Top > doo-bop : Fujii

夏休みも明け。

ながいながい夏休みも明けました。

こんなにまとまった時間があるのは今だけと感じつつも踏み出せず終わった8月と9月。

来年の夏は、いや今年の冬にでも自分自身が納得のいく時間を作ろうと考え中です。

そんな中、大学の後輩がおもしろい経験をしていました。

モロッコへ一人旅。

ありがちではありますが、時間があるこの学生のうちに一人で海外にいくことに憧れはあります。

しかもモロッコ。

1週間と短い間ではあったようですが、日本とはまったく異なる環境での生活を体験してきたようです。

 

img_6419

 

僕も興味が湧いたので話を聞いていると、サハラ砂漠へ行ってきたそう。

サハラ砂漠と言えば、聞き馴染みがいいところで思い出したのがトゥアレグ族。

“青の民”としても知られる彼らの民族衣装に、当店でも扱っているトゥアレグシルバー

お店に置かれるものほど、綺麗な状態ではありませんが、その迫力は写真からも見てとれました。

実際に現地へいって見てみたいと思えるほどに。

欲を言えば、現地で作ってる方とのコミニケーションもとってみたいという気持ちもあります。

そうなれば、ジュエリーはなおさら奥深く、魅力的に感じられるのでしょう。

 

img_6426

img_6423

 

さらに、ベルベル族系の伝統的な音楽も聴いてきたそう。

言葉もわからなければ、それが何を意味しているのかも分からないであろうに、

とても興奮してその話をされるんだから、リアルな音楽は凄い。

ご飯はそこそこだったようですが、きっといい経験が出来たのでしょう。

僕もいつか直で見て、聴いて、会話してみたいものです。

周りに同じようなことを経験されている方がいらっしゃれば是非きいてみてください。

ジュエリー一つにしても見え方は変わってくるかもしれません。

 

img_6428

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 


BIANCA着用一ヶ月

昔から一着は試してみたかったレザージャケット。

ただハードすぎるものに抵抗がありました。

いかにも、みたいなものは僕自身が気負いしてしまうからだと思います。

だからこそBUTから届いたこのBIANCAはしっくりきました。

 

img_6329

 

レザージャケット一着目にチャイナジャケット型。

しかもネイビーというと客観視すると邪道のようにも感じます。

ですがレザージャケットこそ気分で着たいもの。

一着でも完成しかねないレザージャケットをワンシーズンの中で長いスパン着る。

そのためにはスタイリングによく馴染むほうがいいのではないかと思います。

 

img_6318

 

一見、クセのあるように思えますが、

実は様々なパンツに合わせられるのものBIANCAの魅力。

現状、NeedlesのトラックパンツやTEATORAのウォレットパンツなどイージーパンツとのスタイリングにしっくりきています。

あるいはMOJITOへの別注ガルフ ストリーム、POLYPLOIDのワイドパンツなどミリタリー色のあるパンツとはどうでしょうか。

ネイビーにオリーブというスタイリングはありきたりかもしれませんが、

レザーを通して映し出されるネイビーは新鮮な印象を与え、男臭さを軽減してくれます。

またレザージャケットでありながら、柔らかさを兼ね備えた素材とフォルムは程よい色気を感じさせます。

そう、まるでド〇ゴン〇エストのビアンカのように。

 

img_6322

 

色々と話してきましたが、結局のところ着たいと思えるのはカッコいいから。

ハードすぎるものは避けてきましたが、男ならレザージャケットを着てみたいものです。

初めてレザージャケットを試される方。

沢山のレザージャケット試されて、変わったものが気になる方。

BIANCAの魅力に酔いしれてみてはどうでしょうか。

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 


Vol.3749【EG×Barbour】

 

土曜から一斉にリリースされたBarbourとENGINEERED GARMENTSのコラボ。

待望のコラボということもあって多くの反響を頂いております。

古き良きカントリースタイルを貫く英国老舗ブランド”Barbour”。

アメリカのカルチャーを洋服に落とし込んだNEW YORKを拠点に展開されるブランド”ENGINEERED GARMENTS”。

国境を越えた豪華なコラボレーションに目を奪われます。

 

 

dsc_5196

 

 

もちろんブランドネームだけではありません。

英国の伝統的なファブリック、ワックスドコットンを使用し、

ENGINEERED GARMENTSのユニークなデザインで構成された洋服はこのコラボだからこそ生まれたもの。

またアウトドア、ミリタリーというデザインソースから作られた洋服は両ブランドのまさに真骨頂。

ビジュアルに関してのカッコ良さはもちろんのこと、

そこに機能性に優れた素材、ディテールを取り入れたのならば服好きにとってはたまりません。

 

 

1

 

 

