Top > doo-bop : Tsukamoto

BYRDのレザーって凄いんです。


レザーアイテムって厚い、重い、硬いってイメージはないでしょうか。
ましてやホースレザーであれば尚のこと。
当店別注企画『BYRD』を手掛けていただいたTrojan Horseの益井さんから意外な答えをお教えいただきました。


Trojan Horse BYRD – Black


実はホースレザーで厚みがあるという認識は日本でのみだと思うとのこと。
その昔とあるイギリス系革ジャンが一世風靡した影響により、
そのようなことが根付いたのではと考えられていました。
※非常に厚く、根性で着て馴染ますという触れ込みだったそうです。


その逆を行くのが、今回採用しましたホースレザーです。
薄くて、軽くて、しなやか。
まるでもう1枚皮膚を纏っているかのような感覚すら憶えます。
この感覚、革ジャンを1着以上お持ちの方は、ご理解いただけるはずです。

こちらのレザーを作るきっかけとなったのは『革の折り紙』に巡り合ったことでした。
極薄に革を漉き、折られた鶴。
その鶴を見つめ、自身の洋服にも落とし込めないかと考えられました。
洋服としての耐久性と規格外の薄さを試行錯誤し、
ジャケットとして通用する理想的な厚さを見つけ出されたのです。




BYRDはそういった特徴から、アウターとしてだけでなく、
インナー使い出来る点も魅力。
レザージャケットの悩みと言える着用時期の短さ。
現代において、不便さを楽しむ素材にカテゴリーされてもおかしくないレザーですが、
便利であれば違った見方で向き合っていただけるはずです。

レイヤードに組み込めることで春秋冬の3シーズンに対応します。
ナイロン系のアウターですらも干渉しづらいですので、
今までにないスタイリングをお楽しみください。




そして当店らしさを感じていただけると嬉しい同色ペイズリーの裏地。
他者に見えないところも気持ち上がるように仕込んでます。




実はこちらのレザーはジャパンレザーアワードというコンテストの受賞作。
表彰されたのはフューチャーデザイン賞。
これからの「革製品」の発展および向上に向けて、新たなデザイン性を提案する作品に対してです。

Trojan Horseのプロダクトは、数十年前のレザージャケットを模倣し、追従するのではなく、
数十年後に模倣され、追従される現代のレザージャケットの製作です。

しっかりと先を見据えた新たなレザーの可能性をご覧ください。



doo-bop Shop Blog

週2更新(週央と日曜)です。是非ご覧ください。


アーカイブ

doo-bop Ameba Blog