Top > doo-bop : Nakajima

宴からの2019aw立ち上がり。

Indian Jewelry Fair 2019沢山のご来店ありがとうございました。

またイクのって方や、ついにって方、そして我慢強い方、

それぞれですが、大事にしてあげてくださいね。

これぞ、一生モンですから。

今年は、僕、我慢です。

マンションの老朽化が進み、リフォームにいくら掛かるのか?

銀行には行きたくない!

 

 

 

image1

 

 

 

そして、このタイミングでネペンテスから各ブランドの秋冬ものが入荷。

やはり、気になるのはNeedles

オリジナルファブリックを使用したCut-Off Bottom Classic Shirt、

相変わらず、やさぐれた感じに仕上がってます。

この世界観を出せるデザイナーは、清水さんだけでしょうね。

さすがネペンテス代表。

 

 

 

image2

 

 

 

Needles以外もEG、South2 West8も届いております。

チェックしていただきたいのは、South2 West8の6 Pocket Classic Shirtのセットアップ。

控え目ながらも主張があり、とにかくカッコいい。

だから、沢山仕入れました。

銀行には行きたくない!

 

 

 

image3

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


Indian Jewelry Fair早くも終盤。

入店時、ちょっと強張ってる。

物色時、怖いぐらい真顔(真剣そのもの)。

退店時、エエ顔。

Indian Jewelry Fairにご来店いただいたお客さんの表情変化。

そりゃそうなるか、普段とは桁違いのレベルのものがこれだけ並べばね。

人によっては、自分ひとりでプライス当てやってる人もいる。

それでイイんです、楽しんでほしいし、手に取ってガン見できるのはこの期間だけだから。

でも丁寧に扱ってよ、僕のじゃ無いからね。

 

 

image1

 

 

残り3日。

目標は、鉄槌をあと2つ。

 

 

 

image2

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


Indian Jewelryからの出会い。

Indian Jewelry Fairが、僕に与えてくれた事は多々ありますが

一番は、年一の再会です。

大阪、京都、奈良、岐阜、滋賀からこのイベントの為にわざわざご来店してくださり、

ありがとうございます。

狭く深い世界であるIndian Jewelryに魅了され、七夕に会う。

男同士だからキモイけど、なんかロマンティックじゃないですか。

 

実店舗をやらせていただいてて、本当に最近沁みる。

嬉しいんですよ、色々と。

ありがとうございます。

こんな事を綴ると閉店するの?って勘違いされるかも知れないけど

イイ感じにモミモミながらの微増右肩上がり、yeah!

イベントは、15日の海の日まで開催しておりますが

来年もこの時期に、年一の再会ができるように気張りますから

応援よろしくお願いします!

みんな待ってるよ!

 

 

image1

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


これこそインディアンジュエリーフェア!

あかん、鬼てる。

週末からのキラーイベントの第一弾が今朝到着。

パッキン開けたら、出るわ出るわのお宝ジュエリー。

低く見積もっても、5千万ぐらいは軽くある。

これから届くお宝と合わせたら、一億超えるんじゃないかな?

メゾンブランドの入り口にいる屈強なSPを期間中、お借りしたいマジで。

では、そのお宝の一部をPerry Shortyから

バックインレイ以外のringに鎮座されたターコイズは、すべてLander Blueになります。

探すとないのが、Perryのリング。

しかもこのクラスになると、特別にPerryにオーダーしないとまず出ないです。

これら以外にも、ブレス・リングがわんさか。

ちょっと分かる方なら、どーなってんの?この品揃えって思うレベル。

 

 

 

image1

 

 

 

どうです?画像でもガンガンに出まくってるでしょ。

こちらは、Art Tafoyaというアーティストの作品になります。

日本で紹介されたのは、何故かごく最近になるのですが超ベテランです。

どれぐらいの超ベテランかと言いますと、ナバホのルーツでありレジェンドFred Peshlakaiと

その歴史を作りあげたアーティストです。

作風、特に細かいスタンプはFred Peshlakaiを彷彿させる素晴らしい技術です。

今後、推していくアーティストになりますので

フェアでは、ターコイズ無しのブレスやリングも揃います。

覚えておいてくださいね、間違いなく要注目の一人です。

 

 

 

image2

 

 

 

そしてお馴染、精密機械ことHoward Nelson。

高齢になり、制作スピードは落ちたにしてもテクニックは相変わらず。

画像の作品たちは、ロングブランチ森田さんの別注品でヘビーゲージ(シルバーを分厚くお願い)のコレクション。

これが、スゲーんだわ。

迫力というかパンチがあり過ぎて、人選ぶかも。

「我こそは」って方、お待ちしてます。

では、週末茶封筒持参でよろしくお願いします!

