Top > doo-bop : Tsukamoto

SUN/kakke MIRE – FINX cotton chino cloth trouser。

こんばんは。

 

本日はチノパンを

 

image3

 

 

image2

SUN/kakke MIRE – FINX cotton chino cloth trouser

 

滑らかな肌触りの生地はフィンクスコットン。

(エジプトの超長綿であるギザコットンの中から、厳選した優れた10%のみを使用した生地です。)

素材のもつ光沢感、美しい縫製が高級感を感じます。

とことん素材に拘り、縫製にも拘る。

突き詰めたチノ。

 

image2

 

価格からみると躊躇していまいますが、とことん最高を目指している結果。

ご試着していただける環境であれば高揚感が待っていますよ。

 

 

ジーパンはリプロダクト含め突き詰めた洋服も出はじめてきている昨今、価格の許容範囲が広がっている方も多い思います。

ベーシックの位置づけであれば同等のチノパンも突き詰める時期になってきていると感じる1本。

ヴィンテージ視点とは異なる部分でのいいモノづくり。

 

image1

 

カジュアル使いだけではもったいなく思うほど上品ですので、

是非ともジャケットと合わせてみてください。

 

 

image1

 

バックスタイルはバックヨーク付き。

控えめながら個性を出していただけるディティール。

 

image3

 

内側にはサスペンダーボタン。

クラシックなディティールはサスペンダーの着用に関わらず、男心をくすぐります。

 

 

SUN/kakkeのフィルターを通して見るベーシックアイテム。

郷愁、新鮮、発見。

感じることの多いパンツです。

 

 

doo-bop Shop Blog

毎日更新中です。是非ご覧ください。

 


vol.3006 【過去と現在。手間暇かけられ作られたデニム。】

こんばんは。手島です。

いつも当店SHOP BLOGをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

 

本日もたくさんのご来店をいただきまして、誠にありがとうございました。

店頭には半袖ショーツの方も多く見られた1日となりました。

春が短く一気に夏へと続く天気はもはや慣例となりつつある日本では、今時期の服選びは意外と困るものです。

 

DSC_5357

 

本日はそんな今時期にお勧めするデニムを2ブランドよりご紹介します。

まずは、先日のブログでも綴らせていただきました、HURRAY HURRAY compositionより、

 

DSC_5311 DSC_5278 DSC_5284

 

HURRAY HURRAY composition : H1625 Remake Denim Trousers – Size 1 / 30,240 YEN

 

年代や仕様の異なるデニムを解体・再構築して仕立てられたデニムのご紹介です。

各パーツの濃淡を活かしつつ、縦方向と横方向に使用しながらスラックスのような綺麗なラインを描く、リメイク デニム トラウザーズ。

フロントはデニムのサイドシーム部を使用し、センタープリーツのような見え方を演出しながらスラッシュポケットの仕様でスラックスのスッキリとしたフロンストタイルを形成。

バックスタイルも然りで玉縁ポケットにダーツを入れることでスラックスの見え方を感じさせます。

 

DSC_5212

 

フロントは太腿から膝までを横使い。

バックスタイルはヒップ下から太腿までを横使いし濃淡のコントラストをはっきりとしたパーツを配すことで、横から見た際の新鮮な見え方をお楽しみいただけ、非常に手間暇がかけられた生産背景をうかがい知ることができる1本に仕上がっております。

 

DSC_5188

 

shirt :Engineered Garments : Short Collar Shirt – Glen Plaid

cutsewn : 私物

shoes :Alden : 54316 doo-bop Exclusive ALGONQUIN OX Kid Carf

 

腰回りにゆとりをもたせつつ、膝から裾にかけてフレアシルエットを描くやや短めの丈に設定された独特のオリジナルシルエット。

スタイリングは黒の短靴をチョイス。

普段のデニムとしてカジュアルに、スラックスとしてドレッシーな着こなしと新たなスタイリングを提案します。

個人的にも購入させていただきましたが、履き始めは縫製箇所がやや窮屈な感じを受けますが、穿きこむことで生地が柔らかく馴染みます。

一見アクの強いデザインかと思われますが、1度お試しください。

手持ちにないアイテムかと思いますので、今まで以上に新鮮なスタイリング、着なくなったトップスに合わせたりと意外な発見と濃淡差による新たなエイジングをお楽しみいただけるかと思います。

 

 

そして、

 

DSC_5160

 

SUN/kakke : LAKE – rebuilded vintage denim pants / 38,880 YEN

 

今シーズンの新レーベル、SUN/kakkeより届いたデニムを続けてご紹介します。

まずは、ブランドのコンセプトをご覧ください。

 

綺麗な服を丁寧につくる/手仕事/

着ることの喜び/お洒落する/特別な日の特別な服

丸く収まらず/四角四面でもない/

均整のとれた美しいかたち/

▽三角形=SUN/kakke

サンカッケー / SUN/kakke。2012年、デザイナー尾崎雄飛氏により設立。

トラディショナルなメンズウェアとしての一面と、ファッションとしての高いデザイン力を、一切の妥協を許さない物作りを用い形にする。

均衡の取れた洋服でありながら、ファッションとして先駆け尖がった部分を持つ、メンズウェアの至高とも取れるプロダクトを生み出しています。

デザイナー自身の歩んできた洋服の中から、自信のフィルターを通して作られる洋服は、様々なジャンルの要素を含みながら、全く新しいカテゴリーとして君臨します。ほとんどのアイテムは高い技術力を誇る日本の職人が手掛けており、見た目の美しさ、快適な着用感。洋服としての完成形を感じさせる物作りです。

