Top > doo-bop : tsukamoto

デニムのリペア。

こんんばんは。

 

古着や長年愛用していると、どうしてもダメージはつきもの。

当店ではお買い上げいただきましたアイテムからお手持ちのご愛用品までお修理も承っております。

ダメージや調整箇所でお預かり期間等お見積りさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

 

本日はデニムのリペアにフォーカスして紹介させていただきます。

 

長年の着用で擦り切れた生地。

 

image2

 

このクラッシュしたデニムをミシンを使ってリペアします。

いわゆる『タタキ』

デニムに近い糸を使ってミシンを走らせることで生地に同化し分りにくくなります。

 

image6

 

一番のポイントは糸選びだと思います。

表面的なミシンの技術は当然大切ですが、いかにデニムに馴染ませるか。

実際に生地の上に置いたときと、ミシン目となったときに見え方が変わる色もありますので、

しっかりイメージしながら。

 

image5

 

クラッシュ部分に補強用の生地や芯地を入れしっかりとアイロンを。

生地を整えることで、生地目に沿って糸が入ります。

下準備が完了したところでミシンへ

 

 

image7

 

クラッシュ面だけでなくその周りも。

生地全体を強くすることで再発を防いでいきます。

丁寧に

 

image1

 

クラッシュ面がしっかりと埋まり生地に馴染みました。

ダメージを活かしたお修理から分りにくいようにまでお洋服に応じてさせていただきます。

 

また、

 

image3

 

 

袖口、裾口のステッチが切れた場合も

 

image4

 

しっかりと元の様に。

こちらの様なお修理ですと比較的短時間で完了しますので、

店頭状況次第ですぐにお渡しさせていただけます。

 

お手持ちのお洋服で気になる箇所がある方、

しっかりリペアしていただきご愛用ください。

 

 

PROTOTYPE McLaughlin

0

【EVENT】

Indian Jewelry Fair

0