Top > doo-bop : Fujii

OUTIL&KLASICA Wide Shorts

 

長めのGW、皆さまはどうお過ごしでしたか?

10日間もあると逆に何をしたら良いかわからず、家で過ごされた方も多いのではないでしょうか。

僕は約半年ぶりに地元、石川県へと帰省しました。

5日間滞在した中で、何度か金沢にも足を運びましたが、いずれも知ってる顔と出会います。

行く場所が限られるということもありますが、そのコンパクトさも石川の良さなのかもしれません。

もう散ってしまいましたが、兼六園の夜桜は京都の桜に見劣りしない美しさだと思います。

気温、天候のことを踏まえて、春に行くのが個人的にはお勧めです。

 

さて、GWが明けましたが、個人的にGWを境にショーツとサンダルが解禁されるというイメージです。

様々なブランドからショーツが届いてますので、一部ご紹介させていただきます。

 

img_0972

 

軍物によくみられるワイドに広がったショーツ。

ここ数年はワイドパンツが日の目を見るようになり、

同時にワイドショーツも少しずつ注目を浴びているような気もします。

ただスタイリングが難しく、取り入れにくいといった印象を受けるかもしれません。

ですので、今回はスタイリングベースでお話しします。

キーポイントはトップスの着丈、身幅だと思います。

 

img_0928

Shirt:Lane Forty five/ JACOBIAN – Charcoal Stripe

Bottom:OUTIL /PANTALON CONLIE – Black

 

まずは、OUTILのPANTALON CONLIE。

裾にかけて広がり、丈もやや長め。

ボリュームのあるショーツなので、

それに顔負けしないゆるさを持つトップスを持ってくると上手くバランスが取れます。

今回はLane Forty fiveのJACOBIANを。

着れる季節は限られますが、M65のフィールドパーカー等のスタイリングも格好良いかもしれません。

 

img_0936

Shirt:MOJITO / SLEEPING SHIRTS 1954 – Bar.2.0 – Wht

Bottom:KLASICA /GRAPHITE – Khaki

 

次に、KLASICAのGRAPHITE 。

サルエルパンツのようなデザインに、立体的な太いシルエット。

この癖のあるショーツには、シンプルなトップスで引き算を意識しました。

MOJITOのSLEEPING SHIRTS 1954はシンプルで、リラックスした空気感。

ただ共通して言える、ゆとりのあるバランスは、

この手のショーツでスタイリングを組む際に選んでいただけるのではないでしょうか。

 

足元はNORIEIのDERBY

NORIEIに然り、MOHEDA TOFFELNに然り、

ぽってりした靴との相性は間違いありません。

 

まさに悩んで着る洋服。

天邪鬼なものほど深く好きになれるジャンルだと思います。

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Vol.3879【ink & KLASICA:Vest Style】

 

衣類としての機能性がどうこうよりも、ただスタイルが格好良い。

シャツでもカットソーでもジャケットでも、

上からベストを羽織るとそれだけで洒落て見えます。

 

先に入荷していたEngineered Garmentsのものに加え、inkとKLASICAからも入荷がありました。

どちらも一癖あるデザインですが、スタイリングで大活躍してくれるベストです。

 

ink & KLASICA:Vest Style

dsc_6533

 

 

こちらはinkの名品、HARVEST 。

昨年には当店別注として、生地を変えて作っていただいたモデルでもあります。

今回は1960年代~70年代のUS NAVY トレンチコートを解体し、再構築。

もともとの生地を後染めによりブラックに統一することで、

USEDならではの味のある表情を残しながらもクールな印象に仕上がっています。

 

フロントのマグネットバックルやベルト部分の金属パーツなど、

服好きにはたまらないディティールも魅力です。

 

 

dsc_6538

 

 

ブラックカラーはとても使い易く、だいたいは上手くまとめてくれます。

今回はパンツも同じ色味にすることで、統一感を出してみました。

ジャケットとはまた違ったスタイルを楽しんでみてください。

 

 

dsc_6520

 

 

さて、お次はKLASICAのベストです。

ポケットを着るような発想でデザインされた1枚は、洋服とバッグの間とでも言えそうです。

 

 

dsc_6458

 

 

素材には塩縮加工を施した、マットな撥水ナイロンを使用しています。

パリッとした紙のような質感で、独特の存在感があります。

そんなオリジナル生地の存在感が活きる、生地分量が多めのシンプルなフロントデザイン。

 

シンプルさの中で目を引くのは、ポケットから飛び出るドローコード。

これはM65パンツの、止血や腿のバタつきを抑えるために用いる、あのコードをモチーフにしているそうです。

重いものを入れているときに縛って、ポケットのバタつきを抑えるような機能も期待できますが、

ただ垂らしているだけでデザイン的なアクセントになってくれます。

 

