Top > doo-bop : Nakajima

凄みがあるEngineered GarmentsのPainter Pant。

流石

この言葉があまりにしっくりくるPainter PantがEGより入荷しています。

個人的にパッチワークは、デザイナーの力量がもろに出る表現方法だと思っています。

終わりがないのでどこで止めるか、今までどれだけの回数を積み上げたか、

そして何よりセンスがものを言う。

 

 

 

image1

 

 

 

このタイミングでこのようなPainter Pantをリリースなされた経緯は

知らないのですが、どう見てもイケてるのは確かです。

work pantsなのにworkぽくなく、都会的。

やっぱり、大器さん凄いわ!

 

 

 

image2

 

 

 

世間的にPainter Pant全く流行ってないから、どうかな?って思ってたんですが

おかげ様で、早くもXSのみです。

はやく完売にしてください、そうじゃないと僕の財布が。

Engineered Garments Painter Pant – 6.5oz Flat Twill – Khaki

 

 

 

image3

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


Vol.3845【Engineered Garments:Bandana Scarf】

 

『made in Italy』なEngineered Garments。

繊細な柄と生地、綺麗な発色が魅力のバンダナスカーフは、

EGの武骨な洋服と組み合わせることで、お互いの良さを引き立てます。

 

Engineered Garments:Bandana Scarf

dscf0872-2

 

 

細かな装飾が美しいペイズリー柄の枠の中に、

幾何学的なダイヤモンド柄。

向こう側が透けるような薄い生地が、とても上品な印象に映ります。

 

シャツの首元に巻いてワンポイントにしてみたり、

トートバッグの持ち手に結びつけても良いかもしれません。

もちろんハンカチとしても。

スーツスタイルでも使っていただけますので、

日々の仕事の中で、洒落た小物を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

dscf0840-1

 

 

贈り物としても喜ばれるアイテム。

本日オンラインページに公開しておりますので、よろしければチェックしてみてください。

 

 

 

【Roots】

PROTOTYPE:Brownie Ⅱ

8

 

 

【Roots】

mando × doo-bop:Exclusive Geometric Sarrouel Pants

1

 

 

【Roots】

Alden × doo-bop:5-eye P-Toe ox

2

 

 

【New Arrivals】

 

 

 

 


Vol.3839【Engineered Garments:Painter Pant】

 

ルックブックをご覧になった方はご存知かもしれませんが、

2019ssシーズンのEngineered Garmentsでは、パッチワークを用いたアイテムが多数リリースされます。

そのうち当店がピックしたものの第一弾として、Painter Pantが届いています。

ブラックやネイビーではなく、カーキカラー。

新鮮な気持ちで穿いていただけるパンツだと思います。

 

 

dscf0318

 

 

形は継続的に展開されているペインター型。

サイドのハンマーループやスケールポケット、

裾とウェストについたドローコードなど、お馴染みの仕様です。

そこに同色異素材のパッチワークを乗せることで、少しの違和感が。

 

ツイル、リップストップ、コーデュロイ。

穿き込んでいくことでそれぞれ異なるエイジングを見せるので、

その変化が楽しみでもあります。

 

 

dscf0307

 

 

パンツのバリエーションに、ぜひ加えてみてください。

 

 

 

【Roots】

mando × doo-bop:Exclusive Geometric Sarrouel Pants

1

 

 

【Roots】

Alden × doo-bop:5-eye P-Toe ox

2

 

 

【New Arrivals】

 

 

 

 


Engineered Garments Over Parka – Big Plaid Wool Melton。

今年のアウターを決めました!!

 

と言いつつも展示会後に個人オーダーしていましたので、

随分前にジャッジはしていたのですが。。

ひと際目を引いた品番がこちら。

 

img_3964

Engineered Garments Over Parka – Big Plaid Wool Melton – Black

 

今期を象徴する赤黒チェック。

カラーリングに今期感を存分に感じていただけるかと思いますが、

決め手になったのは現在進行形でカッコいいと思えるんじゃないかとイメージ出来た点。

無理なく一緒に歩めるじゃないかと。

 

img_3966

 

プルオーバー形状がその良さを素直に伝えてくれます。

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、

チェックのバランスが良い感じにいびつ。

 

img_3967

 

黒場が多い為、子供っぽくならず不思議と落ち着くのはさすがEGです。

このバランス感が惹きつけられる要因なのかもしれません。

 

img_3970

 

背面はお馴染みのファスナー。

脱着のストレスは大幅に軽減されています。

プルオーバーに苦手意識をお持ちの方にも是非袖を通していただきたいのです。

 

面倒くささよりカッコ良さが勝つと信じています。

残りSサイズのみです。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


Engineered Garments Shawl Collar Reversible Coat

なんで暑くなってんだよ。

せっかくアウター動き出したのに!

