Top > doo-bop : Tsukamoto

今年の春服。

こんばんは。

皆様、春服のお買い物は順調でしょうか。

今夜は最近購入しました春服のご紹介を。

 

img_5428

TEATORA Wallet JKT FULL FLAT- NAVY

 

今年は、ちょっとリラックスした着心地のジャケットがどうも気になっていました。

選んだのは、TEATORAのWallet JKT。

早速、新素材FULL FLATを試してみました。

 

ファーストシートのフルフラットシートに寝そべっているような快適な着心地から命名された、こちらの素材。

ファーストシートには、縁がないのですが、快適な着用感はお約束します。

しっかりと体に沿って伸びる。そしてきっちりと戻る。

この戻る部分が大事です。

リラックス感がありながら、形状が美しく保たれるのでキチンとした感じがございます。

 

img_5429

 

この大振りのポケットの収納力には驚かされます。

しっかり入りながらも、緩やかなシルエットにより、中のモノが膨れにくいんです。

もうひとつファスナー付きのポケットが内蔵されておりますので、こちらは鍵や貴重品の収納に役立てております。

 

ジャケットが決まればインナーということで、

 

img_5432

Needles Oval Neck Sweater – Crochet Lace

 

今年は、品番を多く展開していることもあって、例年以上に見ごたえのあるラインナップでご紹介しておりますNEEDLES。

個人的にも、着てみたい、持っておきたいアイテムが数多くあり、どれにしようか頭を悩ませていたのですが、こちらのニットに決めました。

 

img_5433

 

メンズでは珍しいクロシェットと言われるレース編み。

透け感による色気、今まで着てきたニットとは異なる存在感に惹かれました。

 

よく中に何を着たらと質問をいただくのですが、今の季節でしたら、黒やグレーのサーマルやロンTを合わせていただくと良いかと思います。

暑くなれば、半袖、タンクトップに変更していただれば、快適な夏スタイルです。

 

今まで選んできたアイテムと違うだけに、どう着ていこうか楽しみです。

ジャケットやショーツスタイル、他のニードルズアイテムでアクの強い感じでいこうかと、色々とイメージする時間が好きです。

 

新しいアイテムにもチャレンジしやすい季節『春』。

幅を広げるアイテム選びも一つかと思います。

 

【Event】

2017 A/W Norwegian Rain Order Fair. 2/25(Sat)~2/27(Man)

0

【COLUMN】

ink.

dsc_5111-5

【Roots】

MOJITO × doo-bop Exclusive ABTHINTH SHIRT Bar.2.0.

2

 


コットンニットをお勧めしたい。

こんばんは、お疲れ様です。

 

 

少し前に活動再開。

 

僕はカラオケで聞いてから、ドはまり中です。

 

良いですね。

 

その日は、声が低めの女の子(同級生)が歌っていて、とても感動しました。

 

毎日リピートしています。

 

ジーパンよりも、黒いズボン。

茶靴よりも、黒スエードの靴。

バングルよりも、指輪。

好きなアイテムです。

 

と、合わせて実は大好きなコットンニット。

春に着るニットが好きです。

 

スウェット程カテゴリーが限定されず、

ウールのセーターと違い家でも洗える。

 

ハイゲージのジョンスメドレーももうすぐ入ってきますが、

まずはローゲージから。

 

img_8241

Needles : Oval Neck Sweater – Crochet Lace

レース調の甘い編みと、

深いパープルの色出し。

これぞNeedles(ニードルズ)。

色気を感じます。

 

img_8244

今時期は、白や、黒のロンTをインナーに透かせていかがでしょう。

 

 

夏場はタンクトップに、ショーツなんてバランスも良さそうです。

 

 

ややゆったり目のシルエットに、

リネン混紡のシャリ感のある素材。

 

少しレディースライクかもしれませんが、表情としてはサーマルのワッフル生地の延長のような。

ありそうでなかった新感覚。

 

シンプルになる春夏のスタイルを表情でアクセント付け。

 

img_8245

まだまだ今の季節はインナーですが、即戦力に。

どうぞご検討ください。

 

【Roots】

MOJITO × doo-bop Exclusive ABTHINTH SHIRT Bar.2.0.

1

【Event】

COMESANDGOES.