 

DSC_5119 DSC_5130DSC_5144

 

セルビッチデニムを使用した、LAKE – rebuilded vintage denim pants。

まず目につく濃淡のはっきりとしたパーツは、コインポケット・パッチポケット・通常ブランドタグが配される箇所にデザイナーが所有するVintage LEVI’S 66モデル(60年代後半~70年代頃)のパーツを贅沢に横使いで 用。

更にコインポケットとパッチ部にはVintage LEVI’Sならではの生地の末端部にあたる”赤ミミ”を使用しつつ、ポケット内のスレーキにはシルク素材が配されており、強度に加えてストレスの無い履き心地をもたせる等、

過去の大切な資材を使用しながらも現代の技術を用いることにより機能美までをもたせた並々ならぬ作りこみに対する拘りが込められた1本に仕上がっております。

 

DSC_5080

 

腰回りはスッキリとし、股上を深くわたりを持たせ裾にかけてストンと落ちるワイドシルエットは他のデニムとは一線を画す潔よさを感じさせます。

 

DSC_5052

 

tops : CAMBER : 8oz MAX WEIGHT T-SHIRT NAVY / 5,292 YEN

 

そのワイドシルエットから放たれる男臭さの中にもエレガンスが同居したボディとヴィンテージパーツにより生まれる新たなエイジングへの期待。

スタイリングは同色でシンプルに。

ヴィンテージやリプロダクトデニムとはまた違ったデニムの魅力を備えつつファッションとして新たな見え方を提案する1本でないでしょうか。

 

 

どちらのデニムもヴィンテージに造詣の深い両デザイナーによるプロダクトです。

過去と現在。

世に余りあるデニムの中でもその存在感は際立っており、新たなスタイリングの引き出しを提案します。

今夏提案する両デニム、是非お試しください。

 

 

それでは、本日もお疲れ様でした。

 

 

 

【ROOTS】

doo-bop Exclusive MONK STRAP

0

COLUMN

MIRKO BUFFINI

名称未設定-1

【New Arrival】

SAINT JAMES : ADAMDEPART / 5,940 YEN

DSC_5033

BRU NA BOINNE : クロコ スモールウォレット – ブルー / 73,440 YEN

DSC_4883

 


出張報告⑧

こんばんは。

展示会シーズンは、ついに終盤。

シーズン終盤は、ドメスティックブランドの神経を要する展示会が重なります。

今シーズンから、お取り扱いが始まったSUN/kakke

綺麗な洋服を作られるブランドです。

 

 

IMG_6362

 

 

 

デザイナーの尾崎さんとは、FilMelangeからのお付き合い。

すでに8~9年ほどになるんですね、本当にはやいです。

相変わらずあまいマスクをなされてます。

また、お願いしようかな~。

 

 

 

IMG_3758

 

 

 

そしてついに、お願いしました。

前々から狙っていたお二人とのショット。

清水さんのお気遣いで、なんと真ん中に。

僕にとって、深く記憶に残る日になりました。

ありがとうございました、本当にうれしいです。

 

 

 

IMG_3762

 

 

 

 

本日のチラ見せ!

 

 

IMG_3766

 

 

展示会場にいらっしゃったSouth2 West8店長永岡さんを激写。

 

doo-bop Shop Blog

毎日更新中です。是非ご覧ください。

 


これもヴィンテージ? SUN/kakkeのデニムパンツ。

こんばんは。

 

今夜は最近、よく耳にするワイドパンツ、リメイクを高次元で表現したモデルをご紹介しますね。

今期から、お取引がはじまったSUN/kakkeのこちらです。

ストンとまっすぐなワイドシルエット、デニムなのですが品があり

ワークのにおいがしないSUN/kakkeらしい一本です。

 

 

IMG_3740

 

 

バックポケット、コインポケット、パッチには、デザイナー尾崎氏のプライベートコレクションの

リーバイス66モデル(ユーズド)を解体して使用してあります。

コインポケットに、さりげなく耳部分が使われているのがうれしいかと。

 

 

IMG_3743

 

 

個人的に、びっくりしたのはポケットスレキ。

シルクですので、手触りよくツルツルしておりますのでポケットから手が出せません。

SUN/kakke LAKE – rebuilded vintage denim pants

 

 

IMG_3744

 

 

 

本日のチラ見せ!

 

 

IMG_3745

 

粋な計らい、お守り付き。

 

doo-bop Shop Blog

毎日更新中です。是非ご覧ください。

 

 


新ブランドのこちらを。

こんばんは。

 

 

本日はこちらのパンツを

 

image5

LAKE – rebuilded vintage denim pants

 

今春夏から展開させていただくことになりましたSUN/kakke。

日本製の素晴らしさ。

技術力の高さを否応なく感じ取れる洋服たち。

 

image2

 

たっぷりとした渡り幅。

ズドンとしたライン。

 

image3

 

image1

 

ヴィンテージリーバイス(66)をバックポケット、コインポケット,そしてパッチに。

時代を経て褐色したデニムとこれから育てるリジッドデニム。

 

過去と現在のデニムの融合。

 

ポケット布はシルク混の生地を使用しております。

滑らかな手触りをお楽しみいただければ。

 

image4

 

SUN/kakke(サンカッケー)の洋服たちにはお守りが付属しております。
罰当たりかもしれませんがご購入後は中を覗いて見てください。
微笑ましくなるプレゼントが入っておりますよ。

主役になるデニムです。

 

doo-bop Shop Blog

毎日更新中です。是非ご覧ください。

 

 

 

 

 

 


アーカイブ

doo-bop Ameba Blog