Top > doo-bop : Nakajima

明日が、Indian Jewelry Fair最終日になりますよ。

継続的にやってきて良かったと心底思う。

洋服屋だけど、一番の得意分野になったのでは。

やっぱり、好きな事をやり通すって大事。

そしていかに人に伝え、理解してもらえるか?

知識は当然だけど、大事なのは熱意ってやつ。

目に見えないけど伝わるだよね、マジで。

 

 

 

image2

 

 

 

Indian Jewelryのアーティストにも当てはまる。

本気で作り続けているアーティストの作品には、宿ってる。

センスがあってその上に努力と守り続けようとする伝統が。

他文化がどうこうじゃない、そんなの見もしないし関係ない。

元々が、商業品じゃないからね。

 

 

 

image3

 

 

 

こんなに素晴らしい文化を知る事ができてうれしいし、

共感してくれる方が、年々増えているのが凄くうれしい。

明日が最終日、情熱的にいきますよ。

 

 

 

image4

 

 

 

 

第二陣到着したよ。

 

 

 

image1

 

 

 

秋物なのに、バリ夏ってるぜ!

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


Indian Jewelry Fair中間報告。

ありがとうございます。

すこぶる好調なIndian Jewelry Fair、嬉しい限りです。

アーティストで調子がいいのは、Ruben SaufkieとHoward Nelson。

作風が違う2人ですが、両人ともに誰が見ても分かる超一級品を作る

素晴らしい技量の持ち主です。

そして、彼らも忘れてもらっちゃ困る。

まずは、Norbert Peshlakai

異彩を放つNavajoのアーティスト、可愛くもあり毒っ気もあるオリジナル鏨は

彼なりの解釈で、A to Zを表してます。(ex. ウサギがAで、目玉はHとか、正式なのは不明)

本国のアーティストからは尊敬・天才とされ

日本に旅行に来たアーティストがNorbert の作品を買うほど。

 

 

 

image1

 

 

 

Coin Silverのモデルをお探しなら、Jesse Robbins。

年齢は若いながらもクラッシックスタイルで、力強い作品を作ります。

個人的には、Wチゼルを強くオススメします。

Coin Silverの割にお求めやすいのもよろしいかと。

 

 

 

image2

 

 

 

最後は、やはりErnie Lister。

見りゃわかる迫力と歪み。

うまい、下手の次元ではなくジミヘンのギターのような感じと

でもいいましょうかアジがあるんですよアジが。

しかもビビるほどにね。

 

 

 

image3

 

 

 

 

 

 

あかん、どうしても欲しくなってきた一品。

 

 

 

 

image4

 

 

マジで経理に言おうか。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 


多彩なEddie Scott Kohtalawvaのブレスレット。

GW明けると、やっぱり暇ですね。

ゆっくりと話したり、商品見るにはいいタイミングですので

時間に余裕を持って遊びに来てください。

GW初日から、販売開始したVintage HERMES

おかげさまで2/3ほどは売れました、ありがとうございます。

大物は、カウンターに鎮座してますのでお迎えお願いします!

さて、当店のキラーイベント(Indian Jewelry Fair)に向け

準備を始めてます。

 

 

 

 

image3

 

 

 

 

顧客さんからの声が多くなってきたEddie Scott Kohtalawva。

FBなどのSNSを使いこなし、「元気にやってんの?」と連絡をくれるナイスダッド。

70歳近くで、教師でジュエラーでもありSNSも駆使できるスーパーお爺ちゃん。

そんなEddieから、届いたのがコチラ。

画像では、分かりにくいかと思いますが

部分的に3Dになっています、W overlayとでも言うのでしょうか?

こんなの初めて見ました。

 

 

 

image1

 

 

 

そして、もう一本がコチラ。

コレはあかんやつです、僕にはサイズが小さかったので良かった。

気軽に手首に付けちゃダメ、ダメ。

「どうしたら買えるか?」本気で考えるやつです。

 

 

 

 

image2

 

 

 

 

 

本日のチラ見せ!

