と言えば、シュガースカルモチーフのこちら。
スカルのイメージのないインディアンジュエリーとの意外性。
立体的な形状も相まって迫力有りです。
※画像は21号の作品ですが、23号の作品もご用意ございます。


他者との違いもインディアンジュエリーの醍醐味です。
見て、触れて、身に付けて。
これぞというジュエリーとの出会いをお楽しみに。


doo-bop Shop Blog

週2更新(週央と日曜)です。是非ご覧ください。


Philbert Poseyesva×Sugilite。

Philbert Poseyesvaの作品群から、一際気になる存在はスギライトと言われるパープルカラーの鉱石を使用した作品。


神秘的な紫。
インディアンジュエリー=ターコイズのイメージが強い世界において、
この色気に満ちた表情は個性的に映し出すはず。

紫の色のイメージを調べていると『孤独』というワードがありました。
確かに。
他に属さない強いイメージをもっています。

Philbert Poseyesva Hopi Sugilite Bracelet


引き立てるのは Philbert Poseyesvaのオーバーレイ。
迷いのない自由なラインが紫の持つ力をより強めてくれます。

Philbert Poseyesva Hopi Sugilite Band Ring


リングは形状の面白さに加え、質感にも注目です。

いわゆるバンドリングの派生形のようなイメージのデザインですが、
鏡面部とのコントラストが魅力的。
上下の質感が異なる箇所はエングレービングワークと言われる技法です。
フリーハンドでシルバーを細かく削り出されています。

触るとザラついており、独特の表情で映し出します。
リングという面積の小さなアイテムですが、世界観たっぷりです。

ターコイズも当然素晴らしい作品をご用意しておりますが、
角度を変えたインディアンジュエリー探しも良いのではないでしょうか。

フェアは12日(日)までです。


doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


Indian Jewelry:Philbert Poseyesva



現代のインディアンジュエリー界において、最も自由に直線と曲線を操る人物

Philbert Poseyesva

オーバーレイ技法で描かれる幾何学模様は、手に取る人を魅了し続けます









デザインを起こすことはせず、直接シルバーをカッティングしていく独自の技術

その瞬間瞬間の感情によって描かれるラインは、一つとして同じものがありません


また氏の作品の特徴として挙げられる

リングやブレスレット自体のユニークなシルエット

オーバーレイの模様との相乗効果によって生み出された、複雑な美しさは必見です










伝統的な技法を追求し続け、新たな表現の域へと到達したジュエリー

作り手の心が映し出されたかのような作品を、ご覧になってください













Philbert Poseyesvaに惹かれます。

フリーハンドで描かれるというPhilbert Poseyesvaのオーバーレイ。

迷いなく刻まれた圧倒的なラインはとても素直で正直に訴えかけてきます。

 

IMG_5585

 

そして形状のユニークさも惹きつけます。

ジグザグデザインは氏のアイコンとも言えるところ。

遠目で見ると違いが分かりにくいHOPIジュエリーですが、

ここまでクッキリと分かるものはそう多くはありません。

 

IMG_5589

 

いぶし銀とも言えるナロー幅のシンプル形状と付け比べてみてください。

 

IMG_5580

 

僕が気になるのはスギライトと言われるパープルカラーの鉱石を使用したこちらのリング。

深いパープルと独特のタッチで描かれたオーバーレイが日々僕に圧をかけてきます。

 

今フェアでは例年以上にPhilbert Poseyesvaの作品はご用意出来ました。

11日(日)まで開催させていただきますので、よろしければご覧ください。

 

doo-bop Shop Blog

週2更新(週央と日曜)です。是非ご覧ください。

 

 

 


Vol.4565【Philbert Poseyesva:Fancy Ring】

 

本日【Roots】ページを更新しました。

CHANGESに別注を依頼したパンツ。癖のあるデザインをお楽しみください。

 

Philbert Poseyesvaによる、優しい雰囲気溢れる作品が届きました。

手元のアクセントに、素敵なリングはいかがでしょうか。

 

Philbert Poseyesva:Fancy Ring

1

 

 

