Top > Column

【Trojan Horse】10年目の挑戦

 

 

『10周年に相応しい挑戦を』

今から約1年前のある日、そんな思いを胸に秘めながらも、

何を探してと言うわけでなく見て回っていた小規模な展示会。

偶然出会ったレザーメーカー【Trojan Horse】

そこから今回の企画が始まりました。

 

 

 

20170317-dsc_3811

 

 

 

Bespoke、デザイナーと話し合って作り上げていく個人オーダーのスタイル。

デザイナーの益井さんが作るレザー製品を最初に見たとき、

この人となら求めるレザーが作れるかもしれないという、予感めいたものがありました。

 

何枚か所有してはいるのですが、どれも最終的に着ることが少なくなったレザーの洋服。

革製品特有の重さと動き辛さからくるストレスが原因でした。

潜在的に望んでいた、ずっと着続けたいと思えるレザー。

軽く柔らかな着心地、そして長時間の着用でもストレスを感じない。

そんな理想形を目指し、神戸にあるTrojan Horseのアトリエを訪ねたのです。

 

お世辞にも人が訪れやすいとは言えない場所に建つアトリエ。

扉をくぐると、暗く重厚な雰囲気の空間が広がります。

その場の空気に触れたとき、

『作れるかもしれない』という思いは『作れる』という確信に変わりました。

 

 

 

4

 

 

 

「どれくらいの種類のレザーを用意することが出来るのか」

初めにすると決めていた質問です。

Bespokeだからこそ叶う、パーツごとに異なるレザーを使用したいという我儘な要望。

ホースにゴート、キップなど、6種類ものレザーを揃えていただきました。

 

果たしてどのような経年変化を見せるのかは、私達にも分かりません。

完成形の予想が付かない洋服からは、不安以上に大きな期待感を抱きます。

 

 

 

20170317-dsc_3707

 

 

 

また今回の洋服を作るにあたり、「所有者一人一人の満足感」をテーマとし、

どうすれば「個人」に満足してもらえるのかを話し合いました。

 

そうして出てきたのは、「1点もの」というキーワード。

当店でいうインディアンジュエリーにも通ずるように、代わりのきかない洋服からは、

必ずや所有することへの喜びを感じていただけると信じています。

 

レザー自体、個体差があるためそれぞれ表情は異なるのですが、

更に「1点もの感」を加えるため、1着ずつ「不揃いのアンティークボタン」を使用することに。

小さなパーツではありますが、違いを感じていただける大きな要素となりました。

 

 

 

2

 

 

 

そうして出来上がったのは、果たして格好良いのか悪いのか。

正直に言うと、それすらも分かりません。

 

「これを着ておけば間違いない」というようなものでは決してなく、

どうやって着ようかと悩み、これからも模索し続けていくであろう

ある意味とても当店らしい洋服。

 

レザーのイメージが無い当店が考えた1着。

その全貌は次回の更新で。

 

 

 

3