Top > doo-bop : Nakajima

Vネックを教えてくれたJOHN SMEDLEY。

個人的にJOHN SMEDLEYは好きなニットブランドで違いないのですが

なぜ好きになったかと思い返すと

ここのVネックから、僕のVネック好きが始まったのです。

元々、アメカジ畑で育ちましたので

JOHN SMEDLEYのVネックに出会うまでの印象は

スポーティで、リブ幅が太く、胸板のあるアメリカンマッチョマンが

着ているイメージでした。

 

 

 

3

 

 

 

そのイメージを払拭してくれたのが、JOHN SMEDLEY。

始めた見た時、明らかに今までのVネックとは違う色気があり

綺麗でリブ幅が細く、深すぎない。

そして、着用してみると痩せ型の僕でも似合うと勘違いさせてくれたのです。

 

 

 

2

 

 

 

きっかけは、そんな感じでネック形状からだったのですが

着ているうちに、このブランドの持つ着心地の良さや品にとりつかれ早25年。

いまやタンス2段にぎっしりとまでになりました。

どこまで増えるのか分からないJOHN SMEDLEYという名の皮膚。

ぜひ、この綺麗なVネックからJOHN SMEDLEYを試してください。

そして、Vネックっていいよねと思ってくれる方が増えれば

すごく嬉しいです。

 

 

 

本日のチラ見せ!

 

 

 

4

 

 

 

おかげさまで残席は、S席一席。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 


JOHN SMEDLEY MOSS – Black。

こんばんは。

 

ハイゲージのイメージが強いブランドの出す意外性。

通常30ないしは24ゲージで編まれることの多いJohn Smedleyのニット。

今夜ご紹介するのは3ゲージ。

 

img_7917

JOHN SMEDLEY MOSS – Black

 

『強いイメージに頼り切らない』

そう訴えかけるように感じるニット、MOSS。

 

守りに徹するだけではなく、自分たちの得意なところで挑戦もされていると感じました。

専業ブランドとして培ってこられた経験を伝統として受け継ぐだけでなく、新たな試みにもチャレンジし続ける。

そんな意欲的とも感じることができる品番です。

 

img_7921

 

素晴らしいと感じたのはシルエット。

ニットのボリューム感とは裏腹にすっきりとまとめられている点。

こちらにより着膨れした感なく、上品な印象になるかと思います。

 

img_7919

 

ひとつひとつの毛束は輪を描き、ふわふわとした質感。

ボリュームと温もりを与える素材感。

着心地においても、お褒めいただけると信じています。

 

img_7912

 

例えば、オールブラックでまとめたスタイリング。

黒のジャケットの中でものっぺりせず、表情豊かにスタイルをお作りいただけます。

 

img_7915

 

それは黒のパンツでも同様に。

決して色数を多く使うことだけがメリハリでないことを教えてくれるスタイルかと思います。

 

歴史はあるけれど今までに固執しすぎない。

柔軟であるからこそ創業から330年。

今までもこれからも期待を裏切ることなく喜ばせてくれるニットです。

 

時には、安心の先にある新たな提案を考えていただくのもひとつではないでしょうか。

JOHN SMEDLEYなの?って意外性に心が揺れる方へ。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 


なぜ、JOHN SMEDLEYなのか?

 

 

「一度、試して欲しいニット」

 

袖を通し、着続けていくことで分かっていただけると信じて、

オープン当初より展開をしているJOHN SMEDLEY。

 

 

 

4

 

 

 

なぜ、JOHN SMEDLEYなのか?

 

創業から330年以上がたった現在も、

高い品質を維持・追求し、優れたニット製品のみを作りつづけている。

『一貫したモノ作りへの姿勢』

そういった精神的な部分にも魅かれているのかもしれない。

 

 

 

20171111-dsc_5406

 

 

 

着用する方の個性で変わる。

基本的にデザインはニュートラル。

 

スタイリングにおいて、プラスにもマイナスにもなる振り幅。

わがままに洋服を着ていただきたいと考えるdoo-bopの根幹ともいえる部分。

 

 

 

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-4

 

 

 

歴史が信用に変わり、安心感になる。

着ていて気持ちが良いのはその着心地だけでなく、人に与える印象。

スーツ未満ジーンズ以上のシチュエーションにおいて、緩み過ぎない程よい緊張感。

 

日常生活を豊かにすると確かに感じる洋服。

初めての方には背伸びするあの独特の感覚を素直に楽しんでいただきたい。

 

インポートブランドで選ぶ価値を。

 

 

 

 

 


Vol.3481 【JOHN SMEDLEY:MOSS】

 

