Top > doo-bop : Tsukamoto

Schiesser Karl-Heinz Shirt 1/1 button tape & Hanno。

こんばんは。

 

ここ数年、ロングスリーブのヘンリーネックがカッコ良く映ります。

年齢?気持ち?理由はわかりませんが、気になるのは確かです。

 

img_7444

Schiesser Karl-Heinz Shirt 1/1 button tape – White  Blue Black

 

初めて袖を通した日からカッコ良く。

そこから数年後もカッコ良く。

そんなわがままな願望を叶えてくれるんじゃないかと素直に思えるのがSchiesser 。

 

日本製とは異なる魅力が詰まっていると思います。

いわゆる『インポート感』

そんな言葉が自然とシックリくるカットソー。

 

img_7440

 

僕はこちらのブルーブラックがお気入り。

秋冬よく着ることが考えられるブラックやネイビー、どちらとも相性の良いカラー。

良い意味でどっちつかずなカラーは、のっぺりせずグラデーションに。

困ったときはついつい。

気付くと登場機会の多いカラーだと言えるのは、僕自身ワンシーズン着てきたこともあってかもしれません。

 

実は、もう一品番ご紹介したいカットソーが。

 

img_7446

Schiesser Hanno – GreyBlue

 

バインダーネックタイプのHanno。

こちらはグレーベース、メランジェの感じは上品な雰囲気に。

 

img_7435

 

着用するとボディが少し斜めに。

インポートだから許せる?!この斜行具合に惹かれませんか。

ご理解いただける方へ試していただきたい1着です。

 

インポートって服を好きになった頃の感覚を思い出させてくれるのがいいのかもしれませんね。

ワクワク感を忘れない。

大事ですね。

 

img_7442

 

たまには全てのボタンを外してみても。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 


vol.3107 【ドイツ生まれのカットソー、Schiesser。】

こんばんは、南出です。

いつも当店Shop Blogをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

 

 

doo-bopのHPをご覧いただいている皆様ですと、これを持っていなければ始まらないカットソーです。

ドイツ生まれのカットソー、Schiesser(シーサー)

 

DSC_5860

 

インポートの魅力がたっぷりと詰まったカットソーです。

そのインポートの魅力とは、

ずばりバランスの悪さです。

日本のカットソーは言わば優等生。素材良し、デザイン良し、縫製良し、値段良し、シルエット良し。

80点以上をバランス良く獲っています。

 

一方でSchiesser(シーサー)は、デザインと、素材は凄く良いのですが、縫製は荒く、値段も決して安いとは言えません。

シルエットもお腹の出た方には難しいという具合で、誰にでも着られるというカットソーではありません。

 

でもそれこそがインポートウェアの魅力。

デザインの良さと、素材の良さを追求した結果、今もたくさんではないかもしれませんが、

一部の根強く深いファンを持っています。

僕たちもその部分のファンでして、共感いただけるお客様には、強くお勧めしたいカットソーです。

 

 

過去にSchiesser(シーサー)の中でも、Vネックタイプや、別生地のヘンリーネックと様々な品番を展開してきましたが、

定価の値上げや、耐久性の問題から、僕たちが最もお勧めの品番として、提案させていただくのは、

Karl-Heinz(カールハインツ)です。

DSC_5580

使用している素材はマココットン。

JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)のシーアイランドコットンに次ぐ、

高級コットン素材として位置付けられています。

こちらのマココットンには、柔らかく、滑らかだけでない、適度なコシがあります。

極上素材は多数見つかっていますが、このマココットンの魅力は適度な武骨さ。

着ていく度に表面が毛羽立ち、良い味が出てきます。

カットソーで味なんて。と思われた方、試していただければ分かります。

 

 

 

DSC_5513

そしてKarl-Heinz(カールハインツ)の一番の魅力が詰まった箇所となる、ヘンリーネック。

あくまで僕たちの解釈ですが、この4つボタンのヘンリーが抜群に格好良いです。

2つボタンですと、少しダサいですし、

3つボタンですと、2つ開けるといやらし過ぎる。

4つボタンのうち、2つを開けていただくスタイルが、男の色気を適度に醸し出し、武骨な色気を感じていただけると思います。

また、ブランドオリジナルのシェルボタンと、ボタン裏に補強に付けられた別生地がアクセントに。

特にこちらの別生地は布帛のようなハリのある生地感でして、洗い込んだ際に、ボディのマココットンと縮率の差が出て、良い雰囲気で撚れてきます。

 

 

要するに、このマココットンという素材と、

襟元のデザインにKarl-Heinz(カールハインツ)の全ての魅力が詰まっていると思います。

肩の縫製や、裾の縫製はやや粗め。

しかしこのバランスの悪さが恐いもので癖になります。

 

 

Karl-Heinz(カールハインツ)を一枚で着ていただいているお客様もいらっしゃいますが、

あくまで下着ブランド。

是非シャツ、ジャケット、カーディガンのインナーに合わせてみてください。

お勧めしている意味を感じていただける思います。

DSC_5427

DSC_5660

 

今季の入荷は、定番のwhiteに加え、定番の仲間入りとなった、blue black

新色として登場した、dark redkhaki

定番カラーは従来通りのサイズ感ですが、新色は少し小さめに上がっております。

ご体格、着方によってはワンサイズ上げてお選びいただいてもいいかもしれません。

 

それではスタイリングと合わせてご覧ください。

 

white(164cm 57kg サイズXS/3)

DSC_5574

 

 

blue black(180cm 65kg サイズL/6)

DSC_5453

 

 

dark red(174cm 63kg サイズM/5)

DSC_5405

 

 

 

khaki(174cm 63kg サイズM/5)

DSC_5634

 

いかがでしたでしょうか。

 

130年以上の歴史を持ち、継続されているインポートカットソーの魅力は少しでも伝わりましたでしょうか。

長文に渡り失礼いたしました。

 

 

それでは、本日もお疲れ様でした。

ゆっくりとお休みください。

 

 

【ROOTS】

COMESANDGOES(カムズアンドゴーズ) 

1

 

【New Arrival】

DEFY BAGS : VER BOCKEL / 52,920 YEN

DSC_4313-04

 

Ernie Lister : Repousse Bracelet / 278,640 YEN

DSC_4776-02

 

ayame : SPIKE – DTR / 32,400 YEN

20150710-DSC_8301-02

 

ayame : SPIKE – Black / 32,400 YEN

20140701-DSC_1730


アーカイブ

doo-bop Ameba Blog