今年は暖冬なんて、聞きたくないよ。

こんなにいいアウター入ってんのに。

しかもリバーシブルてのは、こういうゆうに違いをビックリするほど

明確にするもんだよって訴えかけてるよ、このコートは。

 

 

 

image1

 

 

 

おそらく、cotton面(ツルツルの方)で着用することが多くなりそうだけど

たまには、はじけてFur面(モコモコの方)でいっちゃってください。

いつもと明らかに違う素材感、人の目に、ソワソワするのもいいもんですから。

cotton面を表に着た場合、当然ですがFurが内側にくるのでヌクヌク。

気温によって、表裏を着分ける。

リバーシブル本来のあり方かもしれません。

 

 

 

image2

 

 

 

に、してもスゲーはこのモコモコ。

コートだから、着丈が長く迫力がある。

men’sでも、こうゆう素材感あるもの着よーよ。

はじけよう、日本男児!

 

 

 

image3

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


Engineered Garments Over Vest。

今期は良いベストが盛りだくさんのdoo-bop。

ベーシックからインパクトのあるものまで幅広く取り揃えておりますので、

ベスト好きからチャレンジしてみたい方までご満足いただける内容でお待ちしております。

 

そんな中から目を引く品番は、Engineered Garmentsから。

 

img_3854

Engineered Garments  Over Vest – Chino Twill – Black

 

1着で2通りの表情をお楽しみいただけるOver Vest。

ちょこっとのぞく裏面素材のバランスが良い塩梅です。

 

img_3856

 

時にはレオパード面も思い切ってトライしてみてください。

振り切ったカッコ良さは良いものです。

 

1枚で着るのに抵抗がございましたら、コートのインナーで。

 

img_3859

 

見せる分量を調整することで、アクセント使いとして。

リバーシブル仕立ての2層生地は、見た目通りの確かな保温力。

スパイスとしてだけでなく機能的にも嬉しいところです。

 

img_3872

Engineered Garments  Over Vest – 8W Corduroy – Black

img_3873

Engineered Garments  Over Vest – 8W Corduroy – Chestnut

 

素材が変われば見え方も全く異なるところも選ぶ楽しみのひとつです。

表面の落ち着きと裏面の思い切りの良い素材のギャップがこちらのシリーズの醍醐味だと思います。

 

img_3862

Engineered Garments  Over Vest – Plaid / Cotton Double Cloth – Black&Black

img_3864

Engineered Garments  Over Vest – Homespun / Cotton Double Cloth – Grey&Black

 

今期らしいところから渋いところまで。

スタイリングの幅を確実に広げてくれるはずです。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


Engineered Garments EG×Barbourコラボレーションアウター。

『EG×Barbour』今期当店でピックアップさせていただきました3モデルが揃いました。

おかげ様で一部品番はサイズ欠けをしているのですが、

ご興味ございましたら、是非お袖を通してみてください。

 

そんな今夜はEG×Barbourを。

 

img_3768

Engineered Garments EG×Barbour Cowen Wax – Black

 

 

らしさのしっかり詰まった1着は、

名品オーバーパーカーを踏襲されたデザイン。

ワックスコットン素材に大小様々なポケットのはまり方が絶妙です。

 

img_3771

 

一番の特長、背面ファスナー。

脱着のスムーズさに加えて、開けたままでご着用いただくことで、

インナーとのレイヤードをカラーコントラストを意識してお楽しみいただけます。

 

img_3775

Engineered Garments  EG×Barbour Dumbo Wax – Dk.Olive

 

お車移動ベースの方ですと、ショート丈のこちらのモデルがフィットされやすいかと思います。

名品アビエータージャケットからインスパイアされたデザインは、男らしく無骨。

オリーブカラー好きの方へもおすすめです。

 

img_3768

Engineered Garments EG×Barbour Zip Parka – Black

 

最後はこちら。

名品フィールドパーカーを踏襲されたデザイン。

こちらもEGらしいポケット配置。

決してインラインでは登場しない迫力のある表情が特長です。

 

今回は展開サイズがSからとなっております。

(従来EGをお選びいただくサイズ感で問題ございません)

普段、XSの僕は着用できる方を見ながら、羨ましい気持ちで見ております。。

 

img_3784

 

Barbourの真骨頂は着用してからだと個人的には思います。

ワックスが抜け始めると、それぞれのポケットがより鮮明に映り出し、

魅力が増していくはずです。

 

長年着用できる品番をお求めの方へ。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 

 


Vol.3777【Engineered Garments × Barbour:Cowen Wax】

 

