Top > doo-bop : Ogawa

white pants


皆様 こんばんは。

夏には黒い服を、冬になると白い服を着たくなります。

他の人と同じなのはちょっと・・というファッション好きの方は
多いのではないでしょうか。
不自由な縛りが多い昨今、自分の着るものは自由に着たい。
ということで、白のパンツをご紹介いたします。

SASSAFRAS / Pruner Pants – Ivory

ササフラスの新作のパンツです。
ペインターパンツをアレンジし、ガーデナー仕様にアップデート。
随所にゴムバンドを配し、その黒が白いパンツの中に
ちょっとしたアクセントになっています。


バックポケットの中にも発見!
見えないようで、案外目に入ります。
細かな作りがササフラスならではの仕様。


フロントはいたってシンプル。このさじ加減に大人の遊び心を感じます。
ササフラスは、着るだけでお洒落になれるブランドではないのかもしれませんが、
それぞれ絶妙なこなれ感や武骨さがあり、着こなし甲斐のある洋服が多いです。

AUBERGE / NEST WAVE – Cafe au lait

同じく大人の雰囲気を感じさせるAUBERGEのニットと
白っぽい感じで合わせました。バシっと効いているゴムバンドの黒が冴えわたります。
ホワイトデニム合わせだとフレンチ感に寄ってしまいそうですが、
ペインター型のパンツにすることで、今っぽい緩さを加えています。

ARAN / FATIGUE PANT – Ecru

秋の白パンツ、もう一本はARANのファティーグ型パンツです。
アメリカ軍のファティーグを忠実に再現されており、
まるで軍モノ屋さんに置かれていても違和感のない仕上がり。


しかしながら、ありそうでなかったのがこの「白」
白といってもアメリカ製のワークパンツでありそうな生成りの色合いと
バックサテンの素材感が相まって、リアリティを感じさせます。

MOJITO / SLEEPING SHIRTS 1954 Bar.7.0 – Rain camo

こちらは、MOJITOのレインカモのスリーピングシャツと組み合わせました。
迷彩もパンツの型も、ミリタリー由来のアイテム同士ですが、それぞれアレンジ
されており、くどい印象はございません。
オリーブとホワイトの色合わせも素敵なバランスです。


案外、コーディネートはしやすい「白」パンツ。
少し新鮮さを感じていただけると幸いです。

doo-bop Shop Blog

週2更新(週央と日曜)です。是非ご覧ください。