Top > doo-bop : Tsukamoto

KLASICA SH-032。

白いシャツが着たい。

久しぶりにそんな衝動に。

というのも単純なのですが、こちらのシャツと出会ったからなのです。

 

IMG_8542

KLASICA  SH-032 – White

 

美しく、それでいてストイックな強さをもったKLASICAのシャツ。

 

柔らかく中性的に映す初見。

それとは対照的に、作りこまれた一面、男くさい部分に気付くと、どんどん魅力が増していきます。

 

IMG_8536

 

長めの着丈に、ただただ美しい裾のカーブライン。

細かな運針の0.3mm幅、極細ステッチを見るだけで、

如何にシャツというアイテムに丁寧に向き合われているか感じ取れます。

 

IMG_8529

 

ヨークのギャザーはまるでヴィンテージのシャツのよう。

1800年後半~1900年代初頭、ヨーロッパの羊飼いが着ていたようなシャツを連想させます。

 

IMG_8531

 

袖付けはヴィンテージから採用。

動きやすいように運動量確保の為のディティールですが、凄いパターンしています。

 

細く上品な印象の100/2ブロードクロスコットンは、

ウォッシュが施され、とても良い風合い。

コットン本来の美しさをご堪能ください。

 

そして引き立てるのはシェルボタン。

リズミカルな配置も含めて、一層魅力を引き出しています。

 

IMG_8544

 

小振りの襟型は表面に見えるステッチを無くし、ポケットの付属しないフロント部。

静かに映すところはとことんです。

素材、着丈のカッコ良さを素直に伝えます。

 

洗いざらしが生む自然なシワ。

そのシワがつくり出す陰影がたまりません。

試していただきたい白シャツです。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 


Vol.4308【KLASICA:SH-032】

 

ここ数日続けてご紹介していた、NEPENTHESのアイテムとは雰囲気ががらりと異なる

クラシックなシャツが届きました。

風合いの良い生地にロング丈のシルエット、細かなディティールなど、

KLASICAらしい魅力がたっぷりと詰まった1枚です。

 

KLASICA:SH-032

DSCF2936

 

 

まず目を引くのはゆったりとしたシルエット。

長く取られた着丈に加え、身幅や袖丈なども大きめに設定されていることで、

着てみると生地に優しく包み込まれるような感覚を味わえます。

 

そして随所に散りばめられた、ヴィンテージシャツをソースとしたディティールの数々。

バックスタイルを魅力的に映し出す細かなギャザーや、シャツの雰囲気を格上げしてくれるシェルボタン。

なかなか見かけないユニークな袖付けは、腕の運動量を確保するのに役立っています。

 

 

DSCF2939

 

 

さらにオリジナルで作られた生地も素敵です。

強度がありながらも滑らかで美しい質感。

洗いざらしで、しわが入ったまま着るもの様になる、このシャツにぴったりとはまった素材となります。

何度も着て洗ってを繰り返し馴染んでくると、それこそヴィンテージシャツに劣らない雰囲気に。

 

 

DSCF2952

 

 

スタイリングとしては、同じKLASICAやOUTILのパンツと合わせて

より濃い世界観を演出するのも良いですし、

TEATORAなんかと合わせることでコントラストを付けてみるのもお勧めです。

長い着丈とずらりと並んだボタンを活かしてジャケットのインナーに持ってくるのも面白いので、

秋がやってくれば試してみてください。

 

 

DSCF2956

 

 

気取らずに着ることが出来る白シャツ、いかがでしょうか。

 

 

明日7/31(Fri)は店休日となります。

翌8/1(Sat)より通常営業をさせていただきます。

尚、オンラインショップご注文への返信・発送に関しましては、7/31(Fri)の13時までは当日対応、

それ以降のご注文には、翌8/1(Sat)より対応させていただきます。

皆様にはご迷惑をお掛け致しますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

【Roots】

NORIEI : PENNY LOAFER

1

 

 

【New Arrivals】

Needles:Coach Jacket – Nylon Tussore / Pt. – Black/Black / 37,400 YEN

Needles:C.O.B. Regular Shirt – Cotton Plaid Twill – Brown / 23,100 YEN

Needles:C.O.B. Regular Shirt – Cotton Plaid Twill – Chacoal / 23,100 YEN

 

 


Vol.4180【KLASICA:BARREL-f】

 

