Top > doo-bop : Fujii

2019年、一足目をお手伝いします。

PARABOOT TRUNK SHOWも今日にて終了。

お越し下さった皆様、ありがとうございます。

“この時期に靴を揃える。”

そう考えるのは僕達だけではなかったよう。

この期間中、PARABOOT以外にも、Alden、NORIEI、TROENTORP等と動きが見えたことに嬉しく思います。

足元が揃えば、自ずとこの先の春夏、また先へとリアルなスタイリングがイメージしやすくなります。

 

NORIEI:DERBY

img_0484

 

僕が今年一番目に決めた靴。

それがNORIEIのDERBY 。

着用7回目にして、程よくシワも生まれました。

決して僕の足型(甲低、幅狭)に合っているとは言えませんが、

大阪を一日中歩いても疲れない程の包容力を感じる靴。

しっとりと足に馴染む感覚はすぐには得られませんが、革のエイジングとともに感じて頂けるかと思います。

選んだ理由は単純で、春夏にボリュームのある革靴を履きたかったからなんですけどね。(元々気にはしていました。)

 

ただ、3月下旬以降になるとどうしても洋服に目がいくようになります。

当然、春夏モノが着れる気候になるからです。

その頃に靴を含めたスタイリングを考え始めると、手遅れになるケースがあります。

革靴となると、なおさら。

よく考えて買うべきプライスのものは、こういった時期に補ってあげると良さそうです。

また何かとおめでたいことが多くなる季節ですので、用途に合わせて選ばれるのも大切です。

 

img_0487

 

はやくこの姿も見てみたいな。

いや、まだ我慢、我慢。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 

 

 

 


PARABOOT Trunk Show‼

 

昨日から始まりました、PARABOOT Trunk Show。

2月17日(日)まで開催しておりますので、ご都合合わせて足を運んで頂けたらと思います。

 

img_0465

 

さて、PARABOOT Trunk Showというだけあって、多数の品番をご用意できました。

当店でセレクトしている品番、色味以外もこの機会に吟味して頂けます。

型数に色味、サイズなど、数があるからこそ生まれる幸せな悩み。

一緒に考えさせて頂けたらと思いますので、お気軽にお申し付けください。

 

img_0468

 

今回は、2品番に絞ってご紹介させていただきます。

まずは、言わずと知れた名品“CHAMBORD”。

一足目という方にもおすすめしたい品番ですが、

カラーもMARINE(紺)、NUIT(黒)、GOLD(金茶)、MARRON(茶)等、

揃っているので一足お持ちの方にも色違いで見て頂けたらと思います。

軍パン、ジーンズが多いという方は、茶系のカラーをお勧めします。

SHOP BLOGでも紹介していますが、幅広いスタイリングにハマってくれるという点が支持される一つの理由でしょう。

とは言っても幅狭・甲低にはなかなか合いにくいところ。

僕もその一人。

 

そういった方にはAVIGNON。

 

img_0474

 

形状がやや似ている為、CHAMBORD目当ての方にも気に入って頂けるはず。

CHAMBORDと比較すると、スマート、シャープな印象を受けます。

見た目の通り、幅が比較的狭く、甲も低めに設定されています。

この辺りで悩まれていた方にぜひ一度履いて頂きたい一足です。

 

意外と知られていませんが、本国フランスで最も履かれている品番。

スマートな形状ゆえに、ビジネスシーンでもよく見られるそう。

もちろん、武骨過ぎず、華奢過ぎないフォルムなので、カジュアルにも履いて頂けます。

色味によっては、Track Pantとの相性も良さそうです。

 

今後、何年、何十年の相棒に。

フィッテイング、スタイリング等を通してその架け橋になれたらと思います。

ぜひ、遊びにいらしてくださいませ。

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 


春の柄物、Needles:Raglan Sleeve Rib Collar Jacket – R/Poly Velvet。

たまには柔らかい印象の柄物も着てみたくはなりませんか?

