Top > doo-bop : Tsukamoto

OUTILのモールスキンに触れてみてください。

洋服屋で何気なくラックを見ていると、つい手が止まってしまう洋服があると思います。

今期のOUTILモールスキンはまさにそれ。

導かれるように引き寄せられてしまいます。

 

IMG_0651

OUTIL  MANTEAU UZES – Blue

 

淡くも深いブルーの色合い。

実はインディゴで染められた後、炭を加えることでグレーのニュアンスをプラス。

フィルターがかかったような絶妙な色合いで表現されています。

 

ファンの方はお馴染みとなりましたインディゴ+炭。

個人的にはこのムラ感のある色に、どことなく『和』の要素も感じます。

(割合を毎期変更されている為、色合いがシーズンごとに異なります)

 

IMG_0668

 

当然ながら、一点づつの表情が異なるところも魅力です。

まるで何かの模様のようなムラも『味』。

個体差は愛おしく特別です。

 

IMG_0666

OUTIL  VESTE LAVAL – Blue

 

色合いを活かすのはオリジナルで制作されたモールスキン。

1930~40年代のフレンチモールスキンを目指し、制作された生地はジャパンメイドです。

ピマーナと言われる超長綿を限界以上に打ち込むことで、

肉感がありながらもしなやかで光沢感も兼ね備えています。

 

僕自身、OUTILモールスキンを所有しているのですが、

着用を繰り返すことで、とろみが増し柔らかくなる質感に加え、

生地奥から感じる仄かな光沢感に魅せられました。

 

 

IMG_0674

OUTIL  PANTALON ISSEL – Blue

 

コートにジャケット、加えてパンツの計3型展開です。

フィーリングの合うアイテムをお選びくださいませ。

 

OUTIL渾身のモールスキンです。

デザイナー宇多さんの情熱もたっぷり盛り込まれているように感じます。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 


Vol.4385【OUTIL:PANTALON ISSEL – Willow】

 

今パンツが豊作です。

MOJITOの別注ガルフストリームパンツをはじめ、

各ブランドからそれぞれの『らしさ』がしっかりと出たパンツが届いています。

 

そんな中から本日ご紹介するのは、OUTILの『PANTALON ISSEL』。

普通なようで普通じゃない。通好みな1本です。

 

OUTIL:PANTALON ISSEL – Willow

DSCF9714

 

 

先日ご紹介したコートと同じ、Willow(柳)で染められた極上のモールスキンを使用したモデル。

サテンの様な上品な光沢と肉厚な生地による重量感によって、抜群の存在感です。

 

一見するとベーシックなデザインに映るかもしれませんが、実際に穿いてみると妙な違和感を覚えます。

というのもこのパンツ、後ろ身頃の生地分量が前に比べて大きく取られており、

サイドシームがかなり前に寄っています。

この真正面からでも見えるシームが、分かり辛いですがこのパンツのユニークな部分。

さらに丁寧に処理されたサイドシームには波の様なパッカリングが入り、

陰影が生まれることで全体の中でちょっとしたアクセントに。

 

この表情にグッとくる方、お待ちしています。

 

 

DSCF9719

shirt:APPLETREES / All Over The World – Midnight Blue
bottoms:OUTIL / PANTALON ISSEL – Willow
shoes:NORIEI / BALMORAL C.T. – CORDOVAN – Grey

 

 

※コロナウィルスへの対策といたしまして、ご来店の際はなるべくマスクの着用をお願い致します。

また店内には消毒用のアルコールを設置しておりますので、ご自由にご利用ください。

 

 

【Roots】

MOJITO:db Exclusive G.S.P Cord

1

 

 

【New Arrivals】

Norwegian Rain:Single Breasted – Men – Mixed Black / 143,000 YEN

TEATORA:Souvenir Hunter S/L EVA – Black / 110,000 YEN

 

 


アーカイブ

doo-bop Ameba Blog