今シーズンもKLASICAから面白いパンツが届きました。

ずらりと並んだ個性的なボタン配置に、鈍く輝くガンメタリックな生地の風合い。

空気を感じることの出来るリラックス感のあるシルエットで、

春の訪れが楽しみになる1本です。

 

KLASICA:BARREL-f

dscf2475

 

 

リネン100%の平織生地に樹脂をプレス加工し、独特の質感に。

デザイナーの河村さんが『レザーの様に映る』と表現する通り、ぬめりのある光沢感が特徴です。

そこにリネンならではのシワ感が加わることで、

本当に生地だけでお腹が一杯になりそうなほどの味わい深さがあります。

 

 

dscf2488

 

 

デザインはブランドらしい、ハンパ丈のワイドシルエット。

軽い素材なので履き心地はとても快適で、気温が上がってくれば頻繁に穿きたくなるパンツです。

また全体的に軽くなり過ぎないよう、裾は幅のあるダブル仕上げとなっており、

MOTOやNORIEIといった武骨なレザーシューズとも相性良く合わせていただけます。

 

 

dscf2494

 

 

さらに今回は共生地で作られたサスペンダーが付属。

興味はあってもなかなか手が出しづらいアイテムだからこそ、こういった機会に試せると素直に嬉しいです。

ぜひラウンドしたシャツやヘンリーネックのカットソーをインした、

クラシックなスタイリングもお楽しみください。

 

 

【Event】

Norwegian Rain & APPLETREES:2020AW Order Fair

1

 

 

【New Arrivals】

Hender Scheme:tissue box case – Natural / 6,050 YEN

Hender Scheme:tissue box case – Black / 6,050 YEN

KLASICA:BARREL-f – Black / 42,900 YEN

 

 

 

 


KLASICA WATERFALL – Night。

年末くらいからVESPAに乗りたくてたまりません。

特別バイク好きではないのですが、何か無性に気になるんです。

 

VESPA=モッズコートの図式は鉄板。

スタイルから入ると余計に欲しくなるんで困ったものですが。。

 

img_3951

KLASICA WATERFALL – Night

 

今春夏KLASICA展示会で取り分けて 目を引いた一着が入荷しました。

 

img_3956

 

アメリカ軍M65ベースのフィッシュテールコート、いわゆるモッズコートと言われるコートです。

そこに注がれたイギリス服の要素たち、表面上では分かりにくいけれど、じわっと伝わる感じが服好きを唸らせるはず。

バサッと羽織ってほしいです。

 

これらをうまく伝えるのは素材。

使用されたUKオリジナルのベンタイルクロスは、ROYAL NAVY(英国海軍)の耐水用服の為に開発されたのが始まりです。

コットン100%ですが、超長綿を限界まで打ち込み、生地密度を高めている為、

防水性、透湿性が極めて高く、外からの雨雪は凌ぎながらも、内部の熱気、湿気を上手く逃がします。

それでいてさらっとしてソフトな質感、コットンならではの風合い感じるエイジングにも注目です。

 

img_3979

 

印象的なストラップにダブルリング。

 

それはまるでボンテージデザインのようにパンキッシュ。

攻撃的でどこか無垢、荒さのあるデザインです。

 

お好きな方は90年代のグリフィン等のUKミリタリーを彷彿されるかもしれません。

前衛的にも感じる当時の空気感を上手く伝えるディティールです。

 

img_3966

 

ファスナーを開けると、ベンチレーションに。

インナーに色や柄をもってきてファッション的に楽しまれてもよろしいかと思います。

 

img_3953

 

ルイスレザー等で使用されていたイギリスCLIX社のファスナーは気分を高めてくれます。

 

来秋冬にはライニングもリリースされる予定です。

気に入っていただければ、お声掛けください。

 

3シーズン、幅広くお楽しみください。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 


Vol.4037【KLASICA:New Arrivals】

 

突然ですが、明日から『Norwegian Rain』を発売します。

本日更新した【Roots】でも紹介しておりますので、ぜひチェックしてください。

新型も抜群です。

 

先日久しぶりにカレーを作ろうとしたのですが、

1つだけ買ってあった玉ねぎが、いざ切ってみると腐っていたため断念しました。

使える部分もあったのですが量が足りず、買いに行くにも外は雨だったため気分になれず。

また次の休みにでも作ろうと思います。

 

さて、気が付くと明日から9月。

最近は気温が落ち着いてきたこともあり、何だか今年の夏は短かった印象です。

装いも秋らしさを取り入れたいのですが、個人的にはKLASICAから届いているパンツが気になります。

本日はそんなパンツに加えて、とても良いバッグも一緒にご紹介させていただきます。

 

