Top > doo-bop : Tsukamoto

4 NEWの迫力と意外性。

約半年間、履きに履きまくったVernacolo/4 NEW。
手軽さと重厚感のギャップに引き込まれ、週4~5回履くほどヘビーローテーションが続いております。

Vernacolo 4 NEW – NERO


今春夏はスウェードアッパー。
きめ細かなスウェードの優しい質感と、
迫力のリップルソールにステッチダウン製法。
このバランス感に惹かれます。


そしてブーツをカットしたイメージのデザイン。
つっかけ形状ならではの脱着の楽さに加え、
ペコスやウエスタン等、筒形ブーツならではと言える、
シューレースなしのつるんとしたトゥ先を味わえるとは。


週4~5回 履く理由は、スタイリングに落とし込んだ際の迫力と意外性。
軍パンのようなズドンと太いパンツから、
トラックパンツのようなスポーティーな雰囲気のあるアイテムとも好相性です。

Vernacolo 4 NEW – T.MORO


スウェード靴って意外とお持ちの方、少ないのでは。
表革にはない魅力が詰まっています。
またワックスが染み込んでいますので、タフさも持ち合わせております。

これまでにない靴だからこそ、新しいスタイルを。
Vernacolo の足元楽しんでみてください。


doo-bop Shop Blog

週2更新(週央と日曜)です。是非ご覧ください。


Vol.4804【Vernacolo:4 NEW】


本日【Event】ページ【Column】ページを更新しました。

AUBERGEの受注会という一大イベントを終えたばかりですが、

次週も面白い、ユニークな催しがございます。

『気持ち悪く格好良い』ものを、ぜひ見に来てください。



さて、今回こそは購入しようかと悩んでいる1足がイタリアから届きました。

ここ数シーズン当店の定番的なアイテムとなっている、Vernacoloの『4 NEW』。

前回とはまた違った素材での登場です。



Vernacolo:4 NEW




一見するとトロエントープやモヘダといったサボ(木靴)の仲間なのかなと感じるかもしれませんが、

こちらはトレッキングブーツをくるぶし部分でぶった切ったかのような1足になります。

そのため比較的安定した歩行が可能で、ちょっと遠出をする際にも持ってこい。

突っ掛けタイプで脱ぎ履きが楽ということもあり、

気が付くとこればかり履いているということになっていそうです。

このブランドは使用している革にも拘りが感じられ、

今回も肉厚できめ細やかなスウェードが用いられています。

実際に触ってもらうと分かるのですが、しっとりと柔らかな革質となっており、

こんな見た目ですが最初から足馴染みが良いです。







そしてこの靴1番の魅力は何といってもボリューミーで迫力のあるデザイン。

『ダブルステッチダウン製法』による力強さや、シャークソールによる実用性とファッション性など、

全ての要素が上手いことかみ合っています。


すっきりとした綺麗な靴よりも、こういった少し武骨で変わった1足をお探しの方、

ぜひ一度足を通してみてください。






※コロナウィルスへの対策といたしまして、ご来店の際はなるべくマスクの着用をお願い致します。

また店内には消毒用のアルコールを設置しておりますので、ご自由にご利用ください。



【Event】

琉球藍研究所:SOUTH MADE



【Column】

琉球藍研究所



【New Arrivals】

South2 West8:Trainer Pant – Poly Jq. 


秋冬の足元は4NEW。

昨シーズン買い逃して、ずっと心待ちにしていた一足が届きました。

 

IMG_6633

Vernacolo  4 NEW – NERO

 

力強いフォルムにリップルソール。

アメリカのワークブーツのように力のある表情もありながら、

ファッション的にも目を引くリップルソール。

 

それでいてミュール型。

力が入っているのか抜けているのか。

掴みどころのない感じに惹かれていました。

 

IMG_6636

 

画力のあるデザインですが、不思議と幅広いテイストのボトムを受け入れてくれます。

ワークパンツや軍パンと男らしいところから、スラックス系のハズシまで。

嬉しいのはトラックパンツとの相性の良さ。

素足サンダルスタイルとはもうすぐお別れですので、

通年履けてスタイル的にも馴染む靴を探していました。

 

IMG_6631

 