0

【COLUMN】

Chambers

20161213-dsc_1540

 

 


ブーツカットも良いんです。

こんばんは、お疲れ様です。

寒い毎日が続いていますが、いかがお過ごしですか?

 

僕の禁煙は順調です。

1週間過ぎました。

 

朝の目覚めが良い。

食べ物がおいしく感じる。

そんな事は一切感じられませんが、なんだか体の調子は上向きな感覚です。

 

辞める秘訣は、タバコの事を忘れる。

ガムに置き換えるよりも、可愛い子を探せ。

 

お客様にいただいた格言。ありがとうございます。

胸に秘めて頑張ります。

 

 

さて本日のご紹介はNeedles(ニードルズ)よりどうぞ。

img_8080

Needles : Side Strap Boot Cut Trouser – Tropical Wool

緩やかなフレアシルエットを楽しめる1本です。

素材は夏場に快適なトロピカルウール。

70’Sのムードを感じるシルエットに、上品な素材のバランスがNeedles(ニードルズ)らしいパンツ。

 

 

img_8088

ベルトレス。

レディースでは多く取り入れられているカットソーや、ニットのタックイン。

この春は試してみても良いのではないでしょうか。

 

img_8077

tops : Needles : Arrow Jacket – Pe/R Paisley Jacquard

inner : Needles : Boat Neck L/S Tee – Cotton Rib Jersey

 

 

 

img_8070

tops : Needles : V Neck Cardigan – Pe/C Jersey

inner : Engineered Garments : Banded Long Collar Shirt – Big Plaid 

 

ももから膝にかけては徐々に細くなる綺麗なラインは、

ロング丈のアイテムや、ジャケットとも好相性。

 

足のラインが綺麗に映るというブーツカットですが、

何より、新鮮な印象が強い1本です。

 

いつものコーディネートのアクセントにどうぞ。

 

【Roots】

2017 S/S TEATORA.

6

【COLUMN】

Chambers

20161213-dsc_1540

 


シューケア講習会に行ってきました。

こんばんは。

暖かくなると、予報では聞いていたのですが皆様お住まいの地域はいかがでしょうか。

先日、大阪に行った際、同じ関西でも結構気温が違うと感じました。

 

その大阪、実はシューケアの講習会に行ってまいりました。

 

img_5257

 

当店でも昨年末、イベントを開催させていただきまして、大変ご好評いただきました、シューケア。

靴の輝きを取り戻すだけでなく、革質、ケア方法によっては、全く違った印象に変えることも可能です。

新たな可能性を引き出すというと大げさかもしれませんが、長年愛用している靴の違った顔はお見せできると思います。

 

img_5242

img_5263

 

例えばハイシャインと言われる鏡面仕上げにもチャレンジしてまいりました。

上が仕上げ前、下が仕上げ後になります。

トゥ先の光沢感が全く違います。

カジュアル服がメインなので、仕上げることは少ないかもしれませんが、ここぞという時やお呼ばれした際は、こういった雰囲気もいいのでは。

丁寧にワックスを塗り込み、水を垂らして伸ばす。

文章で書くとシンプルな作業ですが、微妙な力加減が必要となります。

ジワジワ鏡のように光沢が出てくる瞬間にやりがいを感じるシューケアです。

少しづつですが、練習して皆様にもお伝えできるようにさせていただきます。

 

その他、インソールから、普段のケア方法のおさらい、スウェード、スニーカー、エキゾチックにエナメルと多様な靴に関する接し方を勉強してまいりましたので、お手持ちの靴でお困りの際は、お声掛け下さい。

 

と充実した1日を過ごし、靴も綺麗にした所で、

 

img_5297

Needles Samue Jacket – 6.5oz Denim

春服、一発目は、ずーと気になっていたSamue Jacket、買っちゃいました。

 

【Roots】

2017 S/S TEATORA.

6

 

【COLUMN】

Chambers

20161213-dsc_1540

 


vol.3234 【Needlesより、らしさの詰まった1着を。】

こんばんは、南出です。

いつも当店Shop Blogをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

 

日中の寒さが落ち着いた分、朝晩との気温差が大きくなりました。

体調を崩しやすい頃合いだと思いますので、皆様どうぞお気をつけてお過ごしください。

 

