Top > doo-bop : Tsukamoto

Pat Pruitt&Chris Pruitt この兄弟から目が離せません。

こんばんは。

 

doo-bop Indian Jewelry Fair 2017にお越しいただきました方々、誠にありがとうございます。

運命的に感じ出会った作品。

末永くご愛用くださいませ。

 

今夜はIndian Jewelryらしからぬ作品を生み出すアーティスト、Pat Pruittをご紹介させていただきます。

 

img_6771

Pat Pruitt Stainless&Stinglry Bracelet

 

この質感に、『ん?』と思われた方、お察しが良いようです。

実は彼、基本的にシルバーを用いずに制作されています。

用いた素材は、ステンレス。

シルバーに比べてどこか冷めた感じがいいじゃないですか。

そこにスティングレーレザーを配置。

魚のエイの革になります。

今までに見たことのない素材をジュエリーに落とし込む発想力の豊かさに驚かされます。

 

img_6785

Pat Pruitt Diamond Inlay Zirconium  Bracelet

 

続きましてこちらは、黒いジュエリー。

ベースにはジルコニウム、合金です。

そこに、インダストリアルダイアモンドを配置。

宝飾用ではなくガラス等のカットに使用されるダイアモンド。

どうりでキラキラしていない訳です。

この黒光りする雰囲気に魅せられます。

 

img_6787

Chris Pruitt Textured Silver Bracelet – Giraffe

 

実は、彼兄弟でアーティスト。

弟のChris Pruittも表現力豊かな作品を生み出します。

こちらはジラフ、キリン柄です。

 

兄弟揃って引き出しの多いこと。

トラディショナルなスタイルとは対極に映るかもしれません。

インディアンジュエリーの新たな楽しさを教えてくれるようです。

 

型枠に捉われず前進するスタイル。

Pruitt兄弟を是非ご覧くださいませ。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 

 

 

 


doo-bop Indian Jewelry Fair 2017 Vol.9

 

 

 

 

dsc_9062

 

 

doo-bop Indian Jewelry Fair 2017 Vol.9

 

Pat & Chris Pruitt Brother’s

 

共にジュエリー制作活動を行う、プルイット兄弟。

アメリカ国内で非常に高い評価を得るコンテンポラリースタイルは、

「Cutting Edge/最先端」と評される。

 

 

 

dsc_9081

 

 

Pat Pruitt(パット・プルイット)

 

古き良き伝統を守りながら、新たな価値観を生み出すラグーナ族、Pat Pruitt。

ステンレス、スティングレーレザー、ジルコニウム等、

現代社会の中で生まれた手作業では加工できない特殊な鉱物を用い、

工業用の道具を使用し革新的なデザインを興します。

トラディショナルでモダンな物作りに惹かれます。

 

 

 

dsc_9104

 

Chris Pruitt(クリス・プルイット)

 

Pat Pruitt指導の元、2006年よりジュエリー制作を始め、

テクスチャーと呼ばれる技法を得意とする。

シルバーの表面に模様を入れる技法のことで、

氏が用いるモチーフはオレンジの皮(オレンジピール)、

クロスハッチ(網目状の模様)等、独自のデザインを考案。

 

過去のトラディショナルな魅力を現代の技術を用いて表現する、

コンテンポラリージュエラー、プルイット兄弟。

 

最新鋭の作品をご覧ください。

 

 

 

 

【ロングブランチ 森田 洋司 氏 による販売サポートとスペシャルトークの実施】

 

・販売サポート

7/1(Sat)AM 11 : 00 ~ PM 20 : 00

7/2(Sun)AM 11 : 00 ~ 18 : 00 頃(予定)*時間の変動有り

 

・スペシャルトーク

7/1(Sat)PM 14 : 00 ~

 

・書籍や鏨(たがね)の展示

・3万円以上のジュエリーをお買い上げの方にノベルティ配布

 

 

 

 


Indian Jewelry.

 

 

『本当に良いと思ったものを。』

 

私たちの根底にあるインディアンジュエリーへの敬意。

彼らが生み出すジュエリーには、澱みない自信と尊厳が込められています。

混沌とした世界を生き抜く、気品に溢れた作品の数々。

それぞれに描かれたストーリーは、私たちをかけがえのない出会いへ導きます。

 

 

今回は、下記ラインナップで特集を組ませていただきました。

 

File 1  → 新鋭アーティストのご紹介

File 2 → プレゼント(クリスマスギフト)にお勧めの作品

File 3 → 1年間のご褒美

File 4 → スペシャル企画

 

今季の締めくくりとなるインディアンジュエリーの提案。

来年も更なる出会いを求めて。

 

