Top > doo-bop : Nakajima

Needles Chore Coat 。

急に暖かくなるみたいですね。

今期は、ペイズリーや色鮮やかな春アウターが好調で嬉しいです。

その中では、大人しく目立たない存在になってしまっているかも

知れませんが、着ていただくと「アレ?」と顔をなされる方が多いのが

Needles Chore Coat 

 

 

 

image1

 

 

 

Nepenthes代表の清水さんほど、coverallが似合う方はいない。

いったい今まで何着のcoverallを見て、着て、作ってこられたのでしょうか?

おそらくご自身が大好きなアイテムのひとつなんでしょうね。

掘り下げが深い方が作る、好きなアイテム

そりゃあ、「アレ?」なんか違うってなりますよ。

 

 

 

image2

 

 

 

見る角度や光のアタリ方で違う色に見える玉虫素材。

このような生地をcoverallで表現する、イッてますね。

あかん、欲しくなってきた。

 

 

 

image3

 

 

 

 

本日のチラ見せ!

 

 

 

image4

 

 

オヤジ臭くないloafer出来ましたよ。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


Vol.3550 【Needles:Chore Coat – Aizu Tsumugi】

 

先日スパイ映画、「キングスマン2」を観に行ってきました。

劇中でカントリー・ロードが何度か使用されるのですが、その場面の印象の強さから

これからこの曲を聴いて思い浮かべるのは「耳をすませば」から「キングスマン」になりそうです。

 

さて、Needlesから和と洋を組み合わせたアイテムが入荷しています。

今シーズン当店がセレクトしたNeedlesでは数少ない、柄の入っていない品番です。

 

Needles:Chore Coat – Aizu Tsumugi

20180130-dsc_0645

Coat / Needles:Chore Coat – Aizu Tsumugi – iridescent
Inner / Needles:Stand Collar Coverall – Paisley – Grey
Bottoms / TEATORA:Wallet Pants CARGO Packable – BLACK

 

 

20180130-dsc_0649

 

 

 

 

 

20180130-dsc_0628

 

 

 

 

 

20180130-dsc_0662

 

 

継続的にリリースされているカバーオール、「Chore Coat」。

生地には福島県会津の伝統素材「会津紬」を使用しています。

 

オリーブとブラウンの糸を使って織られた生地は、遠めに見ると玉虫色のような奥行きのある色合い。

和紙の様なざらりとした乾いた質感に軽い着心地。

気温が上がり湿度が出てきた季節でも、不快感なく着用できそうです。

 

スタンドカラーの首回りや袖口はロック仕上げになっていて、ラフな印象を。

さっと気軽に、そしてタフに着ていきたい1枚です。

 

 

【Event】

OMERSA Oeder Fair

2

 

 

【New Arrival】

INCOTEX:Tapered Fit Super130’s Wool Look Mohair Pants – Navy / 39,960 YEN

INCOTEX:Slim Fit Camoflage Wool Pants – Charcoal / 48,600 YEN

 

 


アーカイブ

doo-bop Ameba Blog