そろそろ春の羽織物を選び出す良い気候です。

本日のご紹介はこちらです。

dsc_0713-2

Needles : Oriental Button Stand Collar Coverall – Poly Tussore

Needles(ニードルズ)らしい1着です。

 

 

 

dsc_0780-5

ワークウェアの定番、カバーオールをベースに、

ボディと共生地のボタンを使用することで、チャイナ服のような独特の世界観を醸し出す雰囲気に。

 

 

 

 

dsc_0803-6

台襟を省き、深く設定する事で和服のような襟元を表現しています。

独特で、個性が光るのですが、まとまりが良い。

Needles(ニードルズ)ならでは、多角的な要素を1つにまとめるその手腕がダイレクトに感じられる1着ではないでしょうか。

 

 

 

 

dsc_0820-7

軽く、適度なハリコシがあるポリエステル素材を用いる事で、

洋服のカテゴリーに囚われない柔らかい発想を感じます。

同時に、雨風を凌ぎ、軽く嵩張らない素材ですので、今時期からもレイヤード使いに。

初夏には、Tシャツやショーツにと、様々なスタイルに合わせてお楽しみいただける1着です。

 

 

 

中島(168cm 56kg サイズS)

dsc_0677-1

vest : WESTERN MOUNTAINEERING : FLASH VEST

inner : PROTOTYPE : Brownie

bottoms : mando : 3 Pleated Pant – Mini Herringbone

shoes : Alden : 88176 doo-bop Exclusive ONEPIECE SLIPON

 

 

南出(174cm 64kg サイズM)

dsc_0748-3

inner : Engineered Garments : Banded Collar Shirt – 100’s 2ply Broadcloth

bottoms : PROTOTYPE : McLaughlin

使いやすさや、汎用性を大きく唱えるブランドが多い中、

独自の世界観を大切にし、尊重しているNeedles(ニードルズ)。

 

他ブランドのトップスにはない、袖を通した瞬間の高揚感や、

ワクワクを感じられる1着だと思います。

 

どうぞご検討ください。

 

また、本日オフィシャルホームページRootsを更新しております。

6

2017 S/S TEATORA.

 

是非ご覧ください・。

それでは、本日もありがとうございました。

 

【Roots】

2017 S/S TEATORA.

6

 

【COLUMN】

Chambers

20161213-dsc_1540

 

【New Arrival】

TEATORA : Wallet Pants Packable – NAVY / 32,400 YEN

dsc_9946-3

 

TEATORA : Wallet Pants Packable – BLACK / 32,400 YEN

dsc_9620-5

 

TEATORA : Device Cruiser F/L Packable – NAVY / 36,720 YEN

dsc_0002-3

 

TEATORA : Device Cruiser F/L Packable – BLACK / 36,720 YEN

dsc_9770-5

 


春ジャケットは今が見所です。

こんばんは、お疲れ様です。

去年の年末より、邦画にはまっていたのですが、久々に洋画もチェックしましたので、

どうぞ。

 

imgres

『さらば青春の光』

洋服好きの方なら、ほとんどの方が観られていると思います。(僕はまだ観ていませんでした。。)

 

imgres

1960年代のイギリスを舞台としたモッズとロッカーズの対立を描いた作品。

恋、仕事、遊び、ドラッグ、パーティーと青春時代を謳歌し、

その先に対立したロッカーズとの対立、暴動をきっかけに、

恋人、友達から煙たがられて、自分の青春の詰まったスクーターを手放す。

 

ざっくりいうとこれがあらすじですが、

やっぱりファッション的に観ていただきたいですね。

 

 

imgres

モッズコート。

 

 

images

フレッドペリーのポロシャツや、髪型。

 

観ていると楽しくなる映像ばかりです。

社会現象にまでなったモッズファッション。

今の日本でこんな事起これば楽しいのにな~と思いながら鑑賞いたしました。

是非!