どうぞご覧ください。

 

dsc_6708

 

0

 

dsc_7247 dsc_7326

 

 

13

 

3

 

dsc_7102 dsc_7109

 

 

 

12

9

 

dsc_7198 dsc_7228

 

 

 

 

14

 

15

 

dsc_7081dsc_7063

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Chris Pruittのコンテンポラリーワールド【Indian Jewelry Fair 2016】

こんばんは。

 

今日は少しひんやりしていましたね。

外気とは裏腹に店内は

相変わらずホットな空気に包まれています。

インディアンジュエリーは

それぞれのアーティストの魂が込められているせいか

店内に入るや否や目に見えなパワーが押し寄せてきます

 

このフェア中は、毎日そのパワーを浴びながら仕事ができるので

スタッフもみんな、表情や目つきが違う気がします★

 

さて、今夜私が選んだのは

昨日とは打って変わって新進気鋭なアーティスト Chris Pruitt/クリスプルイットの作品たちです。

 

image1

 

テクスチャリングと言われる、工業用製品などを加工の際に使われる方法を用い

モダンで美しい均整のとれた作品に仕上がっています。

 

image5

 Textured Silver Bracelet – Horse hair

 

image4

 Textured Silver Bracelet – Orange peel

 

image3

 Textured Silver Bracelet – Giraffe

 

それぞれのデザインソースは、今までのインディアンジュエリーには

見られなかった独特なものばかり。

 

スタイリッシュなモデルになりますので

ジャケットスタイル、きれい目シャツスタイルにもはまってくれます♪

 

image2

 

Chris Pruitt/クリスプルイットの師であり、

兄でもあるパット プルイット / Pat Pruittの作品も揃っていますよ。

 

兄弟共に、近代的インディアンジュエリーとして

目が離せないアーティストです。

 

image10

 

次の日曜日、7月3日まであと5日です。

 

ぜひ、ネイティブアメリカン、ネイティブパワーを感じに

当店までお越しくださいませ。

 

皆様のご来店を、スタッフ一同心よりお待ちいたしております。

今夜もありがとうございました。

 

doo-bop Shop Blog

毎日更新中です。是非ご覧ください。

 

 

 

image12


vol.3035 【Indian Jewelry Fairに向けて~PRUITT兄弟~】

こんばんは、南出です。

いつも当店SHOP BLOGをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

 

 

関西地方を中心に大雨が降るとの予報を聞いていましたが、いかがお過ごしでしょうか。

南草津は雲行きはあやしいものの、晴れ間の覗く一日でした。

 

 

湿度が高い日が続くようですので、リネン素材や、サマーウール素材を用いて

快適な着心地でお過ごしくださいね。

 

 

それでは、本日もIndian Jewelry Fairに向けて、アーティストのご紹介を。

 

DSC_7846

『Cutting Edge/最先端』

そう呼ばれる2人のアーティスト、兄パット プルイット(Pat Pruitt)と、弟クリス プルイット(Chris Pruitt)

ラグーナ族の両アーティストは、コンテンポラリースタイル(近代的作品)を表現する事から、最先端のアーティストとして評価を受けています。

手作業では加工が不可能とされる特殊な鉱物や金属を、工業用の道具を使用し制作します。

独自の世界観という言葉だけでは表現しきれない、

革新的なデザイン、想像を越える材質を組み合わせは、インディアンジュエリーの新しい価値観を創り出しています。

 

 

 

DSC_7762

パット プルイット(Pat Pruitt)

炭素繊維、ゴム、自動車ベルト、ステンレスやエイ革などの多様な、エキゾチックな材料を使用し、作品を手掛けるアーティストです。

使用する材料、前衛的なデザインは、インディアンジュエリーの概念を覆す作品。

類を見ないデザイン力、技術は評価され、サンタフェインディアンマーケットや、ハードミュージアム等で数々の賞を受賞しています。

 

 

 

DSC_7790

 

DSC_7805

今回は、チタン、カーボンファイバーを使用したリング、

ステンレスや、インダストリアルダイヤモンド(鉱物を加工する為のダイヤモンド)使用したブレスレット等をご用意しております。

 

 

 

 

DSC_7738

クリス プルイット(Chris Pruitt)

兄よりジュエリー作りを学んだ当氏。

兄同様に、多種に渡る鉱物とシルバーを使用した作品を手掛けます。

伝統的なジュエリーワークをベースに、独自の解釈でデザインされる、インレイやテクスチャリングは、

作品制作当初から多くの支持を受け、コンテンポラリースタイルの立役者として、その名を連ねています。

 

 