当店で展開する3型のうちの2型をご紹介。

Dumbo Wax、Zip ParkaともにENGINEERED GARMENTSの名作を彷彿とさせるかのようなデザイン。

前者のDumbo Waxはダブルジップ仕様に、ハンドウォーマーポケット、袖口にリブの使用といった細かいディティールが特徴的。

そして背面の片側にはファスナーポケットを配置し、アシンメトリーな様を表現。

 

 

dsc_5220

 

 

dsc_5231

 

 

後者のZip Parkaは何と言っても至る箇所に配置された複数のポケットが印象的。

武骨で機能美溢れるミリタリーパーカーはミルスペックがお好きな方には特にお勧めしたい一着。

さらに両者とも、肌の触れる箇所でコーデュロイ素材を使用するなど、心地良さと満足感を与えます。

 

 

2

 

 

dsc_5265

 

 

dsc_5279

 

 

互いのらしさを共鳴させた今回のコラボ。

飽きのこないオーセンティックな素材と、十分すぎるほどの機能を備えたアウター。

数年後の着用も容易にイメージさせてくれる完成度の高さと格好良さに惹かれます。

将来のクローゼットを見据えても選択頂ける洋服をこの機会に。

 

 

本日【Event】ページを更新しました。

2週間後の3連休、2つのイベントを開催いたします。

下記リンクからご覧いただけます。

 

 

【Event】

NORIEI Trunk Show

5

 

 

【Event】

MOJITO 2019 S/S Pre – Meeting.

1

 

 

【Event】

OMERSA Trunk Show

1

 

 

【Roots】

MOJITO × doo-bop:GULF STREAM PANTS Bar.4.0

1

 

 

【New Arrivals】

OMERSA:Elephant trunk up STD / 127,440 YEN

OMERSA:Mouse MINI / 16,200 YEN

OMERSA:Hippopotamus / 181,440 YEN

 

 


Vol.3748【Norwegian Rain:Raincho】

 

こんな洋服があったのか。

はじめて出会ったときの印象です。

この洋服を見た多くの方がそう思われたのではないでしょうか。

服を好きになればなるほど、目新しさが失われるのは必然なのかもしれません。

ですが、それに出会った際の喜びも大きいはず。

それを感じて頂ける一着。

 

 

dsc_4883

 

 

ブランドを代表するRaincho。

レインコートとポンチョを融合させたようなデザイン。

女性にも着て頂けるユニセックス仕様は、男女の垣根を超えた独自のシルエットによって生まれたもの。

本当にユニセックスで着れる洋服は、ここまでバランスと着用者のことを考えられているのだと認識できます。

またバックスタイルと、ウエストベルトを絞った様はどことなく”和”を連想させます。

美しいショルダーのドレープ、アームの広がり方が着物のようにも感じさせます。

性別、国境を越えたNorwegian Rain独自のデザイン。

 

 

dsc_4890

 

 

そしてこれだけのビジュアルを持ちながら、アウトドアブランド顔負けの機能性を備えています。

インナーに厚手のニットやダウンジャケットを着込めるほど大きくとられた身幅に袖幅。

ヨーロッパでも有数の雨量を誇るノルウェーで問題なく着用できる高い撥水素材の使用に、裏地には着心地を向上させるキュプラ素材。

さらに襟元にカシミアを採用するなど、Norwegian Rainの”思いやり”の精神が洋服にあらわれています。

 

 

1

 

 

当店では四年目になりますNorwegian Rain。

明日でトランクショーは最終日になりますが、

デザイナーのT Michael氏が作るモノのクオリティーとその心遣い、

そして一人でも多くの方に”本物のアウター”として認知していただけたらと思います。

 

 

 

【Event】

Norwegian Rain:2018 aw collection

2

 

 

【Event】

OMERSA Trunk Show

1

 

 

【Roots】

MOJITO × doo-bop:GULF STREAM PANTS Bar.4.0

1

 

 

【New Arrivals】

 

 

 

 


Vol.3745【OMERSA Trunk Show 開催します】

【Event】ページをご覧いただけましたでしょうか。

今年もやってきました。

愉快、いやそんな言葉で片づけるのが失礼なほど完成度の高い仲間たち。

一匹、一頭がまるで呼吸をしているかのよう。

人が眠りについた頃、店内でひっそりと動き回っているのではないか。

そんなことを考えながら今日もにらめっこです。

 

なんとも言えない愛くるしい表情は、

愛犬、愛猫とも引けを取らず、可愛がって頂けそうです。

もちろんのことですが、全く同じものはありません。

姿、形は似通っていえども、一緒に暮らせば分かって頂けるはず。

 

 

dsc_4443

 

 

 

 

dsc_4473

 

 

 

 

 

dsc_4475

 

 

 

 

 

dsc_4497

 