 

それでは、本日のご紹介へ。

 

年々いつ何を買うという事が自由になってきたように感じますが、

春物、特にジャケットは今が良いタイミングです。

たくさん揃っています。

 

個人的に心待ちしていました、Needles(ニードルズ)のブルゾンが届きました。

 

img_7984

Needles : D/S Zipped Jacket – Tropical Wool

 

 

前も書いたと思うのですが、

ペイズリー、蝶々、パープル等、Needles(ニードルズ)の代名詞となるワードを使用していないこの品番ですが、

類まれなるエッセンス、組み合わせ方で、「らしさ」を感じる1着だと思います。

 

fullsizer

fullsizer-1

サマーウールなのにドリズラー型。

ドリズラー型なのに、背抜き使用。

 

 

一見するとアンバランスなんですが、これがグッドバランス。

格好良いと思います。

 

様々なカテゴリーが混ざっているという事は、

様々なスタイリングに溶け込むという事。

 

何にでも合いますと言うのは極力言いたくないですが、

合います。

 

img_7983

個人的には、太めの総柄のパンツ合わせていただきたい。

もちろん今時期はウールコートに忍ばせて。

 

img_7990

レイヤードスタイルを楽しませてくれる1着です。

実に欲しい。

 

どうぞご検討下さい。

 

【Roots】

2017 S/S Nepenthes.

0

【COLUMN】

Chambers

20161213-dsc_1540

GERMAN TRAINER

dsc_2169-2

 

 

 

 


Needlesと517。

こんばんは。

 

先日発表されたライカM10は、ISO感度の調整レバーやWi-Fi機能等、

現行動画機能付きのMやM-Pに比べ薄型になり、よりシンプルに静止画に特化したモデルになるようです。

欲しい欲しいといっても始まらないと思うので、3年以内を目標に手に入れられるよう頑張りたいと思います。

 

 

さて本日は、ご好評いただいているNeedlesのアイテムを使用したスタイリングを、パンツは私物のリーバイス517縛りでご紹介します。

 

image1

 

リーバイス517とは、1971年に発売されたブーツに合わせるためのデニムとして発売が開始されました。

その当時のアメリカは、まさにフラワームーブメントの時代で、自己表現としてフレアシルエットのデニムを着用していたことから、若者たちに広まっていった背景があります。

ひざ下から裾にかけて広がるフレアシルエットは、個人的にも1番好きで、休みの日はほとんど517か、よりフレアシルエットの646か684を履いております。

Needlesのウェアでみられるデザインや、化学繊維が混紡された素材使いも、そのようなニュアンスを感じることができ、今回このような形でご紹介させていただきます。

 

image2

 

tops : Needles : Gathered Jean Jacket – 4.5oz C/Tn Denim

cutsewn : Needles : Boat Neck L/S Tee – Cotton Rib Jersey

 

image1

 

image3

 

tops : Needles : V Neck Cardigan – Pe/C Jersey – Khaki

shirts : Needles : Cut-Off Bottom Classic Shirt – Poly Sateen Jacquard

 

image4

 

個人的にNeedlesの魅力は、クラシカルな要素と独自性のミックス感だと思います。

どのような合わせるか。

自分自身オンラインショップのスタイリングを考える際に、1番迷うブランドの1つがNeedlesであり、

その分色々と想像できる楽しみ。自分自身のスタイリングの幅を広げてくれるブランドだと思います。

 

517との組み合わせも王道のようでどこか癖があり、おススメです。

今年はNeedlesのウェアに是非袖を通してみてください。

 

 

それでは、本日もありがとうございました。

 

 

 

 

【Roots】

2017 S/S Nepenthes.

0

ink × doo-bop Exclusive Vietnam Army Shirts.

0-2

 

 

 


開襟シャツはじめませんか。

こんばんは。

寒い寒いと言いながら、気付ば一月も下旬に差し掛かってまいりました。

洋服では、TEATORAも立ち上がり、本格的に春を意識する頃合いです。

とは言え、どうしようかと思案されている方、シャツからスタートしてみては。

 

img_5197

Needles Cut-Off Bottom Classic Shirt – C/Cu Twill – Grey

 

開襟シャツのちょっと悪い匂いのする感じがいいんです。

真面目じゃない不良性。

映画の中や、ミュージシャン等、憧れた人って尖ってたりしませんか。

落ち着かないとダメな日常と切り離せる、袖を通すことで、オンオフ切り替わる1着です。

 

img_5208

 