またコードはポケットの中にしまうことが出来るので、

その日の気分によって出したり出さなかったりしてみてください。

ちなみに片方のポケットからだけ出してみるのもアンバランスな感じで良かったです。

 

 

dsc_6509

 

 

いつも同じような格好だなという、マンネリの解消にも役立ってくれるベスト。

ぜひお試しください。

 

 

 

【New Arrivals】

ink:HARVEST – Black / 27,000 YEN

KLASICA:MSF-NL – Asphalt / 37,800 YEN

KLASICA:MSF-NL – Khaki / 37,800 YEN

 

 

 

 


Vol.3840【KLASICA:CHEVAL-LN】

 

古着屋さんに行くと見かける、フレンチカバーオール。

それをKLASICA流にアレンジした、この春お勧めのジャケットです。

 

KLASICA:CHEVAL-LN

dscf0343

 

 

特長的な襟のデザインはそのままに、身幅をこれでもかと言うほどたっぷりと。

肩も極端に落とすことで、マントの様に「羽織る」といった方が近いようなジャケットに。

 

生地には高密度のリネンを使用し、まるでヴィンテージの様な迫力ある表情に仕上がっています。

生地を贅沢に使った服のシルエットにマッチし、動きに合わせて揺れる軽い着心地が魅力です。

着用と洗濯を繰り返し、シワが刻まれていくことで、より雰囲気ある1枚へと育ちます。

 

 

dscf0335

 

 

デザイナーの河村氏が目指す『ヴィンテージとモダンの橋渡し』。

それを見事に表現した1着です。

 

 

 

【Roots】

mando × doo-bop:Exclusive Geometric Sarrouel Pants

1

 

 

【Roots】

Alden × doo-bop:5-eye P-Toe ox

2

 

 

【New Arrivals】

KLASICA:CHEVAL-LN – Carbon / 54,000 YEN

Needles:Tenugui Bandana – Dot – Papillon / 2,700 YEN

Needles:Tenugui Bandana – Dot – Paisley / 2,700 YEN

 

 

 

 


今年もよろしくお願い致します。

新年明けましておめでとうございます。

先の年末年始をみなさまはどうお過ごしでしたでしょうか。

僕は地元の友達と会っては、食っちゃ寝の生活。

毎年同じことの繰り返し。

一年に一回の特別な時間がどうも人をダメにするみたいです。

でもこういう時もたまには必要ですよね。

 

さて、新年が明け、当店では1月4日から(金)1月8日(火)までセールを開催しております。

残り2日となりましたが、お時間がある際にお立ち寄り頂けたらと思います。

なかなかのラインナップを揃えております。

その中から僕なりにピックアップしてご紹介させて頂きます。

 

cid_99715bef-bb86-4733-bf4d-5e3579f42b2c

KLASICA:GRIOTTE-bc – Dark Olive

 

昨年の秋冬から取り扱いを始めさせて頂いたKLASICAから。

そのデザイン性もさることながら、全てオリジナルの生地で生産されているという拘りぶり。

中でも僕たちが惚れ込んだ生地が高密度バフクロスというもの。

この生地を使用したGRIOTTE-bc は生地のハリ感、タフさも相まって立体的なシルエットに見せます。

ワイドパンツがトレンドとされる今日ですが、これだけしっかり太さが出るパンツもそう見かけません。

コットン素材で、肌に触れる面積も少ないため、この冬が明けても春夏と履いて頂けます。

これが1点目。

 

cid_22e8d3ec-bcd5-4972-bbbb-50bb97e8f448

KLASICA:PEDAL- HB – Black

 

2点目にご紹介するのが同じくKLASICAのPEDAL- HB

ヨーロッパビンテージをベースに形取ったかのようなディテールに、

こちらもオリジナルのウールリネン素材で織られたヘリンボーン生地。

表面にはリネン特有の風合いを残しながら、

袖を通すとふわっとした柔らかく、優しい着心地。

アルチザンな印象ではありますが、MOJITOやmando 、軍パン等、幅広くスタイリングにハマってくれます。

この機会に一度袖を通して頂きたい1着です。

 

何かと忙しい年始ではありますが、お体にお気をつけてお過ごしください。

それでは今年も元気にお待ちしております。

今年もよろしくお願いいたします!