 

 

 

image3

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


こそこそIndian Jewelryを。

やっぱり集めてますよ。

暖かくなり、肌の露出が増える前にね。

今年は、アンクレットやヴィンテージなどもご用意できそうな感じです。

迷いに迷って、訳わからないようになってもらえるように。

そういう世界なんです、Indian Jewelryって。

 

さて先日、このようなド級の作品が入荷しました。

hopiの超ベテランアーティストEddie Scott Kohtalawvaのinlay ring、

出まくってますね、古典的なhandmadeだから滲み出る雰囲気と迫力。

芸術品を身に付ける覚悟が必要なレベルです。

 

 

 

image1

 

 

 

そして、このようなヴィンテージも入ってます。

手前のブツブツとした気持ち悪いのは、navajoの50年代の蛇の目をモチーフにした Snake Eye Ringと

60年代のzuniのButterfly Ring、現行では絶対に出ない出せない感じが宿ってます。

ただ古いだけではなく、素朴な中に模索しながら制作していたのであろう痕跡があります。

手探りの良さっていうんですかね、この時代特有の未完の良さってあると思うんです。

賛同してくれる方お待ちしてます。

 

 

 

image2

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 


Indian Jewelryをもっと身近に。

題名通りのイベントを開催します。

一言にIndian Jewelryといっても、色々なアイテムがありますし

プライスもピンキリ。

今回のイベントは、プライスに重きをおき

気にしているけど、近づくのを躊躇していた方に来て頂きたいです。

リング、ブレスレットはもちろんですが

「こんなんもあるんや」ってアイテムもご用意しました。

 

 

 

image1

 

 

 

先ずは、Moneyclip。

お金やカードを挟むだけでは、勿体ない。

書類などを挟んで、勉強・仕事中も傍らに置いて

少しでもテンション上げていただければ嬉しいです。

 

 

 

image2

 

 

 

こちらは、かなり季節先取りのアイテム、anklet。

手首、足首等の首がつく箇所にJewelryをつけると

華やかさと色気が漂います。

是非、男性にもチャレンジしていただきたいアイテムです。

 

 

 

image3

 

 

 

そして、Kachinaです。

ネイティブアメリカンの世界に興味を持つと

どうしても、この壁に当たるのです。

まずは、この小さな小さな作品から収集してみては

どうでしょうか?

では、週末お待ちしてますね。

 

 

 

image4

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


Marco Begayeのring、3個入ったよ。

3連休、mojitonorieiのイベントに沢山のご来店いただきまして

ありがとうございました。

商品到着は、来年になりますが楽しみにお待ちくださいね。

さて、またどうしょうもないringを買い付けてしまいました。

この病気は、治りそうもありませんのでお付き合いください。

 

 

 

image1

 

 

 

それでは、Marco3兄弟の三男からご紹介させて頂きますね。

ターコイズは10.5ctのCanndelaria。

18Kを部分使いしている割に、ドヤ感をない作品になります。

 

 

 

image2

 

 

 

ご覧の通りのシンメトリー。

三男坊は素直な性格なようですね。

 

 

 

image3

 

 

 

お次は、次男。

ターコイズは、Morenciで贅沢に23ctを装備。

豪快な性格ではないでしょうか?

 

 

 

image4

 

 

 

しかも、アシメトリー。

2面性があるので、AB型と推測します。

この子は、凶暴ですね。

 

 

 

image5

 

 

 

最後に、長男。

禍々しいIthaca Peakを装備。

シンメトリーで、真っ直ぐな性格なようで

責任感も評価され、貫禄のリボン入賞!

