Top > doo-bop : Tsukamoto

inkの洋服。

こんばんは。

今夜はinkの洋服。

 

img_5802

 

お客様の反応を店頭で見ていると、ヴィンテージに精通している方から、逆に古着を着られない方まで、ありがたいことに幅広い年代の方にご支持いただいております。

20代から40代以上の方まで、素直にカッコいいと思っていただける洋服。

そうそうないと思います。

通ってきた青春が違えど、男の人が納得できる面構えがinkにはあると思います。

 

僕自身、デリバリーされる洋服の完成度の高さに毎度驚かされております。

 

例えば

 

img_5788

 

この袖のカーブライン。

縫い線ひとつで大きく印象が変わることをあらためて感じました。

 

そして資材ごとに異なる微妙なオリーブの違い。

白や黒のようにハッキリと言いきれない中間色の醍醐味です。

オリーブの出すグラデーションが新鮮でありながら、心に響きます。

 

img_5811

ink AEROSMITH – M-65 Riders Blouson L size

 

M-65を解体、再構築したエアロスミス。

元のベースは映画『タクシードライバー』でロバートデニーロが着用していたモデルです。

戦闘服ですので、機能性を考慮してアーム等は太めに設定されていたのですが、しっかりとシャープなサイジングにすることで、日本の街にも馴染みます。

 

img_5808

(174cm 64kg サイズL)

 

南出体型の方ですと、喜んでいただけるサイズ感です。

 

img_5817

ink SPEED STAR – US tent Trial Master – S size

 

塚本体型の方には、こちらのスピードスターをオススメします。

ベルスタッフの名品番からインスパイアされたモデル。

配置されたポケットの数、そして枯れた色合いのオリーブが目を引くのではないでしょうか。

1950年代のUSテント地のヴィンテージファブリックは、ステンシルや汚れもデザインの一部です。

 

img_5814

塚本(164cm 57kg サイズS)

 

経過した年月から生み出される説得力のある素材とinkのパターンワーク、カッティングをお楽しみください。

 

 

ミリタリー物の洋服を使用することで、世界が平和になるように。

「戦争へのアンチテーゼ」の込められた、静かながら意志の強いメッセージの込められたinkの洋服。

背景を大事に考えて着用する洋服はクローゼットにありますか。

 

ご好評につき各々のモデルはラスト1点となりました。

サイズの合われそうな方、お袖を通してみてください。

 

【Roots】

WILLY CHAVARRIA.

0

 

INCOTEX.

brand_20304-1

 


エアロスミス。

こんばんは。

 

本日は現在進行形のWBCキューバ戦ですね。

決勝ラウンド進出へ鍵となる試合ですが、アメリカで行われているもう一方の2次ラウンドではとにかくドミニカ共和国のオーダーが凄すぎます。

前評判から予想はしておりましたが、野手陣は普通にMLBオールスターよりも上ではないでしょうか。

走攻守・ベテランと若手のバランス共に、戦力は頭1つ抜けていると思います。

何よりあの真剣度と母国への誇り持ちながら全員で楽しんでいる姿を見ると、心動かされます。

もちろん日本も負けておりませんので、是非決勝ラウンドでドミニカと熱戦を演じることを願っております。

 

さて本日は、こちらのリメイクアイテムを。

 

image5

 

ink : AEROSMITH – M-65 Riders Blouson M size / 41,040 YEN

ink : AEROSMITH – M-65 Riders Blouson L size  / 41,040 YEN

 

inkのAEROSMITH – M-65 Riders Blouson。

早速ご好評をいただき、誠にありがとうございます。

まだ各サイズ残っておりますが、1点1点個体がとなるためオンラインアップは1点づつとなっております。

ご要望等々がございましたら画像をお送りさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

昨日ショップブログにてご紹介させていただきましたが、本日はスタイリングをメインにご紹介します。

 

image2

 

shirt : Engineered Garments : Work Shirt – Big Plaid – Olv/Nvy

bottoms : INCOTEX : Slim Fit S100’S Tropical Wool One Pleated Pants

shoes : HEINRICH DINKELACKER

 

一つ目のスタイルは今季当店がお勧めするINCOTEXのスラックスに、ミリタリーアイテムを合わせたスタイリング。

カジュアルなテイストのトップスに、綺麗めなスラックスを取り入れることでギャップのある印象に仕上がります。

自分自身リメイクアイテムを取り入れる際は、こてこてになりすぎないことを意識しています。

上手く足し引きができたときの楽しさを感じていただけるスタイリングです。

 

続いて、

 

image1

 

cutsewn : JOHN SMEDLEY : AYDON – DARK LEATHER

bottoms : TEATORA

shoes : GERMAN TRAINER : 1183 GERMAN TRAINER

 

太目のパンツを合わせたスタイルです。

穿いているパンツは、昨年の春夏で大変ご好評いただいた、TEATORAのIndex Pants LAB – ASH NAVY。

足元はTEATORAと相性抜群のGERMAN TRAINER。

インナーはJOHN SMEDLEYのVネックを着用しており、落ち着いた雰囲気になりますが、

Schiesserのヘンリーネックを合わせていただくとよりラフな印象に仕上がるかと思います。

こちらはテイストの異なるアイテムのミックス感を意識して組みました。

 

 

そして、

 

image3

 

tops : TEATORA : Souvenir Hunter Packable – SLATE GREEN

bottoms : AURALEE : STAND – UP EASY PANTS – BLUE GRAY

shoes : Tricker’s

 

今の時期にお勧めしたいAEROSMITHをインナーに合わせたスタイル。

シャープなシルエットだからこそできるレイヤードです。

素材感、襟元の雰囲気共に今までに無い新鮮で迫力のある見え方を提案します。

 

image4

 

スタイリングのメインとしても、インナー使いとしても、スタイリングにおいて抜群の存在感を放つ、AEROSMITH – M-65 Riders Blouson。

 

是非1度お試しください。

 

それでは、本日もお疲れ様でした。

 

 

 

【Event】

MOJITO 2017 A/W Pre-Meeting. 3/18(Sat)~3/20(Mon)

1

【Roots】

INCOTEX.

brand_20304-1

MOJITO × doo-bop Exclusive ABTHINTH SHIRT Bar.2.0.

