Top > doo-bop : Nakajima

Indian Jewelry Fair Vol.6ありがとうございました。

こんばんは。

6年前から始めたIndian Jewelry Fair、回数を重ねるごとに

当店を象徴するイベントになっていると実感させていただいてます。

このイベントを楽しみに、年一回ご遠方からご来店いただく方がお一人づつ増えているのが

心底嬉しく、ありがたいです。

昨年のインディアンジュエリーの盛り上がりがあっての今年、

不安ではありましたが、強気の作品を今まで以上にご覧になって頂くことで

お客様を選ぶかたちになりましたが、これで良かったと今も思っております。

 

 

IMG_4582

 

 

普段からそうなのですが、メーカー様の努力・ご協力・ご指導により

当店を通して、インディアンジュエリーに興味を持ち、好きになってくれる方が

増えているのが、最高です。

 

 

IMG_4584

 

 

日本では、まだまだ知名度・評価共にが高くないアーティストがたくさんおられるのですが

Vol.7に向けて、ご紹介できればと思っておりますのでご期待ください。

 

 

IMG_4585

 

 

 

本日のチラ見せ‼

 

 

IMG_4587

 

猫じゃないよ。

 

doo-bop Shop Blog

毎日更新中です。是非ご覧ください。


25日(土)11:00よりスタートです。

こんばんは、お疲れ様です。

 

大変お待たせいたしました。

明日6月25日(土)11:00よりIndian Jewelry Fair 2016開催です。

 

IMG_4430

一同に並べられたジュエリーを見て、スタッフ一同大盛り上がりです。

(そのせいで少し準備が押してしまいました。。。)

 

たくさんご紹介したいアーティストがいるのですが、とてもこのブログだけではご紹介しきれません。

期間は7月3日(日)までですので、全国のジュエリー好きの皆様、

是非この機会にdoo-bopに遊びに来てください。

 

アクセスをどうぞご確認ください。

 

〒525-0059 滋賀県草津市野路一丁目17番34号

TEL:077-562-4121

駐車場4台有

 

それでは、本日はフェア用作品からどうぞ。

IMG_4426

ISAIAH ORTIZ(アイザイア オルティズ)

サンフェリペ プエブロ族の若手アーティスト。

聞きなれない民族かもしれませんが、作品は一度見たら忘れられない前衛的なスタイルのアーティストです。

 

 

IMG_4427

立体的に作られたトライアングル型をベースに、ギザギザと幾何学模様のような表情をカッティングで表現しています。

 

 

IMG_4428

これは全て糸ノコギリを使用してカッティングされており、

大地に降り注ぐ雨を表し、五穀豊穣を意味しています。

 

 

 

IMG_4429

立体的な直線美が描くラインは、どこかモードな印象すら感じる唯一無二の世界観。

伝統を逸脱した氏の世界観は、ファンの方も多く、今回お楽しみにしていただいていたかと思います。

 

シンプルな洋服のアクセントとしても存在感を発揮するデザイン。

 

是非ご覧ください。

 

【ROOTS】

PROTOTYPE McLaughlin

0

【EVENT】

Indian Jewelry Fair

0

気軽にフォローミー♪

Instagram_Icon_Large

 

 

 

 


攻めてます。

こんばんは、お疲れ様です。

いよいよあと2日。

明日は店舗休業をいただきまして、大幅なレイアウト変更と、準備を行います。

 

ご期待ください。

 

さてdoo-bopスタッフですが、お客様にもよく言っていただけるのですが、

キャラが散ってます。

好きな物や、スタイルは全員違うのですが、共通しているのはインディアンジュエリー好き。

 

そしてその中でも、全員が共通して持っているアーティストが、

エディスン カミングス / Edison Cummings

 

IMG_4406

率直な印象は攻めてるアーティストです。

氏自身の作品にも感じられる多彩な色使いのインレイワークや、デザイン。

3Dアートを学んでいた経歴があり、独動的な作品を手掛けています。

 

 

そのアーティストだからこそ、doo-bopからのリクエストもNOがありません。

中島考案のラビットリングも依頼した二つ返事でYES。

 

IMG_4398

上がってきたものは想像以上の出来です。

 

 

その後スタッフみんなも続いてオーダーしました。

 

 

IMG_4395

僕のはこれです。

 

 

中島の物とは若干顔が違うのですが、非常に気に入っております。

スタッフ各々目の色を変えてオーダーしております。

 

氏の得意とするのはトゥーファーキャスト技法。

先日ご紹介したRuben Saufkie(ルーベン スフキー)とは、また全く違った表情です。

 