 

 

 

image6

 

 

 

長男は、2017年生まれで

次男、三男は2018年生まれになります。

大事にして頂ける方なら、養子に行かせていただきます。

では、また。

 

 

 

image7

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


明日が、Indian Jewelry Fair最終日になりますよ。

継続的にやってきて良かったと心底思う。

洋服屋だけど、一番の得意分野になったのでは。

やっぱり、好きな事をやり通すって大事。

そしていかに人に伝え、理解してもらえるか?

知識は当然だけど、大事なのは熱意ってやつ。

目に見えないけど伝わるだよね、マジで。

 

 

 

image2

 

 

 

Indian Jewelryのアーティストにも当てはまる。

本気で作り続けているアーティストの作品には、宿ってる。

センスがあってその上に努力と守り続けようとする伝統が。

他文化がどうこうじゃない、そんなの見もしないし関係ない。

元々が、商業品じゃないからね。

 

 

 

image3

 

 

 

こんなに素晴らしい文化を知る事ができてうれしいし、

共感してくれる方が、年々増えているのが凄くうれしい。

明日が最終日、情熱的にいきますよ。

 

 

 

image4

 

 

 

 

第二陣到着したよ。

 

 

 

image1

 

 

 

秋物なのに、バリ夏ってるぜ!

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


Indian Jewelry Fair中間報告。

ありがとうございます。

すこぶる好調なIndian Jewelry Fair、嬉しい限りです。

アーティストで調子がいいのは、Ruben SaufkieとHoward Nelson。

作風が違う2人ですが、両人ともに誰が見ても分かる超一級品を作る

素晴らしい技量の持ち主です。

そして、彼らも忘れてもらっちゃ困る。

まずは、Norbert Peshlakai

異彩を放つNavajoのアーティスト、可愛くもあり毒っ気もあるオリジナル鏨は

彼なりの解釈で、A to Zを表してます。(ex. ウサギがAで、目玉はHとか、正式なのは不明)

本国のアーティストからは尊敬・天才とされ

日本に旅行に来たアーティストがNorbert の作品を買うほど。

 

 

 

image1

 

 

 

Coin Silverのモデルをお探しなら、Jesse Robbins。

年齢は若いながらもクラッシックスタイルで、力強い作品を作ります。

個人的には、Wチゼルを強くオススメします。

Coin Silverの割にお求めやすいのもよろしいかと。

 

 

 

image2

 

 

 

最後は、やはりErnie Lister。

見りゃわかる迫力と歪み。

うまい、下手の次元ではなくジミヘンのギターのような感じと

でもいいましょうかアジがあるんですよアジが。

しかもビビるほどにね。

 

 

 

image3

 

 

 

 

 

 

あかん、どうしても欲しくなってきた一品。

 

 

 

 

image4

 

 

マジで経理に言おうか。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 


多彩なEddie Scott Kohtalawvaのブレスレット。

GW明けると、やっぱり暇ですね。

ゆっくりと話したり、商品見るにはいいタイミングですので

時間に余裕を持って遊びに来てください。

GW初日から、販売開始したVintage HERMES

おかげさまで2/3ほどは売れました、ありがとうございます。

大物は、カウンターに鎮座してますのでお迎えお願いします!

さて、当店のキラーイベント(Indian Jewelry Fair)に向け

準備を始めてます。

 

 

 

 

image3

 

 

 

 

顧客さんからの声が多くなってきたEddie Scott Kohtalawva。

FBなどのSNSを使いこなし、「元気にやってんの?」と連絡をくれるナイスダッド。

70歳近くで、教師でジュエラーでもありSNSも駆使できるスーパーお爺ちゃん。

そんなEddieから、届いたのがコチラ。

画像では、分かりにくいかと思いますが

部分的に3Dになっています、W overlayとでも言うのでしょうか?

こんなの初めて見ました。

 

 

 

image1

 

 

 

そして、もう一本がコチラ。

コレはあかんやつです、僕にはサイズが小さかったので良かった。

気軽に手首に付けちゃダメ、ダメ。

「どうしたら買えるか?」本気で考えるやつです。

 

 

 

 

image2

 

 

 

 

 

本日のチラ見せ!

 

 

 

image1

 

pinも集まってきたよ。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 


アーカイブ

doo-bop Ameba Blog