今時期からのご着用はコートの中で。

ほんのりと茶色がかったグレーは、冬服のダークトーンともしっかり馴染んでいきます。

 

img_5193

 

季節が進むと、ベトシャツとはいかがでしょうか。

グレーとオリーブって中間色同士ですが、すごく相性がいい色合わせだと思います。

普段、白をインナーに選ぶ方、今シーズン、グレーも良いですよ。

 

img_5200

 

開襟にフラップポケットと、1940年代のアメリカのシャツをイメージさせる面構え。

ここにNeedlesのエッセンスが落とされると、

 

img_5203

 

裾のカットオフ仕様。

着込む程にフリンジ状になっていき、ラフで縛られないNeedlesを感じる。

1本ステッチを入れておりますので、過剰にほつれる心配はございませんのでご安心を。

 

ジャケットの裏地でも使用されるキュプラが入ることで、サラッとした肌触りと光沢感を持ち合わせております。

なかなかメンズのシャツでは多用されることも少ない素材かと思いますので、このスベスベした触り心地をお試しください。

インナーから1枚と着用期間の長さも魅力です。

 

今年は開襟シャツはじめませんか。

 

【Roots】

2017 S/S Nepenthes.

0

【COLUMN】

Chambers

20161213-dsc_1540

GERMAN TRAINER

dsc_2169-2

 


今季一押しシャツ?

こんばんは、お疲れ様です。

年明けのバタバタも少し落ち着き、ゆっくりした毎日を送っていますが、

春物の入荷は続いております。

 

Shop Blog、個人ブログでも各々綴っております、Needles(ニードルズ)のシャツ。

 

img_7918

カットソーやニットが全盛の流れが続き、

そろそろシャツが着たくなった時に、ボタンダウン程かっちりしすぎない、

オープンカラーや、バンドカラーから始めてみるのはいかがでしょう。

 

僕のお勧めは、スモーキーな色出しが抜群の存在感。

こちらを。

 

img_7914

Needles : Cut-Off Bottom Classic Shirt – C/Cu Twill – Grey

ややゆったり目のサイズ感。

ラフにMサイズで着たいですが、Sサイズでも着用可能です。

 

 

img_7919

カットオフの裾感。

シンプルさの中に程よいアクセントとなります。

 

eacfdfa2

スラックスとのスタイリングも良いですが、

色落ちしたデニム等、カジュアルなパンツともお勧めです。

キュプラを混紡した少し艶のある素材が、上品に見せてくれます。

 

img_7880

ちなみに当店では、カットオフが止まるように、全てのシャツにステッチを走らせています。

ご安心してヘビロテしてください。

 

 

img_7917

早い時期は、PROTOTYPE : Brownieをインナーに合わせると良いですよ。

意外と早い時期から楽しめる春物。

 

今季一押しシャツ候補。

どうぞご覧ください。

 

【Roots】

2017 S/S Nepenthes.

0

【COLUMN】

Chambers

20161213-dsc_1540

GERMAN TRAINER

dsc_2169-2

 


ニードルズしているシャツ。

こんばんは。

そろそろ展示会シーズン到来です。

毎週、毎週、大阪なり東京に出向きます。

気分転換にはなるのですが、この時期の出張は怖い、怖い。

何が怖いって、電車内が。

ガンガン咳き込む人が、真横にでもいたら下車した瞬間から

悪寒の始まりです。

 

さて、まだまだ寒い日が続きますが個人的に大好きなテイストのシャツが

入荷しましたので、そちらを。

 

 

image2

 

 

50年代にアメリカで流行ったギャバシャツをニードルズ流にアレンジされた一枚。

オープンカラーに2パッチポケット、そして裾は切りっ放しの仕様。

やさくれてます、いいじゃないですか!

 

 

image3

 

 

しかも柄は、ご覧の通りパイソン。

一歩間違えると、かなり危ないですが

これぞ、ニードルズではないでしょうか?

個人的には、Levi’sの517やMOJITOのP.PRIZE PANTSと合わせたいですね。

では、また。

 

image4

 

 

 

本日のチラ見せ!

 

image5

 

今回のおもろい~。

 

doo-bop Shop Blog

毎日更新中です。是非ご覧ください。

 


アーカイブ

doo-bop Ameba Blog