カシミア、アルパカ、アンゴラ。

冬になるとよく耳にする素材ですが、その動物がどんな姿をしているのかは意外と知らなかったり。

アンゴラの画像を初めて見たときはなかなかの衝撃を受けました。

毛を分けてもらう動物のことを知ると、

なんだか新鮮な気分で服を着ることができる気がします。

 

そんな動物たちの中から、アルパカの毛を使用した暖かいニットを。

 

JOHN SMEDLEY:MOSS

20171109-dsc_3799

 

 

ふわふわとした質感が、見るからに暖かそう。

しっかりと表情のあるニットなので、1枚で着ても様になります。

アームは比較的細身に作られているので、アウターを着るときにもすんなりと。

 

ボディには高品質のアルパカを主に、メリノウール、ナイロンを混ぜて。

アルパカの毛は保温性に優れ、かつ丈夫なので長い年月付き合っていけます。

そしてポイントとして、首周りと裾のリブ部分は素材が変わります。

カシミア混のメリノウールを使用したリブは、とても滑らかな肌触り。

贅沢な着心地を味わっていただけます。

 

 

20171109-dsc_3814

 

 

冬はいろいろと重ね着をするのも楽しいですが、

暖かいニット1枚で過ごすのも、なんだかリラックスできていいものです。

 

 

 

明日11/10(Fri)は誠に勝手ながら店休日とさせていただき、

11/11(Sat)より通常営業をさせていただきます。

尚、オンラインショップご注文への、ご返信・発送に関しましては、11/10(Fri)の13時までは当日対応にて承ります。

それ以降のご注文には、翌日11/11(Sat)よりご対応させていただきます。

皆様にはご迷惑をお掛け致しますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

【Column】

【AURALEE】ニットを選ぶその理由

9

 

 

【Roots】

PROTOTYPE"BYRD"

5

 

 

【New Arrival】

ARAN:FATIGUE PANT – Ecru / 16,200 YEN

ARAN:FATIGUE PANT – Olive / 16,200 YEN

ARAN:FATIGUE PANT – Navy / 16,200 YEN

 


Vol.3459 【JOHN SMEDLEY:SHIPTON & PARWISH】

 

色物に挑戦したいなと、

そう思わせてくれる今シーズンのJOHN SMEDLEY。

グレーにネイビー、グリーンにマルーン。良い色が揃っていますよ。

 

JOHN SMEDLEY:SHIPTON & PARWISH

20171014-dsc_8184

Cardigan / JOHN SMEDLEY:PARWISH – Kielder Green
Inner / JOHN SMEDLEY:SHIPTON – KIELDER GREEN
Bottoms / MOJITO:doo-bop Exclusive GULF STREAM PANTS Bar.3.0 – Blk

 

シンプルなVネックタイプに、新鮮さを感じるポロカーディガン。

上質なメリノウールを使用した滑らかな着心地は、

一度着ると忘れられなくなるほど。

 

JOHN SMEDLEYのニットが持つ落ち着いた雰囲気は、

普段のカジュアルな服装にさっと合わせるだけで、上品な印象をプラスしてくれます。

 

 

20171014-dsc_8200

 

 

袖のつなぎは手作業によるもの。

職人が1針1針、時間をかけ丁寧に縫い合わせた肩回り。

快適な着心地に加え、デザインとしてもとても美しい仕上がりです。

 

そろそろ「良いニット」、見ておきませんか。

 

 

 

【New Arrival】

JOHN SMEDLEY:SHIPTON – HEPBURN SMOKE / 32,400 YEN

JOHN SMEDLEY:SHIPTON – KIELDER GREEN / 32,400 YEN

JOHN SMEDLEY:SHIPTON – MAROON BLAZE / 32,400 YEN

 


JOHN SMEDLEY PARWISH 。

こんばんは。

MOJITO2018 S/S Pre-meetingお越しいただきました方々、誠にありがとうございます。

いろいろなイメージを膨らませてお楽しみいただけましたでしょうか。

デザイナー山下さんから伝わる言葉、思いは見えている生地やディティールとは異なった深さを感じていただけたのではないかと思っています。

 

今夜はようやく着れる頃合いになってきましたニットをご紹介させていただきます。

 

img_7630

JOHN SMEDLEY PARWISH – Kielder Green

 

シャツ?カーディガン?