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 

 

 

 


Vol.3828【KLASICA:3-Z】

 

今年も残すところ5日。

大掃除やおせち料理の準備、お年玉のために新札を交換しに行ったりと、

何かと忙しい時期かと思います。

実家では年末には餅つき機でお餅をつくのですが、

つきたてのお餅を砂糖醤油で食べるのが楽しみだったりします。

 

さて、昨日に続き春の新作を。

ミリタリーでもアウトドアでもアバンギャルドでもない、ジャンルレスなパーカー。

KLASICAから登場です。

 

KLASICA:3-Z

dscf0081

 

 

アメリカ軍の通称サルベーションパーカをデザインソースとし、

そこに90年代あたりからのマウンテンパーカのバランスを加えつつ形作られた1着。

 

オリジナルの大きすぎるサイズ感を、日本人にも馴染む大きさに。

首元の斜めについた深めのジップ、

また裾両サイドにもジップを付けることで、容易に着脱が可能です。

もちろんデザインとしてもポイントに。

 

素材には塩縮加工を施した、マットな撥水ナイロンを使用。

パリッとした紙のような質感で、シンプルながらも独特の存在感。

 

 

dscf0086

 

 

今の時期だとウール素材やコーデュロイのパンツと合わせることで、生地のコントラストを楽しめます。

長い期間着ることが出来るので、5・6月頃にはショーツと組み合わせたスタイルも良さそうです。

 

ぜんざいも良いです。

 

 

 

 

※年末年始の営業

12.28 (Fri)  11:00 ~ 20:00

12.29 (Sat)  11:00 ~ 20:00

12.30 (Sun) 11:00 ~ 20:00

12.31 (Mon) 11 :00 ~ 18:00

 

1.1 (Tue) ~ 1.3 (Thu) Close

1.4 (Fri) 12:00 ~ 20:00

1.5 (Sat) 11:00 ~ 20:00

 

 

 

【Roots】

mando × doo-bop:Exclusive Geometric Sarrouel Pants

1

 

 

【Roots】

Alden × doo-bop:5-eye P-Toe ox

2

 

 

 

【New Arrivals】

 

 

 

 

 

 


まるで布団、KLASICAのVERK 。

KLASICA、今期から取り扱いさせていただいている

ドメスティックブランドになります。

枯れた雰囲気を醸し出す、作り手の拘りが詰まった洋服達。

ラックに並べているだけで、威圧感というか存在感があり

インポートブランドよりもインポートしている希有なブランドです。

 

 

 

image1

 

 

 

どうしてもデザインに目がいきがちですが、

注目していただきたいのは、生地(すべてオリジナル)。

バフクロスと銘打たれたこちらの生地、オリジナルと知らなければ

ヨーロッパのデッドストックでは?と思うほどの雰囲気、風合い。

一から作るだけの価値がある恐ろしいオリジナルファブリックです。

 

 

 

image2

 

 

 

画像のモデルは、中綿入りブルゾンになり

見た目とは裏腹に軽く、まるで布団に包まれているような感覚です。

ダウンが欲しいけど、あのモコモコ感がちょっとって方に着て欲しいな。

そこそこあったかいよ。

KLASICA VERK 

 

 

 

image3

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


KLASICA SABRON TRS- HB。

doo-bop18AWより展開させていただいておりますKLASICA

今期のピックアップカラーは黒とオリーブ。

2色が魅せる強い世界観は皆さまにはどう映っていますか。

 

今までにないアイテムを着てみたい。

そういった衝動に駆られる洋服たち。

そんな中、本日はこちらのパンツをご紹介させていただきます。

 

img_3133

 

独特のシルエットを描くこちらのパンツ。

比較対象が難しい『KLASICAならでは』を感じていただける1本です。

 

img_3129

 

素材はウールとリネンのブレンド。

寒い時期に着るウールと暑い時期のリネン。

相反するイメージの素材がミックスされることで想像力を掻き立てられます。

触るとシャリ感と起毛感のバランスが良く、風合い豊かな仕上がりです。

もちろん冬場の着用も安心です。

 

img_3138

 

バックスタイルが肝。

あえて裏返しにされたシームは丁寧にパイピングされ、

ひとつのデザインとして確立しています。

手を抜かずして仕上げられた、裏面を見せる美学にも惹かれます。

 

img_3135

 

たっぷりの股上をいかしてローウエストでサルエル風。

内股にマチを設けることでポコンとお尻が出るシルエットです。

 

img_3128

 

 

経年変化後ヘリンボーン柄の浮き立ち方も楽しみです。

マチ部は地の目方向を変えることで、色んな方向のストライプが現れます。

 

img_3137

 

ハイウエストでスッキリ丈にも挑戦してみてください。

ローウエストとの違いがスタイルの幅を広げてお楽しみいただけます。

 

部材、素材、パターンとしっかりと積み上げてこられているからこそ表面のデザイン以上に感じることが多い1本です。

 

KLASICAアイテム、ご来店の際はお時間許す限りお試しください。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 


Vol.3743【KLASICA:VERK】

 