そこから、バングル、リングと、doo-bopの別注としてオーダーしまして、

着々と店の集まってきている作品です。

 

 

まだまだ日本ではお持ちの方が少ないアーティストです。

独自の世界観を強く持つ作品。

中毒性高し!です。

 

是非お試しください。

【ROOTS】

PROTOTYPE McLaughlin

0

【EVENT】

Indian Jewelry Fair

0

気軽にフォローミー♪

Instagram_Icon_Large


vol.3036 【Indian Jewelry Fairに向けて~Ernie Lister~】

こんばんは、南出です。

いつも当店SHOP BLOGをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

 

いよいよ開催まであと3日に迫りました、Indian Jewelry Fair。

ホームページ各コンテンツや、スタッフ個人のInstagramでも少しずつ作品をご紹介しています。

中島南出手島塚本と実は全員やっていますので、どうぞご覧ください。

 

 

さて、本日のご紹介アーティストはこちらです。

 

DSC_8759

Ernie Lister(アーニーリスター)

 

ナバホ族のベテランアーティスト、Ernie Lister(アーニーリスター)

ナバホ創生期の伝説的なアーティスト、Slender Silver Makerから代々オールドスタイルのシルバー作りを受け継いだ、5代目の正統後継者です。

オールドスタイルと称される、コインを溶かしインゴッドシルバーを材料として作る技法。

通常のジュエリー作りでは、シルバープレートを材料として使用しますが、プレートから自身で作り加工します。

また、このインゴッドシルバーは通常のシルバーよりも固く割れやすいので、非常に加工が難しく、ひとつの作品を作り上げるのに膨大な作業時間がかかってしまいます。

しかし、このオールドスタイルにて作られた作品は材質の表情、経年変化に圧倒的な質感、雰囲気の違いが生まれます。

2013年のアメリカ州法改正により、銀貨の加工が制限されてからは、シルバーを独自の配合で混ぜ合わせ、今も尚、オールドスタイルにて製作しています。

 

 

本日更新したEVENTページでご紹介しております、Perry Shorty(ペリー ショーティ)にジュエリー作りを教えた事でも有名なアーティストです。

 

 

 

DSC_8796

DSC_8781

力強く無骨なデザインながら、奥ゆかしく、どこか懐かしい感覚を憶える当氏の作品。

数多くのインデイアンジュエリーファンの心を掴んで離さない魅力は、着けた人にしかわからないと思います。

doo-bopオーナーの中島もその1人で、数多くの彼の作品を愛用しています。

 

 

 

チゼルワークや、スタンプワークとナバホの伝統的手法はもちろんながら、

当氏の得意とするリポウズィ技法。

DSC_8824

DSC_8844

予め構成した図柄を裏面から少しずつ押し出すように、打ち出します。

繊細な力加減と、膨大な作業時間(力を入れすぎるとクラックが入ってしまう為)を要する技法です。

この度のフェアでもこの技法を取り入れた作品が多数揃います。

 

 

DSC_8890

DSC_8870

武骨ながら、温かみを感じる作品の数々。

オールドナバホスタイルの神髄を是非お確かめください。

 

それでは本日もありがとうございました。

 

 

 

【EVENT】

Indian Jewelry Fair 2016 6.25(Sat)~7.3(Sun)

DSC_3030

 

【ROOTS】

COLUMN】Alden

2

 

【New Arrival】

BRU NA BOINNE : フェリシン タンク – ネービー,ダークオレンジ,ライトオリーブ / 7,560 YEN

DSC_7614-01

 

HURRAY HURRAY : テレコタンク / 4,104 YEN

DSC7550


Indian Jewelry Fair 2016 Vol.6 ~Perry Shorty~

 

 

 

 

DSC_3030

 

 

 Indian Jewelry Fair 2016 Vol.6

 

 

【Perry Shorty(ペリー・ショーティー)】

 

 

ナバホジュエリーを作り始めたと言われるSlender Silver Makerが考案した、

伝統的なオールドナバホスタイルを受け継ぐシルバースミス(銀細工職人)として、

師であり5代目の正統後継者であるErnie Lister(アーニー・リスター)に次ぐ6代目の正統後継者、Perry Shorty(ペリー・ショーティー)。

1920~30年代のクラシックスタイルのジュエリー製作を行うアーテイストとして、

30年以上のキャリアを誇る現ナバホトップアーティストの一人です。

氏から生み出されるジュエリーは過去の資料や書籍を参考としたシンプルなデザインが多く、

特に材料として使用されるコインシルバーは、1870~1910年代に流通していた当時の銀貨を溶かした材料で、

加工が極めて難しく、限られたトップアーティストのみが取得することができる技術です。

 