Engineered Garments × Barbourの第3弾が到着しています。

オーバーパーカーをベースにした、ディティール満載のアウター。

今回のコラボの中でも個人的にお勧めの1枚です。

 

Engineered Garments × Barbour:Cowen Wax

dscf6331

 

 

後身頃を一直線に走るファスナーが特徴の、プルオーバータイプのアウター。

このファスナーを開けることで着脱が容易になり、

また自転車に乗るときや椅子に座るとき、裾を踏んずけることもありません。

 

ワックスコーティングが施された生地は、初めのうちは光沢や手触りが気になるかもしれません。

ですが着込んでワックスが抜けてくると、とても良い風合いへと変化します。

数年後に効いてくる、そんな育てがいのあるアウターです。

 

 

dscf6344

 

 

EGらしい大小多数のポケット。

スナップボタンには『Barbour』の刻印が入っていたりと、細かな仕様が嬉しいです。

 

着丈長めのアウターには、ハンパ丈のパンツも相性良く合わせていただけます。

MOJITOのガルフストリームパンツやKLASICAのパンツをお持ちの方はぜひお試しを。

 

 

dscf6348

 

 

オンラインサイトには明日掲載予定ですので、気になる方はチェックしてみてください。

 

 

さて、来週末には“THE ONE FIN & FOUR WHEELS CLUB”が開催されます。

イベント初日にはサイレントライブも開催することとなりました。

詳しくは本日更新の【Event】ページからご覧ください。

 

また同じく11月3日には、別注のTricker’s:CHURCHILLを販売開始します。

こちらも更新した【Roots】ページからご覧いただけます。

 

来週末をお楽しみに。

 

 

【Roots】

Tricker’s × doo-bop Exclusive:CHURCHILL

1

 

 

【Event】

Silent Live:Sangpyung with Kengo & 山田 聡

1

 

 

【Event】

“THE ONE FIN & FOUR WHEELS CLUB”

0

 

 

【New Arrivals】

 

 

 


Vol.3776【Engineered Garments:Over Vest】

 

特別好きという訳ではないのですが、時々無性にカレーが食べたくなります。

昨日はそんな気分だったので、久しぶりにカレーを作っていました。

美味しかったのですがどうしても量が出来てしまうので、今晩もカレーです。

 

当店の向かいにもカレー屋さんがあるのをご存知でしょうか。

食べに行ったことはないのですが、黄色い外壁はときどきブログで利用させてもらっています。

 

Engineered Garments:Over Vest

dscf6251

 

 

さて、秋冬シーズンの楽しみの1つであるEGのオーバーベスト。

今シーズンはレオパードファーのタイプが目を引きました。

インパクトのある柄ですが、ベストくらいの生地の分量だと着易く感じます。

 

 

dscf6252

 

 

その名の通り、ジャケットやコートの上からでも着用可能なゆったりとした身幅。

レイヤードスタイルの幅を広げてくれるので、持ってて良かったなと思える1枚です。

 

リバーシブル仕様なので、その日の気分によってひっくり返してください。

表はブラックのツイル地。ちらりと覗くファーがアクセントに。

またこちら側には大きなポケットが付いています。

 

 

dscf6275

 

 

他の生地、柄も使い勝手が良さそうで悩ましいです。

今シーズンはベストスタイルをぜひ。

 

 

【Event】

“THE ONE FIN & FOUR WHEELS CLUB”

0

 

 

【Roots】

RICCARDO METHA

5

 

 

【New Arrivals】

 

 

 


Vol.3773【EG×HOKA ONE ONE:Tor Ultra Low】

 

本日発売のEG×HOKA ONE ONEの第2弾。

雑誌にSNS、連日いたる所で目にしているのではないでしょうか。

当店でも本日から店頭に並べていましたが、多くの反響をいただき残るはBlk/Redカラーのみとなっております。

 

EG×HOKA ONE ONE:Tor Ultra Low

dscf5843

 

 

ランニングシューズの軽くて快適な履き心地と、トレッキングシューズの様なボリューミーなシルエット。

今期のテーマカラーでもあるブラック×レッドの配色は、抜群の格好良さです。

 

合わせるパンツもワイドシルエットのものを選ぶことで、迫力のある足元を演出してみてください。

 

 

dscf5829

 

 

気になっている方はぜひお早めに。

 

 

 

【Event】

“THE ONE FIN & FOUR WHEELS CLUB”

0

 

 

【Roots】

RICCARDO METHA

5

 

 

【Column】

MOJITO 2019 S/S Pre – Meeting を終えて。

dscf4876

 

 

【New Arrivals】

 

 

 

 


アーカイブ

doo-bop Ameba Blog