オブジェというよりは、新たな家族として迎え入れてあげてください。

小さなお子様がいらっしゃれば、きっと大人になった時に何かを感じ取ってくれるはずです。

そうして代々受け継ぎ、大切にしてあげることで、

数年後、数十年後の動物たちの見え方も変わってくるはずです。

もちろん、天然革ならではの経年変化という意味でも。

 

 

【Roots】

MOJITO × doo-bop:GULF STREAM PANTS Bar.4.0

1

 

 

【Event】

Norwegian Rain:2018 aw collection

2

 

 

【Event】

OMERSA Trunk Show

1

 

 

【New Arrivals】

COMESANDGOES:BIG BASQUE CASQUETTE – Black / 10,800 YEN

COMESANDGOES:BIG BASQUE CASQUETTE – Khaki / 10,800 YEN

 

 

 

 


AURALEE : SUPER SOFT HEAVY SWEAT P/O PARKA

一つ楽しみにしていたものが入荷しました。

それがAURALEESUPER SOFT HEAVY SWEAT P/O PARKA

毎シーズン素材やディテールを変えながらリリースされるAURALEEのパーカーですが、

僕はここに決めました。

 

素材の良さは言うまでもないですが、気に入ったのはシンプルさ。

フロントポケットがなく、プリントもない言ってしまえばただのパーカー。

だからこそ目がいく、いや体が寄り添っていきたくなるような気持ち良さ。

表地は鹿の子の様な若干の凹凸がありながら、滑らかさも備えた素材感。

裏地は起毛加工を加え、肌触りと保温性を向上させたスーピマコットンを採用。

変わらず勢いのあるAURALEEですが、このパーカーはそれを差し引いてでも試して頂きたい一着。

素材とシルエットに自信が無ければ出来ない芸当に惹かれます。

 

img_6283

 

 

ここ数年トレンドにあるオーバーサイズではありますが、

AURALEEのデザイナー岩井氏にはそのフィッティングは当たり前のよう。

氏自身が着用するサイズ感だからこそ、ただただビッグシルエットなわけではなく、

素材の緩さ、柔らかさを落とし込んだその洋服はナチュラルに受け入れられるサイズ感に仕上がっています。

 

また僕から提案するのはモードやストリート要素をいれたスタイリング。

ストリートに寄せるならばNeedlesのTrack PantやString Work Pant

もう少しモードっぽいエッセンスをいれるならば、mandoKLASICAのパンツが良いかと思います。

もちろんTEATORAとの相性は言わずもがなです。

これらのことを考えて僕はブラックをチョイスしました。

最後にスタイリングを。

 

img_6297

img_6304

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 

 

 


眼鏡を新調。

今年の春、眼鏡生活を始めてから早5カ月。

実は眼鏡を新調しました。

 

この時期に必要なものを揃えておくのは一つの手かと思います。

というのも秋冬のメインアウターが出始めてからでは厳しいですので。

僕の場合はそれが眼鏡。

視力が悪いこともあり、度入りにするつもりです。

現在、使用しているのがテンプル、フレーム共にメタルのもの。

ですので次に欲しいのが、フレームがアセテートのもの。

二択までに絞りました。

これか。

 

ayame

img_6214

これ。

 

img_6223

 

結論からいうと後者。

どちらも顔なじみは良かったんですけど、

僕にはボストン型がまだ早いような気もしました。

いつかは黒のボストン型が似合う大人になりたいと思うんですけどね。

まだまだ”濃さ”が足らないようです。

 

そしてもう一つ悩んでいるのが、レンズ。

カラーレンズにするか、クリアレンズにするか。

カラーレンズでキャンパスに行くのはどうかなとか思いつつ。

僕のように悩まれている方は10%程色を入れられるのもいいかと思います。

夏の終わりは近づいていますが、このタイミングでもう一度アイウェアを考えてみませんか。

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 


Vol.3731【今週末はPANTHER MARKET!】

 

今週末は『PANTHER MARKET』。

そこで二点アナウンスがございます。

一点目は駐車場に関してまして。

当日は当店保有の駐車場にてイベントを行いますので、近隣駐車場のご利用をお願い致します。

二点目はお買い上げ頂いた商品に関して。

たくさんの方から当日お越しいただけるとのお声を頂いております。

つきましては、購入品を入れて頂く、エコバッグのご持参をお願い申し上げます。

以上二点、お手数をおかけしますが宜しくお願い致します。

 

 

1

 

 

さて、若干遅めの『PANTHER MARKET』という名の夏祭り。

花火が上がることもなければ、浴衣美女を拝めることもないでしょう。

その代わりと言ってはなんですが、密度の濃い時間を約束いたします。

 

次々に入荷しております、業界人の私物。

準備段階で笑みがこぼれるほどの物量と物珍しさ。

中には色んな意味で変わったものも。

でもきっとそれが見たかったはず。

『洋服屋さんのフリーマーケット』。

中途半端なラインナップなわけがありません。

 