 

DSC_3083

 

 

 

 

DSC_3092

 

 

 

 

DSC_3109

 

 

期間中は、最高峰の完成度を誇るチゼルワークバングル。

手作業とは思えないほど細かく鮮明に施したスタンプワークブレスレット。

そして、氏を代表する独自の表情や質感を味わっていただける、コインシルバーブレスレットをご用意。

 

 

 

DSC_8215

 

 

 

限られたショーでしかペリーの出店は無く、いかなるバイヤーであっても氏のブースで購入できる作品数は1つのみ。

世界中にコレクターが存在するほど希少な氏の作品をご覧いただける貴重な機会となります。

 

 

 

 


好きになったきっかけのアーティスト。

こんばんは、お疲れ様です。

いよいよ開催まであと4日に迫ったインディアンジュエリーフェア。

 

楽しみですね。

 

着々と準備を進めていますので、

全国の皆さま、是非遊びにいらしてください。

 

ぼくも早いもので、この業界に入って8年目になります。

入社当初はカジュアルに合うジュエリーはこれなんだなと何気なくつけていたインディアンジュエリーですが、

今ではすっかりその魅力にやられています。

 

 

最近、一番の魅力は経年変化じゃないかなと思っています。

普通シルバーアクセサリーと言うと、輝いていて、高級そうに見える物が良しとされますが、

インディアンジュエリーは、酸化して、傷も入って、やっとそれが味になっていくと思います。

(もちろん綺麗な状態をお好みの方は、磨きやポリッシングを行っていただくと、綺麗な状態ですので、ご安心ください。)

 

アクササリーという垣根を越えた、お守りのような感覚です。

 

そんな魅力にハマった一つのきっかけが、Ruben Saufkie(ルーベン スフキーの作品です。

IMG_4376

 

こちらは彼の作品の中でも僕たちが好きなデザインを形にしていただいた特別なペンダントトップ。

中島、塚本が愛用しているイーグルフェザーモチーフの作品です。

 

僕も愛用していたのですが、飲んで騒いでいる間に、大地に帰ってしまったようです。

 

あの時の衝撃は今でも鮮明に覚えています。

一瞬で全てが覚める感覚でした。

 

話が逸れる前に、作品のお話へ。

 

 

IMG_4380

IMG_4381

用いられているトゥーファキャスト技法。

溶かしたシルバーを軽石のような窯に流し込む事で、表面に凹凸をつける技法。

 

 

凹凸面と、フラット面のコントラストがたまらい。

 

 

本当に格好良い作品だと思います。

 

IMG_4382

バチカン(チェーンを通す個所)にもトゥーファキャストが。

 

 

ホピ族の作品に対して、可愛いイメージを持っていた中、

この厳つさを感じるデザイン、トゥーファキャストの持つ表情を見た時の衝撃は今でも覚えています。

 

 

皆さまにも是非ともお勧めしたいアーティストです。

 

 

あと、飲みにく時は、チェーンの留め具をきつめに絞めるのもお忘れなく。

これもインディアンジュエリーが教えてくれた大切なこと。

 

 

 

 

ちなみに中島はこんな作品も。

IMG_4383

 

 

IMG_4384

ブライダルリングとしていつも肌身離さずつけているリング。

 

 

表面はゴールド。

 

 

詳細は、店頭にて。

 

 

それではあと4日。

 

 

是非ご期待ください。

【ROOTS】

PROTOTYPE McLaughlin

0

【EVENT】

Indian Jewelry Fair

0

気軽にフォローミー♪

Instagram_Icon_Large

 


インディアンジュエリーフェア2016★Lucion Koinva/ルシオンコインヴァ 

こんばんは☆

 

当店スタッフ内では、【Indian Jewelry Fair 2016】

昨日もお伝えしましたが、

すでにフェアが開催されているかのようなムードに包まれております。

 

今年は、何を買おうか

アイテムは?

アーティストは?