Needlesから届いたのは、春の訪れと優しさを感じる一着。

 

img_0400

 

ベージュやピンク、オレンジに緑、さらには黄色まで混在したジャケット。

これだけを聞くと、何だかすごく派手で、着にくそうな響き。

例えばレッドとグリーンのような、

いわゆる反対色を使ったカラーリングはバランスを取るのが難しいはず。

ですが、全くその違和感を感じさせず、ペイズリー柄に落とし込む。

Needlesらしさと、シーズンらしさを表現した一着ではないでしょうか。

 

img_0372

 

シルエットは、ゆったりと幅の取られた身幅に、アーム、

ラグランスリーブによるドレープ感が特長的。

ベロア生地とレーヨン素材による色っぽさも魅力的です。

 

そして、何と言っても袖を通したときの滑らかさ。

ラグランスリーブの1つ特長ではありますが、

このジャケットは袖を通す際の引っかかりが全くありません。

シャツやロンTが袖の中でまくれてしまうあの感じ。

ストレスを感じやすいポイントをクリアしているって意外と少ないです。

 

img_0370

 

スカーフや、今時期でしたらマフラーなんかを首元に添えて。

丁度はいってきた、Engineered Garmentsのスカーフとはかなり良さそうですよ。

 

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Vol.3856【mando : Geometric Emboss Sarrouel Pant】

 

おかげさまで、db Exclusive Geometric Sarrouel Pantsも残り数本となりました。

今回の別注を通して、mandoを初めて手にして頂いた方も多いかと思います。

スタイリングに関しましては、店頭スタッフ、インスタグラム等を参考にして頂けたら幸いです。

 

さて、スラックスの品の良さとリラックス感を両立させたmandoの定番サルエルパンツ。

当店でも欠かせない品番となりました。

別注をかけてまで履いて頂きたい理由が、このサルエルパンツには隠されています。

 

mando:Geometric Emboss Sarrouel Pant – Geometric Navy

dsc_1391-6

 

 

mandoからリリースされるこのシルエット。

太いのか、細いのか?

カジュアルなのか、フォーマルなのか?

そんな問いがふと浮かぶ、独自のフォルム。

サルエルと言っても、想像するような野暮ったさはなく、ウール素材のスラックスのような上品さ。

それでいて、ご自宅での洗濯が可能という手入れの楽さ。

 

 

dsc_1419-7

 

 

今回入荷したものは、エンボス加工が施されたジオメトリック柄。

別注のものと同じく、光の当たり方で見え隠れする表情の豊かさが特徴的です。

遠目から見た際と、近目で見た際のギャップ。

mandoから出されるジオメトリック柄にはこのあたりの面白みもあります。

 

 

dsc_1430-2

 

 

一本とは言わず、二本、三本と。

ジオメトリック柄だけを取っても、数本欲しくなるような完成度の高さ。

 

同柄のコートも少量ではございますが、ご用意しております。

物凄く格好良いですよ。

 

 

 

【Roots】

PROTOTYPE:Brownie Ⅱ

8

 

 

【Roots】

mando × doo-bop:Exclusive Geometric Sarrouel Pants

1

 

【New Arrivals】

mando : Geometric Emboss Sarrouel Pant – Geometric Black  /  36,720 YEN

mando : Geometric Emboss Sarrouel Pant – Geometric Navy  /  36,720 YEN

mando : Polyester Easy Pant – Charcoal Gray / 29,160 YEN

 

 

 

 


フレンチなOUTIL。

ヨーロッパの雰囲気を纏う洋服。

アメリカの洋服とはまた違った凄みがあります。

言葉では表しがたい、この抽象的な“雰囲気”というワードですが、

見ていただいた方には“それ”を感じていただけるはず。

 

先シーズンから取り扱いを始めたKLASICAはその一つ。

ヨーロッパヴィンテージのデッドストックのような空気でありながら、

決してそのオマージュにならないオリジナルの生地、バランス。

デザイナーの考えには到底及ばないけれども、

そういった側面に少しでも触れる事ができたなら、服好きには伝わるはず。

 

OUTIL:PANTALON CUERS

img_0305

 

