Top > doo-bop : Tesima

ink × doo-bop Exclusive Vietnam Army Shirts。

こんばんは。

改めまして、新年明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

私自身は31日の営業終了後、地元に帰省し、新年はゴッドファーザーとフリースタイルダンジョンの口迫歌合戦で始まりました。

年末をいいことに12月はひたすら食に走った結果、お腹周りが過去最高を記録しておりますので、まず今年は体質改善を目標にしたいと思います。

 

さて先日更新した、ROOTSページはご覧いただけましたでしょうか。

 

image4

 

ink : doo-bop Exclusive Vietnam Shirt

 

inkさんにお願いして作っていただいた、Exclusive Vietnam Army Shirtsの特集ページです。

通称”ベドシャツ”。

 

 

image3

 

ベースとなる形は、US ARMY SHIRTS。

冬場はアウターのインナーに。春はジャケットとして。初夏はショーツに合わせるイメージです。

ベースはシンプルに、inkさんが得意とするベドジャンをモチーフにした刺繍を施していただきました。

生地は、どちらも着用と洗いを繰り返すことで素晴らしいエイジングを遂げる、French Army M-47 Field Pantを2本使用したタイプと、US Tent fabricを使用した2型。

*生地別にアームの刺繍が異なります。

French Army M-47 Field Pan→イーグル(鷲)

US Tent fabric→ドラゴン(龍)

 

image5

 

写真は私物で着用しているもので、1回の洗いと1週間の着用で既にアタリや皺がいい感じに出てきました。

サンプルのため刺繍がドラゴン(龍)になっていますが、私は辰年なのですこぶる気に入っています!

 

 

image1

 

inkさんの手掛けるリメイクアイテムは、抜かりのないパーツ配置に加え、シルエットの良さも魅力だと思います。

やや細めに設定されたパターンは、着用時から体に馴染み、スタイリングに溶け込みます。

個人的にはインナーは白。

パンツはスラックスを合わせた綺麗目なスタイルから、素直にデニムに合わせたスタイリングがお勧めです。

 

 

ヨーロッパミリタリーとアメリカミリタリーの武骨さと、東洋発祥のオリエンタルな刺繍が施された1点物のジャケットは、様々な要素を楽しんでいただける仕上がりです。

今の時代だからこそできる格別な雰囲気が、これまでにないスタイリングを作り上げる自信をもってお勧めする1枚です。

 

数に限りがありますが、是非お試しください。

 

 

 

それでは、本日もありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

【Roots】

ink × doo-bop Exclusive Vietnam Army Shirts.

0-2

 


ink × doo-bop Exclusive Vietnam Army Shirts.

 

 

 

 

0-2

 

ink × doo-bop Exclusive

 

【Vietnam Army Shirts】

 

 

Base Model : US ARMY SHIRTS

Embroidery motif : Vietnam jumper

 

 

0

 

 

『Front style』

 

刺繍

 

Eagle(French Army M-47)

Dragon(US Tent fabric)

Tiger

Fukurokuzyu

 

 

60〜70年代にかけてのベトナム戦争時に、

駐在地にてアメリカ兵がパラシュートや 寝袋等を使用して、

私物やお土産品として 作られたベトナムジャンパーの刺繍を再現。

アームの刺繍は、モデル別に区別。 当時の愛嬌ある刺繍は、

職人さんが 手間暇をかけて再現しております。

 

 

15

 

 

生地別に2モデルを特別にご用意。

①“French Army M-47”   (写真 : 左)

② “US Tent fabric” (写真 : 右)

異なる国、年代の資材を用い、解体・再構築した全て1点物のジャケットです。

 

16

dsc_9220-1

dsc_9178-1

 

14

dsc_9510-2

 

 

dsc_9341-1

 

 

【Delivery】

 

2017.1/7 (Sat)

11:00 ~ On Sale

 

Online shop Page

 

 

上記日程にて、今週末より18着限定でリリース致します。

是非、この機会にスペシャルな1枚をお試しください。

 

 

 

 


Work&Military Wear Collection 2016に向けて。Ⅱ

こんばんは。

 

体操男子団体金メダル等、リオオリンピックも大いに盛り上がっておりますが、

ついに、ついに昨日イチロー選手がメジャー通算3,000本安打を達成しました。

140年に及ぶメジャーリーグの歴史でイチロー選手が30人目になるそうで、27歳以降のデビューでは初となる大記録です。

このことを書き出すと時間が足りませんので、後日しっかりと綴らせていただきます。

 

さて本日は、Work&Military Wear Collection 2016に向けて、商品のご紹介です。

 

image1

 

ink : “THE CLASH”

 

大阪発inkより、70~80s頃のデニムを解体・再構築した1本、“THE CLASH”。

ディティールは本日のショップブログにてお伝えさせていただいておりますので、自分のブログではスタイリングをメインにご紹介します。(詳細は是非、店頭にてお伝えさせてください!!)

 

 

image3

 

tops : BRU NA BOINNE

 

まずは、今時期の提案。

アロハシャツのゆるめのサイジングと細身のシルエットが好相性なスタイリング。

 

image6

 

jacket : TEATORA

cutsewn : BRU NA BOINNE

eyewear : ayame

 

続いて、秋口の提案。

TEATORAのジャケットをベースに、足元はモードな雰囲気に馴染むスタンスミスをチョイス。

 

image4

 

jacket : BRU NA BOINNE

cutsewn : WALLA WALLA SPORT

 

そして、アランジャケットを合わせたパンキッシュなスタイル。

レザー×デニム×コンバースの王道スタイルをモダンな解釈で。

 

image5

 

jacket : FRENCH ARMY M-47 JACKET

cutsewn : SAINT JAMES

shoes : PARABOOT

 

同じく、11日(木曜日)より発売をスタートする、FRENCH ARMY M-47 JACKETをチョイス。

デニム以外はフランスに関わるアイテムを合わせた、土臭いマリンスタイルの提案。

 

image2

 

shirt : OAXACA : Chambray Shirt – Monogram Stitch

cutsewn : PIZZANISTA

 

最後は、西海岸スタイルです。

ダークトーンで合わせることで砕けすぎないように意識しました。

 

シンプルなものから、癖の強いアイテムまで。

クラフト感のあるデニムの味わい深い表情を細身のシルエットに落とし込むことで、

着用者の個性を引き立てるふり幅の広いアイテムに昇華させたリメイクデニム、“THE CLASH”。

 

個人的に今期、猛プッシュさせていただきます。

 

それでは、本日もありがとうございました。

 

 

【Event】

Work&Military Wear Collection 2016 Vol,2.

DSC_3339

Work&Military Wear Collection 2016 Vol,1.

DSC_1822

 

【ROOTS】

COMESANDGOES(カムズアンドゴーズ)

1


アーカイブ

doo-bop Ameba Blog