Top > doo-bop : Nakajima

AUBERGEのリメイクデニム。

今回は、特別です。

12年目にして、やっとです。

この領域は、そんな簡単に手を付けれなかった。

それだけ特別だし、強烈に難しい世界だと思う。

洋服屋なら、必ずあるであろうdenim 5 pocketを毛嫌いしてきたのではなく

心底お勧めできるのは、ゴリゴリのヴィンテージだけ。

今もその想いは、強くあります。

 

昨年、AUBERGEのアトリエにお邪魔したとき、

無造作に重ねられていたLevi’s、明らかにヴィンテージの匂いプンプン、

色落ち・雰囲気から、XXであろう個体の数々。

 

 

 

 

image1

 

 

 

デザイナー小林さんに、詳細を尋ねると

80年代後半に、Levi’s USAが本気で1950年代の501xxを復刻させようという

プロジェクトがあり、その矛先が向いたのが縫製レベル極上と噂されるバレンシア工場。

生地、縫製、仕様等を可能限り、追求したのですが

当時は、ボヤで終わってしまったようです。

そして、30年ほどの月日が経ち、その個体たちがオリジナルのXXに負けない雰囲気・色落ちで

スリフトストアーにポツポツ出始めたのです。

当初は、敏腕の日本バイヤーも見間違えたほどの仕上がり、

さすが本気の本気Levi’s USA、恐るべし。

 

 

 

image2

 

 

 

 

そのバレンシアデニムだけを集め、デザイナー小林さん自らがハサミを持ち、

ミシンを踏んでカスタムしていただけるイベントを開催します。

日取りは、6/22,23、両日共に小林さんが当店まで来てくれます。

昨年、お会いした中で一番のド変態、歩く洋服図鑑小林さん。

お会いするだけで分かります。

時間空けておいてください、後悔はさせませんよ。

その他、詳細は次回につづく!

 

 

 

image3

 

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


アーカイブ

doo-bop Ameba Blog