 

 

 

image1

 

pinも集まってきたよ。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 


人生を狂わす Indian Jewelry。

人生狂うほど、のめり込んだモノありますか?

好きで好きで、他人にやめておけと言われてもイッちゃうやつです。

その世界の1つが、インディアンジュエリーになります。

今も一点一点Handmadeにて制作され、アーティストの個性がモロに出る美術工芸品。

 

 

 

image1

 

 

 

深みにハマると、ターコイズに魅了され

ランダー、ローン、ナンバー8、ビズビーなどmore & moreで

指10本では、足らなくなった方もいらっしゃいます。

 

 

 

image3

 

 

 

プライスレンジは、幅広くお取り扱いしておりますが

腹括って、封筒から大枚出された方数知れず。

ぜひ、あなたもそのひとりに。

 

 

 

image2

 

 

 

 

本日のチラ見せ!

 

 

 

image4

 

 

ここまでは、イッちゃダメ!

 

          

                   doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

   


Ed Chain 再び。

9月に入荷して、即日完売。

その後、全米の有力なディーラーのみにお願いして、かき集めていただきました。

どうにかまとまった数になり、無事に到着!

この前は、2度と入荷しないかもって言ってたのにご購入していただいた方すいません。

まさか、ご用意できるとは思っておりませんでした。

 

 

 

image2

 

 

 

購入してくれた友達に言ってもらったのですが

「このNecklace付けてるの忘れるのがエエわぁ」らしいです。

付けてるのを忘れてしまうぐらい違和感がないと言いたかったのでしょうね。

常に焦り気味のやつなんで、良しとしましょう。

 

今、並べて見比べているのですが

Edの作品は、控え目ながらも色褪せない芸術性が宿っています。

大事にしてくれる方の手元に届くことをEdと共に願います。

 

 

 

image1

 

 

 

 

 

本日のチラ見せ!

 

 

image3

 

 

このキャップもキテルるね。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 


二度と入荷しないであろうVintage Beads Necklace。

こんばんは。

洋服の入荷が続く毎日ですが、当店にとって無くてはならないIndian Jewelry

たくさん入りました。

その中でも、どうしてもご紹介したいのがこのSquare Beads Necklaceです。

アーティストは、サントドミンゴのEdward Aguilar(エドワード・アギュラー)。

2006年に他界なされたのですが、奥さんがお持ちになられていた数本が

奇跡的に入荷しました。

 

 

image1

 

 

 

直径2mmほどのSquare Beadsをつなぎ合わせたNecklaceになります。

なんと、このアーティストは出来合いのBeadsを使用するのではなく

ひとBeadsづつ自分でカットして、それらをつなぎ合わせます。

手作業なので、どうしても均等にならず

それが逆に着用時、いい感じに動きあるNecklaceになるわけです。

 

 

 

image2

 

 

 

華奢な感じの中に繊細さと力強さがあるEdの作品。

Vintageというと言い過ぎかも知れませんが

今後、入荷する可能性は極めて低い作品になります。

もちろん、店頭出し前にイキマシタ。

 

 

 

image3

 

 

 

 

本日のチラ見せ!

 

 

image4

 

 

この黒いのもヤバイよ

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 


Vol.3379 【TOM HAWK.】

 

トマホーク、それは戦斧、そしてミサイルの名前。

そんな綺麗に鋭くえぐり取られたようなラインが印象的なトムホークのジュエリーをご紹介します。

ちょっとヒートシンクみたいな涼しげな印象もあり、これからの季節に良いのではないかと。

 

 

dsc_0948

 

本当にシンプリシティを体現したようなアクセサリーですので、

ミニマリズムですっきり合わせるも良し、どっしりしたアメカジスタイルにも対応できます。

まさに「使い勝手の良い」アイテム。

 

dsc_0717

TOM HAWK : 2 Line 11.5mm Ring 

 

