Top > doo-bop : Nakajima

ink デザイナー岡田氏

「モノを創るのが好きなんです」

昨日の取材で頭に残った言葉のひとつ。

この言葉には、一切の迷いがなく当たり前のことを言ったように聞こえた。

今まで会ったデザイナーで天才と思うのは、Hender Schemeの柏崎氏と

inkの岡田氏、この2人から全く同じ言葉を聞くとは。

 

 

image1

 

 

色々な話を聞く中で、びっくりしたのが画像のRemake Tなど

全ての商品に自らハサミを入れ、配置を決めているらしい

もっというと資材(used T)のピックアップすら、自らでなされている。

彼以外の人間が行うのは、つなぎ合わすぐらい(縫製)のようだ。

縫製は、上手い下手があれど基本誰がしても同じようになる。

なぜ他人に任せないのか聞くと、

他人の感性に任せると、どうしても少しのズレが生じ許せないとの事。

教える事ができないのが感性で、それが強烈に大事。

日本人が好きな努力ではなく、持って生まれたもの(センス)が明らかに違う。

そして、彼は他のデザイナーの洋服を見ることをしない。

全くの情報を入れないのだ、その理由は意識してなくてもいいと思ったデザインやディティールが

頭の隅に残り、自らのコレクションに反映してしまうことがあるから。

彼からすると当たり前なのだろうけど、やはり普通ではない。

そして、もう一つ心に残った言葉が

「一点一点魂入れて作っている」

この言葉は、そうそう言えない。

恥ずかしいっていうのもあるし、中途半端な気持ちや行動だと

相手に見透かされる。

この言葉を聞けて嬉しかったが、少し不安にもなった。

この言葉を以前に違うデザイナーからも聞き、そのデザイナーは死んでしまったから。

 

※5/9にColumnにて、掲載予定

 

 

image0

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


アーカイブ

doo-bop Ameba Blog