Top > doo-bop : Fujii

Tricker’sから別注のCHURCHILLが。

先週末、イベントに来ていただいた皆様、誠にありがとうございます。

旅する移動式型 CULTURES SHOPの船出に立ち会えたことを嬉しく思います。

そして1週間経った今も、なんだか台風が去った後のような静けさが感じられます。

いわゆる”余韻”です。

PANTHER MARKETの時もそうでしたが、やはりお祭り感覚のイベントはいくつになっても良い物です。

毎年の恒例行事にでもなったらな。

そう思えるほど密度の濃い3日間でした。

 

Tricker’s:CHURCHILL

img_6829

 

さて、こちらもジワジワと気になりだしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

当店では10年近く続けているTricker’sのCHURCHILL。

今年の別注は2色展開でご用意しております。

ブラックベロアのボディーにブラックスカルの刺繍をのせたものは去年と変わらず。(ライニングは別)

パープルベロアのボディーにライオン刺繍のものは新たな提案です。

一癖も、二癖もある靴ですので、決して万人に受け入れられるものではないでしょう。

ですが、どことなく愛嬌のある刺繍が良い意味での癖だと思います。

 

img_6826

 

履き心地に関しましては、あくまでも主観にはなりますが良いとは言えません。

ですが悪いとも言えないといった具合です。

履き心地やクッション性の高さを求めるならスニーカーを。

安心感を求めるならば革靴を選択するのが間違いないかと思います。

私たちがこの靴に求めるのはもっと別のところで、自己満足やエゴといった類になるのではないでしょうか。

また”特色”といった意味でも他の靴とは一線をなしたものがあります。

この点が見えづらく、分かりにくい。そこが良いところだとも思います。

ついつい履きたくなるのは、なんでも履き心地の良いものや、格好良いものだけではないということです。

この靴にしかない”色”を是非探してあげてください。

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


Vol.3781【Tricker’s:db Exclusive CHURCHILL】

 

今週末は旅する移動式型ショップにサイレントライブ、カレーにワインと楽しみが盛りだくさんです。

さらにこちらの別注品も販売開始となりますので、店頭にお越しの際はぜひチェックしてみてください。

 

Tricker’s:db Exclusive CHURCHILL

dscf6423

 

 

この佇まいに魅力を感じ、10年近く展開を続けている『CHURCHILL』。

ここ2、3年でようやく気にしてくださる方が増えてきた気がします。

 

ベルベットのスリッポンというだけでもかなりの曲者。

さらにそこに上手いのか下手なのかよく分からない、絶妙なデザインの刺繍が乗ります。

人によっては全くのスルーでしょうが、私たちはこの靴が好きで続けています。

 

 

dscf6454

 

 

今年はパープルベロアにライオン(波打っている舌がポイントです)のモデルと、

ブラックベロアにブラックスカル(前回と異なりライニングがレッドに)の2色展開。

 

合わせやすいブラックか、飛び道具としてのパープルか。

悩ましいです。両色とも欲しいです。

 

ちなみにライニングはブラックがキルティング、パープルがレザーと素材が異なります。

履き心地も変わりますので、履き比べてみてください。

 

 

dscf6460

 

 

物でみると難しいアイテムに見えますが、実際に履くと割と合わせやすいです。

お勧めはMOJITOのガルフストリームパンツや、mandoのサルエルパンツ。

Needlesのトラックパンツとも相性が良いので、合わせる靴のバリエーションを増やしたい方はぜひ。

 

ハイテクスニーカーの様な歩きやすさも、革靴の様な安心感もありません。

ですがこの靴にしか出せない魅力が確かにあります。本当に良い靴です。

 

 

dscf6441

 

 

本日11/1(Thu)16時以降のオンラインショップご注文のメール返信に関しまして、

誠に勝手ながら、明日11/2(Fri)午前中のご対応とさせていただきます。

 

また、明日11/2(Fri)は誠に勝手ながら店休日とさせていただき、

翌11/3(Sat)より通常営業をさせていただきます。

尚、明日のオンラインショップご注文へのご返信・発送に関しましては、11/2(Fri)の13時までは当日対応にて承ります。

それ以降のご注文には、翌日11/3(Sat)よりご対応させていただきます。

皆様にはご迷惑をお掛け致しますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

【Event】

Silent Live:Sangpyung with Kengo & 山田 聡

1

 

 

【Event】

“THE ONE FIN & FOUR WHEELS CLUB”

0

 

 

【Roots】

Tricker’s × doo-bop Exclusive:CHURCHILL

1

 

 

【Column】

『THE ONE FIN & FOUR WHEELS CLUB』とは

dscf6476

 

 

【New Arrivals】

 

 

 

 


Tricker’s × doo-bop Exclusive:CHURCHILL

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

足元から感じるのは気品か悪戯か

危いバランスで成り立つ美しさ

 

ルームシューズとして誕生し、英国王室でも長く愛されている『CHURCHILL』

その魅力に心を奪われ早10年

当店では街履きを可能とするためラバーソールを採用し、展開を続けてきました

 

暗闇のなか妖艶に輝くパープル

冷たく、それでいて力強さのあるブラック

今年は2つの色味からお選びいただけます

 

 

 

 

 

 

dscf6190-3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

dscf6212

 

 

 

 

 

 

ライオンとスカル

ベロア地に浮かびあがるアイコニックな刺繍が、

端正な顔つきの靴に生命を吹き込みます

 

所有者の心を昂らせる、ルビー色のライニング

ボディとのコントラストが見せる鮮やかさが、視線を釘付けに

 

 

 

 

 

 

dscf6108

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

dscf6053

 

 

 

 

 

出会ってください、この靴に

 

 

 

 

 

【price】

48,600YEN

 

【Delivery】

2018.11.3 (Sat)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Vol.3643【Tricker’s:CHURCHILL】

 

不思議なシューズです。

元々は室内履きとしての靴を、外履き用として提案させていただいて早7年。

ドレスにも合えばショーツやワイドパンツ等のカジュアルな装いにも。

ここまで幅広いコーディネイトに合わせられる靴はそうそうありません。

 

Tricker’s:CHURCHILL

dsc_6441

 

 

Tricker’sがロイヤルワラント(英国王室御用達)の紋章を獲得するきっかけとなったのが、

実はこちらのCHURCHILL。

室内履き、いわゆるスリッパであるにも関わらずこの佇まい。

 

 

dsc_6407

 

 

上品なベルベットの生地に洒落っ気のあるドクロ刺繍。

キジやライオン、王冠など様々なデザインがありますが、

やはりこちらは安定の格好良さです。

 

「少しえぐいかな?」と思われるかもしれませんが、

実際に履いてみるとなんてことはありません。

ワンポイントとして、足元からキラりと見守ってくれます。

 

 

dsc_6418

 

 

英国が誇るシューズブランド。

その遊び心を感じてください。

 

 

本日【Event】ページを更新しております。

下記リンクからご覧いただけます。

 

 

【Event】

MIRKO BUFFINI Trunk Show 2018

2

 

 

【Roots】

AMIACALVA × doo-bop Exclusive Waist Pouch

1

 

 

【New Arrivals】

Tricker’s:CHURCHILL – Black Velved / Silver Skull / 48,600 YEN

Tricker’s:CHURCHILL – Black Velved / 45,360 YEN

Tricker’s:CHURCHILL – Navy Velved / 45,360 YEN

 

 

 

 


アーカイブ

doo-bop Ameba Blog