Top > doo-bop : Nakata

PARABOOT PACIFIC

こんばんは。

 

 

五月も終わっちゃいますね。

いよいよ六月ですよ

六月と言えば今年はW杯ですよ!

 

 

すいません。

そうですね、六月と言えば梅雨の時期ですよね。

蒸し暑い日も増えてくるので、サンダルの登場が多くなります。

 

 

今年、履きたいな思うのが

 

image3

 

PARABOOT   PACIFIC 

 

ご覧の通り、革靴を肉抜きしたようなサンダルで

足全体を固定してくれるので、歩きやすく疲れにくく

靴の感覚で履いていただける1足だと思います。

 

サイドにストラップもついているので、ソックス着用時など

フィッティングにも幅がもたせられるのが嬉しいところ。

 

image4

 

 

使われているのは、他のモデル同様にリスレザーなので雨などに強いのも

これからの時期、心強いです。

 

 

image1

 

ショーツスタイルにも、パンツスタイルにも合わせやすい

万能なサンダルなんです。

 

image2

 

 

持っておいて、後悔しないそんなサンダルです。

気になる方はお早めに!

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 

 

 

 


Vol.3648【PARABOOT:PACIFIC】

 

上品さと武骨さを併せ持たせたモデル、PACIFIC。

軍用として1950年代以降に広まったグルカサンダルをベースにした、

夏場のスタイリングを引き締めてくれる1足です。

 

PARABOOT:PACIFIC

dsc_7398

 

 

特徴的な網状のアッパーには、油分を多く含ませたリスレザーを。

ソールには軽くてグリップ性に優れた自社開発のラバーソールを採用しているので、

雨の季節にも存分な活躍を期待できます。

 

武骨さを感じるディティールながら、細身のシルエットにすることでスタイリッシュさをプラス。

スラックスやショートパンツと合わせて、ラフになりすぎないサンダルスタイルを演出してくれます。

 

 

dsc_7372

 

 

dsc_7383

 

 

またMIRKO BUFFINI Trunk Showは明日までの開催となっております。

普段店頭には並ばない品番もご覧いただけますので、よろしければお試しください。

 

 

【Event】

MIRKO BUFFINI Trunk Show 2018

2

 

 

【Column】

NIRVANA Printed T

1

 

 

【New Arrivals】

 

 

 


PARABOOT

こんばんは。

 

3/31-4/1の2日間、MOJITO Pre-meeting開催します。

気になる品番が多く、僕も楽しみにしております。

お時間よろしければ是非お立ち寄りください。

 

ブログでもいつもスニーカー推しな僕ですが、

実は最近気になってるんです。

 

PARABOOT

 

image1

 

シューケアだったりで手にすることが多くて

すごく気になって…

最初はWILLIAM かなぁと思っていたのですが

 

image2

 

毎日見てると

どーーーーも気になるんですよね

 

 

この子達

 

image3

REIMS      REIMS VISON

 

シュッとしてない感じがいいんですよね。

愛嬌があるとゆうか。

うちの愛犬みたいで笑

 

 

あっ

こんな感じです。

 

 

image3

 

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 


PARABOOT TRUNK SHOW中だからこそ。

こんばんは。

 

TRUNK SHOW前に我慢できずに手にいれましたPARABOOT 。

久しぶりに購入しましたモデルはREIMS。

 

img_8149

PARABOOT REIMS – NUIT      REIMS VISON – Noir

 

自身2足目のREIMS、左のNuitを数年前に購入しました。

実を言うと、Nuitのサイズはハーフ小さく、未だに長時間履くと痛みがでる時もあります。

当時、お客さんとしてdoo-bopに足を運んでいた僕は、中島の助言を振り切って、

『ローファー=タイトなサイズ』という考えで突っ走ってしまいました。

 

今夜は靴のサイズ選びでお話させていただきます。

 

img_8150

 

結果として分かりましたのは、僕自身の足のサイズは思っていた以上に大きかったこと。

そして痛みが生じるのは、小指の付け根。

つまり、ワイズも広かったわけです。

 

きっちり計測をすることで、実寸値に基づいて選ぶ。

当たり前かもしれませんが、革靴を購入する際はとても大切だと思います。

 

ご来店の際、サイズが不明、不安な方、計測をさせていただきますので、お気軽にお声掛けください。

 

img_8091

 

そうは言っても、モデルによってサイズ感は微妙に異なるのも事実ですので、

実際履いてみないとわからい部分もあると思います。

PARABOOTに関しましては、TRUNK SHOW中ですので、比較的サイズのご用意はございますので、

大きめや小さめも試してみたいと思っていらっしゃれば、こちらもお気軽にお申し付けください。

 

img_8153

 

モデルによって、足型が合わない方へはインソールもご案内しております。

足って実はすごくデリケート。

小石ひとつ入っただけで、すごく違和感を感じたことはないでしょうか。

サイズも同様に、不快感を解消することで、靴をより気持ち良く履き、お出掛けしていただけます。

 