今回ご紹介するOUTILもまたその類。

デザイナー宇多氏のフレンチ好きがビシビシ伝わってきます。

どれほどのフレンチヴィンテージを見てきてらっしゃるのか。

それでいて、生地の染め方、パターンの取り方は独特なものです。

氏の解釈によるこれらの洋服は否が応でも、“雰囲気”を感じずにはいられません。

 

img_0299

 

素直なスタイリングはこのような感じ。

HAWKWOOD MERCANTILEのアノラック、KLASICAのカバーオール、ジャケットとは言わずとも。

個人的にはそのままの空気感を楽しんで頂きたいです。

足元にはボリュームのある靴を。

パンツの太さに負けない武骨なものでバランスを整えてあげて下さい。

 

img_0310

 

左側にはワンタック、右側にはツータック。

アシンメトリーに配置されたディティールにも注目してみてあげてください。

 

モードやワーク、ヴィンテージにアルチザン。

様々なスタイルでのスタイリングに組み込めそうです。

洋服がさらに好きになる、そんな一本ではないでしょうか。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 

 

 

 

 

 


AURALEE:WOOL SILK TROPICAL SHIRTS JACKET

続々と春夏が立ち上がる中で、このブランドからも良い品が届きました。

AURALEEからWOOL SILK TROPICAL SHIRTS JACKET

昨年も同品番がリリースされていましたが、個人的にかなりお勧めできる品番です。

 

というのも昨年リリースされたOliveカラーのものを購入し、春夏と活躍してくれました。

シャツジャケットという名ではありますが、ボタンレス仕様のまさに“羽織る”シャツ。

その軽さと、ゆるいフォルムによって、蒸し暑い夏でもストレスを感じることなく着用いただけます。

昨年の春夏は本当によく着ていました。

 

img_0262

 

やはり素材なのでしょうか。

これだけゆったりとしたシルエットでありながら、ここまで上品に仕上がるのは。

サイズのバランス感、生地の光沢感、デザインのミニマムさ。

どこを取っても惚れ惚れするような品番です。

 

img_0257

 

今期はTop BeigeTop Chacoalといったカラー展開。

良い意味でらしくないのが後者のTop Chacoal。

ブラックやネイビーはよく見ますが、意外とこういった色味を出されていなかったように思います。

春夏に着るダークカラー。

生地の良さも相まって、少し大人な雰囲気にまとまります。

 

img_0260

 

また前者のTop Beigeは当店では珍しい色味のチョイス。

パンツにはオリーブのショーツや、ナイロン素材のもので変化をつけても面白いかもしれません。

 

春先から夏の終わりまでをイメージとして。

少し早めの春支度にどうでしょうか。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 

 


Hender Scheme:kinchaku

またまた面白いものが届きました。

最近では、少し見る機会も増えた巾着バッグ。

Hender Schemeの解釈で作られた巾着はぽってりとしていて、愛らしいフォルム。

 

個人的にですが、巾着は馴染みあるもの。

というのも所属しているサークルで大会に参加すると、荷物は最小限でいいわけです。

財布に、携帯、あとは小物を少々。

これくらいの荷物なら巾着はかなり便利かと。

 

cid_6a0633c6-8e4f-454f-918f-75195d886c29

 

僕が使っていた巾着はボロボロの布切れのものですが、

Hender Schemeから届いたkinchaku はオイルを含んだしっとりしたカウスエード。

優しい顔立ちに、ソフトな肌触り。

内にライニングを付けず、裏表のない素直な感じ。

どの角度からみても愛着を持って頂ける可愛さだと思います。

 

cid_b3d6a218-4fa4-40b1-b3a6-f3fcdb47e9d4

 

また先程も記述しましたが、ちょっと出かける際のバッグはこれくらいが丁度良いかと。

必要最小限の荷物は入りますし、手にもっていてもさほど重さを感じない。

開口部はコードで絞れるため、荷物が落ちる心配もない。

巾着ではよく見られるデザインですが、ちょっとした気の利かせ方が嬉しいところ。

サイズのミニマムさを活かして、バッグインバッグも良いでしょう。

カラーも4種類ございますので、見比べて選んであげてください。

 

