Top > doo-bop : Nakajima

店名doo-bopとは。

この前、昔の悪友が修理上がりのリングを引き取りに来た時

気をきかして、このようなものをプレゼントしてくれました。

彼は、かなりの音楽好き。

「店名は、マイルスの最後のアルバムからやんな」

の質問。

確かにその通りです。

マイルスが好きで、doo-bopにしたのですが

彼の音楽は当然の事、かれの生き方が好きなんです。

 

 

 

 

image1

 

 

 

ダーウィンの格言

「生き残る種とは、最も強いものではない。

最も知的なものでもない。

それは、変化に最もよく適応したものである」

僕の中のマイルスは、まさにこの格言のごとく

その時代を生きてきたように映り、

doo-bopもまた、そうあろうと想いを込め。

 

 

文字の並びが可愛く、リズム感を感じたからなんです。

「doo-bap」ではなく、「doo-bop」ですからね。

これからもよろしくお願いします。

 

と報告です。

下記日時、サーバーメンテナンスのため、ホームページ内にあるすべてのサービスがご利用いただけなくなります
オンラインカートでのご注文、メールでのお問い合わせに関しましてもメンテナンス後の再開となります。
お客様にはご不便をお掛けいたしますが、ご理解の程お願い申し上げます。

【メンテナンス実施日時】

2017/10/19(THU)AM10:002017/10/20(FRI)PM23:59

 

 

 

 

本日のチラ見せ!

 

 

image2

 

 

ちょこっと載せていただいてます、見てね。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 


vol.2876 【ニードルズ / Needles マイルス ジャケット / Miles Jacket入荷です。】

こんばんは、南出です。

いつも当店SHOP BLOGをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

 

もう少しで2015年も終わりですね。暖冬の影響か年の瀬感が少なかったですが、

この数日の冷え込みによりすっかり年末の雰囲気ですね。

doo-bopでもこの時期はご帰省のお客様が多数ご来店いただき、お久しぶりですと談笑が弾んでおります。

 

お節料理や、お年玉の準備が終わられた皆様、31日まで営業しておりますので、是非遊びにいらしてください。

 

 

では本日のご紹介です。

 

DSC_2282

スタイル、ファッション共に進化し続けたジャズトランペッター、マイルス デイヴィス / Miles Davis。

時代の流れを感じ常に変化を求めたアーティスト。音楽だけに留まらずファッションセンスや、演奏中の表情等、

他の奏者と一線画す存在感を放つ一人です。

そのマイルス デイヴィス / Miles Davisを称したジャケットがこちらの品番です。

 

 

 

 

DSC_2257

 

ニードルズ : マイルス ジャケット – ポリ オックスフォード / 36,720 YEN

 

毎期コレクションの度に僕たちを悩ませていたニードルズの名品番。

今シーズンは素材とのバランス、マイナーチェンジされたポケットが良くピックアップさせていただきました。

 

 

 

 

DSC_2219

袖つけ箇所がなく、ドルマンスリーブのようなラフな肩周りが特徴です。

この縫製を行うことで、実際に肩周りのフィット感が楽になり快適な着心地と可動域を持ち、

見た目はカーディガンのような、またマントのような柔らかさが加わった印象となります。

 

 

 

 

DSC_2246

合わせて、ポケットは細い玉縁ポケット、ラペルに余分な装飾は一切なくした、非常にミニマムなデザインとなります。

カテゴライズされないこちらの1着は、ブランドの奥ゆかしさを感じていただける品番ではないでしょうか。

 

 

 

 

DSC_2209

Shirt : エンジニアド ガーメンツ : ショート カラー シャツ – 100’s ブロードクロス / 28,080 YEN

Cardigan : メティキュラスニットウエア : ウッドストック カーディガン – トリ – コンボ / 20,520 YEN

Bottoms : ザサカキ : イマギ オツ テーパード / 27,000 YEN

Shoes :  ハインリッヒ ディンケラッカー : 4706 0544タッセルローファー – ウィエンカーフ / 101,520 YEN

ポリエステルオックスフォード素材。

しっかりと生地の濃淡が見え、ここにも奥ゆかしさがあるブランドです。

ニットのようなムラ感と、スーツ素材のような生地のコシ。

良い生地です。お勧めのスタイリングは同色異素材。

 

 

 

個人的にはこの数年のテーマにしたい所です。

ニアーな色のパンツに合わせ、足元はレザーシューズで。

 

 

 

ブランドの定番であるアロージャケットを少しシャープにしたような印象。

是非お試しください。

 

 

【New Arrival】

 エンジニアド ガーメンツ : シンチパンツ – トロピカルウール / 47,520 YEN

DSC_1618-01

 

 

 

エンダースキーマ : コースター / 1,944 YEN

DSC_0256

 


店名はmiles davisから

首題の通り、今夜は店名の由来を

 

20140531-202247.jpg

doo-bop(ドゥーバップ)、トランペッターmiles davisの最後のアルバム名から拝借しました。

音楽に本格的に興味を持ちだしたのがjazzで、数多くのjazz manの中でmilesだけは特別。

jazzというジャンルではなく、miles davisというジャンルだと思っております。

 

パフォーマンスに関しての拘りが多々あり、分かりやすいところでは動画の様に、ほっぺたをふくらまさずにトランペットを吹くのは至難の技かと思うのですがご覧の通り。

時代背景にあわせてjazzをドンドン様変わりさせ、挑戦しつづける努力家であり、jazzの胆であるアドリブもきれっきれ。

知れば知る程、魅了されないわけがないです。

 

オープン前には真剣に当店、中央の大きな円柱にmilesを描いてもらおうと考えておりました。

依頼していたのはPAINTER NOVOLさん、キャンセルして本当にすいませんでした、この場を借りて再度謝罪します。
20140531-202254.jpg

 

milesの様に柔軟に変化し続けようと考え、doo-bopという屋号にしたのです。

店内でほぼmilesをかけないのはなぜなのかは深い理由はないのですが。

 

本日のチラ見せ!

 

20140531-203100.jpg

 

奥のストックルームには。

 


アーカイブ

doo-bop Ameba Blog