Top > doo-bop : Nakajima

インディアンジュエリーの奥深さを

こんばんは。

今夜は、お問い合わせをたくさん頂いておりますが

HPにてご紹介できていないインディアンジュエリーの一部をご紹介しますね。

今夜の4本は厳選に厳選を重ねた作品になりますので、画像から感じるものがあると思います。

では、どうぞ!

 

IMG_1632.JPG

 

1作品目は、ボビー・テワ/Bobbie Tewa

彼が得意とするベアーパウのデザインになります、繊細かつ正確なオーバーレイ,

無駄のないデザイン、まさに職人技です。

 

IMG_1633.JPG

 

2作品目は、エディー・スコット・コウタロウヴァ/Eddie Scott Kohtalawva

彫りが深く、力強いオーバーレイ、ブラックウェッブのkingmanとのバランスが非常によく迫力ある作品です。

 

IMG_1634.JPG

 

3作品目は、ナバホの若手アーティスト ライル・セカテロ/Lyle Secatero

このアーティストは要注目ですよ、彼の細かく丁寧なスタンプワークは今後、評価されると思います。

 

IMG_1635.JPG

 

最後はなんと、Hopiジュエリーの先駆者であるポール・スフキーの作品です。

僕自身、ポールのブレスレットをご用意できるとは思いもしませんでした。

前回の渡米で、運よく信頼できるディラーから分けていただいた逸品です。

ポール晩年の作品になります。

 

 

IMG_1636-0.JPG

 

本日のチラ見せ!

 

 

IMG_1637.JPG

 

ブレスレットの裏側には、ホールマークではなくP.Sの刻印です。

親族の為に作られた作品になります。

 

 


アーカイブ

doo-bop Ameba Blog