男性、女性問わず、ご使用いただけるかと思います。

プレゼントとしてもいかがでしょうか。

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今年もよろしくお願い致します。

新年明けましておめでとうございます。

先の年末年始をみなさまはどうお過ごしでしたでしょうか。

僕は地元の友達と会っては、食っちゃ寝の生活。

毎年同じことの繰り返し。

一年に一回の特別な時間がどうも人をダメにするみたいです。

でもこういう時もたまには必要ですよね。

 

さて、新年が明け、当店では1月4日から(金)1月8日(火)までセールを開催しております。

残り2日となりましたが、お時間がある際にお立ち寄り頂けたらと思います。

なかなかのラインナップを揃えております。

その中から僕なりにピックアップしてご紹介させて頂きます。

 

cid_99715bef-bb86-4733-bf4d-5e3579f42b2c

KLASICA:GRIOTTE-bc – Dark Olive

 

昨年の秋冬から取り扱いを始めさせて頂いたKLASICAから。

そのデザイン性もさることながら、全てオリジナルの生地で生産されているという拘りぶり。

中でも僕たちが惚れ込んだ生地が高密度バフクロスというもの。

この生地を使用したGRIOTTE-bc は生地のハリ感、タフさも相まって立体的なシルエットに見せます。

ワイドパンツがトレンドとされる今日ですが、これだけしっかり太さが出るパンツもそう見かけません。

コットン素材で、肌に触れる面積も少ないため、この冬が明けても春夏と履いて頂けます。

これが1点目。

 

cid_22e8d3ec-bcd5-4972-bbbb-50bb97e8f448

KLASICA:PEDAL- HB – Black

 

2点目にご紹介するのが同じくKLASICAのPEDAL- HB

ヨーロッパビンテージをベースに形取ったかのようなディテールに、

こちらもオリジナルのウールリネン素材で織られたヘリンボーン生地。

表面にはリネン特有の風合いを残しながら、

袖を通すとふわっとした柔らかく、優しい着心地。

アルチザンな印象ではありますが、MOJITOやmando 、軍パン等、幅広くスタイリングにハマってくれます。

この機会に一度袖を通して頂きたい1着です。

 

何かと忙しい年始ではありますが、お体にお気をつけてお過ごしください。

それでは今年も元気にお待ちしております。

今年もよろしくお願いいたします!

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 

 

 

 


2018年、お世話になりました。

2018年もあと数時間後には終わりですね。

いつものように一日またぐだけなのに、明日から2019年とはどことなく違和感を覚えます。

 

さて、今年4月からここdoo-bopで働いていますが、

お客様に、メーカーの方々、イベントに協力してくださった方など、沢山の方とお会いすることのできた年でした。

来年もより多くの方々とお話できる機会を頂けたらなと。

来年、2019年は1/4(金)からの営業させて頂きます。

お時間ありましたら、お気軽にお立ち寄りください。

簡単ではありますが、僕からの挨拶とさせて頂きます。

 

cid_7552b22f-a95a-4a3c-9e35-92cdd8396f18

 

地元石川に帰り、美味しい蟹に、自家製のお餅を頂くとします。

それではまた来年度もよろしくお願いいたします。

良いお年を!

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 

 


本年もありがとうございました!

2018年、ありがとうございました!

年明けは、4日12時より営業致します。

店舗、online共にsaleをしますので景気いいのお願いしますね。

 

 

 

image1

 

 

 

さて、2018年は有り難いことに沢山の出会いがあり、

沢山の友達ができました、店をやっている意義はそういう事なのかもしれません。

また新しい試みをいくつかし、手ごたえは感じていますので

来年はもっと楽しんでいただき、笑顔になっていただける店づくりに励みます。

 

 

 

image2

 

 

 

一度きりの人生、楽しんでいきましょ!

2019年もよろしくお願いいたします!

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 


アーカイブ

doo-bop Ameba Blog