2


vol.3270【変幻自在のライダースブルゾンをinkより。】

こんばんは、手島です。

いつも当店Shop Blogをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

 

昨日の侍ジャパンの熱戦で、週明けより寝不足の方も多かったのではないでしょうか。

一言、『ナイスゲーム!』でした。

 

さて、本日は2017 S/S inkより渾身のリメイクライダースブルゾンをご紹介します。

日中は随分日も長くなり、春の訪れを前に今すぐ着用したいタイミングでの入荷です。

 

dsc_1778-4

dsc_1540-6

 

ink : AEROSMITH – M-65 Riders Blouson M size / 41,040 YEN

ink : AEROSMITH – M-65 Riders Blouson L size  / 41,040 YEN

 

「タクシードライバー」では、ロバート・デ・ニーロ。

「ランボー」では、シルベスタ・スタローン。

「クレイマー、クレイマー」ではダスティン・ホフマンが着用していたことでも知られる、M65 フィールドジャケットを解体・再構築した1着。

以前は古着屋でもよく見かけていたM65 フィールドジャケットも、近年はまだまだ見かけるものの、状態の良いものは枯渇の一途を辿っております。

そのため資材の確保も難しくようやくこの度リリースされた、AEROSMITH – M-65 Riders Blouson。

 

dsc_1535-5 dsc_1585-9

dsc_1551-7

 

本来戦闘服としてのリアルな機能性に富む、M65 フィールドジャケットのディティールを余すことなく自在に取り入れております。

ベースとなる形は、M65 フィールドジャケットのフロントに配された4つポケットをそのまま生かした、3ポケットスタイルのライダースブルゾン。

inkチームは、自分たちがよいと思った箇所にパーツを配置する作業を1点1点パズルのように心を込めて作り上げていきます。

濃淡の異なる個体同士が元々あったかのような位置に配されるため、微妙な塩梅で生地のコントラストが生まれ、独特の迫力とオーラが備わります。

 

dsc_1490-3

dsc_1760-3

dsc_1499-4

 

元々備わっていたフロントジップ(*個体によりアルミやブラスジッパーで色味が異なります。)もそのまま活かし、シングルライダーススタイルへと落とし込み、

アームもシャープなシルエットを出すため、1点づつ異なるパーツ配置やダーツ処理を行い極めて高いデザイン性と着用感を維持。

 

dsc_1475-2

 

身頃の裏地は、独特の柄が印象的なデッドストックのアフガンストールを。

アームにはサテン地の裏地を配し、着心地と袖通しの良さを実現しております。

 

中島(168cm 56kg サイズM)

dsc_1707-1

 

cardigan : JOHN SMEDLEY : WHITCHURCH – BRUNEL BEIGE

cutsewn : Schiesser

botoms : TEATORA : Wallet Pants CARGO FULL FLAT- CARBON GRAY

shoes : Alden

 

手島(180cm 65kg サイズL)

dsc_1798-5

 

inner : Needles : Gathered Jean Jacket – 4.5oz C/Tn Denim

cutsewn : BLURHMS : Re-Twist Standard Circle V-neck Tee L/S – Off

bottoms : INCOTEX : Regular Fit Cotton Stretch Chino Pants – Smokey Gray

shoes : Alden : 54316 doo-bop Exclusive ALGONQUIN OX – Kid Carf

 

全体的にシャープに構築されたシルエットは、スラックスからワイドめなパンツまで。

当店としてのお勧めは、カットソーの上にカーディガンや薄手のブルゾンを取り入れたスタイリングです。

おろそかになりがちなミドルアウターのインナー使いにレイヤードをすることで、奥行きのある印象に仕上がります。

 

dsc_1752-2 dsc_1812-6

 

武骨な印象のM65 フィールドジャケットを、手間暇をかけ洗練されたシルエットへと昇華したリメイクウェアの素晴らしさを感じていただける1着です。

ブランド創設10年目を迎え、原点回帰としてこれまで以上に資材への拘りと、一手間も二手間もかけて構成されるディティールやシルエットは、

単に過去の資材を再構築した表面的なリメイクでは無く、1点1点に幾多の人が加わることで生まれる凄みをご体感いただける仕上がりとなっております。

是非、inkのリメイクウェアをご体感ください。

 

 

dsc_7295-1

 

Whitehouse Cox Archive collection. 3/11(Sat)~3/20(Mon)

 

また、本日最終日となっておりました、Whitehouse Cox Archive collectionですが、ご好評のため3/20(Mon)まで延長開催をさせていただくことが決定いたしました。

引き続き開催しておりますので、是非この機会にご覧になってください。

 

 

それでは、本日もお疲れ様でした。

 

 

 

【Event】

MOJITO 2017 A/W Pre-Meeting. 3/18(Sat)~3/20(Mon)

1

【Roots】

INCOTEX.

brand_20304-1

MOJITO × doo-bop Exclusive ABTHINTH SHIRT Bar.2.0.

2

【New Arrival】

HURRAY HURRAY : コンビネーションTee – Size 0 Type A,Type B,Type C / 10,800 YEN

dsc_1195-1

HURRAY HURRAY : コンビネーションTee – Size 1 Type A,Type B,Type C / 10,800 YEN

dsc_1232-1

 


アーカイブ

doo-bop Ameba Blog