KLASICA:New Arraivals

dsc_4862

 

 

まずはウールコットンの風合い豊かなパンツ、『MORROW』から。

リラックス感ある着用感にすっきりとしたシルエットと、相反するような2つの要素が同居した1本です。

 

その秘密は腰回りに入った3タックに、膝下からの強いテーパード。

穿くとわかる楽な腰回りは動きを制限せず、ゆったりとした心地よさがあります。

それでいて途中からグッとテーパードがかかることで、全体的な印象はスマートに。

ゆるくて楽なパンツに慣れてしまったという方に強くお勧めします。

 

 

dsc_4870

 

 

そして作り込まれたオリジナリティある生地。

ウールとコットンという異なる素材を使用したことで、立体的に浮かび上がったチェック柄。

柔らかく膨らみを感じる生地からは、季節感を存分に味わうことができます。

またウール特有のチクチク感がないもの嬉しいポイントです。

 

 

dsc_4881

 

 

続いては圧倒的な佇まいのレザーバッグ、『MAIL 9 PETIT』。

革好きを唸らせる、ただそこにあるだけで語りかけてくる1品です。

 

イタリアはテンペスティー社が手掛けるレザーは、厚みがありしなやか。

オイルを含んだしっとりとした質感で、一目見れば「違う」ことが分かります。

 

 

dsc_4946

 

 

ビンテージのメールバッグを、品のあるコンパクトなサイズに変更。

今の時代では見かけることの少なくなった、クラフト感のあるレザーバッグです。

それでいて深みのあるブラックカラーは幅広いスタイリングに馴染んでくれるので、

バッグだけが浮いて見えるといったことも起こりません。

 

また使用されている金属パーツは全て真鍮。

メッキ加工が施されていないので、レザーと一緒にエイジングを楽しむことができます。

何よりブラックレザーとのコントラストが美しいので、眺めているだけでも満足です。

 

 

1

 

 

決して手に取りやすいとは言えないKLASICAのアイテムですが、

それに見合うだけのクオリティは保証します。

 

 

 

【Roots】

Norwegian Rain

1

 

 

【New Arrivals】

KLASICA:MORROW – cw – Dark Check / 38,880 YEN

KLASICA:MAIL 9 PETIT – Black / 88,560 YEN

AMIACALVA:Gabardine 2way Backpack – Black / 19,440 YEN

 

 

 

 


KLASICA MAIL 9 PETIT。

KLASICAから素晴らしいバッグが届きました。

レザー好きの方、一目でいいから見て欲しい。

 

img_1015

KLASICA MAIL 9 PETIT – Black

 

ヴィンテージのU.S.MAIL BAGを踏襲されたこちらのバッグ。

シンプルで武骨なフォルムが素直にレザーの魅力を伝えてくれます。

 

img_1018

 

イタリア、トスカーナ地方の老舗タンナーであるテンペスティ社のレザー。

これが凄い!

厚みのある革は、触ればすぐにその違いを感じていただけるはずです。

 

バケッタ製法と呼ばれるイタリア伝統のなめし製法を採用し、

なめす段階で入れる牛脂と魚脂の配合が他社と異なり特許を取得されています。

環境保護にも配慮し、なめす時の水すらも廃棄せずに使うそうです。

 

薬品系を使用せず、植物性素材だけでつくり出されるハリ、手触り。

 

油分もたっぷり入っていますので、傷も付きにくいように。

万が一、擦れても深い傷でなければ、揉むことで内部の染料とオイルが溶け出し、カバーしてくれます。

当然ながら、ガンガン使用されて傷が入ってもカッコいいと思います。

 

img_1024

 

使われた部材も素晴らしい。

真鍮のパーツが一層重厚な雰囲気をつくりだします。

傷がつき、くすんだ色合いのころにはレザーもより輝いて映ることでしょう。

 

img_1026

 

ストラップ付きです。

肩掛け、手持ちお好みでお楽しみください。

 

オリジナルは超ビッグサイズですが、小振りの設計の為、日常にも取り入れていただきやすいです。

レザー好きの人のところへお嫁に行ってもらえると幸せになってくれると思います。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


OUTIL&KLASICA Wide Shorts

 

長めのGW、皆さまはどうお過ごしでしたか?

