Top > doo-bop : Nakajima

AUBERGE chicago/L.A custom

「魔改造再び」

昨年、当店に新しいジャンルを切り開いてくれたkobayasiさん。

2019最後の別注にお願いしたのは、とあるdead stockを探すことから始まりました。

ところが、とあるdead stockが見つからないというか無い。

さほど難しいお題ではないと思っていたのですが、そうじゃなかったようです。

まぁ、カラー・年代・生産国まで指定していたので難しかったのでしょう。(ちょっと他人事)

そして、第二案の資材として候補に挙げたのがリーバイスのスタプレ。

どうにかそこそこの本数が集まり、ここからが沼。

二つのパンツを組み合わせて、一本のパンツを作る企画なのですが

スタプレじゃない方に何をもってくるか?

ムズ~。

 

 

 

image0

 

 

 

 

数日が経ち、ややテンション高めのkobayasiさんから電話

「こんなのどうでしょ、Universal Overallのdead出ましたよ。

色目がスタプレに近いですし、フラッシャー付きのややゆったり目のストレート」

この時点では、ピンときてなかった。

その後、Universal Overallの事を調べていき決定打になったのが、本社がchicagoだという事。

と言いますのは、西のリーバイスと東のUniversal Overallの共演になるのです。

なんかストーリーがあっていいじゃないですか。

こういうのが大事なんですよ、自己満足の世界ですから。

 

 

 

 

image1

 

 

 

 

もちろん、プロトタイプはkobayasiさん自らがハサミを持ち、ミシンを踏んでいただいてます。

今回の魔改造は、基本シルエットを変えず腹回りを調整する感じ。

スタプレの方が、全体的に細く組み合わせる際に足らない部分になる箇所に

バックヨーク・股のガゼットを作り穿き心地を向上させてあります。

見た目にも一躍買っているかと。

よく言われる絶妙なバランスというより

微妙なバランスに仕上がってます。

remakeとは、組み合わせるだけでは駄目なんです。

着心地、穿き心地までしっかり考え、作り込んでremakeなんです。

そうですよね、kobayasiさん!

 

 

 

image2

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


AUBERGE chicago/L.A custom。

本年も残り僅かとなりました。

先程、doo-bop 2019年の営業も無事終了いたしました。

ひとえに支えていただきましたお客様、お取組み先の方々のおかげです。

 

今夜はなんとか年内に間に合わせていただきました渾身の一本。

AUBERGEよりスペシャルな別注パンツをご紹介させていただきます。

 

img_3390

AUBERGE  chicago/L.A custom – Brown

 

ブーツカットパンツとワークパンツ、恐らくイメージ的には相反するテイストを

デザイナー小林学様の手腕により、一つのパンツに集約していただきました。

まさに垣根を超えたクロスオーバーパンツです。

 

img_3398

 

スタプレのブーツカットとズドンとしたストレートのワークパンツ。

アメリカ古着が大好きな人は大好物だと思います。

 

SHOP BLOGでも触れていましたが、左右で丈の長さを変えるなんてのお勧めです。

もう少し控えめに仕上げられる際は、左右でステッチ幅を変えてみるというのも面白いと思います。

迷ってらっしゃれば、出来る限りさせていただきますので、お気軽にお申し付けください。

 

img_3396

 

左右でシルエットが違うって!?と思われて当然。

 

 

背景や歴史も大切に制作いただきましたが、

それ以上にスタイリングを楽しいと感じていただけると思います。

 

img_3403

 

2020年も思い切り洋服楽しみましょう!

 

image1

 

新年2019年は1月4日より始動いたします。

日々精進してまいりますので、

変わらぬご愛顧よろしくお願い申し上げます。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


Vol.4138【AUBERGE:chicago/L.A custom】

 

本日より販売を開始したAUBERGEの別注パンツ。

さっそく挑戦していただいた方、ありがとうございました。

前回、前々回の別注は『生地』にフューチャーしたものでしたが、

今回はとにかくファッションを楽しめる、どう穿きこなしてやろうと考える必要がある

じゃじゃ馬なパンツに仕上げていただきました。

 

AUBERGE:chicago/L.A custom

dscf6697

 

 

古着好きの方には馴染みのある、良い意味でチープな素材感のスタプレにワークパンツ。

まだフラッシャーが付いたままのデッドストックを使用することで、

ここから左右で異なるエイジングの進みに期待できます。

(スタプレってよく聞くけど何?という方、よければこの機会に調べてみてください)

 

今回はブラウンカラーに絞っての展開。

当店が得意とするパープルやブラックとも相性が良く、

かつ新鮮なカラーバランスのスタイルに仕上げてくれます。

ちなみに個体差はありますが、左右の色味はかなり近いです。

ですがコットンとポリエステルという異なる素材を用いているので、

光の反射のやシワの入り方に差が生まれ、奥行きのある表情となります。

 

 

dscf6724

 

 

股下は裾上げが必要なのですが、ここで疑問が生まれるのではないでしょうか。

『果たして左右を同じ長さで揃えていいものか』と。

せっかくのアシンメトリーデザインなので、

どうせならここもアンバランスにして欲しいというのが個人的な想いです。

ワークパンツ側は9.5分丈くらいの切りっぱなし、

スタプレのブーツカット側は靴を履いたときに1クッションかかるくらいなんて如何でしょう。

 

 

dscf6706

 

 

想像力をかき立ててくれる、本当に楽しいパンツです。

 

 

 

【Roots】

AUBERGE × doo-bop:chicago/L.A custom

dscf6209

 

 

【Roots】

Frame France:Honey Amber

2

 

 

【New Arrivals】

AUBERGE:chicago/L.A custom – Brown – size40~42 – TypeA / 33,000 YEN

AUBERGE:chicago/L.A custom – Brown – size40~42 – TypeB / 33,000 YEN

AUBERGE:chicago/L.A custom – Brown – size40~42 – TypeC / 33,000 YEN

AUBERGE:chicago/L.A custom – Brown – size42~44 / 33,000 YEN

 

 

 


アーカイブ

doo-bop Ameba Blog