PARABOOT TRUNK SHOW中だからこそ、靴に関しましての疑問点、一緒に考え解決の道に近づけるかと思います。

良い靴選びにお役立ててください。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 


PARABOOT-CHAMBORD。

開催初日、2日目はどうなるのかと思ってましたが

おかげ様で、盛り上がったきたPARABOOT Trunk Show

やはり牽引するのはCHAMBORD、この人気はあの方の影響が大きいのでしょうね。

すごいは、ホンマに。

 

 

 

image1

 

 

 

このモデルは、幅広・甲高の方にもってこいです。

逆に、幅狭・甲低でどうしても履きたい方は、最初からインソールを

入れれば履けないことはないですが、まぁ後悔しますね。

2,3回履いて沈むと羽根がピタっと閉じてしまって、紐の意味なしです。

どうしてもって方は、自己責任でお願いします。

 

 

 

image2

 

 

 

そして、履きこむとUチップの縫い合わせ部分がどうしても開いてきます。

構造上、致し方ないのでご了承ください。

なんか嫌な内容になりましたが、丈夫でこれからの天候には最高の一足です。

どうでもいいけど、新品時ブルーム出過ぎ。

 

 

 

 

image3

 

 

 

 

 

本日のチラ見せ!

 

 

 

image4

 

 

違いが分かる方は、グッドイヤーのこちらを。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 


Vol.3498 【PARABOOT:WILLIAM】

 

当店でPARABOOTというと、REIMSかこちらのモデルの印象が強いかと。

クラシックなフォーマルシューズというイメージのダブルモンクを、

PARABOOTのフィルターを通すことでカジュアルにも合わせられる1足に。

 

 

PARABOOT:WILLIAM

20171129-dsc_0467

 

 

カジュアルさを感じるのは、短く設定されたノーズ部分にノルウェイジャン製法、

そして武骨なアウトソールといったディティールから。

 

 

20171129-dsc_0410

 

 

またストレートチップ、バックル部分の金属パーツからは品の良さ、華やかさを。

着脱が容易という点も、何かと靴を脱ぎ履きする機会が多い日本ではありがたいですね。

 

 

20171129-dsc_0451

 

 

ぜひお試しくださいませ。

 

 

【Event】

NORIEI & Shoe Care Event 2017

1

 

 

【Event】

2017 PARABOOT Trunk Show

4

 

【New Arrival】

PARABOOT:AVORIAZ – Noir / 73,440 YEN

PARABOOT:WILLIAM – GR.Ebene / 73,440 YEN


Vol.3497 【PARABOOT:REIMS】

 

連日旅立っていくPARABOOTのシューズ。

お客様と話をする中で、改めて良い靴だなと再確認しています。

本日は当店でも展開を続けているこちら。

 

登山靴としてのルーツをもつPARABOOTの機能性が加わることで、

あらゆる気候とフィールドでの着用を可能としたコインローファーです。

 

PARABOOT:REIMS

20171128-dsc_0115

 

 

アッパーレザーにはリスレザーを使用。

履きこみケアを繰り返し行うことで鈍い光沢感が表れ、深みが増していきます。

コインローファーと聞けば、上品でスマートな印象が強いですが、

こちらはカジュアルシューズとして、幅広いシーンで活躍する1足です。

 

 

20171128-dsc_0129

 

 

アッパーとウェルトを縫い付ける糸はナチュラルカラーを使用していて、

モカシンシューズのような程よい抜け感とカジュアル感を演出します。

また深めに設定されたヒールカップは踵抜けが起こりにくく、快適な履き心地。

 

 

 

20171128-dsc_0140

 

 

ローファーらしからぬ、ぽってりとしたトゥに愛嬌を感じます。

こちらは「NUIT」というカラーの新品とスタッフが履き込んだもの。

深く、味わい深い色味に変わっていく様をぜひ自身で体感してください。

 

デニムパンツやファティーグパンツ、スラックスなど

困ったらこれを履いておけばいいというほど、様々なボトムと合わせていただけます。

 

紐なしの靴はサイジングが難しいですが、

スタッフが自身の経験も交えて提案させていただきますので、

お気軽にお試しくださいませ。

 

 

【Event】

NORIEI & Shoe Care Event 2017

1

 

 

【Event】

2017 PARABOOT Trunk Show

4

 

【New Arrival】

PARABOOT:REIMS – Cafe / 70,200 YEN

PARABOOT:ADONIS – GR.Noir / 75,600 YEN


Vol.3496 【PARABOOT:CHAMBORD】

 

モカシン縫いのUチップが印象的な1足。

PARABOOTといえば、まずこちらの品番を思い浮かべる方が多いかと。

 