年に一度のお祭り騒ぎ。

 

女性の私も、ワクワクが止まりません(*^_^*)

 

さて、今夜のインディアンジュエリー

≪ホピ族≫より選んでみました♪

アメリカ最古の部族とも言われているホピ族のジュエリー

自然への崇拝心を強く持っていて、動物や、植物などをモチーフに

『オーバーレイ』と呼ばれる銀板を2枚重ねにして模様を浮き立てる技法を使って

数々の作品を生み出しています。

 

image6 

リングのモチーフ、Type Aは リザード

地を這うことから、地上の全てを知り尽くす動物とされ

<知性の象徴>と云われています。

 

image3

 

Type Bは ラビット

うさぎは目を開けたまま生まれてくる事から

邪眼に対する抵抗力を持つと信じられています。

強者から逃れる習性、恐怖を知りそれを避け、 逃れることができる

そのような意味も込められているんですよ。

 

image4 

Type Cは イーグル。

イーグルは、動物の中でいちばん空高く飛ぶことができるとされ

”神に一番近い存在”と言われています。

そこから、人間の願いを神に届ける使い、とも呼ばれているんです。

 

image1 

どちらのリングにもサイドには水をモチーフとしたデザインが施され、

リングそのものには透かし模様が入っています。

一緒に着用しているバングルについても同アーティストの作品で

こちらは、機敏さを意味する”ロードランナー”がモチーフとされています。

 

image9

いかがでしょうか。

インディアンジュエリーは初めて

と言う方にもおすすめしたいホピのジュエリー

 身近にあるものに敬意を払い、身にまとう。

ファーストインディアンジュエリー

ファーストホピ

ぜひ、チェックしてみてくださいませ。

 

今夜も最後までお付き合いいただきまして

ありがとうございます。

doo-bop Shop Blog

毎日更新中です。是非ご覧ください。

 

 

【ROOTS】

PROTOTYPE McLaughlin

0

【EVENT】

Indian Jewelry Fair

0


インディアンジュエリーフェア、明日で最終日です。

こんばんは、お疲れ様です。

約一週間に渡り開催させていただいたインディアンジュエリーフェアもいよいよ明日28日で最終日となります。

 

IMG_3540.JPG

 

ご遠方含め、たくさんのお客様にご参加いただいた事をこの場を借りてお礼申し上げます。

 

初めてのジュエリー。

 

ミュージアムクラスのジュエリー。

 

ペアのジュエリー。

 

様々なお客様にお会いできて何よりのイベントでした。

 

当店では一年に一度の大きな行事となりますので、また来年からもより深いものにして、ご提案できるよう努めて精進していきますので、何卒よろしくお願い致します。

最終日も是非皆様のご来店お待ちしております。

 

『究極のmade in USA』ここにありです。

 

それでは本日のご紹介を。

 アーニー リスター / Ernie Lister ナバホ族。

IMG_3523.JPG

ペリー ショーティ / Perry Shortyの師匠にあたり、

ナバホ族の伝統技法とされるインゴットシルバーを使用し、ジュエリー作りを行う正統後継者。

技法も然ることながら、道具や、テクニックも現代の物は使わずに行う当氏のジュエリー作りは、高度な技術と、膨大な制作時間がかかります。

アーティストの人間性さえも露呈する、作りこまれた作品の数々は、圧倒的な存在感を持ちます。

 

以前のブログでご紹介させていただいた物もありますが、改めてご覧ください。

 

5スターズ リポウズィ ブレスレット

IMG_3524.JPG

IMG_3526.JPG

表面に浮き出る模様を設定し、裏側からコツコツ打ち出していく、非常に高い技術力が求められるリポウズィ技法。

エンボスや、スタンプよりも手間がかかる上に、インゴッドの成型において非常に難しい技法です。

IMG_3525.JPG

太目の幅ですが、おさまりがよく、落ち着く一本ではないでしょうか。

 

 

 

ローンマウンテン ブレスレット

IMG_3527.JPG

個人的に最もほしい一本です。

ハイグレードのローンマウンテンターコイズを贅沢にも三つも使用した一本。

IMG_3528.JPG

両縁に打ち込まれたチゼルワークが全体を引き締め、バランスの取れた仕上りです。

 

続いて、先ほどのバングルと同じときに採れたローンマウンテンを使用したバングル。

こちらもチゼルワークが良い存在感を持っております。

IMG_3529.JPG

 

中央付近には、ドラゴンフライ(蜻蛉)が。

IMG_3530.JPG

昔は当氏のホールマークとしても使用されていたドラゴンフライ。

 

無骨な雰囲気を和らげる良いアクセントとなっております。

IMG_3531.JPG

 

 

 

IMG_3532.JPG

ランダーブルーターコイズにも見えるほど、濃く、細かく入ったスパイダーウェッブ。

非常にハイグレードなレッドマウンテンターコイズとなります。

 

 

IMG_3533.JPG

合わせてゴールドのベゼルがエレガントな雰囲気を一層と際立たせています。

IMG_3534.JPG

 