お値段的には入門向けモデルという感じもしますが、端やつなぎ目の処理にこだわりがあり、

アーティストの個性が垣間見えます。

 

dsc_0919

TOM HAWK : 2 Line 13mm Bracelet 
TOM HAWK : 2 Line 10mm Bracelet 

 

黒と銀のコントラストが本当に美しい。

今後の彼の作品が楽しみです。

 

 

 

【NEW ARRIVAL】

TOM HAWK : 2 Line 13mm Bracelet / 20,304YEN

TOM HAWK : 2 Line 10mm Bracelet / 13,824YEN

TOM HAWK : 2 Line 11.5mm Ring /10,584YEN

 


インディアンジュエリーフェア終了?

こんばんは。

8日間に及ぶIndian Jewelry Fair 2017、たくさんのご来店ありがとうございました。

今までの経験上、フェア後もインディアンジュエリー目当てのご来店が多いので

隠し玉をご用意してあります。

と、言いましてもミュージアムピースではなくエントリーピース中心になりますので

手に取っていただきやすいと思います。

 

 

 

image1

 

 

 

販売は明日からになり、その一部をご紹介しますと

フェザーモチーフの作品や1950sの雰囲気抜群Santo Domingoのヒーシーなど。

その他には、マネークリップやピアス(女性用)、コンチョゴム、ピン等

ジャンクな内容ですので、気楽に選ぶ楽しみを感じていただければ嬉しいです。

 

 

 

 

image2

 

 

 

個人的に気になってしょうがないのが、このヒーシー。

本当に雰囲気抜群なのですが、この長さが凶と出るか吉と出るか?

オリジナルがこの長さですからねぇ。

 

 

 

image3

 

 

 

 

本日のチラ見せ!

 

 

image4

 

 

こっそり、秋冬立ち上がってます。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


前衛アーティストPat&Chris Pruitt。

こんばんは。

9日(sun)まで開催のIndian Jewelry Fair、たくさんのご来店ありがとうございます。

早5日が過ぎたのですが、イイなと思っていた作品はつぎつぎと。

皆さん、本当にお目が高い!

今回のフェアで、好評なのがこの兄弟です。

 

 

 

image2

 

 

 

インディアンジュエリーでは、当然のシルバーを使用せず

ステンレス、ジルコニウム、インダストリアルダイヤモンド等で作品をつくる兄Pat Pruitt。

インディアンジュエリーの枠を突き破った素材選び、組み合わせ

シンプルにかっこいい作品をつくる、かなりのイケメンです。

 

 

 

image1

 

 

 

弟Chris Pruittは、シルバーを使用するのですが

他のアーティストと技法が違いすぎる為、この通りです。

品があり、適度な癖もあります。

勢いのあるガッチリ体型です。

本国では、非常に高い評価を受けCutting Edge/最先端と呼ばれるすごい兄弟です。

 

 

 

image3

 

 

 

 

本日のチラ見せ!

 

 

image4

 

 

いわゆるon the bookってやつです。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 


新しさを感じるMarco Begaye。

こんばんは。

きました!マルコです。

シルバー、18k、キャンデラリアが三位一体となった、

飾っておきたいほどの素晴らしい作品です。

個人的な意見ですが、最近制作されたマルコの作品は

線が太くなり、凄みが増したように見えます。

 

 

img_6574

 

 

 

ご覧ください。

以前のような禍々しさから、一皮むけドッシリした落ち着きある

風格を感じませんか?

リー・ヤジーの影響が薄れ、これからのマルコに期待せずにはいられません。

 

 

img_6576

 

 

 

大事にしていただける方の手元に届くことを願います。

Marco Begaye Canndelaria Ring – 18K

 

 

 

img_6585

 

 

 

 

本日のチラ見せ!

 

 

img_6592

 

MOJITOもキテるよ~。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 


アーカイブ

doo-bop Ameba Blog