Top > Column

NORIEI 姫路で出会ったシューメーカー

昨日ご紹介した工房は、株式会社 律栄というシューメーカーだ。

半世紀以上こだわりの靴作りを続けてこられ、

近年はオリジナルブランドにも注力されている。

それがNORIEI。

 

dsc_0564

 

内面からかもしだされる機能美とでもいうのだろうか、

非常にナチュラルなラインについつい見入ってしまう。

足を入れたくなる衝動が湧きあがる、そういう美しさだ。

 

dsc_0663

 

縁あってdoo-bopで初めて扱わせていただくことになった。

落ち着いた存在感を持った2足。

継続品番であるDERBYという名を冠してはいるが、

アウトソールとアッパーレザーの変更で全く違うものに見える。

日本人の足に合いそうな、丸みをおびたシルエット。

そして一目で堅牢だとわかるステッチ。

 

dsc_0579

 

DERBY (CORDOVAN)
Unfinished Died Cordovan Upper, Horse Hide Lining
Grey
Single Leather Sole

 

マットな表情が非常に印象的な素上げのコードバン。

この革は最終工程の染色、磨き上げをしていない。

履き込み、ケアをすることで色の変化や光沢を楽しめる。

 

dsc_0599

 

DERBY (SUEDE)
Vegetable Tanned Suede Upper, Horse Hide Lining
Black
Dinite Sole

 

dsc_0628

 

1940~50年代に近い製造工程で作られた肉厚のスエード。

姫路のタンナーの協力のもと、独自開発されている。

ダイナイトソールで、急な天候の変化にも対応できる。

 

dsc_0644

 

余談ではあるが、シューズの外箱の遊び心が嬉しい。

このようにNORIEIの型押しが入ったプルタブがついている。

長く大事に履きたくなる、そんな仕掛けかもしれない。