Top > doo-bop : tsukamoto

JOHN SMEDLEYを選択すること。

こんばんは。

MOJITO Pre-meetingに足をお運びいただきましお客様、誠にありがとうございます。

お客様によっては、MOJITOの魅力に知らず知らずのうちにドップリハマっているご様子です。

数多くのブランドが存在する世の中、ご自身にフィットするアイテム、ブランドが見つかるって、幸せですよね。

 

今夜は、長いお付き合いを約束する1着を。

img_5712

JOHN SMEDLEY WHITCHURCH – SILVER

 

200年以上の歴史を誇るJOHN SMEDLEY。

創業は1784年。日本でいうと江戸時代です。

長く続く、続けるということは、しっかりとした努力が積み重なってだと思います。

 

時代と共にニーズは変るわけですが、ポリシーを守りつつ、信頼を裏切らない。

200年以上その期待に応え続けるって素晴らしいです。

着用時には関係ないかもしれませんが、JOHN SMEDLEYを選択する上では、重要なポイントです。

言葉で綴るより、袖を通した時の着用感が『やっぱり良い』と感じるモノがあります。

ではあらためて魅力のディティールを。

 

img_5717

 

この細かい編み目。

いわゆるハイゲージと言われるニットです。

この編み目と使用したシーアイランドコットンの品質により、最高の肌触りを体感いただけます。

 

img_5715

 

身頃と袖のつなぎ目は、ハンドリンキング。

職人さんの手縫いです。

僕もお修理に携わっていたので、多少は理解しているつもりですが、

ひと目ひと目を、規則的につなぎ、尚且つ力加減も重要です。

きつ過ぎれば締まるし、緩ければ弛む。

熟練の職人さんだからこそ出来る『技術』です。

 

img_5722

 

そういった背景、生産工程を知ることも楽しいですが、そこは洋服、ファッション。

スタイリングで楽しむことも大事です。

合わせたのはmando

カーディガンの着丈がスッキリしているで、パンツのプリーツが美しく活きてきます。

しっかり同色異素材で楽しんでください。

 

img_5727

JOHN SMEDLEY WHITCHURCH – BRUNEL BEIGE

 

柔らかい色目をお求めの方はこちらを。

MOJITOのアイテムとも馴染みが良いと思います。

 

img_5724

 

今の気持ちを反映したスタイルから10年後のスタイルまで見えそうな気がするニットです。

点で終わるのではなく、線になる1着は、日常に少しの贅沢と幸せを分けてくれます。

 

【Roots】

INCOTEX.

brand_20304-1

MOJITO × doo-bop Exclusive ABTHINTH SHIRT Bar.2.0.

2

 

 

 


アーカイブ

doo-bop Staff Blog

doo-bop Ameba Blog