10日間もあると逆に何をしたら良いかわからず、家で過ごされた方も多いのではないでしょうか。

僕は約半年ぶりに地元、石川県へと帰省しました。

5日間滞在した中で、何度か金沢にも足を運びましたが、いずれも知ってる顔と出会います。

行く場所が限られるということもありますが、そのコンパクトさも石川の良さなのかもしれません。

もう散ってしまいましたが、兼六園の夜桜は京都の桜に見劣りしない美しさだと思います。

気温、天候のことを踏まえて、春に行くのが個人的にはお勧めです。

 

さて、GWが明けましたが、個人的にGWを境にショーツとサンダルが解禁されるというイメージです。

様々なブランドからショーツが届いてますので、一部ご紹介させていただきます。

 

img_0972

 

軍物によくみられるワイドに広がったショーツ。

ここ数年はワイドパンツが日の目を見るようになり、

同時にワイドショーツも少しずつ注目を浴びているような気もします。

ただスタイリングが難しく、取り入れにくいといった印象を受けるかもしれません。

ですので、今回はスタイリングベースでお話しします。

キーポイントはトップスの着丈、身幅だと思います。

 

img_0928

Shirt:Lane Forty five/ JACOBIAN – Charcoal Stripe

Bottom:OUTIL /PANTALON CONLIE – Black

 

まずは、OUTILのPANTALON CONLIE。

裾にかけて広がり、丈もやや長め。

ボリュームのあるショーツなので、

それに顔負けしないゆるさを持つトップスを持ってくると上手くバランスが取れます。

今回はLane Forty fiveのJACOBIANを。

着れる季節は限られますが、M65のフィールドパーカー等のスタイリングも格好良いかもしれません。

 

img_0936

Shirt:MOJITO / SLEEPING SHIRTS 1954 – Bar.2.0 – Wht

Bottom:KLASICA /GRAPHITE – Khaki

 

次に、KLASICAのGRAPHITE 。

サルエルパンツのようなデザインに、立体的な太いシルエット。

この癖のあるショーツには、シンプルなトップスで引き算を意識しました。

MOJITOのSLEEPING SHIRTS 1954はシンプルで、リラックスした空気感。

ただ共通して言える、ゆとりのあるバランスは、

この手のショーツでスタイリングを組む際に選んでいただけるのではないでしょうか。

 

足元はNORIEIのDERBY

NORIEIに然り、MOHEDA TOFFELNに然り、

ぽってりした靴との相性は間違いありません。

 

まさに悩んで着る洋服。

天邪鬼なものほど深く好きになれるジャンルだと思います。

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Vol.3879【ink & KLASICA:Vest Style】

 

衣類としての機能性がどうこうよりも、ただスタイルが格好良い。

シャツでもカットソーでもジャケットでも、

上からベストを羽織るとそれだけで洒落て見えます。

 

先に入荷していたEngineered Garmentsのものに加え、inkとKLASICAからも入荷がありました。

どちらも一癖あるデザインですが、スタイリングで大活躍してくれるベストです。

 

ink & KLASICA:Vest Style

dsc_6533

 

 

こちらはinkの名品、HARVEST 。

昨年には当店別注として、生地を変えて作っていただいたモデルでもあります。

今回は1960年代~70年代のUS NAVY トレンチコートを解体し、再構築。

もともとの生地を後染めによりブラックに統一することで、

USEDならではの味のある表情を残しながらもクールな印象に仕上がっています。

 

フロントのマグネットバックルやベルト部分の金属パーツなど、

服好きにはたまらないディティールも魅力です。

 

 

dsc_6538

 

 

ブラックカラーはとても使い易く、だいたいは上手くまとめてくれます。

今回はパンツも同じ色味にすることで、統一感を出してみました。

ジャケットとはまた違ったスタイルを楽しんでみてください。

 

 

dsc_6520

 

 

さて、お次はKLASICAのベストです。

ポケットを着るような発想でデザインされた1枚は、洋服とバッグの間とでも言えそうです。

 

 

dsc_6458

 

 

素材には塩縮加工を施した、マットな撥水ナイロンを使用しています。

パリッとした紙のような質感で、独特の存在感があります。

そんなオリジナル生地の存在感が活きる、生地分量が多めのシンプルなフロントデザイン。

 

シンプルさの中で目を引くのは、ポケットから飛び出るドローコード。

これはM65パンツの、止血や腿のバタつきを抑えるために用いる、あのコードをモチーフにしているそうです。

重いものを入れているときに縛って、ポケットのバタつきを抑えるような機能も期待できますが、

ただ垂らしているだけでデザイン的なアクセントになってくれます。

 