アッパーにはブランドの代名詞となるリスレザー。

しっとりとした光沢を持ち、フランスの宝石とも呼ばれるオイルドレザーは、

このCHAMBORDの為に作られたと言われています。

 

 

PARABOOT:CHAMBORD

20171127-dsc_9997

 

 

オリジナルソールの”PARA-TEX”ソールは耐久性に優れ、

同時に素晴らしいクッション性を兼ね揃えています。

ソールに入った「R P」は、PARABOOTを展開する「リシャール・ポンヴェール社」の頭文字。

 

アウトソールをノルウェイジャン・ウェルト製法と呼ばれる縫製で仕上げることにより、

耐水性・耐久性に優れたモデルになります。

 

 

20171127-dsc_0009

 

 

また、ボリューム感を抑えたドレッシーなモデル、CHAMBORD LIEGEもございます。

Uチップデザインはそのままに、アッパーには色気を感じるシュリンクレザー。

ソールはACTIVソール、グッドイヤー製法での仕上げに変更されています。

もちろん雨天時にも着用可能な点は変わらずですのでご安心を。

 

加えて特徴的なグリーンのタグはあえて付けず、よりミニマムな見た目に。

カジュアルからスーツまで、幅広いスタイルを支える新しいイメージのCHAMBORDです。

 

 

 

20171127-dsc_0031

 

 

どちらのCHAMBORDもクラシックなデザインとは裏腹に、

様々なコーディネートにハマル汎用性の高さが持ち味です。

カジュアルなパンツから、インコテックスのような上品なスラックスまで。

1足目のPARABOOTとしても、ぜひお試しくださいませ。

 

 

【Event】

NORIEI & Shoe Care Event 2017

1

 

 

【Event】

2017 PARABOOT Trunk Show

4

 

【New Arrival】

PARABOOT:AVIGNON – Noir / 70,200 YEN

PARABOOT:AVIGNON – Cafe / 70,200 YEN

PARABOOT:CHAMBORD – Cafe / 70,200 YEN


Vol.3494 【PARABOOT Trunk Show 開催中です】

 

本日より始まりました、PARABOOT Trunk Show

初日から多数のご来店ありがとうございました。

今回のイベントは約2週間の開催となっておりますので、

ご都合のよろしいときにお越しいただければ幸いです。

 

 

20171125-dsc_9608

 

 

雨が多い日本の気候にはPARABOOTの靴が強い味方になってくれます。

天候を気にせずに履ける靴は、やはり有難いです。

カジュアルなモデルはもちろん、ビジネスシューズとしてご利用いただけるモデルもございますので、

スタッフまでお気軽にお尋ねください。

 

 

20171125-dsc_9622

 

 

見慣れない色やモデルは思わず手に取ってしまいます。

一見難しいかなと感じても、試してみると案外すんなりと馴染んでくれたり。

この機会にぜひ、色々と履き比べてお気に入りの1足を見つけてみてください。

 

 

【Event】

2017 PARABOOT Trunk Show

4

 

【Column】

コードバンの新たな魅力

20171109-dsc_4045

 

 

【New Arrival】

PARABOOT:MICHAEL – Gloss-Noir / 70,200 YEN

PARABOOT:MICHAEL VISON – Noir / 90,720 YEN

 


PARABOOT MICHAEL TRUNK SHOWにむけてご覧ください。

こんばんは。

 

明後日、25日土曜日よりPARABOOT TRUNK SHOWの開催です。

品番、サイズともに豊富に取り揃えておりますので、

ご興味ございましたら足をお運びいただければと思います。

 

今夜の僕のブログはイベント予習。

せっかくご紹介させていただくなら普段店頭に並んでいない品番をご紹介させていただきます。

 

img_8069

 

PARABOOTを代表する品番MICHAEL。

ぽってりとしたフォルムに心が揺れませんか。

リスレザーを使用されたNoir。

定番のカラー、モデルは初めてPARABOOTをご検討いただいていらっしゃる方へもお勧めできる品番となります。

 

img_8053

 

輝きが美しいGloss-Noir。

ドレッシーな光沢とMICHAEL独特のフォルムとのギャップをお楽しみいただけるカラーです。

 

img_8058

 

今期REIMSで先立ってご紹介しましたミンクファー使用モデル。

ラグジュアリーな印象をお楽しみいただける品番です。

 

img_8064

 

深いグリーンカラー、Vert 。

黒みのあるグリーンは意外なほどスタイリングに馴染むカラーです。

 

普段なかなかお目にかかれない品番、カラーもTRUNK SHOWの醍醐味かと思います。

定番CHAMBORDからWILLIAM、REIMS もしっかりと取り揃えております。

もちろん他品番もご用意しておりますので、しっかりと迷い選んでいただけるかと思います。

 

11月25日(土)より多数の品番と共にお待ちいたしております。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 

 


アーカイブ

doo-bop Ameba Blog