Top > doo-bop : tsukamoto

新しいことをはじめる。

こんばんは。

イベントページはご覧いただきましたでしょうか。

今回は、僕も登場しております。

お時間ございましたら、こちらからどうぞ。

 

実は普段は、そこまで被ることが多くない帽子。

きっかけを失って、変な苦手意識も芽生えかけていた矢先に、COMESANDGOESから素敵な帽子が届きました。

 

苦手意識とか言いながらも、被りはじめると、結構いいんじゃないかと。

見慣れない感じやソワソワ感はあるのですがチャレンジしようかなと、春の季節が背中を押します。

新しいことに、仕事も遊びもファッションもチャレンジしやすい季節。

小さくても変化はつけていきたいですよね。

 

今夜は僕が、撮影ですごくシックリきた帽子を紹介させていただきます。

 

fullsizerender

COMESANDGOES DENIM BALLON HAT

 

デニムのハットたち。

インディゴからフェードしたライトブルーにブラックまで、スタイルに合わせてご覧いただけます。

 

img_5337

 

何が良いってツバの中にあるワイヤー。

ハット形状の帽子って、中々ツバが良い感じで持続しづらいのですが、こちらのワイヤーによりしっかりとキープします。

かと言って『作りました感』のあるカッチリした感じとは違うので、ラフに。

 

img_5339

 

このステッチの数をご覧ください。

びっしりと入ったステッチが洗い込む度に、アタリ、色落ちが楽しめそうです。

デニムの持つ魅力であるエイジング。

各色、異なる変化をお楽しみいただけるのですが、最終的には着用者のライフスタイルが色濃く出る点も愛着の沸くところですね。

 

img_5334

COMESANDGOES DENIM BALLON HAT – Light Blue

 

個人的にはライトブルーと

 

img_5332

COMESANDGOES DENIM BALLON HAT – Black

 

ブラックが気になります。

 

img_5330

COMESANDGOES DENIM BALLON HAT – Indigo

 

当店の帽子番長、手島はインディゴが気になるようです。

 

今から馴染ませて、オンシーズンで少し色が抜けたくらいが丁度良いと思えるハットです。

 

様々な形状の帽子と見比べていただける機会です。

お時間の許す限り、吟味してみてください。

 

【Event】

COMESANDGOES.

0

 

【Roots】

2017 S/S TEATORA.

6

【COLUMN】

Chambers

20161213-dsc_1540