いかがでしたでしょうか。

オールドスタイルと称される当氏の作品は、無骨な印象はもちろんですが、作品のどこかに感じる何とも言えない温かさ。

お買い上げいただいた皆様は非常に愛着を持って着けていただいています。

 

いよいよ明日で最終日となります。

皆様のご来店、心よりお待ちしております。

 


vol.2692【石付をお探しの方へ】

こんばんは、南出です。

いつも当店Tip’sをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

 

雨が降ったりやんだり。

気温も高いような、肌寒いような。

鬱陶しい天気が続いておりますが、週末の滋賀県は天気はもつようです。

 

今年のジュエリーフェアは、今週末28(日)までの開催となりますので、是非ご来店くださいね。

 

さて本日のご紹介アーティストは、ナバホ族、デルバート バンデバー / Delbert Vandever

15人兄弟のうち12人がジュエリーアーティストという、ジュエリー一家に生まれ育った当氏。

20150626-DSC_4746

石の個性を生かすようにシンプルに手がけられたデザイン。

ターコイズ以外にも様々な鉱石を使用し、個性豊かなジュエリーを制作しています。

 

Lapis ring

20150626-DSC_4794

幸運を招く石とも言われるラピス / Lapisを使用したリング。

 

20150626-DSC_5062

深い色みのブルーが印象的です。

ターコイズの物とは全く違った印象を与えてくれるブルーです。

 

Denim Lapis Ring

20150626-DSC_4822

 

その名の通り、デニムのように濃淡が見えるサックスカラー。

さわやかな印象と、やさしい色出しが、季節感も演出してくれる石です。

 

20150626-DSC_5022

 

そして最後に、こちら。

Onyx Ring

20150626-DSC_4950

艶やかな色気を放つ、真っ黒の石。

個人的には一番お勧めの石です。

20150626-DSC_5018

インディアンジュエリーの印象を少し変える一本です。

迷いのない強さを表す石とされていますので、何か決意や決心を持たれた方は、験を担いでみてはいかがでしょう。

 

 

存在感、オリジナリティがある、デルバート バンデバー / Delbert Vandever の作品ですが、

本日ご紹介したリングは、全て1万円台と、なかなか優しめのお値段なのも嬉しい所です。

 

 

是非どうぞ。

それでは、インディアンジュエリーフェア / Indian Jewelry Fair 最後の週末、皆様のご来店お待ちしております。

 

 

 

【Event Page】

Indian Jewelry Fair 2015 〈 2015,6.20 Sat. ~ 2015,6.28 Sun〉

名称未設定-3

【New Arrival】

パトリシア ベドニー : スター ペンダント / 36,720 YEN

20150624-DSC_8239

パトリシア ベドニー : スモール スターバースト ペンダント / 32,184 YEN

20150612-DSC_7776

ロンパーカー : ツイスト インレイ リング / 30,240 YEN

20150624-DSC8227


vol.2686【インディアンジュエリーフェア初日。】

こんばんは。手島です。

いつもTip’sをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

 

 

本日も、たくさんのご来店をいただきまして誠にありがとうございました。

 

 

 

 

いよいよ始まりました。

 

 

 

 

 

Indian Jewelry Fair 2015

 

 

 

20150620-DSC_5070 20150620-DSC_5067 20150620-DSC_5064 20150620-DSC_5057 20150620-DSC_5054 20150620-DSC_5047 20150620-DSC_5043 20150620-DSC_5040 20150620-DSC_5035 20150620-DSC_5032

 

 

 

 

再三お伝えしておりますが、期間は6/20(Sat)~6/29(Sun)までの9日間。

期間中は可能な限りオンラインショップにも商品をアップさせていただきますので、是非ご覧いただければ幸いです。

 

 

 

また、本日はオフィシャルホームページのイベントページを更新しております。

内容は初見の方も多いと思われるスペシャルなアーティストの作品を紹介しておりますので、どうぞこちらからご覧ください。

 

 

 

 

これからの9日間、特別な空間で皆様のご来店をお待ちしております。

 

 

 

 

それでは、本日もお疲れ様でした。

 

 

 

 

 

【Event Page】

Indian Jewelry Fair 2015 〈 2015,6.20 Sat. ~ 2015,6.28 Sun〉

名称未設定-3

【New Arrival】

ポール スフキー : オーバーレイ ブレスレット / 1,350,000 YEN

20150619-DSC_4696-01

マッキー プラテロ : スタンプド リブド ブレスレット / 1,814,400 YEN

20150612-DSC_7243


アーカイブ

doo-bop Ameba Blog