今のところ2日に1回と履きまくっています。

ボリューム感がクセになりそうです。

 

doo-bop Shop Blog

週2更新(週央と日曜)です。是非ご覧ください。


Vol.4651【Vernacolo:4 NEW】

 

最近インスタグラムやオンラインショップのスタイリングでとにかく使用しているこちら。

さらに中島と塚本が既に購入して履いていることもあり、

気にしていただいている方は多いのではないでしょうか。

昨シーズン好評だった『Vernacolo』の1足が、仕様を変えてこの秋もやってきました。

 

Vernacolo:4 NEW

DSCF6214

 

 

いわゆる『つっかけ』なのですが、ワークブーツブランドらしい、

良い意味で土臭くぼってりとした面構えが特徴です。

 

使用されているレザーは厚みがあり、たっぷりと油分を含んだ『トスカーナレザー』。

指でなぞると跡が付くほどに油分が入った革は、エイジングによって深みのある黒へと変化していきます。

キズや水にも比較的強いので、汚れや天候を気にすることなくガンガンと履くことが出来るのはまさにワークブーツ。

 

 

DSCF6207

 

 

ダブルステッチダウンの迫力ある顔つきに、程良い違和感をかもし出しているシャークソール。

ブラックで統一されていますが端正といった印象はなく、力強い足元を演出してくれます。

 

そして最近のスタイリングで多く使っている通り、

様々なボトムスと相性良く合わすことが出来るのが何よりも嬉しいポイント。

トラックパンツやガルフストリームパンツ、ウォレットパンツやCHANGESのリメイクパンツなど、

当店のメインどころのパンツとは大体馴染んでくれます。

 

前シーズンのスウェードモデルを選んでいただいた方も、

今回初めてこのブランドを知ったという方も、ぜひ試してみてください。

 

 

DSCF6200

 

 

※コロナウィルスへの対策といたしまして、ご来店の際はなるべくマスクの着用をお願い致します。

また店内には消毒用のアルコールを設置しておりますので、ご自由にご利用ください。

 

 

 

 

 

 

【New Arrivals】

OUTIL:TORICOT IBOS – Black / 22,000 YEN

Vernacolo:4 NEW / 37,400 YEN

 

 


Vol.4478【Vernacolo:4 NEW】

 

【Roots】ページを更新しています。

CHANGESに再生産をお願いした、リメイクジーンズ。

スペシャルなアイテムを加えて、2月20日に発売いたします。

ぜひご覧くださいませ。

 

この手のアイテムを探していました。

いわゆる『サボ』タイプの、顔つきの良いシューズ。

当店でも中島がさっそく購入して、毎日のように履いています。

気軽に履けてスタイリングも組みやすい、お勧めの1足です。

 

Vernacolo:4 NEW

DSCF0280

 

 

イタリアのワークブーツブランド、『Vernacolo』。

クラフト感ある佇まいに、どこか土臭さの残る表情が特長です。

素材もイタリアのトスカーナ地方に伝わる『バケッタレザー』というもので、

厚みがあり油分をたっぷりと含んだ、荒々しく迫力のある革を使用しています。

 

 

DSCF0285

 

 

アウトソールにはVibram社の『MORFLEX』が使われており、比較的軽い履き心地。

TROENTORPやMOHEDAの様な木靴ではないため、長時間の歩行も可能です。

 

カラー展開は使い勝手の良いブラック系の『NERO』に、あると便利なブラウン系の『T.MORO』。

NeedlesのトラックパンツやTEATORAのウォレットパンツ、

CHANGESのジーンズなんかにも好相性なので、ぜひ試してみてください。

 

 

DSCF0294

 

 

※コロナウィルスへの対策といたしまして、ご来店の際はなるべくマスクの着用をお願い致します。

また店内には消毒用のアルコールを設置しておりますので、ご自由にご利用ください。

 

 

【Roots】

CHANGES:CH4005

2

 

 

【New Arrivals】

Needles:F.B. Chore Coat – Linen Cloth / Ink Dye – Houndstooth / 42,900 YEN

Needles:D.N. Coverall – Cotton Herringbone – Olive / 28,600 YEN

Vernacolo:4 NEW – NERO / 33,000 YEN

Vernacolo:4 NEW – T.MORO / 33,000 YEN

 

 


アーカイブ

doo-bop Ameba Blog