Philbertの代表的な作品である、ジグザク型のリング。

柔軟な発想と卓越した技術によって生まれた傑作です。

そこに描かれる、幾何学的な模様。

驚くべきことにこれらは全てフリーハンドで描かれており、

彼にしか表現することの出来ない世界観となっています。

 

50年近くジュエリー制作を続けているにも関わらず、彼のジュエリーはいまだに進化し続けています。

より美しく、よりクリエイティブに。生粋の芸術家、そんな言葉がぴったりとくる人物です。

 

ぜひ一度手に取ってみてください。

 

 

2

 

 

明日5/28(Fri)は店休日となります。

翌5/29(Sat)より通常営業をさせていただきます。

皆様にはご迷惑をお掛け致しますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

※コロナウィルスへの対策といたしまして、ご来店の際はなるべくマスクの着用をお願い致します。

また店内には消毒用のアルコールを設置しておりますので、ご自由にご利用ください。

 

 

 

 

 

【Roots】

CHANGES: db Ex EMBROIDERY PANTS

4

 

 

 

 

【New Arrivals】

Indian Jewelry:New Arrivals

 

 


Vol.4284【Philbert Poseyesva:Zig Zag Ring】

 

インディアンジュエリーフェアもいよいよ明日が最終日となりました。

元々お好きな方はもちろん、これまでアクセサリーを身に着けることはなかったという方にも

興味を持っていただけて、とても嬉しく思います。

 

さて、本日は個人的に紹介しておきたかったPhilbert Poseyesvaのリングを。

優れた感性で自由に描かれる、オーバーレイ技法の1つの到達点。

ここ数年のジュエリーフェアで最も数多く揃っているので、じっくりと観察してみてください。

 

Philbert Poseyesva:Zig Zag Ring

DSC_5620

 

 

Philbertの代表的な作品である、ジグザク型のブレスレットにリング。

柔軟な発想と卓越した技術によって生まれた傑作です。

そこに描かれる、幾何学的な模様。

驚くべきことにこれらは全てフリーハンドで描かれており、

彼にしか表現することの出来ない世界観となっています。

 

 

DSC_5629

 

 

また50年近くジュエリー制作を続けているにも関わらず、彼のジュエリーはいまだに進化し続けています。

より美しく、よりクリエイティブに。生粋の芸術家、そんな言葉がぴったりとくる人物です。

 

この世界では作者が『アーティスト』と呼ばれることを考えると、

今の当店はインディアンジュエリーの美術館。

ぜひ最後まで楽しんでいってください。

 

 

DSC_5634

 

 

 

 

【Event】

doo-bop Indian Jewelry Fair 2020 Vol.1

2

 

 

【Event】

doo-bop Indian Jewelry Fair 2020 Vol.2

1

 

 

【New Arrivals】

Indian Jewelry:Fair pieces


Vol.4243【Indian Jewelry:Philbert Poseyesva】

 

手元がよく見えるシーズンがやって来ました。

それに合わせて気になってくるインディアンジュエリー。

 

ホピ族のベテランアーティスト、Philbert Poseyesva。

40年以上にわたりシルバージュエリーを作り続ける彼の作品は、

近代アート的な構図と滑らかで美しい曲線が特徴です。

 

Indian Jewelry:Philbert Poseyesva

DSC_2925

 

 

信じられないことに、Philbertはデザイン画を起こしたり型紙などは使用せず、

フリーハンドでシルバーに直接デザインを刻んでいきます。

このスタイルはホピ族の天才と称されるGlenn Lucasから継承しており、

高い技術と想像力が必要とされることから、現在この手法が出来るアーティストはほとんど存在しません。

そう言われて見てみると、より彼のジュエリーの魅力が増してくる気がします。

 

 

DSC_2936

 

 

ブレスレットにリング、「これは!」というものを選んでください。

 

 

DSC_2940

 

 

 

【New Arrivals】

MOJITO:RITZ JACKET – Nvy / 63,800 YEN

MOJITO:GULF STREAM PANTS – Nvy / 37,400 YEN

MOJITO:GULF STREAM PANTS Bar.15.0 – W&N / 31,900 YEN

 

 

 

 


アーカイブ

doo-bop Ameba Blog