Top > doo-bop : Tsukamoto

Kk_18K Joint+。

ここにきてジワリジワリと良い反応をいただいておりますのがKk_18K Joint+。
燻されたシルバーと18金の煌びやかさ。
二素材の対比をお楽しみください。

Kk_18K Joint+

シルバーはネイティブアメリカンの文化に造詣が深い白人アーティストRheet Lewisに制作いただきました。
ワイヤーを連結させたシンプルな形状は飽きの来にくいデザイン。
様々なペンダントトップやスタイルに干渉しすぎることなく、馴染みます。
時代感や年齢を超えて向き合っていただきやすいので、数年先のスタイルまで支えてくれるはず。
当然ながらアメリカ製です。

そこに加えたオリジナリティは18金。
輝きと加工のしやすさ、耐久性を考慮すると18金をチョイスするという答えに行きつきました。
純度だけで言うと、24金の方が金100%に近い為、
輝きは増すのですが、金属としては柔らかくなる為、ジュエリーには不向きになってしまうのです。
和洋折衷。
アメリカ製+日本製で良い仕上がりです。


単品でシンプルに取り入れていただいくのが、
最も素直な取り入れ方。
ポイント使いの18金がペンダントトップのような見え方で楽しませてくれます。


ジュエリー慣れされていましたら、お気に入りのペンダントトップと合わせてみてください。
魅力が一層引き立つはず。
チェーンに拘ることで、視点を変えたジュエリー選びをお楽しみください。


doo-bop Shop Blog

週2更新(週央と日曜)です。是非ご覧ください。


アーカイブ

doo-bop Ameba Blog