DSC_7820

今回は、当氏を代表する、テクスチャリングバングルに加え、マネークリップ等の珍しい作品もご用意しております。

 

 

 

DSC_7729

ハードや、力強いと言った、インディアンジュエリーの持つイメージを逸脱し、

モダンに仕上がったPRUITT兄弟の作品。

 

 

しかし、伝統的なクラフトワークや、自然界からインスピレーションも大切にしており、

自分たちの民族性や、歩みを後世に伝えるように、進化したインディアンジュエリーとしてご覧いただけるのではないでしょうか。

 

 

カジュアルなスタイルから、ドレスや、モードな洋服まで、スタイリングの垣根を超える作品だと思います。

 

 

是非、お楽しみにご来店くださいませ。

 

 

それでは本日もありがとうございました。

 

 

【EVENT】

Indian Jewelry Fair 2016 6.25(Sat)~7.3(Sun)

DSC_0998

 

【ROOTS】

COLUMN】Alden

2

 

【New Arrival】

SASSAFRAS : Seed Bomb Pants 1/2 – Weeds Poplin / 21,600 YEN

DSC_7138

 

 

SASSAFRAS : Seed Bomb Pants 1/2 – Back Satin / 21,600 YEN

DSC_7298

 


黒いジュエリー。

こんばんは、お疲れ様です。

あと3日です。

土曜日からインディアンジュエリーフェアです。

 

着々とイベント用のジュエリーが到着しております。

 

本日はその中から。

 

パット プルイット / Pat Pruitt ラグーナ族

IMG_3363.JPG

先日ご紹介しました、クリスプルイット / Chris Pruittのお兄さんです。

クリスプルイット / Chris Pruittにジュエリー作りを教えた当氏。

インディアンジュエリー内でコンテンポラリーなそのスタイルを称して、Cutting Edge/最先端』と呼ばれています。

基本的な伝統クラフトを学んだ上で、機械工学を取り入れた、ネイティブと現代様式の融合を目指した作品を手がけています。

 

今回も特徴的な黒い工業金属を使用したブレスレット。

IMG_3364.JPG

IMG_3366.JPG

IMG_3367.JPG

 

 

 

IMG_3368.JPG

IMG_3369.JPG

IMG_3371.JPG

日本での流通数が非常に少ないアーティストです。

 

 

そしてこちらも。

IMG_3372.JPG

IMG_3373.JPG

ネームタグのようなデザインのペンダント。

恐らくシルコニウムだと思うのですが、、自信ないです。

20日に詳しいご説明をいただいて勉強させていただきます。

IMG_3374.JPG

最先端のジュエリーを。


コンテポラリー=近代的。

こんばんは、お疲れ様です。

昨日はお休みをいただきまして、一日ゆっくり。

滋賀県と言えば、やっぱり琵琶湖。昨日は半日、琵琶湖の畔で読書というまったりな休みを送りました。

滋賀県に住んで早2年ですが、ようやく琵琶湖の良さが分かってきました。

そんな感じでリフレッシュもしっかり出来ましたので、本日もご紹介に参ります。

 

クリスプルイット / Chris Pruitt ラグーナ族

IMG_2970.JPG

一見インディアンジュエリー?と思わせるその風貌は、テクスチャリングと言われる、工業用製品などを加工の際に使われる方法で、加工しています。

近代的な技法やデザインを惜しみなく取り込む彼の作品は、インディアンジュエリー会の最先端と意味合いを込めて、『Cutting Edge/最先端』と称されています。

彼のジュエリー作りは、兄のパット・プルイット / Pat Pruittから教わっています。長尾さんのお店、でもセレクトされているアーティストでシャビー アンド インダストリアル / Shabby & Industrial  さん す。従来のインディアンジュエリーの無骨な印象がなく、非常に洗練された綺麗な仕上がりとなっております。

新進気鋭ながら、2012年アリゾナ州ハードミュージアムのショーでは大御所アーティストを抑え、ジュエリー部門の1位を獲得しています。

今後要注目必須のアーティストです。

 

クリスプルイット / 3/8 テクスチャリングシルバーブレスレット – クロスハッチ 25,920円

IMG_2971.JPG

IMG_2972.JPG

IMG_2976.JPG

クロスハッチという、細かな網状の模様を表面に施したデザインです。

ちょっと持ち前のアイフォンでは伝わらないくらい細かく繊細な柄が表面に。

また鏡面に映るように綺麗に仕上げられた縁取りと、コントラストが効いた一本です。

IMG_2977.JPG

スッキリとしたモデルですので、シャツ、ジャケットスタイル等の装いにもすんなりハマる一本だと思います。

 

