Top > doo-bop : Tsukamoto

Engineered Garments Baker Jacket – Uniform Serge。

こんばんは。

ようやく秋、すこし寒いくらいですね。

土曜日より店頭販売開始となりましたNorwegian Rain

本日、オンラインアップしておりますので、お時間ございましたらご覧ください。

 

アウターもぼちぼち必要な季節ですが、即戦力といったところではこちらも良いのでは。

 

image3

Engineered Garments Baker Jacket – Uniform Serge

 

EGの秋冬の定番素材となっておりますUniform Serge。

ウールジャケットとしては軽量で厚みもそこまでございませんので、着回しがきくところを、ジャケット選びの軸にされている方にはフィットすると思います。

僕は型違いで3年程前にUniform Sergeを手にしたのですが、今年も当然の如く現役。

移ろいゆくファッションにおいて、同じモノを着ているのではなく、同じモノを着続けたいと思える。

この違いは大きいと思います。

デニムやレザー等エイジングに期待のあるアイテム以外でこんな気持ちになる素材、そうはないです。

 

image5

 

3つのパッチポケットにシャープなシルエット。

いい意味でクセのない、スタイリングを濁さない1着。

EG初めての方から、既に数着お持ちの方も納得してしまう Baker Jacket。

 

image2

 

別注ガルフストリームと合わせて、同色異素材。

しっかりとまとまるスタイリングを意識しました。

 

実はXSのみとなっておりますので、僕と体格が近い方ですと、喜んでいただけるサイズです。

 

image1

 

もう少し寒くなれば、上からコートを。

程よい厚さのジャケットは、かさ高くなりにくい点もいいです。

 

この素材から秋服はじめたい。

そう思うから今年も着ます。

 

【Roots】

doo-bop Exclusive Tricker’s & MOJITO GULF STREAM PANTS

5

PROTOTYPE “Brownie”.

2

PROTOTYPE “Keith”

3

 

【Event】

2016 Autumn/Winter Knit Collection.

0

 

 

 

 


Engineered Garments Baker Jacket 。

こんんばんは。

 

本日はある意味カーディガン感覚で使えるジャケット

 

image2

Engineered Garments Baker Jacket – Lt. Weight High Count Twill – Olive

 

ベーカー ジャケット を紹介させていただきます。

シャープな縦長シルエット。

EGのジャケットの中でも着丈の長さがある品番。

 

image5

 

といっても長すぎる心配はございません。

おしりが隠れる程度。

ショーツとも相性の良さそうな丈感です。

冒頭でカーディガン感覚と書きましたが、

 

image4

 

身頃、お袖ともに裏地がついておりません。

ですので汗ばむ陽気の日でも快適に。

肌寒い日やクーラー除け等、春夏の防寒着としても最適です。

内ポケットもしっかり完備しているのも嬉しいですね。

 

image3

 

素材はハイカウントツイル。

光沢感のある上品な綿生地。

 

image1

 

ブラームスのカットソーの上に何気なく羽織ってみました。

 

僕自身もそうですがお客様の声を聞いていると、

年齢を重ねるほど夏場でも半袖1枚で外出しづらくなってきたと聞きます。

かといってスーツというのも違う。

程よくかっちりしていて洒落ている。

そんなキーワードを詰め込んだジャケット。

春夏のお出掛けや食事会などいかれる際は程よく力のぬけたベーカージャケットはいかがでしょうか。

 

 

SBTRACT S/S Collection Fair

0

【SAINT JAMES &MIRKO BUFFINI】

名称未設定-2

 

 


こちらの生地をご覧くださいませ。

こんばんは。

日中は暖かくお花見日和でしたね。

 

本日はEngineered Garmentsよりジャケットを。

 

image6

Engineered Garments Baker Jacket – Java Cloth

 

お馴染みのBaker Jacket 。

こちら生地に注目です。

アップすると。

 

image1

 

まるで着物の紬(つむぎ)のような生地感。

その上にプリントを施し、生地がメラメラしたように見えます。

光の角度や時間軸であらゆる顔に変化する予感のジャケット。

素材そのものに表情がありながら、プリントという味付けをしてもこってりしない。

EGのセンスが光るテキスタイル。

 

image1

 

バックシルエットもポイントです。

通常であれば開くはずのベンツ部分がひとつなぎに。

動作の中で良い意味の違和感を与えるジャケット。

 

image5

 

非常に軽い生地感に加え、裏地の付かない一重のジャケット。

暖かい日はカットソーの上からさらっと。

 

ですが油断ならない春の気候。

そんなときはインナーにカーディガンを。

こちらのカーディガン、本日のnomura Blogにて紹介させていただいておりますので、

ご興味ございましたらご覧くださいませ。

 

image4

 

オススメスタイリングとしましては

 

image3

 

TEATORAインデックスパンツLABに。

パンツとトーンを合わせることでジャケットの柄が良い塩梅で浮き立ちます。

度々、お伝えさせていただいております『同色異素材』のスタイリング。

 

 

ジャケット最終デリバリーで大物登場です。

ご来店予定のお客様は是非1度こちらの生地をご覧くださいませ。

 

 

doo-bop Shop Blog

毎日更新中です。是非ご覧ください。


アーカイブ

doo-bop Ameba Blog