例えるなら布団のよう。

中綿の入ったジャケットはふっくらとした着心地で、優しく身体を温めてくれます。

冬場なかなか布団から抜け出せないという人、これがあれば何時でも何処でも布団の中に。

 

KLASICA:VERK

dsc_3961

 

 

高密度のバフクロスを使用したシリーズのジャケットタイプ。

和紙のような迫力ある生地は、それだけで凄みを感じます。

イエローのストライプがランダムに入ることで、より表情豊かに。

 

ライニングには柔らかなコットンがあてがわれているので、

仮に半袖の上から着た場合でも、着心地の良さを感じていただけます。

 

中綿ということで着ると確かにボリュームがあるのですが、

前身頃の中央部分と両袖の内側を黒い生地に切り替えることによって、見た目はすっきりとしています。

同生地のパンツと合わせるのも良いですが、TEATORAのパンツと併せて素材のコントラストを楽しむのもお勧めです。

 

 

dsc_3972

 

 

どれも一癖あるKLASICAの洋服。

店頭にお越しの際はぜひご覧になってください。

 

 

【Roots】

KLASICA

8

 

 

【Column】

PANTHER MARKETを終えて。

 

 

【New Arrivals】

KLASICA:VERK – Dark Olive / 75,600 YEN

KLASICA:R.N – Dark Olive / 48,600 YEN

KLASICA:GRIOTTE-bc – Dark Olive / 41,040 YEN

KLASICA:LOOP – Dark Olive / 21,384 YEN

 

 

 


KLASICA LUCAS’42。

今晩のROOTSご覧いただきましたでしょうか。

doo-bop 2018AWより展開いたします『KLASICA

 

緻密なパターン、素材の追求、そしてヨーロッパヴィンテージを感じる背景。

それらにモードのエッセンスを交えて表現されたデザイン。

 

今まで当店で取り扱っておりますブランドとの毛色の違いをご覧いただければ幸いです。

 

 

img_2672

KLASICA LUCAS’42 – Black

 

着たい!

強くそう思ったベストは、見ようによっては前衛的。

巷に存在しているモノとは一線の違いを感じるはずです。

 

img_2674

 

だからこそ楽しくイメージしたいのです。

フロントのファスナーは若干斜めに配置され、ライダースジャケットのような面構え。

白い綿テープがしっかりと印象に残ります。

どう着ようかというワクワクが止まりません。

ダブルジップになっておりますので、着こなしの幅も広がるかと思います。

 

img_2684

 

先日、ご紹介しましたCagoule Shirt

そしてNORIEIと実はKLASICAに合わせたくて選んでいました。

 

KLASICAのコレクションを見て、秋冬に黒色が着たいと数年ぶりに思いました。

日常的に洋服と向き合っていると、どうしてもルーティンになってしまう部分があるのですが、

忘れちゃならない初期衝動を思い出させてくれたブランドです。

 

img_2677

 

裏面での着用も想像力を掻き立てられます。

 

img_2682

 

誰かがつくった安心感じゃなく、

これを着て自分自身の気分が上がるという高揚感が詰まっています。

ご興味もたれた方々、是非ともご覧くださいませ。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


Vol.3738【KLASICA】

 

いきなり見えない角度からぶん殴られたかのような、

そんな衝撃がKLASICAの洋服にはありました。

 

モード?ミリタリー?

あらゆるジャンルをミックスして生まれた洋服は、

未知のものに出会ったときのわくわくを感じさせてくれます。

 

 

dsc_3322

 

 

とてつもなく濃い世界観を持つコレクションを、

どうやって他のブランドと組み合わせていこうか。

そんな試行錯誤が本日から始まります。

 

試してみては「あれ、何か違う」を繰り返して、

これだというスタイルにたどり着けたときは嬉しいもの。

そんな当たり前にあったはずの気持ちを、

なんだか久しぶりに思い出した気がします。

 

 

dsc_3323

 

 

KLASICAを取り上げた【Roots】も更新しておりますので、

よろしければそちらもご覧ください。

 

また先日開催したPANTHER MARKET。

イベントを終えた飯田さんからのメッセージを【Column】ページに掲載しました。

イベントに参加いただいた方もそうでない方も、ぜひ目を通していただければと思います。

 

【Roots】、【Column】共に下記リンクからご覧いただけます。

 

 

【Roots】

KLASICA

8

 

 

【Column】

PANTHER MARKETを終えて。

 

 

【New Arrivals】

KLASICA:PEDAL- HB – Black / 61,560 YEN

KLASICA:LUCAS’42 – Black / 54,864 YEN

KLASICA:CAVE – Black / 40,824 YEN

KLASICA:SABRON TRS- HB – Black / 40,824 YEN

 

 

 


アーカイブ

doo-bop Ameba Blog