クリスプルイット / オレンジピールブレスレット 73,440円

IMG_2980.JPG

IMG_2982.JPG

IMG_2984.JPG

その作品名のとおり、オレンジピール=みかんの皮をデザインソースにした独特の発想から。

不揃いな表面が奥行きを見せながらも、綺麗にまとめたデザインが光ります。

 

IMG_2985.JPG

一本目の作品と比べると、幅もあり程よく主張してくれるデザインです。

内径が小さめですので、細い男性や、女性にお勧めのサイズ感です。

ご希望の方はサイズ修正も可能ですので、お気軽にお申し付けください。

 

インディアンジュエリーらしからぬ一本。

是非どうぞ。

 

 


3/8 Texturing Silver Bracelet – CROSS HATCH【Chris Pruitt】

こんばんは☆

 

春が近づいてきて

 

お店に並ぶ洋服たちも

 

素材もカラーもライトに変化していっています♪

 

今季から初めて並ぶブランドや

 

今までになかったデザインのものや

 

とっても目新しくって

 

毎日ワクワクです♪

 

今夜はお洋服ではないのですが

 

春夏に向けてジュエリーをチョイスしてみました!

 

IJ

 

 

3/8 Texturing Silver Bracelet – CROSS HATCH

 

3/8 テクスチャリングシルバーブレスレット – クロスハッチ

 

注目はブレスレット☆

 

(null)

 

とっても、シンプルなそして品のある

 

こちらのブレスレットは

 

ニューメキシコ州 ラグナプエブロで生まれ育った

 

 CHRIS PRUITT /クリス・プルイットの作品

 

彼の兄である、 パット・プルイットの指導の下

 

2006年からジュエリー作りを始めます☆

 

クリスはアーティスト活動を始めるとすぐに才能は開花!

 

たくさんのショーで素晴らしい評価を得る

 

今では注目される気鋭のアーティストなんですよ♪

 

(null)

 

Texturingという技法を用いた

 

今までになかった現代的なデザインは

 

インディアンジュエリーと呼ぶには違和感を覚えるほどです

 

IJ

 

洗練されたシャープで美しいバングル

 

サイズについては開口部  3.1cm

 

全長  14.0cm、幅 depth 0.8cm となります

 

IJ

 

シンプルなデザインはギフトにもおススメです♡

 

今夜も最後までありがとうございました。

 

明日また、どうぞよろしくお願い致します。

 


vol.2558 【Martin Faizeyのベルトが揃いました。】

こんばんは。手島です。

いつもTip’sをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

 

3連休2日目。

年明け初めての連休になりますので、ゆっくりされている方も多いのではないでしょうか。

 

店頭では、昨日BRU NA BOINNEの新作と定番品番を紹介させていただきました。

まだまだ寒い日が続きますが、即戦力の春物も徐々に揃ってきておりますので是非遊びにいらしてください。

 

そんな本日は、久しぶりの再入荷となりましたこちらのベルトを紹介させていただきます。

 

20150111-DSC_0326

 

Martin Faizey

 

Martin Faizey氏が、自身の名を冠して設立したブランドMartin Faizey。

現在も、イギリスはウォチェスター州の工房にて数名のスタッフとともにハンドメイドにてレザーアイテムを製作されております。

 

20150111-DSC_0345

 

その中でも、お馴染みのQuick Releaseベルト。

 

20150111-DSC_0369 20150111-DSC_0370 20150111-DSC_0373 20150111-DSC_0377

 

バックルのつまみを押すだけで、片手だけでの取り外しが可能です。

 

当店では太すぎず細すぎず、見た目の印象もシャープな1.25 inchサイズをセレクト。

レザーには耐久性とエイジングが期待できるブライドルレザーを使用。

使い込むごとに、体にラインに合わせて馴染みます。

 

20150111-DSC_0334

 

また、上品さを演出するバックルは真鍮でできており、使い込むと色がくすんでいきますので、ブライドルレザーと同じくエイジングを楽しんでいただけます。

 

 

 

本日は、スタッフも全員Martin Faizeyを付けておりました。

安心と信頼のベルト。

各色サイズが揃っているうちにお試しください。

 

 

 

それでは、本日もお疲れ様でした。

 

【New Arrival】

Chris Pruitt : 3/8 Texturing Silver Bracelet – CROSS HATCH / 25,920 YEN

Harrison Bitsue : Sandcast Naja Pendant – Type A / 26,784 YEN

Harrison Bitsue : Sandcast Naja Pendant – Type B / 23,544 YEN

20150111-DSC_0056 20150111-DSC_016120150111-DSC_9985


アーカイブ

doo-bop Ameba Blog