Top > doo-bop : Nakajima

PARABOOT for FilMelange =MORZINE LAPIN

FilMelangeディレクターの関口さんがやってくれました。

流石です、この別注はそうは考えつかない。

選んでいるモデル、レザーの種類、そしてラビットファー

どれも癖があるのに、なんかまとまっている。

実は、関口さんFilMelangeディレクターの前は

Paraboot含む、靴のメーカーさんにお勤めだったんです。

そうじゃなかったら、これはできないよ。

PARABOOT for FilMelange MORZINE LAPIN

 

 

 

image1

 

 

 

ではイキますよ、先ずMORZINEというモデル。

こちらは、現在生産されているParabootで最古のモデルになります。

そしてハンドによるモカ縫い、蔵人ならでは着眼点と思いっ切りの良さ

さすが、関くん。

レザーは、Parabootではほぼ目にしないヌバック。

これが個人的には、かなりキイているかと思います。

ニクイよ、関くん。

そしてラビットファー、僕の記憶が正しければメンズでラビットを使用しているのは

以前に大手さんの別注のみかと。

おそらくParabootではラビットはレディース向けの獣毛かと

エロイね、関くん。

 

 

 

image2

 

 

 

ところで関くん

アイレットから出ちゃってるハミ毛も狙い通りなの?

流石だわー、関くん。

 

 

 

image3

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


PARABOOT Trunk Showで気になるモデル。MORZINE。

こんばんは、平日からのPARABOOT Trunk Showもご好評いただきまして、誠に有難うございます。

 

今回のトランクショーで個人的に気になっている品番があるんです。

MORZINE/モルジヌという名前なんですが、僕は恥ずかしながら初めて見ました。

 

箱をあけた瞬間の、存在感とインパクトは、一瞬何かのワークブーツを彷彿とさせる、、しかし、こんなデザインの靴見たこともない。。

 

有名品番MICHAEL/ミカエルの進化版とも思える風貌ですが、実は50年以上も前からある品番だとか。。

 

このデザインソースは、何と樵の靴。

20140714-213648-77808793.jpg

 

 

 

特徴的な横からのフォルム。

特に目を引くのがヒール部分のステッチ。

20140714-213649-77809073.jpg

 

強度を高めるために、かかと部分に3層のレザーを張っていた樵靴。

その時の名残を大胆にもデザインに落とし込んだ、男らしい一足です。

20140714-213649-77809337.jpg

 

MICHAEL と比較しますと、

アッパーの縫い付けの部分も、波状のカッティング。

木型は、MICHAEL よりもハーフサイズ程大き目ですので、

小さめのサイズでお選び下さい。

 

 

20140714-213650-77810405.jpg

 

 

20140714-213649-77809956.jpg

 

 

ナチュラル色のストームウェルトは、履きこむことで、深みのある良い色に育っていきます。

 

今回カラー展開は、

Nuit

 

そして、 R.NOIR(黒)と、R.MARRON(茶色)

オイルを染み込ませた起毛素材。

一見の価値がある一足だと思います。

 

20140714-213650-77810786.jpg

 

レアなParaboot、揃ってます。

 


アーカイブ

doo-bop Ameba Blog