どっちってなるかもしれませんね。

どちらの魅力も備わっているので、着る方の個性に合わせてスタイリングに取り入れてみてください。

 

フルオープンでラフに羽織ったり、

 

img_7632

 

きっちり着たい方はボタンを留めて。

実はこちらは往年のモデルになり、ご存知の方ですと懐かしいと思っていただける品番。

僕は袖を通すと新鮮に感じました。

世代でないから当然かもしれませんが、今まで着てきたニットとのデザインの違いは素直に着てみたいと思える仕上がりです。

 

img_7634

 

小振りの襟元はチャーミングなのに上品。

可愛いだけじゃないですが、愛嬌はしっかりございます。

 

img_7636

 

袖付けはハンドリンキング。

手縫いによりゴロツキのない着心地は身体が一度憶えると戻れません。

 

またJOHN SMEDLEYの魅力は発色の良さも忘れてはならない点だと思います。

品のある色出しにより、本来ならミリタリズム感じるカラーも美しく。

ソリッド単色ですが感じる奥深さは別物です。

 

img_7637

JOHN SMEDLEY PARWISH – Chacoal

 

img_7639

JOHN SMEDLEY PARWISH – Midnight

 

チャコールグレーのChacoal。

ネイビーのMidnight。

共に素晴らしいカラーです。

タンスのお洋服と相談されてカラーを選んでいただくのがよろしいかと思いますので、

ご来店時はその辺りもお教えいただければと思います。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 


JOHN SMEDLEY BELDEN この季節に是非。

こんばんは。

 

秋冬物の入荷にテンションは上がる日々ですが、なにせ外は暑いということで、

今夜はまだ秋物は実感がないという方へオススメアイテムを紹介させていただきます。

 

img_7056

JOHN SMEDLEY BELDEN – Black

 

度々僕のブログで登場しておりますJOHN SMEDLEY。

実をいうとこの7月後半に差し掛かった今、動き出しましたBELDEN。

皆さん普通のTシャツに少し飽きはじめている?なんて思っています。

 

上品な顔つき、極上の着心地は確実にスタイリングを格上げしてくれます。

 

img_7061

 

『コットンニット』

ニットと言うだけに暑くないかと懸念される方、ご安心ください。

編み目から風を通すので1枚で着用した際は、通常のカットソーより涼しく感じるはずです。

 

img_7058

 

今時期はスラックスでかっちり、時にはヴィンテージのデニムと合わせてちょっぴり贅沢なスタイリングなんてのも良さそうです。

僕は、やっぱりmandoと合わせるのが好きなのですが。

 

img_7063

JOHN SMEDLEY BELDEN – Navy

 

BELDENって実は秋口にすごく便利。

個人的な感覚ですが、ここ最近10月頃まではしっかり暑い印象です。

半袖ニットで日中を過ごし、朝晩は上着を羽織るくらいが丁度良いはずです。

ジャケットスタイルを上品に映し出してくれますね。

 

クローゼットに残る、インスタントじゃない洋服を。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 

 


vol.3326【JOHN SMEDLEYのVネック。】

こんばんは、手島です。

いつも当店Shop Blogをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

 

雨上がりの1日。

この時期は朝晩の温度差もあり、今日のように湿度が高い日は特に洋服選びも難しいタイミングだと思います。

 

dsc_1373

 

JOHN SMEDLEY : AYDON – BLACK / 31,320 YEN

JOHN SMEDLEY : AYDON – DARK LEATHER / 31,320 YEN

JOHN SMEDLEY : AYDON – NAVY / 31,320 YEN

 

JOHN SMEDLEYのAYDONはこの時期すごく重宝します。

春夏に使用されるシーアイランドコットンは、洗濯を繰り返すことでより滑らかに肌にしっとり馴染みます。

30ゲージに編み立てられたボディは通気性も良く、スタイリング・機能面共にストレスの無い1枚です。

 

dsc_1266

 

こなれた印象を演出する浅くやや広めに設定されたVゾーンは、どこか余裕を感じさせるシンプルなデザイン。

 

dsc_1217 dsc_1242 dsc_1233

 

ニットウェアの着心地を左右するポイントであり、より着心地を高めるために減らし目という技術が採用されたボディと袖の継ぎ目は、ハンドリンキングで繋ぎ合わせられております。

編み目を増減させることで可動域が広がり、フラットな継ぎ目は極上の着心地を生み出します。

 

 

NAVY

 dsc_1177

dsc_1154

 

bottoms : Engineered Garments : Fatigue Short – Cone Chambray – Blue / 25,920 YEN

shoes : GERMAN TRAINER : 1183 GERMAN TRAINER / 20,304 YEN

 

 

