Top > doo-bop : Tsukamoto

PARABOOT TRUNK SHOW中だからこそ。

こんばんは。

 

TRUNK SHOW前に我慢できずに手にいれましたPARABOOT 。

久しぶりに購入しましたモデルはREIMS。

 

img_8149

PARABOOT REIMS – NUIT      REIMS VISON – Noir

 

自身2足目のREIMS、左のNuitを数年前に購入しました。

実を言うと、Nuitのサイズはハーフ小さく、未だに長時間履くと痛みがでる時もあります。

当時、お客さんとしてdoo-bopに足を運んでいた僕は、中島の助言を振り切って、

『ローファー=タイトなサイズ』という考えで突っ走ってしまいました。

 

今夜は靴のサイズ選びでお話させていただきます。

 

img_8150

 

結果として分かりましたのは、僕自身の足のサイズは思っていた以上に大きかったこと。

そして痛みが生じるのは、小指の付け根。

つまり、ワイズも広かったわけです。

 

きっちり計測をすることで、実寸値に基づいて選ぶ。

当たり前かもしれませんが、革靴を購入する際はとても大切だと思います。

 

ご来店の際、サイズが不明、不安な方、計測をさせていただきますので、お気軽にお声掛けください。

 

img_8091

 

そうは言っても、モデルによってサイズ感は微妙に異なるのも事実ですので、

実際履いてみないとわからい部分もあると思います。

PARABOOTに関しましては、TRUNK SHOW中ですので、比較的サイズのご用意はございますので、

大きめや小さめも試してみたいと思っていらっしゃれば、こちらもお気軽にお申し付けください。

 

img_8153

 

モデルによって、足型が合わない方へはインソールもご案内しております。

足って実はすごくデリケート。

小石ひとつ入っただけで、すごく違和感を感じたことはないでしょうか。

サイズも同様に、不快感を解消することで、靴をより気持ち良く履き、お出掛けしていただけます。

 

PARABOOT TRUNK SHOW中だからこそ、靴に関しましての疑問点、一緒に考え解決の道に近づけるかと思います。

良い靴選びにお役立ててください。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 


アーカイブ

doo-bop Ameba Blog