またコードはポケットの中にしまうことが出来るので、

その日の気分によって出したり出さなかったりしてみてください。

ちなみに片方のポケットからだけ出してみるのもアンバランスな感じで良かったです。

 

 

dsc_6509

 

 

いつも同じような格好だなという、マンネリの解消にも役立ってくれるベスト。

ぜひお試しください。

 

 

 

【New Arrivals】

ink:HARVEST – Black / 27,000 YEN

KLASICA:MSF-NL – Asphalt / 37,800 YEN

KLASICA:MSF-NL – Khaki / 37,800 YEN

 

 

 

 


Vol.3840【KLASICA:CHEVAL-LN】

 

古着屋さんに行くと見かける、フレンチカバーオール。

それをKLASICA流にアレンジした、この春お勧めのジャケットです。

 

KLASICA:CHEVAL-LN

dscf0343

 

 

特長的な襟のデザインはそのままに、身幅をこれでもかと言うほどたっぷりと。

肩も極端に落とすことで、マントの様に「羽織る」といった方が近いようなジャケットに。

 

生地には高密度のリネンを使用し、まるでヴィンテージの様な迫力ある表情に仕上がっています。

生地を贅沢に使った服のシルエットにマッチし、動きに合わせて揺れる軽い着心地が魅力です。

着用と洗濯を繰り返し、シワが刻まれていくことで、より雰囲気ある1枚へと育ちます。

 

 

dscf0335

 

 

デザイナーの河村氏が目指す『ヴィンテージとモダンの橋渡し』。

それを見事に表現した1着です。

 

 

 

【Roots】

mando × doo-bop:Exclusive Geometric Sarrouel Pants

1

 

 

【Roots】

Alden × doo-bop:5-eye P-Toe ox

2

 

 

【New Arrivals】

KLASICA:CHEVAL-LN – Carbon / 54,000 YEN

Needles:Tenugui Bandana – Dot – Papillon / 2,700 YEN

Needles:Tenugui Bandana – Dot – Paisley / 2,700 YEN

 

 

 

 


今年もよろしくお願い致します。

新年明けましておめでとうございます。

先の年末年始をみなさまはどうお過ごしでしたでしょうか。

僕は地元の友達と会っては、食っちゃ寝の生活。

毎年同じことの繰り返し。

一年に一回の特別な時間がどうも人をダメにするみたいです。

でもこういう時もたまには必要ですよね。

 

さて、新年が明け、当店では1月4日から(金)1月8日(火)までセールを開催しております。

残り2日となりましたが、お時間がある際にお立ち寄り頂けたらと思います。

なかなかのラインナップを揃えております。

その中から僕なりにピックアップしてご紹介させて頂きます。

 

cid_99715bef-bb86-4733-bf4d-5e3579f42b2c

KLASICA:GRIOTTE-bc – Dark Olive

 

昨年の秋冬から取り扱いを始めさせて頂いたKLASICAから。

そのデザイン性もさることながら、全てオリジナルの生地で生産されているという拘りぶり。

中でも僕たちが惚れ込んだ生地が高密度バフクロスというもの。

この生地を使用したGRIOTTE-bc は生地のハリ感、タフさも相まって立体的なシルエットに見せます。

ワイドパンツがトレンドとされる今日ですが、これだけしっかり太さが出るパンツもそう見かけません。

コットン素材で、肌に触れる面積も少ないため、この冬が明けても春夏と履いて頂けます。

これが1点目。

 

cid_22e8d3ec-bcd5-4972-bbbb-50bb97e8f448

KLASICA:PEDAL- HB – Black

 

2点目にご紹介するのが同じくKLASICAのPEDAL- HB

ヨーロッパビンテージをベースに形取ったかのようなディテールに、

こちらもオリジナルのウールリネン素材で織られたヘリンボーン生地。

表面にはリネン特有の風合いを残しながら、

袖を通すとふわっとした柔らかく、優しい着心地。

アルチザンな印象ではありますが、MOJITOやmando 、軍パン等、幅広くスタイリングにハマってくれます。

この機会に一度袖を通して頂きたい1着です。

 

何かと忙しい年始ではありますが、お体にお気をつけてお過ごしください。

それでは今年も元気にお待ちしております。

今年もよろしくお願いいたします!

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 

 

 

 


アーカイブ

doo-bop Ameba Blog