DARK LEATHER

dsc_1210

dsc_1195

 

bottoms : TEATORA : Wallet Pants FULL FLAT- BLACK / 32,400 YEN

shoes : Hender Scheme : slouchy – black / 42,120 YEN

 

 

BLACK

dsc_1313

dsc_1296

 

bottoms : Needles : String Work Pant – 4.5oz C/Tn Denim / 19,440 YEN

shoes : Tricker’s

 

異なるパンツでスタイリングを組みました。

ショーツ、ワイドパンツ、同色異素材に。

控え目なデザインになりますので、スタイリングのメインから脇役まで、着方を調整することで年間を通してご着用いただける1枚です。

深みのあるカラーリングは、JOHN SMEDLEYならでは。

 

 

是非1度手に取ってみられてください。

 

 

それでは、本日もお疲れ様でした。

 

 

 

【Event】

2017 S/S Sandals collection.

2

 

【Roots】

Jutta Neumann × doo-bop Exclusive Alice.

0

 

 

Ruben Saufkie × doo-bop Exclusive SP Tufa&Shiny Ring.

20170419-dsc_0765

MOJITO × doo-bop Exclusive P.P.PANTS.

0

 

【COLUMN】

HURRAY HURRAY composition × doo-bop Exclusive The Rolling Stones Tee.

dsc_8150

 

【New Arrival】

MOJITO : CLARENCE SHIRT Bar.4.0 – Gry / 27,000 YEN

dsc_1045-05

SBTRACT : DAILY PK TEE SHIRTS – White / 6,264 YEN

dsc_1074-02

SBTRACT : DAILY PK TEE SHIRTS – Beige / 6,264 YEN

dsc_0976-01

SBTRACT : DAILY PK TEE SHIRTS – Navy Black / 6,264 YEN

dsc_1123-02


是非、JOHN SMEDLEYを。

こんばんは。

今日は、母の日ですね。

普段、なかなか言えない「ありがとう」を電話で伝えました。

喜んでくれたようで、嬉しいです。

ちょっとした事を、少しづつですね。

さて、本日は大好きなジョンスメをご紹介します。

 

 

 

image1

 

 

 

まぁ~、見た目は特徴のないごくごく普通のカーディガンです。

洋服に興味がない人が、プライスを聞いたらドン引きでしょうね。

それでいいんです、ジョンスメ好きはあの着心地を独り占めすることに

快感を感じる人だと思います。

 

 

 

image2

 

 

 

四季がある日本では、春夏がcotton秋冬はwoolでリリースされるのですが

まずは、cottonを着てください。

出来れば、素肌に着れるモデルからお願いします。

そして、ご家庭でジャブジャブ洗ってガンガン着てください。

型崩れしにくく、退色しない丈夫さも大きな魅力になりますので。

ジョンスメ最高だよ。

 

 

 

image3

 

 

 

本日のチラ見せ!

 

 

image4

 

一平ちゃん、エエの作るわ~。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


本命のニットポロ。

こんばんは。

今夜は、ポロシャツのご紹介を。

 

鹿の子素材のイメージのあるポロシャツ。

そこを上品にアップデートしたJOHN SMEDLEYのポロシャツをどうぞ。

 

img_6032

JOHN SMEDLEY RHODES – Dark Leather

 

先日のブログでもオススメしておりましたが、今期はブラウンが気になるということで、個人的にはブラウン押しです。

素材がニットになることで、グッと品良く映ります。

 

img_6035

 

拘りの仕様は、この2つボタンと小振りの襟。

スッキリとまとめられた襟元が、どこか可愛らしくもあります。

ですが、ただ可愛く甘いだけにならないところも重要なポイントだと思います。

また、着丈もスッキリとした丈感ですので、1枚の着用から重ねた際まで、スタイリングに馴染みます。

 

ニットの編みたて構造が、コットンのTシャツより涼しく感じます。

特に気持ちの良い風が吹く今時期からは最適です。

シーアイランドコットンの贅沢で変わらず納得していただける着心地、品質。

 

img_6030

 

リメイクや古着とのスタイリングが今期はしてみたい、トライしていただきたいスタイリングです。

粗野+上品さ。

上質なものだけで組み合わせても、カッコいいとは言い切れないのがファッション。

その答えのない感じが面白く、ワクワクさせます。

 

クールビズにもオススメの1枚です。

お休みからオフィスまで、この着心地を楽しんでください。

 

【Roots】

MOJITO × doo-bop Exclusive P.P.PANTS.

0

 

 

WILLY CHAVARRIA.

0

 

【COLUMN】

MARQUEE PLAYER

0


アーカイブ

doo-bop Staff Blog

doo-bop Ameba Blog