また祭りの醍醐味ともいえる屋台。

Tent10さんからは名物のホットドッグにアイスコーヒー、ソフトドリンクに生ビール。

食堂カウの芙蓉さんからは愛情のこもった手作りおにぎりが提供されます。

奥様やお子さん、またはご友人を連れてきて頂いても、楽しんでいただける内容かと思います。

是非とも沢山の方をお呼び頂き、お越しください。

 

忙しい日々の中で忘れかけている童心。

大人の為のお祭り『PANTHER MARKET』で思い出してみてはどうでしょうか。

きっと楽しい二日間になるでしょう。

 

 

 

明日8/31(Fri)は誠に勝手ながら店休日とさせていただき、

翌日9/1(Sat)より通常営業をさせていただきます。

尚、オンラインショップご注文への、ご返信・発送に関しましては、8/31(Fri)の13時までは当日対応にて承ります。

それ以降のご注文には、翌日9/1(Sat)よりご対応させていただきます。

皆様にはご迷惑をお掛け致しますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

【Roots】

MOJITO 2018 aw

1

 

 

【Event】

PANTHER MARKET with doo-bop friends ~ 最後の『何も言えなくて・・・夏』~

1

 

 

【Column】

PANTHER MARKET

dsc_8995

 

 

【New Arrivals】

AURALEE : SUPER HIGH GAUSE SWEAT P/O – Black / 18,360 YEN

AURALEE : SUPER HIGH GAUSE SWEAT P/O – Light Khaki / 18,360 YEN

Engineered Garments : Shoulder Pouch – PC Kasha – Black,Dk.Navy / 9,720 YEN

Engineered Garments : Shoulder Pouch – PC Kasha – Olive,Red / 9,720 YEN

 

 


PANTHER MARKET with doo-bop friends ~ 最後の『何も言えなくて・・・夏』~

 

 

『洋服屋さんのフリーマーケット』

 

面白そうだと思いませんか?

 

クローゼットに収まりきらないほどの私服の数に、何だかよく分からない動物の置物。

そんな私物の数々を、フリーマーケット形式で販売します。

とても濃いメンバーが集まった、それはきっと楽しい空間。

 

 

 

1

 

 

 

【date】

2018.9.1 (Sat) & 9.2 (Sun)

 

 

【time】

16:00 ~ 21:00

 

 

【place】

当店保有の駐車場で開催いたします。

 

それに伴い当日は15時以降の当店駐車場のご利用をお控え願います

近隣には2時間まで無料の駐車場がございます。

お手数をおかけしますが、ご来店の際はそちらをご利用くださいませ。

ご不明点がございましたらご連絡ください。Tel:077-562-4121

 

 

【contents】

各出店者による私物の洋服や雑貨の販売。

Tent10さんからは軽食やドリンクの販売。

食堂カウさんからは手作りおにぎりの販売。

EDITMODEさんからは『THE KING OF GAMES』の洋服の販売。

(リンク先からご覧いただけます)

 

※日付により出店者は異なります。

詳しくは下記詳細をご覧くださいませ。

 

 

9.1 (Sat) 出店】

飯田 裕一郎、江南 匡晃、チカーノ、murao、中島 昭一、塚本 邦雄

 

 

9.2 (Sun) 出店】

飯田 裕一郎、長尾 大輔、横田 琢弥、murao、芙蓉さん、中島 昭一、塚本 邦雄、and Secret Guest

 

 

 

2

 

 

3

 

 

4

 

 

5

 

 

6

 

 

7

 

 

8

 

 

9

 

 

 

 

 

この夏最後の思い出作りに。

 

 

 

 

 


ありがとうございました。

こんばんは。

 

 

店頭のほうでは、インディアンジュエリーフェアが絶賛開催中です。

7/9(月)までですので、お見逃しなく!

 

 

そんな中、本日7/1が最終の出勤でした。

個人的には、皆様のおかげで最後まで楽しく過ごすことが出来ました。

ありがとうございます。

 

image2

 

先日のブログの後から、来店時に温かい言葉をいただいたり

わざわざお電話をくださったり、メッセージをくださったり

プレゼントまでいただいたりと…

 

image3

 

皆さんの気持ちが、本当に嬉しかったです。

 

 

そして、多くの方がdoo-bopを大事にしてくれているのだなと

改めて実感しました。

 

 

 

短い期間ではありましたが、オーナー中島をはじめ

doo-bopスタッフ、そして皆様からもたくさんのことを

学ばせていただきました。

 

 

僕もそんな、人や場所を大切にする気持ちを忘れずに

これからも頑張っていきたいと思います。

 

 

これからも、お店には遊びに行くつもりなので

見かけたときはよろしくお願いします。

 

image1

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


アーカイブ

doo-bop Ameba Blog