Top > doo-bop : Tsukamoto

AUBERGE  VANVES。

とんでもない洋服と出会いました。

『AUBERGE』

2019SSよりdoo-bopのラインに加わりましたブランドです。

 

img_5318

AUBERGE  VANVES – Khaki

 

ミリタリーエッセンス感じるデザインに上品な素材。

それだけ言うと、世間に溢れたモノのようですが、別モノだと思ってください。

素材、縫製、デザインと全てにおいてデザイナー小林様の洋服に対する熱い気持ちが溢れているように感じます。

 

img_5313

 

アメリカ軍のサルベージパーカーをベースにロイヤルネイビーからインスパイアされたディティール。

ヴィンテージ洋服への理解、そして愛があるからこその表現を感じます。

何より両アイテムはオリジナルはプルオーバー。

そこをフルオープンで表現される柔らかな発想が素晴らしいと思います。

 

img_5315

 

こちらはタテ糸にオリーブ、ヨコ糸にオレンジを使用された玉虫色。

極限まで密度を高めて織られている為、コットン100%ながら水の侵入を防ぐ撥水性能をもっております。

 

その違い、生地を触っていただいければ、感じていただけると信じています。

 

img_5256

 

織りネームの付け方まで情熱を注ぎ込まれています。

1950年代のココシャネルでは、こちらのように丁寧に手でまつられていたそうです。

こういった美しい手仕事を現代の洋服でも味わえる幸せ。

決してひけらかすモノではないのですが、だからこそデザイナー小林様の『熱』が伝わってきます。

 

『熱い』服着てみたくはないでしょうか。

AUBERGEご覧くださいませ。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


Vol.3857【AUBERGE:VANVES】

 

9月の中島ブログで、とんでもないデザイナーと出会ったと言っていたのを覚えているでしょうか。

そのとんでもない人が作るとんでもない洋服が到着しました。

ブランド名はAUBERGE(オーベルジュ)。ぜひ覚えておいていただきたいブランドです。

 

AUBERGE:VANVES

dsc_1979-1

 

 

SLOWGUNのデザイナー、小林氏が2018awシーズンに立ち上げた、

今期で2シーズン目となる新しいブランドになります。

AUBERGEとはフランス語で「料理割烹」のような意味を持ち、

最高の素材を用いて、最高の職人が調理するといった想いが込められています。

 

 

dsc_1964-2

 

 

洋服をそれなりに見てきた方であれば、

一目で使われている生地やパーツの凄さを感じていただけるかと思います。

 

今回入荷したアイテムに使われているのは、『超ウルトラ度詰めコットンギャバジン』。

国内でもごく僅かな工場でしか織ることのできない、高密度の生地になります。

コットン100%にも関わらず、完全に近い撥水性を持ちます。

水を垂らしてみると、ノルウェージャンレインのコートの様に、玉状の水が生地の上で転がります。

 

そしてこの生地、縦糸にはオレンジ、横糸はオリーブと2色の糸が使用されています。

先染めによって染色された鮮やかな糸を織り上げることで、

光が当たると玉虫カラーのように奥行きのある表情を見せてくれます。

 

 

dsc_1998-1

 

 

ヨーロッパやアメリカのヴィンテージミリタリーやワークウェアなどをデザインソースに、

小林氏ならではの感性を加えたディティールの数々。

このパーカーは1940年代のアメリカ軍サルベージパーカーをベースに、

イギリス軍のスモックパーカーに見られるポケットディティールを組み込んでいます。

 

また一風変わったウェストのドローコードには、

京都のヴィンテージマーケットで探し出してきた、着物用の帯留めが選ばれています。

房部分が大きなものは通すのが大変だったという、制作側の裏話も。

 

 

dsc_2025-1

 

 

お試しくださいと言わずとも、

現物を見たら自然と手が伸びる1着です。

 

 

 

 

【Roots】

PROTOTYPE:Brownie Ⅱ

8

 

 

【New Arrivals】

AUBERGE:VANVES – Khaki / 74,520 YEN

AUBERGE:MARCELLO – Beige / 34,560 YEN

AUBERGE:MARCELLO – Khaki / 34,560 YEN

 

 

 


アーカイブ

doo-bop Ameba Blog