Top > doo-bop : Tsukamoto

Lane Forty five JACOBIAN & BOWER。

桜も咲き始めました滋賀県。

しっかりと春を実感しております。

 

こういった季節にお勧めは薄い素材のレイヤードです。

朝晩の冷え込みと日中の温かさ、どちらかにフォーカスしたスタイルですと、暑すぎたり寒すぎたりしますから。

気温に併せて脱ぎ着できるスタイリングが便利で、季節感を演出します。

 

そういった気持ちにフィットするのが、今期新ブランドLane Forty fiveの洋服です。

 

img_0871

Lane Forty five JACOBIAN – Charcoal Stripe

 

ベースデザインはシャツですが、

コートやカバーオールの要素を取り入れた独特のフォルムです。

頭に残るデザインはサッと羽織るには最適。

歩くたびに裾が揺れる感覚がなんとも言えません。

 

img_0824

 

ヨーロッパの古いワークウェアからインスピレーションを受けたと思われるディティールの各所。

ですがどこか上品。

土臭くなりすぎない為か、幅広いスタイリングに馴染みます。

 

img_0873

Shirt:Lane Forty five / JACOBIAN – Charcoal Stripe

Cutsew:AURALEE / SEAMLESS CREW NECK HALF SLEEVE TEE – Black

Bottom:mando / Polyester Sarrouel Pant

Shoes:TROENTORP / Swedish Clog – Plain Toe / Smooth

 

グレーベースなら素直にダークトーンで。

渋みのある春スタイルをお楽しみください。

 

img_0865

Lane Forty five JACOBIAN – White Stripe

 

ホワイトならベージュやオリーブ、アースカラーでまとめてください。

優しく柔らかな印象です。

 

img_0868

Shirt:Lane Forty five / JACOBIAN – White Stripe
Cutsew:Schiesser / Josef shirt 1/2 v-neck – White
Bottom:ink / COBRA – Military Bondage Pants – GERMAN – SizeL
Shoes:NORIEI / DERBY – CORDOVAN – Grey

 

img_0874

Lane Forty five BOWER – Charcoal Stripe

 

形違いでショート丈。

ボタンも付かないラフに羽織れるカーディガンタイプ。

 

肩の力が抜けた良い塩梅で『ゆるさ』のある表情が特長です。

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 

 


Vol.3900【MOJITO Pre-meeting 2019A/W 開催中です】

 

始まりました、『MOJITO Pre-meeting 2019A/W』。

今日、明日の2日間はデザイナーの山下 裕文 様にもお越しいただきます。

MOJITOが得意とするブラウン系の洋服が目を引くコレクションに、

気は早いですがスタイリングの妄想が広がります。

 

次回のコレクションの全品番の中から、ご自身で好きなようにお選びいただけます。

色・柄・素材・サイズ。デザイナーの熱い説明を聞きながらセレクトする気持ちの高ぶりを、

ぜひこの機会に味わってみてください。

 

 

dscf4026

 

 

 

 

シャツ?カバーオール?もしくはコート?

そんなカテゴリの枠を超えた1枚が届いています。

ライトアウター使いから、シャツとしての着用まで。

その日の気分によって変化する、新感覚の洋服です。

 

 

dsc_1846

 

 

2016年にロンドンを拠点にスタートしたブランド、『Lane Forty five』。

元金融アナリストという異色のキャリアを持つデザイナーが独学でファッションを研究し、

ヨーロッパビンテージをベースにした独自のシルエットを追求しています。

オーダーメイドによる仕立てを提供する傍ら、アーティスティックなコレクションを発表し続けています。

 

こちらの『JACOBIAN』というモデル、

シャツの様にラウンドした裾に、大きめの猫目ボタンやリベット付きのポケットなど、

ワークウェアのエッセンスが加えられています。

 

 

dsc_1857

 

 

長めの着丈に緩やかに広がった裾のラインで、薄手のコートとして捉えていただくことも可能です。

軽さのある生地は空気を含み綺麗なドレープを生み出すので、どこか上品な印象も。

 

また織りによって表現された同色構成によるマイクロボーダーは、

控えめではありますがソリッドとは異なった奥行きを感じる仕上がりに。

 

 

dsc_1879

 

 

季節の変わり目にこそ、新しいブランドにも注目してみてください。

 

 

 

 

【Event】

MOJITO Pre-meeting 2019A/W

1

 

 

【Roots】

MOJITO × doo-bop:ABSINTHE SHIRT Bar.3.0

1

 

 

【Column】

【OUTIL】フランスに魅せられて

dscf1666

 

 

【New Arrivals】

 

 

 


アーカイブ

doo-bop Ameba Blog