Top > doo-bop :

Pat Pruitt&Chris Pruitt この兄弟から目が離せません。

こんばんは。

 

doo-bop Indian Jewelry Fair 2017にお越しいただきました方々、誠にありがとうございます。

運命的に感じ出会った作品。

末永くご愛用くださいませ。

 

今夜はIndian Jewelryらしからぬ作品を生み出すアーティスト、Pat Pruittをご紹介させていただきます。

 

img_6771

Pat Pruitt Stainless&Stinglry Bracelet

 

この質感に、『ん?』と思われた方、お察しが良いようです。

実は彼、基本的にシルバーを用いずに制作されています。

用いた素材は、ステンレス。

シルバーに比べてどこか冷めた感じがいいじゃないですか。

そこにスティングレーレザーを配置。

魚のエイの革になります。

今までに見たことのない素材をジュエリーに落とし込む発想力の豊かさに驚かされます。

 

img_6785

Pat Pruitt Diamond Inlay Zirconium  Bracelet

 

続きましてこちらは、黒いジュエリー。

ベースにはジルコニウム、合金です。

そこに、インダストリアルダイアモンドを配置。

宝飾用ではなくガラス等のカットに使用されるダイアモンド。

どうりでキラキラしていない訳です。

この黒光りする雰囲気に魅せられます。

 

img_6787

Chris Pruitt Textured Silver Bracelet – Giraffe

 

実は、彼兄弟でアーティスト。

弟のChris Pruittも表現力豊かな作品を生み出します。

こちらはジラフ、キリン柄です。

 

兄弟揃って引き出しの多いこと。

トラディショナルなスタイルとは対極に映るかもしれません。

インディアンジュエリーの新たな楽しさを教えてくれるようです。

 

型枠に捉われず前進するスタイル。

Pruitt兄弟を是非ご覧くださいませ。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 

 

 

 


アーカイブ

doo-bop Staff Blog

doo-bop Ameba Blog